teraのおとぼけ日記

meias.exblog.jp
ブログトップ

2013年 07月 23日 ( 1 )


2013年 07月 23日

「黄金の帝国」7話

'黄金の帝国'名不虚伝パク・グニョン、不屈の意志で
ソン・ヒョンジュに逆転勝ち!

ソン・エジ記者idsoft3@reviewstar.net
入力時間:2013-07-23 00:35:39
c0104506_1001234.jpg
▲写真:SBS放送キャプチャー
パク·グニョンが不屈の意志でソン·ヒョンジュとの対決で勝利を収めた。

22日放送されたSBS月火ドラマ '黄金の帝国' 7話でチェ・ドンソン(パク·グニョン)とチェ・ソユン(イ·ヨウォン)は、
ソンジングループを奪われる危機に処した。

チェ・ドンソンは、そもそも後継者にチェ・ソユンを指摘したが、これを不満に思った長男チェ・ウォンジェ(オム・ヒョソプ)と
二番目の娘チェ·ジョンユン(シン・ドンミ)がこれに反旗を翻したこと。兄妹はチェ・ソユンに対抗増資株金を納入して
ソンジングループを丸ごとつかんで飲み込もうとした。

財産をめぐる家族間の争いを残念に思ったチェ・ソユンは兄弟たちに最後のチャンスを与えようと家族会議を開く間
後ろからチェ・ウォンジェとチェ・ジョンユンを操縦してグループを占めようとしていたチェ・ミンジェは会社で理事会を開いていた。

一方、チェ・ウォンジェとチェ·ジョンユンの意地を折ることができないことを知り、チェ・ソユンはチェ・ドンソンに電話をかけた。
娘の電話を受けたチェ・ドンソンは隠しておいた秘蔵のカードを取り出して理事会に出席した。

しかし、すでにチェ・ミンジェがチェ・ドンソンが禁治産者の宣告を受けたという爆弾宣言をした後。チェ・ドンソンの登場に
会場がざわめいた。チェ・ドンソンは、席に座るやいなや、社長団の末っ子を指摘し、過去の話を取り出して記憶力が
健在さを明らかに状況を逆転させた。

チェ・ドンソンは社長団にソンジンセメントを持株会社とするものであり、そのため、系列会社の株式をすべてソンジンセメントに
送るように指示した。そうなれば、チェ・ミンジェとチェ・ウォンジェなどが株金を納入したソンジンの建設はそのまま沈没してしまう。

これに対しチェ・ミンジェは慌てたが、再びチェ・ドンソンを窮地に追い込ん立て "私の弟ヨンジェを刑務所に送られたことを
覚えているのか"と尋ねた。チェ・ドンソンが返事をできなくて机だけ叩き、チェ・ミンジェは、 "認知症かかったチェ・ドンソン
会長にソンジングループの未来を任せるのか"と大声を上げた。

このときチェ・ドンソンが意志を発揮した。チェ・ドンソンは、 "老人の記憶がぼうっとしていることを痴呆で追い立てる
ということなのか"と怒り過去の細かい記憶まで思い出して瞬く間に会場を制圧した。結局チェ・ドンソンはチェ・ミンジェ
との正面対決で勝利を収めソンジンセメントを持株会社とすることに成功した。

一方、家に帰ってきたチェ・ドンソンはチェ・ソユンに会長席を譲り渡して、自分はもう働く気力がないと言って切なさを催した。

記事

'黄金の帝国'イ·ヨウォン、 "ソンジン建設沈没させて下さい"の
逆の計略にチェ一族 '衝撃'


ソン・エジ記者idsoft3@reviewstar.net
入力時間:2013-07-23 00:38:55
c0104506_10283170.jpg
▲写真:SBS放送キャプチャー
イ·ヨウォンが反転計画にソンジングループのチェ一族を衝撃に陥れた。

22日放送されたSBS月火ドラマ '黄金の帝国' 7話では、ソンジングループの財産を巡ってチェ・ウォンジェ(オム・ヒョソプ)、
チェ·ジョンユン(シン・ドンミ)、チェ・ソユン(イ·ヨウォン)は、チェ・ソンジェ(イ·ヒョンジン)が対立する姿が描かれた。

チェ・ソユンはそもそもハン·ジョンヒ(キム·ミスク)の株式と自分の株式、姉のチェ·ジョンユンの株式を合わせて
ソンジン建設有償増資に参加して持株会社を作る計画を立てた。

しかし、自分が父から後継者指名を受けたことに反感を抱いたチェ·ジョンユンがチェ・ウォンジェ側に立つと、最終的に
他の方法を講じた。

隠されたカードを取り出す前、チェ・ソユンは最後の希望を込めて家族会議を開いた。チェ・ソユンは、しばらくの間、
自分がソンジングループを務めた後、時間が経過すると、チェ・ウォンジェの息子に会社を譲るという意向を明らかにした。
これはチェ・ドンソン(パク·グニョン)の意味もあった。

