<   2013年 12月 ( 20 )   > この月の画像一覧


2013年 12月 30日

'スリーデイズ'台本リーディング現場公開

パク・ユチョン-ソン・ヒョンジュ、'スリーデイズ'台本リーディング現場公開
記事入力[2013-12-30 14:21]、記事修正[2013-12-30 14:21]

ウ・ナムヒ記者記事をもっと
c0104506_15234876.jpg

アジアトゥデイ ウ・ナムヒ記者= SBS新しい水木ドラマ‘スリーデイズ’の台本リーディング現場が公開された。

‘スリーデイズ’はパク・ユチョン、ソン・ヒョンジュ、パク·ハソン、ソ・イヒョン、ユン·ジェムンなどスター性と演技力皆を
備えた俳優が大挙合流して視聴者と放送関係者の期待を一身に受けている状況。

去る11月京畿道、タニョンSBS製作センタードラマ練習室で進行された台本リーディング現場にはキム・ウニ作家と
シン・ギョンスPDをはじめとする出演俳優皆が初めて集まる席にもかかわらず自信と意欲がぎっしり埋まった姿だった。

この日俳優たちは、リーディングする快適な服装をして、会って挨拶を交わして冗談を言うなどややもすると年配が
違って厄介なことができる雰囲気を自然にさせた。 引き続き本格的な台本練習に入るとすぐにあっという間に引き受けた
キャラクターの服を着て台本に没頭した。

パク・ユチョンは初めてのジャンル劇挑戦にときめく心を伝えた後、その意志を見せるように休む開くことなく固め打ち
する事件の中で孤軍奮闘するハンテギョン役を完全に消化した。

また、パク・ユチョンと共に巨大な陰謀を暴くことになるパク・ハソンはやはり台本にぎっしりとメモを書きながら
研究した結果を証明する強靭でしっかりしているユン・ポウォンを実感できるようにリリースした。

ソン・ヒョンジュ、ユン·ジェムン、ソ・イヒョン、チェ・ウォンヨンなど名品俳優もすでに配役に対する分析を完全に
終わらせて台本に没頭した。 いくつかの決定的な反転場面を演技する時は強烈な現実感に席にあった俳優と
製作スタッフ全部ざわめいたほどであった。

一方‘スリーデイズ’は休暇を楽しむために専用別荘に降りて行った大統領が三発の銃声と共に失踪して消えた
大統領を探して事件を追跡する警護員と大統領の緊迫した内容を描いた作品だ。 ‘星から来たあなた’後続で来年
2月放映予定だ。

wnh@asiatoday.co.kr

記事


いよいよ「スリーデイズ」始動しましたね。
演技上手な俳優陣と一緒のユチョンを見て、すごいことになったと実感!
ユチョンの演技が観れると思うと、もうワクワクです!

[PR]

by majintera2424 | 2013-12-30 16:02 | Three Days
2013年 12月 29日

「応答せよ1994」最終話

「応答せよ1994 'コ·アラ - チョンウ、短いが強烈だった再会
ハ・ジヘ記者idsoft3@reviewstar.net
入力時間:2013-12-29 01:09:13
c0104506_15103934.jpg
▲写真: tvN放送キャプチャー

チョンウとコ·アラが再会した。

28日午後放送されたtvN 「応答せよ1994 (演出:シン・ウォンホ脚本:イ·ウジョン) 」の最終話は90年代に編では、
スレギ(チョンウ)の連絡に彼を訪ねたナジョン(コ·アラ)の姿が描かれた。

去る災いでナジョンはチルボン(ユ·ヨンソク)の病室を訪ねて行って徒労になって戻った。 タクシーに乗って行くところに
突然にスレギの文字を受けることになったこと。

スレギはナジョンに‘オッパだが今来ることができる? ちょっと痛くて’として簡潔な文字を送ったが、これを見たナジョンは
そのまま行き過ぎることができなくて嗚咽する姿を見せた。 二人はその間別れて再び再会したがぎこちないということが
漂う間になったこと。

だが、ナジョンは今は別れたのにスレギの痛みを共に分けたい心が大きかったし、苦労して送ってきたスレギの文字に
彼の家の前に迷うことなく訪ねて行った。

ドアを開けたスレギの手に引かれて家中に入ったナジョンは今一度彼の手を取り払うなどの姿で一抹の不安を表わした。
しかしそのような反抗もしばらく、結局スレギのふところに抱かれたナジョンはおいおい泣き始めたし、言葉にしなくても
通じるようにスレギはナジョンを抱いてくれた。

