teraのおとぼけ日記

meias.exblog.jp
ブログトップ
2014年 03月 04日

「ロマンスが必要3」15話

[TVズームイン] 'ロピル3'キム・ソヨン-ソンジュン、いよいよ
取り合った両手…愛を始めて

記事入力2014-03-04 07:30:36
c0104506_15392875.jpg

[TVリポート=キム・カヨン記者] 'ロマンスが必要3'甲殻類キム・ソヨンがヒーリング年下の男ソンジュンに会って甘い
マシュマロに変わった。 ソンジュンの真心は計算的なキム・ソヨンも率直にさせた。 ソンジュンとキム・ソヨン、いよい
よ二でない一つになった。

去る3日放送されたtvN月火ドラマ'ロマンスが必要シーズン3'(チョン・ヒョンジョン脚本、チャン・ヨンウ演出) 15話で
シン・ジュヨン
(キム・ソヨン)はジュワン(ソンジュン)が離れてしまってからワンに向かった自分の真心を知るようになった。 ジュヨンは
ワンに対する心のためにカン・テユン(ナムグン・ミン)に別れを告げた。 ジュヨンはワンに戻ることに決心したが
その方法を知らなくて気兼ねした。
c0104506_15452072.jpg

悩んだジュヨンはワンが進めるラジオに事情を送った。 ジュヨンは"その人が使った部屋を片づけた。 そんなに
文字を送れば帰ってくるのか"と尋ねた。 ワンは事情の主人公がジュヨンであることを知って"よっぽどでなければ
その男が家を出て行ったか。 そのようにしては絶対戻らない"と忠告した。 だが、ジュヨンは引き続き事情を送った。
ジュヨンは自分の心を表現しないでずっとぐるぐる回して不必要な話だけを吐きだした。

ワンが特別反応を見せないのでジュヨンはワンに直接文字を送った。 ジュヨンは"先輩と別れた。 私たちの問題は
ひとまず家に帰ってきて話そう"と文字を送った。 だが、ワンはジュヨンが'愛する'という話をするように願った。
ワンはジュヨンに"愛するという言葉を話せない人なのか"と尋ねた。 ジュヨンはワンに'愛する'という返事を送りたかったが
ボタンを押すのが難しかった。
c0104506_15544371.jpg

以後ジュヨンは一日中ワン考えた。 'どのようにすればワンが帰ってくるだろうか',ジュヨンは結局ワンが泊まっている
所を探した。 だが、また、言い訳を作った。 ジュヨンはワンが置いて行った物を渡して"これ置いて行かなかったのか。
音楽よく聞いた"と話した。 ワンはジュヨンの姿にもう一度失望したし、冷たく門を閉めた。 ジュヨンはもう一度
ベルを押して"私がここまでなぜきたか"と語調を高めた。 ワンは"あいまいに過ごすしてはならない。 したい話が
あればドアの外で先にしろ"と断固として話した。 ワンはジュヨンが心が傾き次第に話す人になるのを望んだ。

ジュヨンは結局"考えが多い"と吐露した。 引き続き"真心だとさらに難しい。 年齢も問題でそのままつきあうばかりだと
言ってもうちの母さん、君のママじっとしていないだろう。 また、心変われば再び気楽に見られないこともできる"と
話した。 ワンは"私は山も含まれて移動する自分がいるが、真心を悟っても一歩出て行けない女ならば私一人
山を移して何をするか"と断固として話してジュヨンを送りかえした。 冷たい姿を見せたワンは後戻りをして"私があなたを
愛することが当然のことではなかったら良いだろう"と独り言を言った。
c0104506_16161981.jpg

ワンはジュヨンのクセを直すために、ジュヨンに真心を教えるために冷静さを維持したが一瞬に水泡と消えた。
すぐにジュヨンの家のボイラーが凍結になったため。 ワンは自分なしでは何もできないジュヨンが心配になって
ひとあしでジュヨンの家へ向かった。 だが、ジュヨンは天下泰平にサウナを探した。 ワンは結局ジュヨンがあるサウナへ
向かった。 ジュヨンは何事もないように眠りを誘ったし、ワンはそのようなジュヨンを抱いて"できるなら頭を思わず
転がして週末に家にこい。 私が機会をもう一度与える"と話した。 また"愛している。 私は計算のようなことしない"と
話して自分の真心を表わした。 結局冷戦を維持したワンが一歩さらに退いた。

