teraのおとぼけ日記

meias.exblog.jp
ブログトップ

2013年 07月 24日 ( 2 )


2013年 07月 24日

公取委がJYJ芸能活動を妨害したSMエンタに是正命令!

JYJ「公正取引委員会の決定に感謝…偏りのない環境での芸能活動を願う」

MYDAILY |2013年07月24日14時36分
c0104506_16311355.jpg
写真=マイデイリー DB

JYJが公正取引委員会に感謝の気持ちを伝えた。

24日、JYJはSMエンターテインメント(以下「SM」)と大衆文化事業者団体である韓国大衆文化芸術産業総連合
(以下「文産連」)に、公正取引委員会が活動妨害の是正命令を下したことに対して公式立場を発表した。

JYJは「公正取引委員会の決定に感謝します。2009年から始まった辛い戦い、そして終わりのない砂漠を歩いている
気分ですが、本日の発表により状況が少しずつ改善されていることが感じられ、大きな力を得ました」と明かした。

続けて、「今回の公正取引委員会の是正命令をきっかけに、人々にとって公正なステージで、また偏りのない環境で
芸能活動ができることを願い、さらに今後後輩にもそういった道が開けることを願います」と伝えた。

最後にJYJは、「まだまだ遠く真っ暗なトンネルですが、今日はそのトンネルの中で一筋の光が見えた気がします。
その光に向かって歩き続け、素敵な活動で応えられるようどの瞬間も最善を尽くします」と記した。

この日公正取引委員会は「3大芸能事務所としてのSMの影響力や、マネジメント関連団体で構成された文産連の
特性などを考えると、公式文書は芸能関連事業者にとっては相当な圧力だったはずだ」とSMにJYJの放送と歌手活動を
妨害した事業活動妨害行為禁止命令を下した。

また、公正取引委員会は文産連に「JYJの渉外自制を促す公式文書を受け取ったテレビ局など26の事業者に
是正命令を受けたことを通知しなさい」と是正命令を下した。

元記事配信日時 : 2013年07月24日13時19分 記者 : チェ・ジイェ

Kstyle



JYJ「まだまだ遠く真っ暗なトンネルですが、今日はそのトンネルの中で一筋の光が
見えた気がします。」から、今まで本当に大変な思いをしながら、頑張ってきたことが分かります。
これからは少しでも良い環境で、もっともっと活躍出来たらと思います。
素晴らしい才能を持ったJYJですから、いじめたら国の損失になりますよ。

[PR]

by majintera2424 | 2013-07-24 16:52 | JYJ
2013年 07月 24日

「黄金の帝国」8話

'黄金の帝国'イ・ヨウォンため息がイ・ヒョンジン動いた…
切ない兄弟愛長引くことができるだろうか?

ソン・エジ記者idsoft3@reviewstar.net
入力時間:2013-07-24 00:45:20
c0104506_8574949.jpg
▲写真:SBS放送キャプチャー

イ·ヨウォンのため息がイ·ヒョンジンの心を動かした。

23日放送されたSBS月火ドラマ'黄金の帝国' 8話ではチェ・ソユン(イ・ヨウォン)が漢城(ハンソン)製鉄引き受けに
失敗して言論に各種不正を暴露される姿が描かれた。

この日放送でチェ・ソユンは漢城(ハンソン)製鉄を買収してチェ・ドンソン(パク・グニョン)が死ぬ前ソンジン製鉄看板を
上げようと思った。 しかしチェ・ミンジェとチャン・テジュの妨害でこれに対し失敗してしまった。

チャン・テジュが漢城(ハンソン)製鉄の社長を脅迫して隠された資金出処を尋ねたし社長からソンジングループの
資金圧迫のために不渡りを出さなければならなかったという証言を受け取ったこと。 これに対しチャン・テジュはこれら
すべてのものを言論に暴露した。

結局チェ・ソユンはソンジングループの漢城(ハンソン)製鉄引き受けに反対する世論にあたらなければならなかった。
それだけでなくチェ・ソユンは悪徳財閥という後ろ指を差されなければならなかった。

