teraのおとぼけ日記

meias.exblog.jp
ブログトップ
2009年 04月 02日

「母さんに角が生えた」観終わりました

c0104506_1127672.jpg

長丁場の66話を思わせないほど、毎週が面白くて、次回が待てないくらい楽しみで
それぞれの家族が持つ苦しみ、悲しみ、喜びを、リアルに描いていた
とても心に残るホームドラマでした。
後半は特に、ハンジャ(キム・ヘジャ)の家出と、ハンジャの姻戚であるウナ(チャン・ミヒ)と
ジンギュ(キム・ヨンゴン)夫妻の離婚の危機などがあり、また、共感できて
ドラマを一層面白くさせてくれたと思います。
c0104506_1128966.jpg

ハンジャの誕生日、突然の一年間の休暇願いを言い出したハンジャを
ハラボジ(イ・スンジェ)とハンジャの夫イルソク(ペク・イルソブ)が許可をし
ワンルームで独身生活が始ります。
この二人の許しがなければ、自由な休暇を過ごす事が出来なかったのですから
二人の決断には、大拍手を送りたいですね!
ハンジャが家を出て、車に荷物を積んで走っている時、全てのしがらみから解放されて
幸せそうに窓から顔を出す姿が、今でも鮮明に脳裏に残っています。
初めてマニキュアを店員からしてもらって嬉しそうですね!(上の写真)
休暇中、パソコンを習い、メールを送るまで出来るようになったり
習字を習い始めたり、また、ワンルームにはいつも何輪かの花を飾ってあったりで
とても充実した3ヶ月だったようで、観ていて自分の事のように嬉しかったです。
こんな生活をするのは、ハンジャの我が儘だと言う人もいますが
捉え方は人それぞれで、40年間、家族のために休む暇もなく働いてきて
また、子供達といえば、ハンジャが願うような結婚ではなかったし
ハンジャにとっては、このまま一生を終わりたくないと思ったのは、我が儘とは
また、違うのではないでしょうか。
ハンジャは2週間後には我が家に帰るつもりでいたのですが、ミヨン(キム・ナウン)の
流産の兆しがあって、自分の意志ではなかったけれども元の生活に戻ります。
c0104506_11284736.jpg

ヨンミ(イ・ユリ)の姑のウナ(チャン・ミヒ)の存在は、このドラマのスパイスみたいな存在で
自分の価値観で世界が回っていて、「ミセスム~~ン」と家政婦を呼ぶ声が
妙にいつも耳に残っていました。
ヨンミもウナには、いろいろとひどい事を言われて、涙する場面も多々ありましたが
ラストの方では、ウナの気性を把握して、言うべき時ははっきりと言えるようになったので
これからは、うまくやっていけそうですね。
それよりも、離婚騒動まで発展したウナとジンギュの関係も、騒動以後、ジンギュは
今までウナのために我慢をして来た事を止めて、観てて気持ちがいいくらい
自分の意見を言い、サックスを習ったりと変身していく姿がとても痛快だし、面白かったです。
c0104506_11291341.jpg

ジョンウォン(リュ・ジン)の娘ソラ(チョ・スミン)と再婚相手のヨンス(シン・ウンギョン)
との関係も、すごく注目していましたが、一緒に住むことによって
心が少しずつ解け始めて、実母の再婚によって傷ついたソラを抱きしめてあげるヨンスがいて
また、妙にソラと気が合うハンジャもそばにいるので、これからも大丈夫でしょうね...きっと!
c0104506_11294535.jpg

家族全員集合です!

c0104506_1130119.jpg

ハンジャは夫イルソクに、「家を出る前は、夫の愛している気持ちはよく分かっていたが
その気持ちに応えることが出来なかった。でも、これからは違うわ。大切にするわ。」と言います。
家を離れることによって、かけがいのない大事なものが見えてきたのでしょうね。
また、家族にとって母親の存在も、大切だということも分かったことでしょう。
最後にハンジャは言います「幸せでも不幸でもない平凡な人生、これからもそうやって
生きていくだろう。今の生活に感謝しよう」
「だけど来世では...キム・ハンジャとして自分の人生を生きてみたい」
この言葉に、私も最大のエールを送ります。
ラストのハンジャの素敵な笑顔、最高でした。
ハンジャを演じたキム・ヘジャさん、家を出て1人になってからのハンジャの演技、とってもソフトで
可愛くて、ヘジャさんの笑顔が素敵でした。
また、ハラボジの恋も楽しませてもらいました。
イ・スンジェ氏の純情な恋あり、ハラボジとしての威厳ありの演技、素晴しかったです。
イルソクの双子の妹であり同時にハンジャの小姑であったイソクを演じたカン・ブジャさん
ドラマを面白く、明るくさせてくれ、酒を飲みすぎて暴れる演技、圧巻でした。
キム・スヒョンさんの脚本は、リアルで、セリフは面白くて、また心に沁みてくる言葉もありで
最後まで集中させてくれた完成された作品でした。
また改めて韓国ドラマの面白さを、再確認させてくれたドラマ「母さんに角が生えた」でした。
[PR]

by majintera2424 | 2009-04-02 16:21 | 母さんに角がはえた


<< モーターショーでのジファン氏!      『7級公務員』制作報告会 >>