teraのおとぼけ日記

meias.exblog.jp
ブログトップ
2013年 12月 08日

「応答せよ1994」15話

「応答せよ1994 'ユ·ヨンソクの壮絶な宣戦布告"ふたたび取りに来る」
ハ・ジヘ記者idsoft3@reviewstar.net
入力時間:2013-12-08 01:19:49
c0104506_1741935.jpg
▲写真:tvN放送キャプチャー

'ユ·ヨンソクがもう一度チョンウに向かって宣戦布告した。

7日午後放送されたtvN ‘応答せよ1994(演出:シン・ウォンホ脚本:イ・ウジョン)’の15話私を変化させた人々2編
では日本に発つチルボン(ユ·ヨンソク)が最後にスレギ(チョンウ)に会う姿が描かれた。

この日チルボンは地方で冬季訓練キャンプを送っていた。 すぐにあさってが日本に発つ日であるのにソウルで
最後の夜を送ることはできなかったこと。そのような彼の事情をかわいそうに思った監督はチルボンに一日の余裕を
与えた。 最後の夜、明日はソウルで友人や家族らと時間を過ごすとし配慮した。

これに対し浮き立った気持ちで急いで荷造りをしてソウルまで来たチルボンは公衆電話ボックスでしばらくの時間を
過ごしたが、とても今まで何度も片思いを告白したナジョン(コ・アラ)に再び会おうという言葉を言うことはできなかった。

その代わりチルボンは現在のナジョンの恋人であるスレギに連絡したし、二人は向き合うことができた。 ビヤホールへ
席を移した二人は焼酎を飲まないで話を交わした。

スレギは先にチルボンに“あさって出国なのになぜ私に来たのだろうか”としていぶかしい心を伝えた。 だが、返事の
代わりにチルボンは、糸屑がさく烈した古い球一つを財布から取り出してスレギに与えた。

そうしてチルボンは高等学校2学年の時体験したすさまじい敗北の記憶に対して思い出させた。

初めて決勝戦選抜戦を出て行ったがホームランで受け返して負けることになったゲームだった。 その時の悔しさと
悔しさのためにその後で一週間の間野球部活動も出来なかった。 それにチルボンの家に訪ねてきた監督は受け入れろと
次に競技に勝てば良いと励ましたし、それに実際に1年後同じ試合で、同じチームを3陣で勝ったことを明らかにした。

その時の敗北の記憶でより一層熱心に野球に精進したチルボンが1年後同じチームに勝つほどの実力を積むように
させたし、今スレギに差し出した球やはりその時の努力が宿った工賃を伝えた。

そうして“いつになるかも知れないが再び取りにくる”としてチルボンはスレギに最後の宣戦布告を投げた。 チルボンとしては
本来会いたいナジョンに電話をかけて対話をすることも、顔を見ることもできなくて代わりにスレギに送るすさまじい
告白の迂迴路であった。

一方、その後でチルボンがナレーションで‘私をより大きくするのはその夢へ行く道に会うライバルだ’と話したことで、
何年後チルボンの姿と愛が今よりしばらくより大きくなっているのを見る人々に、期待と応援を呼びおこした。

記事


「応答せよ1994チョンウ、大きな勇気出した "コ·アラ好きです"
ハ・ジヘ記者idsoft3@reviewstar.net
入力時間:2013-12-08 01:15:34
c0104506_17585610.jpg
▲写真:tvN放送キャプチャー

チョンウがソン・ドンイル夫婦にコ・アラとの交際を告白した。

7日午後放送されたtvN ‘応答せよ1994(演出:シン・ウォンホ脚本:イ・ウジョン)’の15話私を変化させた人々2編
ではスレギ(チョンウ)がソン・ドンイル(ソン・ドンイル)夫婦にナジョン(コ・アラ)との間を告白する姿が描かれた。

この日ナジョンはスレギと別れる時間にもかかわらず彼の車から出て行こうとしない愛嬌を出してスレギを当惑させた。
スレギがナジョンに告白をした夜以後で、二人の間は遠ざかることなくいつも好況期を享受していたこと。

ますますス
レギと別れたくなくて大きい愛情を隠せないナジョンを見るたびにスレギはそのような彼女の愛嬌をまともに受け入れる
ことができなくて葛藤を経る表情を見せた。

チューしてくれとしながら唇をずっと差し出すナジョンの口を手のひらで痛くないように殴って“ムォコ、お父さん見れば
どうしよう!”と周辺顔色を見る姿を見せることもした。

だが、そのようなスレギの努力にもナジョンはより一層愛らしかったし、スレギはやはりそのようなナジョンに向かった
心をこれ以上隠すことはできなかった。 また、ソン・ドンイル夫婦がチルボン(ユ·ヨンソク)を向かって婿の候補をみ
なしたかったとか、ナジョンがすばやくボーイフレンドができなければならないというなどの話をすることが不便なのも
事実だった。

これ以上こらえることができないようにスレギはナジョンに濃いキスと抱擁をして“明日ご両親家にいらっしゃるだろう?
明日の夕方にご飯食べに行くから”と交際事実を告白することだとあらかじめ宣言した。 そうしてナジョンに何も
心配しないよう、自分がみな処理すると話す大人っぽい姿も見せてナジョンをより一層強固にさせた。

その次の日、黒のスーツを着て現れたスレギはソン・ドンイル夫婦にひざまずいて“ナジョンが好きだ”として真剣に
告白したしこれに対しイ・イルファはむなしい笑いを、ソン・ドンイルはさらに聞くのが難しいように先に席をはずした。

病院実習で忙しいスレギのために、ソン・ドンイルはイ・イルファに牛のスープを別に用意しなさいと話すほどスレギを
惜しんだが、今まで死んだ息子のようにスレギを見てきたソン・ドンイル夫婦では彼の突然の告白に精一杯慌てた姿を見せた。