ナジョンの泣くことはなかなか終わらなかったし、足に力が抜けて二人は玄関の床に座り込む姿を見せた。

そしてそのようなナジョンについて一方で涙を流したスレギはなかなかナジョンにすることができなかった“愛している”と
いう言葉をすることによって彼らの出会いが再び始まることだと暗に示した。

一方、このような結果によりその間隠してきたナジョンの夫キム・ジェジュンがすぐにスレギであったことが明らかになった。

記事

「応答せよ1994 'ユ·ヨンソク - コ·アラ、 7年間の片思いに終止符

ハ・ジヘ記者idsoft3@reviewstar.net
入力時間:2013-12-29 01:13:12
c0104506_1526259.jpg
▲写真:tvN放送キャプチャー

ユ·ヨンソクとコ·アラが友人として残った。

28日午後放送されたtvN 「応答せよ1994 (演出:シン・ウォンホ脚本:イ·ウジョン) 」の最終話は90年代に編では
チルボン(ユ·ヨンソク)がナジョン(コ·アラ)への愛を整理する姿が描かれた。

この日ナジョンは一歩遅れてヘテ(ソン・ホジュン)からチルボンの肩がすっかり治っていないことを聞いた。 チルボンが
すっかり治ったという話でナジョンの病気看護を拒否したのが皆嘘であり、まだ治療がハムチャム残った状態である
ことを知るようになった。

それにナジョンはチルボンに連絡を取ったし、彼が一人で残っている練習競技場に訪ねて行った。 チルボンは
グラウンドの上にいた。 二人は手を振って多少ぎこちない挨拶を交わしたし、ナジョンはチルボンに向かって近付いた。

その姿をじっと眺めたチルボンはナジョンがある程度自分に近づくとすぐに“そこまで”という言葉でナジョンを立ち止らせた。
そうして“あれ合わせれば願い一つだけ聞いてあげなさい”として、20m程の前にあるグローブをボールで合わせれば
私の願いをを聞いて欲しいとお願いした。

だが、その結果に関係ないようにナジョンはチルボンに近づいて彼を抱きしめた。 それに微笑を浮かべたチルボンは
“どのように分かったか? 今後連絡はできないこと同じだ。 私は、時間が多少かかるようで”としてその間準備して
きたようにした話を詠じてナジョンの心を揺さぶった。

そしてナジョンもまた、チルボンに“君のために私がかなりよい人ということ知るようになった。 大韓民国で一番有名な人が
私を好きということは私がそれでもかなり素敵な人だと言うんでしょう? 私が子を産めば、私の自慢することだ。”
として“ジュン。 私を好きになってくれてありがとう。 君のために私の二十才が美しく記憶されるようだ。”と慰安した。

それでチルボンはナジョンに向かった7年間の片思いに終止符を打ったし、ナジョンが行った後泣く姿で心を整理した。

記事

「応答せよ1994チョンウ、脳神経外科決めた理由にイ・イルファ涙

ハ・ジヘ記者idsoft3@reviewstar.net
入力時間:2013-12-29 01:17:08
c0104506_162216.jpg
▲写真:tvN放送キャプチャー

チョンウの率直さがイ・イルファを鳴った。

28日午後放送されたtvN 「応答せよ1994 (演出:シン・ウォンホ脚本:イ·ウジョン) 」の最終話は90年代に編では、
イ・イルファ(イ・イルファ)のスレギ(チョンウ)を思う心が明らかになった。

この日スレギはもう一度ナジョン(コ・アラ)のお父さんであるソン・ドンイル(ソン・ドンイル)に結婚許諾を受けるために
出たが、過去一度のひっくり返るということがあった結婚だとソン・ドンイルは大きく怒る姿で簡単に許諾をしない姿を
見せた。

だが、夫と違いイ・イルファはいつも終始一貫した気持ちでスレギを支持したし、それにナジョンはママであるイ・イルファに
その理由を尋ねた。

この時、イ・イルファは“ママはジェジュンが息子だ。”として“ジェジュンが表面には苦労が同じでも中にはインスピレーション
おじいさんが座っている。 大人だ大人”としながらスレギの肩を持った。 そうして初めてスレギがナジョンと交際すると
話してひざまずいた時、ソン・ドンイルが部屋を出て行ってしまったその時スレギとイ・イルファが分けた対話が
明らかになった。

この時、イ・イルファは理解するとしスレギを軽く叩いて彼が医大で進む専攻について聞いてみる姿が描かれた。
その時スレギは“あの脳神経外科に行きます”と伝えたし、それにイ・イルファは言うべきことを失って涙を流した。