これに対し情けないくなったチェ・ソユンは一つだけである弟チェ・ソンジェ(イ・ヒョンジン)を探した。 苦しい心を
打ち明けることができる兄弟はチェ・ソンジェが唯一だったこと。 しかし背信を控えたチェ・ソンジェが冷たく対すると
すぐに理由を分からないチェ・ソユンは"今日は私に親切な人がない。 ちっちゃな子もそうだね"としながら寂しいと言った。

引き続きチェ・ソユンは" ちっちゃな子よ、パパと私がブランコを一緒に作った"として幼い時期を思い出させた。
過去、他の家でみたブランコを自分も作ってほしいとねだるチェ・ソンジェのためにチェ・ドンソンとチェ・ソユンが
夜にこっそりと起きてブランコを付けたこと。

チェ・ソユンは"次の日君は一日中ブランコに乗った。 私たちのちっちゃな子がブランコに乗って過労で鼻血も
流したんだよね"として心より幸せな微笑を浮かべた。

チェ・ソユンは引き続き今日一日大衆に悪口をいっぱい言われても申し訳ないとか、自分が間違ったという反省の
代わりに"パパが気力ある時、漢城(ハンソン)製鉄さらにはやく買収することをする考えの外に聞かなかった"と
話して遺憾をかもし出した。

一方、イ・ヨウォンのため息混ざった告白に涙を流したチェ・ソンジェは結局チェ・ドンソンが危篤だという事実を
さらけ出して劇の新しい展開を予告した。

記事

'黄金の帝国'権力者イ・ヨウォン カリスマに頭を下げた
ソン・ヒョンジュ-オム・ヒョソプ


ソン・エジ記者idsoft3@reviewstar.net
入力時間:2013-07-24 08:00:00
c0104506_106995.jpg
▲写真:SBS放送キャプチャー

ソン・ヒョンジュとオム・ヒョソプがイ・ヨウォンの前に頭を下げた。

23日放送されたSBS月火ドラマ'黄金の帝国' 8回話では副会長になったチェ・ソユン(イ・ヨウォン)がソンジングループ
会社建物に到着するとすぐに本部長になった兄さんチェ・ウォンジェ(オム・ヒョソプ)と社長になったチェ・ミンジェ(ソン・ヒョンジュ)が
迎えに行く姿が描かれた。

この日放送でチェ・ソユンはチェ・ウォンジェとチェ・ミンジェをはじめとする職員の挨拶を受けて会社に入った。
会社ロビー両側で職員が紅海のように分かれた間を歩いていくチェ・ソユンの姿はそれこそ威風堂々それ自体であった。

引き続きチェ・ソユンは歩みを止めるとチェ・ウォンジェを'本部長様'と呼んでソンジン製鉄工事を取り消せと早かった。

ソンジン製鉄工事はチェ・ミンジェが受け持っているソンジン建設が進行中のことだったのでチェ・ウォンジェは
簡単に返事できなかった。 チェ・ソユンは代わりにチェ・ミンジェを'社長'と呼んでまもなく不渡り処理される漢城(ハンソン)
製鉄を買収すると話した。

引き続きチェ・ソユンは"製鉄工場さらに作る必要ないようだ"という一言でチェ・ミンジェのすべての計画を中断させた。
不渡を出した漢城(ハンソン)製鉄を買収してソンジン製鉄看板を上げるつもりだったこと。

チェ・ウォンジェとチェ・ミンジェはチェ・ソユンの断固たる指示に不適当な表情になったがまもなく頭を下げて分かると答えた。

一方、以後チェ・ミンジェはチェ・ウォンジェに"ソユンの前に頭さらに下げろ。 今晩にはさらにおいしいのを投げかけるかも
知れない"としながら自尊心に触れた。

記事

'黄金の帝国'コス、"いつか結婚するならチャン·シニョンと..."駆け引き?

