teraのおとぼけ日記

meias.exblog.jp
ブログトップ
2010年 11月 01日

コ・ス“重いメローイメージ取り払いたかったんですよ”

[ピープルQ|コ・ス・カン・ドンウォンは生活の達人!]
コ・ス“重いメローイメージ取り払いたかったんですよ。
見えない力演技難しかったんですよ…ハハ”

c0104506_13233756.jpg

■映画‘超能力者’に帰ってきたコ・ス・カン・ドンウォンの無限魅力の中に…

彼らはなぜ? 超能力にささったか

正しい容貌のおかげで‘美男スター’と呼ばれる。
アイドル スター劣らずファンたちを連れて歩いて、作品活動他には特別な
スキャンダルもない。
俳優コ・スとカン・ドンウォンの共通点だ。

デビュー後、じわじわ出演作を増やして多様なジャンルとキャラクターに挑戦してきた
2人の俳優が10日封切りする映画‘超能力者’(監督キム・ミンソク)で初めて会った。
最近あるアンケート調査で‘今年映画中最も完ぺきなキャスティング’でも挙げられるほど
二つの出会いは関心を集めている。

‘超能力者’の封切りを控えてコ・スとカン・ドンウォンに会った。
コ・スは何の質問をしようが適当なウィットを混ぜて率直に答えたし
カン・ドンウォンは質問を正確に分析して自分の考えを言った。

c0104506_13305953.jpg

映画‘超能力者’主人公コ・ス。

■超能力が通じないただ一人の男!コ・ス
コ・スは‘超能力者’を話しながら“5月18日から9月8日まで撮った”として
撮影日まで正確に記憶した。
“春風から秋風まですべてあたった”という彼は今撮っている
また他の映画‘高地戦’話を取り出して“もう冬風もあたるようになった”として笑った。

特別に自身を整えない気さくな語り口は、インタビューずっと
何度も笑いを放つようにした。
‘超能力者’で演技した超能力が通じない男ギュナムに対して彼は
“バカだ、バカ”と紹介した。

“世の中のすべての詐欺はみな当てられそうな男、馬鹿正直なのでなく単純な男ですよ。”

‘超能力者’は除隊後‘白夜行’に続き選んだ二番目映画だ。
コ・スとカン・ドンウォン、二人の男が作っていく追って追われる話。
デビュー後初めてメローがない、男対男の対決を描いた作品に出演した。

● “自然なアクション…服は脱ぎません”
映画でコ・スは自分の恩人を殺したカン・ドンウォンを追撃する。
その過程で倒れて当たって血を流す。 動作の合を合わせた高難度なアクションでなく
体一つで抵抗するアクションを見せる。

“それでも上着を脱ぎはしないです。 ハハ。 自然なアクションなのに
大地のようで風みたいです。
本来、本を長く読む方ではないが‘超能力者’シナリオはとても早く読みました。”

彼は相手役にカン・ドンウォンが出演するという話を聞くと、すぐに“完ぺきなマッチング”
という考えで映画に合流した。
だが、現実世界で超能力者と向かい合う状況を表現することは容易ではなかった。

“見えない力を考えて演技するのは宿題でした。 私たちが生きるこの現実に
本当に超能力者が現れたと想像して見て下さい。”

彼は軍除隊後、演劇に出演して“愛の話をたくさんしたので他の話をしよう”と決心した。
だが‘白夜行’でもう一度大変なメローを消化した。

“‘白夜行’とドラマ‘クリスマスに雪は降るの’でした重い愛、人物は難しかったです。
ちょっと変わった姿をファンがどんなに見てくれるか、不慣れに感じないか心配もなります。”

● “私は夜明け方型人間、無条件走ります”
コ・スはこの頃、全州で朝鮮戦争を扱った映画‘高地戦’を撮影している。
休戦交渉が進行される時期を扱ったこの作品で野戦部隊を導く陸軍将校を引き受けた。

“‘超能力者’で男ツートップの魅力を分かったが、‘高地戦’現場は最初から男巣窟です。
‘超能力者’広報しにソウル上がってくる時‘休暇行く’で出てきたので
帰る時は復帰申告しなければならないですね。”

‘高地戦’撮影は来年春まで予定されている。 コ・スは“皆さんがクリスマスキャロル聞いて
雪道を歩きながらデートするその時、私は山の中の辺境地で爆弾放って暮します”と
悔しいように話した。
だが、スクリーンで着実に演技領域を広めていく彼の顔には疲れるそぶりがなかった。

彼は歩いて走って山に登るのを好んで地方撮影をしながらも明け方5時30分には
必ず起きてジョギングをする。
海外旅行に行っても、必ずジョギングをする。
コ・スは“夜10時頃、寝て夜明けに起きて運動する面白味が相当だ”として
“フィットネスのような室内運動より野外運動が気楽だ”と運動礼賛論を広げた。

穏やかな音楽が好きなのはまた他の趣味だ。
スマートフォンに音楽を保存して休む時々聞く。
最も好む歌手はノラ・ジョンーズ。
ノラ・ジョンーズの映画デビュー作‘マイ ブルーベリーナイツ’を初めに
指折り数えるほど熱心なファンだ。

急がなくて物静かに演技をアップグレードしていくコ・ス。
彼がこれからやってみたい役はどれだろう。 構えない彼らしい返事が帰ってきた。

お隣りのおじさんや未婚の男性です。 お隣りの未婚の男性が旅行に出発する
ロードムービーならばより良いです。
演技をするほど平凡な演技が最も難しいことを感じます。”


●コ・ス(1978年生まれ)
芸能界デビューはドラマや映画でないミュージックビデオでした。
1998年歌手ポジションの‘手紙’ミュージックビデオに出演して初めて顔を知らせた。
ドラマ‘母よ姉よ’ ‘ピアノ’ ‘純粋の時代’等でトップスター女優らの相手配役で
出演して目を引いた。 映画‘サム’ ‘白夜行’等を通しては強い印象を残した。

記事
コ・スssiフォト
>皆さんがクリスマスキャロル聞いて雪道を歩きながらデートするその時
私は山の中の辺境地で爆弾放って暮します

何か、コ・スさんらしい言葉で、つい微笑んでしまいます!

コ・スさんの好きな歌手はノラ・ジョンーズさんとのこと。
私は初耳のお名前なので、ちょっと調べたら
ジャズの名門、ブルーノートから02年にデビューしたノラ・ジョーンズ。
シンガーであり、ピアニストであり、ソングライティングも手がけ、おまけに美人
という"大型新人"のふれこみに偽りのない逸材なのだが、音楽性をとってしても
1つのジャンルに収束しないスケールの大きさを感じさせる。


「マイ ブルーベリーナイツ」のOSTを、YouTubeからお借りしました。
ジャズぽくって、ゆったりとして、情感があって、歌が上手で
コ・スさん、音楽のセンスも抜群です!
[PR]

by majintera2424 | 2010-11-01 17:07 | 超能力者


<< 理想の女性像は・・・?      インタビュー記事! >>