teraのおとぼけ日記

meias.exblog.jp
ブログトップ
2013年 11月 18日

「応答せよ1994」10話

‘応答せよ1994’コ・アラ、チョンウにびっくり告白… ‘初雪のために’

ハ・ジヘ記者idsoft3@reviewstar.net
入力時間:2013-11-17 01:15:03
c0104506_1031164.jpg
▲写真: tvN放送キャプチャー

コ·アラがチョンウに告白した。

16日午後放送されたtvN '応答せよ1994 (演出:シン·ウォンウ脚本:イ·ウジョン) "の10話多分最後になるかもしれない編は、
すでに一回チョ・ユンジン(ドヒ)を介して心を見つけられたソン・ナジョン(コ·アラ)がスレギ(チョンウ)に直接告白する姿
が描かれた。

この日ナジョンのママ、イ・イルファ(イ・イルファ)は初雪が降るとし娘を起こした。 それにソウルで降る初雪を見ることに
なったナジョンも感激して、何の考えなくまっすぐにスレギの部屋に走っていった。

しかし、今までナジョンとスレギは多少ぎこちない間であった。お互いに明らかに言っていないが、すでにユンジンで
妹のようなナジョンが自分を好きだという事実を知っているスレギや、心を見つけられてナジョンでも互いにぎこち
ないことは同じだったこと。

初雪を知らせにスレギの部屋に入ってきたナジョンはしばらく立ち止まっているほかはなかった。 そんなに再び部屋を
出て行こうとしていたナジョンは今一度思い直してベッドに横になって夢うつつあるスレギのそばに近付いた。

そして、気さくな声で"お兄さん、目を開いてみて。 外に雪が降る"とスレギにささやいた。優しいささやきに目覚めた
スレギはナジョンが表示する窓の外の風景に視線を捕らえられた。すでに真っ白に積もった白い雪が美しく庭を
飾っていた。そのスレギも感激した気持ちになって自分の横に並んで座ったナジョンが寒くないように毛布をかけてくれたり。

スレギはほほえましい表情で窓の外を見て"初雪か?雪見もして良い"と言ったが、そんな彼を見てナジョンの表情は
わざと寂しさがにじみ出ていた。そして一目見ただけの美しい風景と突然の感情の高まりに告白をしてしまった。

ナジョンは“兄さんは私が本当に楽で良いだろう? ところで私は一つも気楽でない”としてこの前ユンジンがした話を
スレギに、想起させた。 そうして“私が兄さんが好きだ。 それは本物だが”として胸震えてする表情になるとみられた。

それにじっと見ていたスレギが何か話をしようと思う時、ナジョンはお早めに阻止した。何の話をするのか聞かなくても
知ることが出来たこと。自分のためにスレギが困ることだと分かることができた行動だった。

そうしてナジョンはただ分かるだけしてくれと話をしたし、そんなに萎縮したナジョンをスレギは静かに抱いてくれた。

記事

‘応答せよ1994’ユ·ヨンソク -チョンウ、コ・アラ向かった他の態度
‘距離狭めることと距離を置くこと’


ハ・ジヘ記者idsoft3@reviewstar.net
入力時間:2013-11-17 01:20:32修正時間:2013-11-17 01:45:51
c0104506_11131863.jpg
▲写真:tvN放送キャプチャー

ユ·ヨンソクとチョンウのコ・アラに向かった態度が目を引いた。

16日午後放送されたtvN '応答せよ1994 (演出:シン·ウォンホ脚本:イ·ウジョン) "の10話多分最後になるかもしれない
編は、ソン・ナジョン(コ·アラ)に向けたスレギ(チョンウ)とチルボン(ユ·ヨンソク)の態度が対照的な姿が描かれた。