記事

「応答せよ1994 」ドヒ、ソテジ大ファンになった理由明らかにした「ジーン」
ハ・ジヘ記者idsoft3@reviewstar.net
入力時間:2013-12-08 01:23:05
c0104506_18155096.jpg
▲写真:tvN放送キャプチャー

ドヒがソテジのファンになった理由を難しく告白した。

7日午後放送されたtvN ‘応答せよ1994(演出:シン・ウォンホホ脚本:イ・ウジョン)’の15話私を変化させた人々2編では
ユンジン(ドヒ)がボーイフレンドである三千浦(サムチョンポ)(キム・ソンギュン)に初めて自分がソテジのファンに
なった理由を明らかにした。

今回の回でユンジンはソテジの引退でいくつの日を幾日か苦しむ姿を見せた。 彼は姿をくらましたソテジの自宅に隠れて
物を掠めてくる意向を見せると、突然ソテジの引退告白に空が崩れたように絶望する姿を見せた。

以前に三千浦(サムチョンポ)は“もしソテジが引退すればユンジンは落ちて死ぬことだ”と話したように実際にユンジンは
精神を置いたように発作する姿を見せて下宿屋家族を心配させた。

飲食を絶食して一日中泣いてばかりいるガールフレンド ユンジンのために三千浦(サムチョンポ)は自ら出てソテジの家で
便器を掠めてくるほどの努力を見せた。 そのような形で誰かの大ファンになった人々を滑稽に見た三千浦(サムチョンポ)には
決してできないことだったが、それよりユンジンを慰めようとする心がより大きかった。

そのような三千浦(サムチョンポ)の姿に感動したユンジンはその時始めて気がついたように周辺を見て回る姿を見せた。
そして続いて2人だけの席で三千浦(サムチョンポ)は精一杯温かくなった雰囲気を機会を利用してユンジンに
“君はなぜソテジがそんなに良いのか”として理由を尋ねた。

これに対しユンジンが初めて内部事情を打ち明けたこと。 ユンジンは自分のママが言えないことで運を離したところで
幼い時期それのために恥ずかしくてしょげて送ったとしその時の力になったのがソテジの歌だったことを明らかにした。

彼女は“学校も友人も嫌いで人々が私を見るのも嫌いだった。 それで部屋にだけ打ち込まれて毎日テレビだけ見た”と
話した。 ところでそんなに走狗長槍見たテレビにソテジのドキュメンタリープログラムを見ることになったし、それによって
人間的な彼の姿に引かれたことを伝えた。

そうして“星の国スターでない、そのままうちの兄、私の兄さんと同じだった。 その時から学校で友人が私と遊ばないでも
何でもなかったよ。 兄さんの歌だけ聞いていればわけもなく強くなる感じだった”と胸の内を打ち明けたし、それに
三千浦(サムチョンポ)は今まで知られていなかった女性の友人のファン心をやっと完全に理解したように笑顔に
なれることができた。

記事

「応答せよ1994 」キム・スルギ、チョンウに言った言葉はただのハプニング?
ハ・ジヘ記者idsoft3@reviewstar.net
入力時間:2013-12-08 09:30:00
c0104506_18513542.jpg
▲写真:tvN放送キャプチャー

キム・スルギの予言が偽りと明らかになった。

7日午後放送されたtvN ‘応答せよ1994(演出:シン・ウォンホ脚本:イ・ウジョン)’の15話私を変化させた人々2編
ではスレギ(チョンウ)の神技に充ちた年下の従妹の予言が偽りであったのが明らかになった。

前の14話ではスレギにガールフレンドであるナジョン(コ・アラ)の身上明細を詠じて、二人がまもなく別れることだと
予言する年下の従妹(キム・スルギ)が登場して目を引いた。

彼はソテジの引退を夢で先に触れたとしソテジの家塀を越えて足が折れる不祥事を体験して笑いをかもし出すこともした。

それに情けないがここはスレギが高3が勉強をしなくちゃと無駄なことをするとして叱るとすぐに年下の従妹がナジョンの
身上明細を詳しく話してスレギを当惑させた。 明らかに自分は言ったことがないのによく知っているその姿に背筋が
寒くなることを感じることも。

そうしてこの時、年下の従妹はスレギに“ある時上手にしなさい”としてまもなく別れることだと、女により良い人が
いると話してスレギを困惑させた。

だが、今日放送で年下の従妹は退院をしながらスレギの兄ジェヒョンと通話中にそのすべての言葉が偽りであることを
明らかにした。 すでにジェヒョンがナジョンに対して年下の従妹に言質を与えたこと。

そうすることでこの前の回で見て類推したスレギとチルボン(ユ·ヨンソク)、ナジョンの関係に対する予言が皆空しくなった。

一方、そのような中にもソテジの引退を予言した年下の従妹の神技はある部分では迎える姿を見せて、また、
一度見る人々に、こんがらかるようにさせた。

年下の従妹はスレギにタクシーに乗って行くとしてお小遣を要求したし、シャトルバスが一台残ったとしスレギはそれに
乗って行くことを望んだ。 しかし年下の従妹は“もうシャトルは終わった”として頑として言い張って目を引いた。

そして年下の従妹がタクシーに乗って消えた後、本当にシャトルバスを待ったこれらに近づいた関係者が“申し訳ないが
最後のシャトルバスがない”と知らせることによって彼の予言が一定部分合うという考えを持つようにした。

記事
[PR]

by majintera2424 | 2013-12-08 19:09 | 応答せよ1994


<< ユチョン主演「Three Da...      「応答せよ1994」14話 >>