ソン・エジ記者idsoft3@reviewstar.net
入力時間:2013-07-24 00:50:43
c0104506_10191992.jpg
▲写真:SBS放送キャプチャー

コ·スがチャン·シニョンとの駆け引きをして目を引いた。

23日放送されたSBS月火ドラマ'黄金の帝国' 8話ではチャン・テジュ(コ・ス)がチェ・ドンジン(チョン・ハニョン)と
チェ・ミンジェ(ソン・ヒョンジュ)の前でユン・ソルヒ(チャン・シニョン)にびっくり告白をして目を引いた。

この日放送でチャン・テジュは自身を推しはかるユン・ソルヒに恋愛には関心がないと話した。 代わりに彼はヒットラーを
言及して自殺する少し前エバ・ブラウンと結婚したそのように行き止まりに至って結婚するという考えを明らかにした。

これに対しユン・ソルヒは後輩にヒットラー電気を借りてほしいとさせてチャン・テジュに対する心を間接的に表わした。

一方、以後チェ・ドンジン金持ちと食事をすることになったユン・ソルヒは財閥男との線を提案受けた。 するとユン・ソルヒが
返事をする前にチャン・テジュが出た。

チャン・テジュは絶対ならないと言いながら"私の妻になるかも知れない"と話してチェ・ドンジンとチェ・ミンジェを驚かせた。

引き続き彼はユン・ソルヒが自分を男で見ると言いながらいつか結婚をすることになるならばユン・ソルヒとすることだと
びっくり告白をした。 これに対しユン・ソルヒは"教えてほしい。 こういう時どのようにしなければならないのか"と
しながら慌てた姿を見せた。

以後ユン・ソルヒはチャン・テジュの話を逆らうことができなくて無条件待つことになった自分に対してとても優しくなったようだ
としながら不満を言った。 これに対しチャン・テジュは"優しくなったのでなく屈服だ。 愛する男に対する屈服"としながら
ユン・ソルヒのボールを素早く打ってときめきをかもし出した。

記事

'黄金の帝国'キム・ミスク、危篤なパク・グニョンに圧迫…
微笑の後足の爪表わした

ソン・エジ記者idsoft3@reviewstar.net
入力時間:2013-07-24 00:42:55
c0104506_10435098.jpg
▲写真:SBS放送キャプチャー

キム・ミスクが危篤になったパク・グニョンに精神的圧迫を加えた。

23日放送されたSBS月火ドラマ'黄金の帝国' 8話では健康が悪化したチェ・ドンソン(パク・グニョン)が病院に
入院して今後三日程度の時間だけ持ちこたえることができるという時限付き宣告を受ける姿が描かれた。

病院に入院したチェ・ドンソンは一日の半分以上を寝ることで送って次第に生命の種がオフになって感じを表わした。
これに対しハン・ジョンヒ(キム・ミスク)はチェ・ドンソンが死ぬ前にソンジングループを飲み込む方法を捜し出そうと
他の家族にはチェ・ドンソンの健康状態を隠した。

しかし酒に酔ったチェ・ウォンジェ(オム・ヒョソプ)が突然病室を訪ねてくるとすぐにハン・ジョンヒはおじけづいた。
しかしチェ・ウォンジェを信じることが出来なかったチェ・ドンソンは最後の話す言葉があるとチェ・ソユンを呼んで
ほしいと哀願した。 チェ・ウォンジェは最後までチェ・ソユンを探すお父さんに失望感を感じた。

ハン・ジョンヒはチェ・ウォンジェにチェ・ソユンを習慣的に探すと別に呼ぶ必要ないとしながら家に送りかえした。

引き続き彼はチェ・ドンソンが横になったベッドに近付いた。 ハン・ジョンヒはチェ・ドンソンに"ソユンが来ないことだ。
私がそうでなかったのか。 この病室出て行く前まで私一人のそばにあることだと"としてやわらかい微笑を浮かべると
みられて鳥肌立つ演技をした。

一方、この日放送ではチェ・ドンソンがチェ・ソンジェの出生の秘密を皆知っても分からないふりをしたという事実が
明らかになって衝撃と同時に遺憾をかもし出した。

記事


7話でカリスマある名演技を披露したパク・グニョンさん、8話で外面と内面の真逆な演技を
して鳥肌の立つ演技をしたキム・ミスクさん、このようなベテランの演技者のおかげで
緊張感のある、シリアスなドラマが作られているように思います。
出演者一人一人にスポットが当てられ、それぞれの人生が浮き彫りされ
そこでの人間の欲望や悲しみ、復讐が丁寧に描かれていて、息が詰まりそうになりながら
このドラマを観ています。
トップのチェ・ドンソンが亡くなることで、どう人間模様が変わっていくのかこれからも楽しみです。

[PR]

by majintera2424 | 2013-07-24 11:14 | 黄金の帝国