そうして“君はフンのためだろう? 君はフンが脳腫瘍手術受けてフンのそばに付いて歩いた。 君はフンのために
脳神経外科行くつもりは、ママがなぜ分からないか”としてナジョンの兄さんでありスレギの友人であるフンが死んだ後、
その後長時間が流れたがまだ彼を覚えているとまで、そちら側で決めたスレギの心の深さに有り難みを伝えた。

記事

‘応答せよ1994’チョンウ-コ・アラ、あれやこれやある現在‘3男置いた夫婦’

ハ・ジヘ記者idsoft3@reviewstar.net
入力時間:2013-12-29 08:50:00
c0104506_16481950.jpg
▲写真:tvN放送キャプチャー

チョンウとコ・アラの現在の姿があらわれた。

28日午後放送されたtvN 「応答せよ1994 (演出:シン・ウォンホ脚本:イ·ウジョン) 」の最終話は90年代に編では
ナジョン(コ·アラ)と夫のキム·ジェジュンに正体を現わしたスレギ(チョンウ)のあれやこれやした結婚生活が描かれた。

この日新村(シンチョン)下宿の友人が引っ越し祝いを終わらせて戻った後後整理をするナジョンにスレギは“ヨボ、俺が
何ちょっと手伝おうか?”と尋ねる親しさを示した。

しかしナジョンは“末っ子破ったようだ”として彼ら夫婦に子供がいることを表わした。 スレギは子供の部屋へ向かったし、
その部屋に寝ている3人の男の子によってナジョン夫婦が3男を置いたことを推察させた。 また、スレギは末っ子の
子供を眠らせて父子が同じ寝癖で寝つく温かい姿を見せることも、

ナジョンとスレギの寝室も公開された。 ナジョンはナイト クリームを塗ってスレギに向かって‘ヨボ’ ‘オッパ’ ‘山パパ’など
の多様な呼称を使って種々なお話を渡したし、それにスレギは“一つで統一しろ。 混乱させずに。 君が何と呼ぶかにより
私のマインドが変わる”と指摘した。

スレギと並んでベッドに横になったナジョンは先に‘オッパ’と呼べばどのようにマインドが変わるのか尋ねたし、
それにスレギは“映画も見せて菓子も買いたい”と答えた。

引き続き‘山パパ’と呼ばれる時は“熊のように力ができる”と答えてナジョンの笑いをかもし出した。 ナジョンは最後に
残った一つの呼称‘ヨボと呼んだ時のスレギのマインドを尋ねたし、これに対し蒸らしたスレギは“歯ぎしりする。
頭とりたい”ととんでもなくて過激な返事をすることでナジョンのヤジと爆笑をかもし出した。

記事


「応答せよ1994」放送終了…恋+友情+家族、しみるほど
懐かしいあの時代に“さよなら”

TVREPORT |2013年12月29日12時26分
※この記事にはドラマの結末に関する内容が含まれています。
c0104506_16371569.jpg
写真=tvN「応答せよ1994」スクリーンショット


「応答せよ1994」が放送終了した。

28日に放送されたtvN「応答せよ1994」(脚本:イ・ウジョン、演出:シン・ウォンホ)最終回ではスレギ&ソン・ナジョン
カップルの結婚式のシーンが放送された。“新村(シンチョン)下宿”は扉を閉めた。

スレギ(チョンウ)とソン・ナジョン(Ara)は遠回りして結婚にゴールインした。ソン・ナジョンに片思いをしていたチルボン
(ユ・ヨンソク)は新たな恋に出会った。

新村で下宿していた人たちは変わらなかった。結婚生活でも、職場生活でも一生懸命だった。サムチョンポ(キム・ソンギュン)
とチョ・ユンジン(Tiny-G ドヒ)は甘い恋を続け、最後まで下宿に残っていたヘテ(ソン・ホジュン)もいよいよ独立し、
新たな出発を知らせた。ピングレ(B1A4 バロ)も病院生活と結婚生活に奮闘していた。

高い人気を得ていた「応答せよ1994」。“初恋”そして細かい“90年代の再現”、それより輝いたのは“温かさ”と“
懐かしさ”だった。

「応答せよ1994」(2013年10月18日初放送)は「応答せよ1997」(2012年7月24日~2012年9月18日放送)に
続く「応答せよ」シリーズ第2弾。シン・ウォンホプロデューサーとイ・ウジョン脚本家など「応答せよ1997」の制作陣が
再び意気投合した。全国から上京した地方の学生たちがソウル新村下宿屋に集まったことで繰り広げられる波乱万丈の
ソウル上京記を描いた。共感100%のストーリーとそれぞれ異なる魅力を持つキャラクターの饗宴でシンドロームを
巻き起こし、愛された。

