teraのおとぼけ日記

meias.exblog.jp
ブログトップ
2014年 02月 05日

「ロマンスが必要3」8話

‘ロマンスが必要で3’ソンジュン、キム・ソヨンに‘私の前だけで泣いて’

イ・ウンジョン記者idsoft3@reviewstar.net入力時間:2014-02-05 09:50:00
c0104506_14323720.jpg
▲写真:tvN 'ロマンスが必要で3'放送キャプチャー

キム・ソヨンがソンジュンのふところに抱かれて涙を流した。

4日放送されたケーブルチャネルtvN月火ドラマ‘ロマンスが必要でシーズン3’(チョン・ヒョンジョン脚本、チャン・ヨンウ演出、
以下‘ロピル3’) 8話ではテユン(ナムグン・ミン)に対する自分の心を一歩遅れて識別したジュヨン(キム・ソヨン)が
それに対する感情で痛く感じる姿が描かれた。

この日放送分でセリョン(ワン・ジウォン)と再び別れることになったテユンは彼女に対する心を切り出すために
ジュヨンを利用した。 セリョンと共に行くことにした公演にこれ見よがしにジュヨンを連れて現れたこと。 二人の姿を
見たセリョンは傷ついてテユンやはり依然として彼女を忘れることができなくて痛く感じる。

テユンはジュヨンに自分がセリョンのために彼女を利用したとし、セリョンとの離別を淡々と明らかにした。 彼は驚いた表情を
つくるジュヨンにたいしたものでないとし、いくら胸が痛む別れてもみんなご飯を食べて生きると言いながら、自分は
すでに一度別れてみて分かると平気なように話す。 だが、すでにミンジョン(パク・ヒョジュ)から彼の過去を聞いたことが
あるジュヨンは一年の間砂漠をさ迷い歩いたのがどんなにたいしたものでないことかと反問する。

家に戻ったジュヨンはワン(ソンジュン)に今日あったことを語る。 ところでジュヨンはテユンが自分を利用したことに
落ち込んだのではなかった。 テユンがセリョンのために痛く感じる姿を見て胸が痛くなったのだ。 すなわち涙を流し始めた
彼女にワンがゆっくり近づく。

ワンをまた会った後でジュヨンは自ら感じるようにたくさん変わっていた。 一人でいる時さえすがすがしく泣くとは
思わなかった彼女がはじめて愛する男の痛みのために泣き始めたのだ。 ジュヨンは自分が考えたことよりはるかに
テユンが好きなことを知るようになる。

ワンはそのようなジュヨンに“あなたが再び泣くことができることになって幸運”としながら“私の前だけで泣けば
良いじゃない”として暖かく抱いてくれた。

一方‘ロピル3’は女ならば誰でも共感するほどのリアルながらも率直な恋愛の話と劇主人公の繊細な感情描写、
感覚的な映像美で大韓民国を‘ロピル病’で落とした‘ロマンスが必要で’の3回目シーズンだ。 今回のシーズンでは
ホームショッピング会社を背景に大韓民国アルファガールの競争、友情、ロマンスを描く。

記事

「ロピル3 'キム·ソヨンのニューブランドチームがプールに集まった理由は?


イ·ウンジョン記者idsoft3@reviewstar.net
入力時間: 2014-02-05 08:50:00
c0104506_1502035.jpg
▲写真:tvN 'ロマンスが必要で3'放送キャプチャー

キム・ソヨンのニューブランドチームがワン・ジウォンのファッションチームと神経戦を行った。

4日放送されたケーブルチャネルtvN月火ドラマ‘ロマンスが必要でシーズン3’(チョン・ヒョンジョン脚本、チャン・ヨンウ演出、
以下‘ロピル3’) 8話ではシン・ジュヨン(キム・ソヨン)チーム長が導くニューブランドチームがセリョン(ワン・ジウォン)が
導くファッションチームと一緒に持ったワークショップのうちに広がった神経戦が愉快に描かれた。