この日三千浦(サムチョンポ)(キム・ソンギュン)は冬休みをむかえて故郷へ降りて行く準備をしていた。 それに
三千浦(サムチョンポ)のお父さんの招きで同じ下宿屋メンバーであるナジョンをはじめとしてヘテ(ソン・ホジュン)
チョ・ユンジン(ドヒ)まで全部ついて行くことにしたこと。

サザエも食べて日の出も見るつもりにいっぱい浮き立った彼らは高速バスに乗って三千浦(サムチョンポ)へ向かったが、
残念なことにチルボンは日本読売側から来た人とスカウト面談があったので行くことができなかったし、スレギも
やはり医学部のグループ発表のために一緒にできなかった。

そんなにナジョン一行が三千浦(サムチョンポ)で楽しい時間を過ごしている時、ソウルでは突然の‘格別なこと’ができた。

チルボンが待っていた日本コーチが天気事情で飛行機が飛び上がることができなくて次の日の朝に来ることが
できるといったこと。 それにしばらく曖昧な表情をつくったチルボンは微笑を浮かべて急いでカバンを持ってタクシーに
乗る姿が描かれた。

このような‘格別なこと’はスレギもやはり同じだった。 すぐにある発表授業を待っっていた彼は“教授が雪原で転がり
落ちたって。 それで発表授業はキャンセル”という動機の話に、やはり微笑を見せて急いで病院を出た。

急に生じた余分の時間に二人とも急いでどこかへ向かったが、お互いに行く場所は違っていた。誰かは、三千浦に
向かうバスを取得し、誰かは友人が待っているビリヤードに向けたもの。

そんなに六時間の長距離を走ってチルボンはナジョンに会うために三千浦(サムチョンポ)へ向かったし、そのような間
スレギは友人らと楽しい時間を過ごした。

本来ナジョンと近い仲だったがしばらくぎこちない間になって距離をおこうとするスレギの態度と、今まさに始まった
初恋に少しでも多くの時間を過ごして距離を狭めたがるチルボンの心が対照されて見る人々の目を引いた。

記事

‘応答せよ1994’ソン・ドンイル、優勝記念主‘最後なのかも知らずに’


ハ・ジヘ記者idsoft3@reviewstar.net
入力時間:2013-11-17 08:00:00
c0104506_11505778.jpg
▲写真:tvN放送キャプチャー

ソン・ドンイルの喜びが遺憾をかもし出した。

16日午後放送されたtvN '応答せよ1994 (演出:シン·ウォンホ脚本:イ·ウジョン) "の10話多分最後になるかもしれない編は、
ソン·ドンイル(ソン·ドンイル)を代表的に私たちが流す大切な瞬間を描いた。

この日ソウル双子球団のコーチであるソン・ドンイル(ソン・ドンイル)は優勝をおさめてその喜びに記念碑的な優勝
記念主を漬ける姿を見せた。

その姿を見た妻イ・イルファ(イ・イルファ)が何の酒を漬けるかと尋ねたし、それにソン・ドンイルはいっぱい高まった自信で
“明日も明らかに優勝だ。 できなければ姓を変える”として豪語大言壮語をはばからなかった。

それにイ・イルファは不可能だとし“ソン・ドンニョルのような選手でもいなくちゃ”と話したし、それにソン・ドンイルは
“ソン・ドンニョルはもう下り坂だ。 絶対日本行けない”と悪口した。 それにまた“イ・ジョンボムも上手にしたのに”と
いう話に“その子1年輝く。 分かることもできず”と妻の話を流して聞く姿を見せることも。

そうしてソン・ドンイルは“当分10年はソウル双子が独走体制だ。 ソン・ドンイルが人生さっと咲く”と叫んでいつまでも
続くかのような勝利の喜びを満喫した。

そうして高麗人参と焼酎を共に漬けた瓶には‘1994年10月23日ソウル双子優勝記念’と大きく少なくて入れた。
だが後に続いたソン・ナジョン(コ・アラ)のナレーションによればソウル双子はその時最後の優勝をおさめたことを伝えた。