元記事配信日時 : 2013年12月28日22時39分 記者 : キム・プルリップ

Kstyle

c0104506_23284830.jpg


「応答せよ1994」終わってしまいました。
地方から上京した学生が、新村下宿でそれぞれの経験から、成長して行くドラマは
とても面白く観させていただきました。
ナジョンの夫は誰なのか?は最後まで分からないまま、すこしやきもきしながら
ナジョンの夫は、スレギにしてほしいと願いながら観ていました。
そういう意味で、最終話はナジョンとスレギの結婚で、また三人の子供もいるという
癒される終わり方で、納得しています。
財閥も社長もいない、悪人もいない、普通の地方から出てきた庶民の物語は今まで韓国ドラマを
観てきて、初めての発想なのですごく興味がありました。
ドラマでは、1994年から2002年までの韓国での事件や音楽やドラマがたくさん入っていて
その時代が青春だった人は、すごく面白かったんだろうと思いながら・・・日本でも、何十年前に
青春だった人のドラマがあったらいいのにと・・・
スレギを演じたチョンウ、前の作品で脇役として優れた演技をする人だと思っていましたが
このドラマでのチョンウは、本当に素敵でした。
男らしくて、優しくて、面白くて、大人の魅力でした。
話が続いていく中で、どんどん1話の時間が長くなるし、21話という長丁場、スタッフの皆さん
俳優さんたち、本当にご苦労様でした。
「応答せよ1997」の続編ですが、中身は全く違うものになっていて、どちらも
大好きな作品になりました。

[PR]

by majintera2424 | 2013-12-29 17:09 | 応答せよ1994
2013年 12月 28日

「応答せよ1994」20話

‘応答せよ1994’チョンウ文字にコ・アラ涙‘二人、続くだろうか?’
ハ・ジヘ記者idsoft3@reviewstar.net
入力時間:2013-12-28 08:50:00
c0104506_1438723.jpg
▲写真:tvN放送キャプチャー

チョンウの文字にコ・アラが泣いた。

27日午後放送されたtvN ‘応答せよ1994(演出:シン・ウォンホ脚本:イ・ウジョン)’の20話終わりの開始編ではスレギ
(チョンウ)の風邪にナジョン(コ・アラ)が悩む姿が描かれた。

この日ナジョンはチルボン(ユ·ヨンソク)の看病をしながら病院にいるスレギを意識して彼と会う危険が大きいエレベータの
代わりに非常口階段に上がっては下りる姿を見せた。

だが、そのようなナジョンの会いたくない心にも彼の消息はナジョンにまで聞こえてきたこと。 ビングレ(パロ)とスレギの
同期がやりとりする言葉には“キムセムは死にかかっている。 風邪を引いて出勤もできなかった”として今まで
風邪を一度もかかってみたことなかったスレギが今痛くて病院にも来られないということを伝えた。

同期の話によれば今スレギは40度を越える高熱で薬も飲まないで家にふとんだけつかんで横になって寝ている
ということ。 そうして生まれて初めて回診をパンク出して痛がっていることを明らかにした。

これに対しチルボンはナジョンの顔を見回したが、大きく変わったそぶりはなかった。 ナジョンはチルボンのだだこねの
ままに退院する時まで毎日病室に立ち寄るという約束も気兼ねなくした。 だが、その後でナジョンはぼんやりしている姿
で携帯電話をなでつけたり力がない顔を見せてスレギに向かった仕方ない心を表わした。

その上ナジョンはスレギのための風邪薬まで準備したがそこまで伝えられないままカバンの中にだけ含んでいる姿
で行きたくても行くことはできない心を表わした。

このように積まれていったナジョンの感情がこみあげた瞬間はすぐにスレギの文字を受けてであった。 スレギは
初めてナジョンに‘今来ることができる? ちょっと痛くて’という文字を送ったし、これに対しナジョンはおいおい泣く姿で
感情を表わした。

過去彼らが別れた理由がすぐにそこにあったこと。 ナジョンを大切だと考えるスレギは自分の痛みを恋人である
ナジョンに見えなかったし、それに傷ついたナジョンはやはり大変がったことを明らかにしたことがある。 だが、
そのような過去とは違いナジョンに送ったスレギのメッセージは、助けを要請する率直な姿で今後彼らの関係が
かなり希望的へ向かう可能性があることを表わした。