しかし、すでにチェ・ウォンジェから自動車事業とデパート事業を約束したチェ·ジョンユンは聞いたふりもしなかった。

兄と姉が意を曲げないことに気づいたチェ・ソユンは、最終的に反転カードを取り出した。まさにソンジン建設を沈没させ
ソンジンセメントを持株会社に変更したこと。

チェ・ソユンは父チェ・ドンソンに電話をかけて "見られない格好を見せして申し訳ない。守れなかった。計画通りにしよう。
ソンジン建設沈没させよう"と言って皆を衝撃に陥れた。

これにより、有償増資に参加のためソンジン建設の株金を納入したチェ・ウォンジェとチェ·ジョンユンは、瞬く間に
一文無しになったこと。チェ・ソユンは何も言わない兄と姉に "座る机程度は残す"としながら冷たい姿を見せた。

記事

'黄金の帝国'コ·ス野望"刑務所に行ってもパク·グニョンのように
生きていきたい"

2013.07.22(月)23:16
c0104506_1044454.jpg

[テレビデイリーヨ・ギョンジン記者]コ·スが刑務所に行くことも辞さないとイ·ヨウォンの手を振り切った。

22日放送されたSBS月火ドラマ'黄金の帝国(脚本パク·ギョンス、演出ソ・ナムグク)'7話でチャン・テジュ(コ·ス)は、
チェ・ソユン(イ·ヨウォン)の提案を拒絶した。

この日ソンジングループのマスターになったチェ・ソユンは、一方ではソンジン建設を沈没させようと計画を立てた
。そしてチャン・テジュに会って自分と一緒に仕事を整えることを提案した。

しかし、チャン・テジュは"お日様お月様、虎は追いかけてきて空では太い綱が降りてくる。 ところで私は太い綱捉えない。
虎と戦うことだ”と拒絶意向を現わした。

また、検察の調査をされる危機的なチャン・テジュは安全に保護してくれるというチェ・ソユンに"私は本当に恐ろしいことは、
あなたに尾を振ることだ。あなたにひざまずいて助けてもらうことを恐れて臆病たが、まだないようだ"と話した。

それだけでなく、チャン・テジュは"数十回の告訴をされて何度も検察の調査を受け、また、セメント工場で始めて
大金を稼いで正常な会社を資金で圧迫して買収した人であり42ヶ所の系列会社を作ったあなたのお父さん
チェ・ドンソン(パク·グニョン)会長。私はその人が気に入っている。私はチェ・ドンソン会長のように一度生きて見ることだ"
と決意を固めた。

記事

'黄金の帝国'コ・ス、ソン・ヒョンジュに"イ・ヨウォン席に
座るようにする"救世主なるだろうか?


ソン・エジ記者idsoft3@reviewstar.net入力時間:2013-07-23 00:32:56
c0104506_10574421.jpg
▲写真:SBS放送キャプチャー
コ·スがイ·ヨウォンに背を向けてソン·ヒョンジュの手を握った。

22日放送されたSBS月火ドラマ '黄金の帝国' 7話では、チェ・ソユン(イ·ヨウォン)がチェ・ミンジェ(ソン·ヒョンジュ)を
再度グループで責め立てチャン・テジュ(コ·ス)に手を出す姿が描かれた。

この日の放送でチェ・ソユンはソンジン建設を持株会社とする予定だった計画を思い切って捨てソンジンセメントを選んだ。
これはソンジン建設有償増資に参加した長男チェ・ウォンジェ(オム・ヒョソプ)と二番目のチェ·ジョンユン(シン・ドンミ)は
もちろん、これらを後ろから操縦していたチェ・ミンジェ(ソン·ヒョンジュ)まで一緒に没落した。

チェ・ソユンはチェ・ミンジェが沈没し、再建分譲計画と関連してチャン・テジュに濡れ衣をを着せようとしていることを知った。
これに対しチェ・ソユンはチャン・テジュに会って自分と手を握らないかと提案した。

しかしチャン・テジュはチェ・ソユンの手を握らなかった。チャン・テジュはお日様お月様の話を引き出したときに
"私は太い綱捉えないことだ。 虎と戦う。 今回の時はあなたが勝った。 概評は受けない"と断ったこと。

続いてチャン・テジュはチェ・ソユンが離れた席にチェ・ミンジェを呼んだ。チャン・テジュはチェ・ミンジェが到着すると、
今その場に少し前までチェ・ソユンがいて新たな提案をした。チェ・ソユンが座っている会長職に座らせてくれるというもの。

チャン・テジュは "沈没する船を再び浮かそう。あなたが会長してください。我々は再び始めましょう"と言った後
チェ・ミンジェが得ることができるすべての事の半分を要求した。チェ・ミンジェはチャン・テジュの提案を受け入れ、
これでソンジングループを逆に新しい台風の風が吹き始めた。

記事
[PR]

by majintera2424 | 2013-07-23 11:12 | 黄金の帝国