神経戦はワークショップ場所選定から始まった。 セリョンはニューブランドチームを自分が暮らしているホテルに呼んだ。
バーベキューパーティーはさておき海風も当たれない所でワークショップをするという事実にニューブランドチームの
メンバーは口をとがらせた。

ホテルに入る直前チーム長ジュヨンの要請も続いた。 彼女はメンバーに"私たちの作戦を忘れないでおくとしこれは
私たちの事業であのチームを最大限利用するものの絶対に引きずられて行ってはならない"として意志を培ってくれた。

ワークショップが始まるとすぐに二チームの神経戦はより一層強まった。 相手チームで出すアイディアごとに
互いに反対だけすることが常だったこと。このままではいかないという判断をしたジュヨンはチーム員に順番どおり
信号を与えた。 ひとまずミンジョン(パク・ヒョジュ)がとても眠たくて疲れると少し休もうという運を帯びるとすぐにヒジェ
(ユンスン)は中にだけあって苦しいとし手伝った。 その合間を利用してウヨン(パク・ユチョン)は自分の前に置かれた
タブレットPCを懐の中にこっそりと隠して立ち上がった。

頭も冷ますのをかねてひと回り走ってこようというウヨンの提案にセリョンと彼の職員は理解できないという表情をつくる。
ニューブランドチームが自分たちどうし集まって口を合わせてくるのにならないかとの職員の話にセリョンはすでに
コーヒーショップであり食堂は全部門を閉めたとし、本当に走っていることが明らかだという反応を見せた。 しかし
セリョンの予想ははずれた。 その時刻にニューブランドチームはホテルのプールに集まって事前会議をしていたのだ。

一方‘ロピル3’は女ならば誰でも共感するほどのリアルながらも率直な恋愛の話と劇主人公の繊細な感情描写、
感覚的な映像美で大韓民国を‘ロピル病’で落とした‘ロマンスが必要で’の3回目シーズンだ。 今回のシーズンでは
ホームショッピング会社を背景に大韓民国アルファガールの競争、友情、ロマンスを描く。

記事


‘ロピル3’キム・ソヨン、‘ヒーリング年下の男’ソンジュンに陥った

イ・ウンジョン記者idsoft3@reviewstar.net入力時間:2014-02-05 01:23:08
修正時間:2014-02-05 03:40:29

c0104506_15363545.jpg
▲写真:tvN 'ロマンスが必要で3'放送キャプチャー

キム・ソヨンがソンジュンの安らかな魅力にすっかりはまった。

4日放送されたケーブルチャネルtvN月火ドラマ‘ロマンスが必要でシーズン3’(チョン・ヒョンジョン脚本、チャン・ヨンウ演出、
以下‘ロピル3’) 8話では‘ゆでさつまいも’ワン(ソンジュン)に次第に慣れた‘シンシン’ジュヨンの姿が描かれた。

先立ってジュヨンはテユンと夕方食事をしに行くところにセリョンとあった。 直ちに共に食事をしに行った三人の食事は
ジュヨンにそんなに愉快でなかった。 テユンを挟んでジュヨンとセリョンの神経戦が継続されたこと。 その上最後に
一人ぼっち残ったのはジュヨンだった。 テユンは会社に車を置いてきたジュヨンの事情をよく分かりながらもセリョンだけを
自分の車に連れて行ったのだ。 ブロックしかない距離をちょっと見送ったらと思ったジュヨンは彼の行動に失望して
再び胸痛みを感じた。

ジュヨンは家に戻るやいなや自分がきたことを大きい声で知らせてワンを探した。 ワンの返事がないと彼女は2階に
上がって彼を探し始めた。 しかしそちらにもワンの姿は見られない。 車は家の前にあって部屋も点灯していることを
見ると、ワンは明らかに家の近くにいるのが明らかだった。

