teraのおとぼけ日記

meias.exblog.jp
ブログトップ
2008年 03月 27日

「快刀ホン・ギルドン」終映記事!

c0104506_10174329.jpg

c0104506_1018598.jpg

‘不滅のホン・ギルドン’ ギル-ノク夫婦 “尊敬する,愛する”(終映5)
[ニュースエン 박세연記者]

花は散っても香りは残るように、ギルドンは死んだが
ギルドンの精神は永遠不滅する。


26日放送された KBS 2TV '快刀ホン・ギルドン' 最終回では朝鮮時代を飛び越えて
現代に至るまで永遠に生きて呼吸しているホン・ギルドンと活貧党の精神が意味ありげに
描かれた。
新しい世の中を開くために一道を歩いたギルドン(カン・ジファン)と
チャンフィ(チャン・グンソク)は、お互いにの志向する世の中が調和を成すことが
できないから結局対立するようになった。
これらの間に置かれていたイノク(ソン・ユリ)は結局ギルドンの世の中を選ぶことで身分の
貴賎がないユートピアみたいな活貧党に帰って来て、民たちが主人になる世の中を
掘り起こして行った。

しかし朝鮮社会すべての民の夢である活貧党は夢のように消えてしまった。
空を刺繍した美しい仏画肉は翌日悽惨に散華されてしまった活貧党のための
最後の贈り物だったこと。
そのようにギルドン、イノク、スグン(パク・サンウク) マルニョ(チャ・ヒョンジョン)
ヨンシ(ムン・セユン)を始め,活貧党の主人である民たちは世を去った。
しかしホン・ギルドンと活貧党の精神はコミ(メン・セチァン)とヘミョン僧侶(チョン・ウンピョ)に
よって第2,3のホン・ギルドンに伝授されて後代までつながりながら現代にも生きて呼吸する
'不滅のホン・ギルドン'で描かれた。

去る 1月 2日最初放送を始めた '快刀ホン・ギルドン'は 3月 26日放送された 24回まで
駆けて来て、各種パロディーと社会諷刺を始じめ、劇中多様な装置を通じてフュージョン
史劇の真髄を見せてくれて視聴者たちから愛された。

放送初盤フュージョン史劇スタイルに慣れない視聴者たちにはちょっと不慣れな
'マンガ'のような場面一色だった '快刀ホン・ギルドン'はいつのまにかマンガよりもっと
愉快ながらも陣中した話を解いて行って '大事なものを自ら守る'と言うことの意味を
悩むようにしたりした。

一方多い視聴者たちの関心事だったキル-ノク,フィ-ノクのラブラインは結局 24回放送分で
ギルドンとイノクが結ばれることに仕上げされた。
劇初盤から普通ではなく展開されたギルドン-イノク-チャンフィの三角関係はイノクが
自分の心を確認してチャンフィのそばを発って、ギルドンに駆け付けることとして整理された。
お互いに 'アイラブユ' する間なのを分かるようになったギルドンとイノクは
たびたび "モンチョンイ" "尊敬する"と言う言葉を取り交わして純粋な愛を描いて行ったし
26日最終回放送で描かれた生の最後の瞬間には、お互いの手を必ず取って
"愛してる"をささやいて美しくて悲しい愛の絶頂を見せてくれた。
しかし '快刀ホン・ギルドン'は主人公であるギルドン-イノク-チャンフィの三角ラブライン
のみならずこれらそれぞれのキャラクターが成長する過程を柔軟に描き出して一方の
'成長ドラマ'を連想するようにする。
ソオルという身分の限界にぶつかって挫折された漢陽の道楽者だったギルドンは
いつのまにか活貧党の党首でひいては民たちの王になったし,サインゴムの押すのを
盲従した嫡統台だねチャンフィは、たとえ既存秩序を維持しようとしたが民の力で作られた
真正な王と言うのは何なのか悟るようになった。

また初々しい純粋暴れ者イノクは、世の中の不條理な真実に目覚めて本当の正義のある
世の中が何なのか自ら覚まして行った。
こういうわけでこれら三人の人は既存世の中の不條理さを悟って
民たちの真正な主人になる,正義のある新しい世の中に対する省察を能動的にして
行きながらいっそう成熟した自我を持つようになったのだ。

一方 26日 24回を終りに終映された '快刀ホン・ギルドン'の惜しさを慰めるために
27日午後 9時 55分には '快刀ホン・ギルドンスペシャル'が放送される。

ついに終わってしまいましたね。
コミとヘミョン僧侶を残して、活貧党の全てが消えてしまう大胆な終わり方でしたね。
そこまでは想像していなかったのですが、でも新しい世の中を作るための戦いとは
たくさんの人々の血を流さなければ、ならなかったのでしょう。
最後に、ギルドンとイノクの仲のアツアツぶりも観れて良かったです。
詳しくは、レビューの中で感想を述べたいと思います。
「快刀ホン・ギルドン」のHPでクランクアップの模様が上がっています。
22番をクイックして下さいね。
ジファン氏も、終わってホッとしている様子で、スタッフと抱き合っています。
カン・ジファン氏を始め、共演者の皆さん、スタッフの皆さん、本当にお疲れ様でした。
[PR]

by majintera2424 | 2008-03-27 11:34 | ホン・ギルドン


<< 「快刀ホン・ギルドン」24話      ホン・ジョンウン-ミラン姉妹作... >>