2013年新村(シンチョン)下宿メンバーが皆集まったナジョンの家にその時漬けた人参酒がある様子から見て、
その後ソン·ドンイルは、その浸した人参を20年間も飲まなかったこと。

この日10話のサブタイトルである "多分最後になるかもしれない"は、ソン・ドンイルにはすぐにその時が頂点である
瞬間だった。 最高潮のコンディションと優勝がよくあることでなく、そんなに‘多分最後になるかもしれない‘その瞬間を
ソン・ドンイルは記念主を作って、他の野球選手のゴシップで渡してしまった。

このような小見出しとこの日のドラマで見せてくれた三千浦(サムチョンポ)祖母の若い的話、三千浦(サムチョンポ)と
四川省の統合、チルボン(ユ·ヨンソク)の告白とファーストキスなどが一団となって"もしかしたら最後になるかもしれない"
大切な瞬間について今一度考えて見ることができ機会を作った。

記事

"応答せよ1994 'ユ·ヨンソク、いよいよコ·アラに告白'好き'

ハ・ジヘ記者idsoft3@reviewstar.net
入力時間:2013-11-17 01:42:30
c0104506_13171816.jpg
▲写真: tvN放送キャプチャー

ユ·ヨンソクがついにコ·アラに告白した。

16日午後放送されたtvN '応答せよ1994 (演出:シン·ウォンホ脚本:イ·ウジョン) "の10話多分最後になるかもしれない編は、
これまでソン・ナジョン(コ·アラ)を片思いしたチルボン(ユ·ヨンソク)が告白する姿が描かれた。

この日ナジョンを探して三千浦(サムチョンポ)まで降りてきたチルボンは3時間だけいることができなくて再びソウルへ
向かうバスに乗らなければならなかった。 夜12時が間もなくなる時間に上がるというチルボンを見送るために
ナジョンもまた、共にターミナルへ向かった。

そしてまだ出発しないバスを待ってナジョンはチルボンに“明日朝一番車乗って行けば良いじゃない”として効率的でない
チルボンのスケジュールを指摘した。 せいぜい3時間のために往復12時間の距離を駆け付けたのが理解できないこと。

それに言葉を慎んだチルボンは“君はバカか”として話し始めてナジョンを戸惑うようにさせた。 そして“私がなぜ降りて
きたこと? 君も分かると思うが”として“今年も残り少なかったから、片思いを2年の間することにはならないじゃない”
と彼にふさわしくなく率直な話を吐きだした。

チルボンは依然として言葉なしに自分を見るナジョンに好むとし、それでこちらまで降りてきたことを告白した。
だが、そのようなチルボンの突然な告白にナジョンは何の話もすることはできなかった。 自分がスレギ(チョンウ)を
好む理由ためでもあるがあまりにも突然だったこと。

だが、チルボンはそのようなナジョンを理解するように“好んでくれというのではない。 君が他の人好むのも知って”
として“それでも良いことをどうするか。 今日、話をしなければ後悔しそうで”と淡々と話を繋いだ。

彼のそのような突然の告白にはさっき三千浦(サムチョンポ)の家で会ったおばあさんのせいが大きかった。 多くの
年齢にも20才時期好きな男が思い出されて依然としてその心が持続すると、その時告白できないのが一番残念
だというおばあさんの話をチルボンは深く分かりやすく解釈した。

そしてチルボンは1995年1月1日へ渡る定刻に合わせて“ハッピーニューイヤー”とナジョンに初めてのキスを試みた。
ゲームのためにするキスでない二人とも完全な精神でした奇襲キスであった。 これに対しナジョンは二目をまるく
開いて驚いた表情になったし、二人の関係が今後どのように変わるのか見る人々に、気がかりなことをかもし出した。

記事
[PR]

by majintera2424 | 2013-11-18 13:40 | 応答せよ1994


<< 「応答せよ1994」チョンウの...      「応答せよ1994」9話 >>