一方その時刻にワンは家の浴室で余裕があるように泡入浴を楽しんでいるところだった。 しかしその様子をこらえることが
出来なかったジュヨンはワンにはやく帰ってこいとの内容の文字メッセージを送った。 ジュヨンはいつのまにか
ワンに頼っているのだ。 とても気分が悪いことがあったとし苦しいと不平を言う彼女にワンは会いたいと話せば
5分内に行くとして彼女を調教した。

一方‘ロピル3’は女ならば誰でも共感するほどのリアルながらも率直な恋愛の話と劇主人公の繊細な感情描写、
感覚的な映像美で大韓民国を‘ロピル病’で落とした‘ロマンスが必要で’の3回目シーズンだ。 今回のシーズンでは
ホームショッピング会社を背景に大韓民国アルファガールの競争、友情、ロマンスを描く。

記事


「ロマンスが必要3 」ナムグン·ミン、キム·ソヨン利用した

イ·ウンジョン記者idsoft3@reviewstar.net
入力時間: 2014-02-05 09:20:00
c0104506_15575678.jpg
▲写真:tvN 'ロマンスが必要で3'放送キャプチャー

ナムグン・ミンがワン・ジウォンを忘れるためにキム・ソヨンを利用した。

4日放送されたケーブルチャンネルtvN月火ドラマ「ロマンスが必要シーズン3 ' (チョン·ヒョンジョン脚本、チャン·ヨンウ演出、
以下'ロピル3 ' ) 8話ではセリョン(ワン・ジウォン)と別れたテユン(ナムグン·ミン)は、彼女を忘れるためにジュヨン
(キム·ソヨン)を利用する姿が描かれた。

先に苦労して再び会うことになったテユンとセリョンはこの日の放送分で、以前と同じ理由でもう一回別れを経験する。
二人はお互いを理解しないまま、相手の変化だけを望んでいたこと。

テユンに離別を通報されたセリョンはそのまま戦ったことであるだけであらかじめ約束した公演を見に行こうとしながら
近づく。 自由奔放なセリョンに再び傷つくことになることが恐ろしいだけのテユンは彼女に何も言わない。

代わりにテユンはセリョンと共に行くことにした公演にこれ見よがしにジュヨンを連れて現れた。 セリョンが二人の姿を
直接見て心を整理することを願う考えでジュヨンを利用したこと。 この事実を分からないままテユンとのデートに
ひたすら浮き立っていたジュヨンとまもなく二人の姿を目撃して傷つくことになるセリョンを見守るワン(ソンジュン)は
複雑で息苦しいだけだ。

公演が終わった後ジュヨンと共に酒を飲んだテユンは君にできない話があるとしセリョンと別れたという便りを伝えた。
彼はジュヨンにセリョンが“どんな女なのか知っていたしそれでも心を切り出せないで、また会ったものだが依然として
自分はその女のありのままは容認できなかったよ”として、もうみな終わったと淡々と話す。 テユンは卑怯で幼稚な
方法だが一緒に見ることにした公演に他の女である君とともにきたしその姿をセリョンも見たので心を整理すること
としながら、ジュヨンにセリョンのためにお前を利用したと許しを求めた。

一方‘ロピル3’は女ならば誰でも共感するほどのリアルながらも率直な恋愛の話と劇主人公の繊細な感情描写、
感覚的な映像美で大韓民国を‘ロピル病’で落とした‘ロマンスが必要で’の3回目シーズンだ。 今回のシーズンでは
ホームショッピング会社を背景に大韓民国アルファガールの競争、友情、ロマンスを描く。

記事

c0104506_16184188.png

c0104506_16185718.png

c0104506_1619162.png

c0104506_0293899.png

ジュヨンは胸が痛むのは、テユンが好きだからだということを初めて知りましたね。
ジュヨンはテユンが自分を利用したとのことより彼の心を心配して涙し
ワンはそのジュヨンの切ない気持ちを温かく包み込む・・・そんなラストに一緒に涙してしまいました。

[PR]

by majintera2424 | 2014-02-05 16:44 | ロマンスが必要3


<< ユチョン、スリーデイズ参加への思い      「ロマンスが必要3」7話 >>