teraのおとぼけ日記

meias.exblog.jp
ブログトップ

2013年 07月 11日 ( 1 )


2013年 07月 11日

「黄金の帝国」4話

黄金の帝国4話ーコ・スとソン・ヒョンジュ怪物の対決に足の爪
差し出したキム・ミスク悪女本性

[ブログ]チャイミのベッドストーリー
入力2013.07.10 15:19:13

自分のモンスターを選択したチャン・テジュと人間の姿をだすチェ・ミンジェはひどい悪縁の中で一緒にしています。
絶対善も絶対悪も存在しない<黄金の帝国>は、その興味深いものです。線だと思っていた人がモンスターになって、
モンスターと信じていた人が善良な姿を明らかにする。人間の内面にうごめく善と悪の対決を赤裸々に明らかに
このドラマは魅力的です。

怒りを浮かべて成長しているモンスター。モンスターの獣の本能に鋭い爪出した本当の悪女

再建をめぐる対決は、自分たちのすべてのことを私に見える最悪の状況を作成しました。最後に残ったプライドまで
捨てるしかなくなったテジュとミンジェはこれにより、復讐だけが存在するだけでした。そのひどい復讐心は、最終的に
すべてを破滅に導くしかない結果を生み出すという点で、<黄金の帝国>は破局の始まりでした。

不動産開発業者となったテジュは、すべてのものを持つことができると信じていた。再建を成功させると、今とは想像も
できない巨大な富を集めることができる状況ではテジュは、自分が持っているすべてをかけました。そんなテジュの
飛翔を妨げるこれはまさにミンジェでした。ソユンがグループから押し出されたミンジェは、ウォンジェを利用して
わずかな飛躍を夢見るほど卑屈な状況に処するようになりました。
c0104506_2335119.jpg

国内請負ランク4位のソンジン建設社長だったミンジェは、もう無礼なやからとサッシ工事をしてくれるようにと雨は
卑屈な立場になってしまいました。子供の頃から会長ではなく副会長の息子として生まれ、顔色ばかり見ていた
ミンジェは、そのひどい屈辱の瞬間がすべて現在のミンジェに作成された力でもありました。財閥家だが、決して
幸せにすることができない悲しい現実の中で、彼の復讐心はさらに大きくなるしかありませんでした。

校芽腫により痴呆のような症状を見せ始めたチェ・ドンソン会長。彼はグループを維持し発展させることができる存在が
まさに娘ソユンがほかにいないことを確認します。感情的に動揺もなく、理性的な判断で危機を乗り切る優れた能力を
持つソユンだけが自分の後を継ぐ唯一の存在であるという確信は、結果的にひどい争いの始まりとなりました。

父の健康状態をすべて知っていたソユンは学者で生きたい夢を諦めなければならならなかった。チェ会長と副会長の
対立関係を介して自分の実の兄スパーリングとも同様のことが起こることがあると警告したが、チェ会長はこのような
対立と葛藤よりも重要なのが、グループを守ることでした。

テジュに押されてソユンががスパーリングを追い込ん付けて首を締め付けるような状況でミンジェは危機に陥ってしまいます。
再建築事業権を獲得し、また、緊急をしたかったミンジェはテジュのために厳しい戦いを継続せざるを得ませんでした。
自分をソンジングループから退くことにしたテジュは、今回も自分の飛翔を踏みつけているという点で、怒りしかはない状況です。

従兄弟のウォンジェに卑屈に手を出して助けを受けているが、それさえも手に負えない状況でミンジェは最後の選択を
してしまいます。融資を受け行った席でミンジェは子供の頃から自分を好きだったユジンに会います。融資を受ける
ためにはユジンが必要とする結婚を承諾しなければならない状況でミンジェは、10年間病院に入院中の妻ユニを
捨てることができませんでした。

そのひどい状況でもミンジェはユジンの要求を振り切ってテジュを探していきます。自分に深刻な怒りを表現している
テジュを探しに行くほど切迫しています。自分を減少させたテジュを見つけミンジェはそこでも屈辱を味わうことになります。
ミサイル発射シンドロームを取り出して、自分の父を殺したことを刻印させるテジュには、何も得ることができないことを
知ったミンジェは決心をします。