ワンの真心は下手なジュヨンにも愛を教える程強力だった。 結局ジュヨンは勇気を出してワンを探した。 ジュヨンは
今度は何も測らないで"愛している"と真心を言った。 ワンはジュヨンの告白に微笑を浮かべた。 そしてジュヨンを
力いっぱい抱いた。 引き続き"愛しているシン・ジュヨン。このように抱いているから良い。 あなたが私を押し出さない
ことが珍しい"と話した。
c0104506_16432437.jpg

ジュヨンはワンに戻るのを難しいと考えたが、事実それはある何より容易だった。 そのままありのまま、感じる心
そのまま表現すれば良かった。 だが、ジュヨンは自分の心に率直なのがなじまない女でありワンはジュヨンが何の
計算なしで心を表現することができるように訓練した。 ワンは惜しまない愛と真心を降り注いでジュヨンの心を暖かく
溶かした。 甲殻類シン・ジュヨンが全部甘くて愛らしくさせるヒーリング年下の男ジュワン。ジュワンが次にはどんな姿で
ジュヨンをどのように変化させるのか、互いに向かい合うことになった二人がどんな愛を育てるのか関心が集められている。


キム・カヨン記者kky1209@tvreport.co.kr /写真=tvN 'ロマンスが必要3'画面キャプチャー

記事

'ロマンスが必要3'パク・ユファン、ユン・スンアに
'甘いプロポーズ'

2014.03.04(火)10:57
c0104506_16551510.png

[tvdaily キム・ジヨン インターン記者]パク·ユファンがユン・スンアにプロポーズをした。

去る3日放送されたケーブルTV tvN月火ドラマ'ロマンスが必要3'(演出チャン・ヨンウ、脚本チョン・ヒョンジョン)
15話でイ・ウヨン(パク・ユファン)は事務室で同僚らと対話をして付き合おうという話を正式に聞けなかったという
チョン・ヒジェ(ユン·スンア)の愚痴を聞いた。 'それはソム(ソムシン)乗ること'として相槌を打つ他の同僚の話にかっと
怒ったウヨンはヒジェの手を握って"チョン・ヒジェさん好きです! 私たちの付き合い、一ヶ月前から"として同僚の前で
宣言をしてしまった。

引き続き社内公式カップルになったウヨンとヒジェは共に旅行に出発した。 ウヨンは"ヒジェさんと生きれば本当に
良いだろう。 幸せだろう、夕食を食べながら終始そう考えました"として焚き火の前で告白をした。 しかし前ボーイフレンドから
受けた傷が大きかったヒジェは懐疑的な反応を見せた。 これに対しウヨンは"私は想像だけで残らないようにするから。
今のように今後も私たちは幸せになるだろうし。 一緒にしますか? ずっとこのように"という言葉でプロポーズを
プレゼントして結局ヒジェの承諾を勝ち取った。

ウヨンのプロポーズを見た視聴者は"どんな美辞麗句より胸に迫るプロポーズであった" "ヒジェはどれくらい幸せ
だろうか? 私があそこに座っていたら良いだろう" "同僚たちの前であのように公式恋人発表ができる男がどれ程に
なるのか"のような熱い反応を見せた。

幸福を満喫しているウヨンとヒジェのラブ ストーリーが視聴者たちをときめかせている中で'ロマンスが必要3'の
最終回は4日夜9時40分にtvNで放送される。

[tvdaily キム・ジヨン インターン記者news@tvdaily.co.kr /写真=tvN放送画面キャプチャー]記事情報提供

記事


c0104506_18105520.png



[PR]

by majintera2424 | 2014-03-04 18:03 | ロマンスが必要3


<< 「ロマンスが必要3」最終話      パク・ユチョン、初放送を控えて所感! >>