teraのおとぼけ日記

meias.exblog.jp
ブログトップ
2008年 01月 27日

「快刀ホン・ギルドン」7話

c0104506_15334435.jpg

一緒に泣きました!

c0104506_15544243.jpg

ずる賢いインヒョンは表面では表現することが出来なくても、心では深くギルドンに対する
愛情を持ったいたお父さんの心中は考えないで 「私はお父さんの息子だが、お前は
お父さんにとっては何でもない」と言ってギルドンの胸に釘をさしたのです。
インヒョンの一言一言にギルドンの目つきは弱く震え、途方に暮れたギルドンは
結局嫡庶差別で挫折感に包まれてしまいます。
c0104506_167032.jpg

盗賊スグンと一緒にギルドンとインヒョンの対話を偶然に聞いてしまったイノクは
悲嘆にくれるギルドンの悲しみを一緒に分かち合おうと、気づかって痛みを
隠そうとするギルドンの顔を両手で覆って「見えなくなるようにしたから、泣いてもいいよ」と
言います。
イノクの優しさに、ギルドンは押し殺していた感情を素直に押し出して泣きます。
また、イノクも一緒に涙を流します。
このシーンは、切なくて、悲しくて、またジファン氏の細かい感情の変化の演技が素晴しく
一緒に泣いてしまいました。
c0104506_16213673.jpg

イノクは清国に発つというギルドンを捕まえたいが、どうしても恥ずかしくて
清国に一緒に行きたいと言えないでいました。
ある日、日中にマルニョと一緒にお酒を飲み、結局お酒に酔ったイノクは
ギルドンを尋ねていって、恥ずかしさでためらいながらも 「I love you」と言って
ギルドンに愛の告白をしたのです。
「I love you」はイノクが清国の外国人に聞きかじりした言葉なので、ギルドンには
その意味は分かることは出来なかったのですが、その心だけは確かに伝わったようでした。
何度も「I love you」を連発するイノク、可愛かったです。
恥ずかしくてどうすることも出来ずにいるイノクに、ギルドンは自分のサングラスを
かけてあげて 「それを使えば恥ずかしくないよ」と言うシーン、いい雰囲気でした。
また、ギルドンがイノクに「清国に一緒に行くか」と言う彼の提案を
一寸の迷うことなく、一緒に行くと言った時のイノク、本当に嬉しそうでしたね。
ギルドン 「虎二匹も捕らなければならない」
イノク 「お金をたくさん集めておいたから、心配しないで生きましょう」
c0104506_16522329.jpg

イノクは清国に発つギルドンのためにギルドンのお母さんの墓地にある土を
自分で作った巾着に入れてギルドンに渡しました。
すごく喜んだギルドンは、イノクの手を握りしめて、サングラスをかけていて
よく見えないイノクを、愛おしげにイノクの頭をなでたり、肩を組んで歩いたりで
ラブラブな雰囲気が、良かったですね。
c0104506_1791998.jpg

ギルドンは、何の罪もない民たちが酷い拷問にあって刑場の露に消えていく姿を
見てしまいます。
そして、偶然にも、町で父の姿を見つけます。
c0104506_1744231.jpg

ギルドンは、竜門の老尚宮に会い、罪のない者等を生かす方法はないかを問うのでした。
c0104506_17145227.jpg

罪のない人々が、拷問にあっている場所で、チャンフィと出会います。
罪のない民たちの死に負担を感じたチァンフィは、ホン・ギルドンに「サインゴム(刀)」を
渡して、すべての罪を被って死ぬことを提案します。
c0104506_1737785.jpg

ギルドンはお父さんを尋ねて自分が死ぬ代わりに犠牲になっている人を解放してくれと
言って懇請します。
ここでギルドンのお父さんは 「お前は私の息子だ。ものを言いなさい息子よ」と
言いながらことのてん末を聞こうとしたが、ギルドンは 「私はもう本当にあなたの息子
ではないです」と言いながら帰ることができない川を渡ってしまったのです。
c0104506_1827211.jpg

身代わり罪人の濡れ衣を着せられたギルドンがイノクとの思い出の谷で諦めたまま
官軍たちを待っている時、イノクがギルドンを尋ねて来て官軍を誘引するから
逃げなさいとギルドンに言います。
しかしもう固く心に決めたギルドンは イノクをしばらく気絶させてしまいます。
「ホ・イノ、一緒に清国に行くことができなくてごめん」と気絶したイノクに語りかけます。
c0104506_1842235.jpg

官軍のしつこい追い討ちにギルドンは崖っぷちに立たされ、一本の飛んで来る
矢に当たってしまいます。

ようやく、イノクの「I love you」の告白で、二人の愛が始まったばかりなのに
ギルドンの運命によって、また引き離されることになってしまいました。
ジファン氏の切ない演技が光って、観るものを涙、涙にしてしまった7話でした。
[PR]

by majintera2424 | 2008-01-27 19:18 | ホン・ギルドン


<< 「快刀ホン・ギルドン」8話      ホン・ギルドンを生かしてください! >>