自分が愛した唯一の存在ユニを訪ねて行ったミンジェは、 "その間愛した"という言葉を残して、彼女と別れを選択します。
10年の間に病室を守り、揺れないで彼女を愛していた馬鹿正直な男ミンジェ。彼は没落を控えた状況で、仕方なく妻を
捨ててユジンを選択します。彼女を選択する必要が危機から脱することができる状況でミンジェは妻ではなく、
父と自分を考えました。

一方、テジュは、自分が立てた組合長が選挙で完勝を収めた雰囲気でした。このような雰囲気であれば再建築は
エデンの分け前でした。このような状況でソンジン建設のソユンは、再建をつかむためにテジュが立てたバク・ジェチョルに
アクセスします。鍋底ソンジン建設のために妻まで失ったパク氏は、巨額を出すソンジン建設に屈してしまいます。
テジュが信じるほどパクさんはソンジン建設の恐ろしさをよく知っていました。

父との最後まで闘争の先頭に立ったバク・ジェチョル。テジュは自分を追い詰めるミンジェと堂々と話すことができたのは、
自分の父のような人々に涙を省いてはいないと確信したからです。しかし、結果は絶望的でした。信じていたおじさんが
裏切ったという事実を知って、自分の手で拘束されたテジュは、ミンジェのようなモンスターになってしまいました。

ソンジン建設を占めたソ・ユンには再建を獲得ねばならない切迫が存在します。兄が戻ってソンジン建設を選定
するための準備をしていて、死にかけている父のために守らなければならないソユンとしては妥協も退くことも容認
することができませんでした。ミンジェを圧迫してテジュの首にナイフを突きつけるような状況は、現在の状況では
当然だと思いました。

テジュは、自分が人間であるという唯一の意味を一度に失ってしまいました。自分がそのように呪われた存在と自分が
一つも異なることがないということが分かりました。ソユンは、実の兄を押し出して父のためにグループのオーナーに
なることにしました。ミンジェは唯一愛した妻を捨てて、お金のために結婚をしました。そのように、彼らは最も大切な
価値を失ってモンスターになっていき始めました。

多発性筋炎に苦労したミンジェの妻に別れを告げて、ミンジェの結婚式の日に死亡してしまいました。最後まで
守りたかった唯一の存在であるユニがそのように空しく死んで結婚式を控えて一人で涙を流すミンジェは悪魔になる
ことを決心します。そのようなミンジェを訪ねて手を差し出すテジュ、モンスターになってしまったこの二人の出会いは、
背筋が寒くなることで近づきました。ソユンに対抗するために手を握ろうとするこれらのモンスターが再び各自の
利益のためには刀を狙う存在になるしかないという点で、<黄金の帝国>は、好奇心が強いだけです。
c0104506_23461762.jpg

これまで爪を隠したまま、穏やかな笑顔で生きてきたチェ会長の夫人ハン·ジョンヒが本格的に乗り出した。自分を
完全に隠して、チェ会長と家族をだましてきたハン·ジョンヒは、奨学財団をはじめと野心を徐々に表わし始めました。
チェ会長の末の息子であるソンジェをグループ会長に着席ための陰謀は非常に長い時間前から徐々にそして
密かに行われました。


ソンジェをグループオーナーにする野心を持つハン·ジョンヒは、チェ会長が認知症を患っていることを知っていました。
誰も知ってはいけない、その真実を知りながらも表現もしていない彼女は、最も残忍な怪物でした。ソンジェに正祖の話を
取り出した理由も、興味深いことに迫ってきます。

自分を隠したまま、密かにミンジェの支持者さえ動くハン·ジョンヒは、モンスターたちの対決ですべてを制圧するための
最も強力な悪女としての本能を表わし始めます。静かだが緻密に行われたソンジェを会長にするための陰謀が
果たして怪物たちとの戦いでどのような結果を作り出すのか気になります。

24部作という決して少なくない旅に4話だけですべてのことを現わした<黄金の帝国>は、最強の作品であることを
自ら証明しています。緻密な展開で中心人物たちのモチベーションを確実にした<黄金の帝国>は、今すぐ開始します。

記事

ますます、目が離せなくなってきた「黄金の帝国」
絶対善も絶対悪も存在しない「黄金の帝国」
これからの展開に期待大です!

[PR]

by majintera2424 | 2013-07-11 23:58 | 黄金の帝国