記事

‘応答せよ1994’チョンウ-コ・アラ、別れた恋人たちの再会
'本当の理由あらわれて'

ハ・ジヘ記者idsoft3@reviewstar.net
入力時間:2013-12-28 01:10:15
c0104506_15113478.jpg
▲写真:tvN放送キャプチャー

チョンウとコ・アラが別れた理由を明らかにした。

27日午後放送されたtvN ‘応答せよ1994(演出:シン・ウォンホ脚本:イ・ウジョン)’の20話終わりの開始編では
スレギ(チョンウ)とソン・ナジョン(コ・アラ)が正式に対面する姿が描かれた。

この前の回でスレギとソン・ナジョン、チルボン(ユ·ヨンソク)は偶然に病院エレベータであう姿が描かれた。 その日
以後でスレギとナジョン、チルボンは各々の考えに陥った。

その結果スレギはナジョンに電話をかけたし、二人は別れた以後初めて対面する席を持った。 互いに安否のやりとりを
した二人の対話が突然深刻化したことはナジョンの話のためだった。

ナジョンはスレギのお母さんが亡くなった事実を言及したし、これに対し過去を思い出させたように二人の目がしらが
赤かった。 その事実自体で悲しい理由もあるだろうが、それがすぐにナジョンとスレギが別れた決定的理由になるため。

オーストラリアにあるナジョンと病院で忙しい業務にひかれたスレギ、二人は少しずつ連絡が外れ始めたし、各自の
大変だということを非常によく分かるので互いに有難くて申し訳ない心がいっぱいで傷になる言葉は自ら遮断した
ことを知らせた。

大変なことを大変でできなくてお互いに対する配慮だけ残ったまだ、二人はただ各自の傷だけ膿ませたこと。

さらにスレギは自分のお母さんが亡くなった時も驚くナジョンを考えて連絡を取らなかったし、一歩遅れてようやく
その事実を知ることになったナジョンもまた、より一層苦しがった。 それでナジョンは結局二人が‘愛する’という恋人
たちどうしやりとりするその平凡な話もしてみられないまま。 全く特別でなく別れてしまったことを伝えた。

そんなにそれなりの時間を過ごした後に再び再会した二人は涙だけやりとりしたし、これに対しナジョンは“その時
私たちの大変ならば大変だと、痛ければ痛いと話せば良かったのに。 私たちのその時なぜそうしたのだろうか”
として当時の不足した姿を回想する姿を見せた。 行き来する沈黙と涙の中に結局ナジョンが先に席をはずしたし、
スレギはそのようなナジョンを捕まえなかった。

記事


‘応答せよ1994’ユ·ヨンソク、コ・アラから離れることを決心
ハ・ジヘ記者idsoft3@reviewstar.net
入力時間:2013-12-28 01:18:11修正時間:2013-12-28 02:34:48
c0104506_15302374.jpg
▲写真:tvN放送キャプチャー

ユ·ヨンソクがコ・アラを離れた。

27日午後放送されたtvN ‘応答せよ1994(演出:シン・ウォンホ脚本:イ・ウジョン)’の20話終わりの開始編では
入院したチルボン(ユ·ヨンソク)がスレギ(チョンウ)を考えるソン・ナジョン(コ・アラ)の心に勝てないで離れる姿が描かれた。

この日チルボンはナジョンにケーキを伝えるために訪ねて行って事故に遭って入院する姿を見せた。 それに一緒に
申し訳ない気がしたナジョンはチルボンの病気看護を自任して出たこと。 ナジョンは会社を退勤した後チルボンの
病室に留まって共に夕食も食べて、夜の散歩からMRI検査まで全部付いて行ってチルボンを取りまとめた。

これに対し以前になかった親切にチルボンはナジョンが会社にいる時間には限りなく彼を待つ姿を見せた。 あたかも
子犬のようにナジョンが帰ってくることだけを待ったし、ナジョンが帰ってくれば全う出来ない甘えようとするように
腕を使えないことを言い訳で食べ物を食べさせてほしいというなどの甘えることも。

だが、ナジョンの親切は明らかな線が引かれていた。 ナジョンはそのようなチルボンのだだこねをひたすら聞き入れる
だけでもしなかったし、退勤後疲労したからだを導いて病室に訪ねてくるがそれ以上の親しみでも特別な感情は
決して示さなかった。

しかしその感情を分からないふりをしたチルボンはナジョンがエレベータでない階段に上がって自分の病室に訪ねて
くるということを知ってからはナジョンがまだスレギを考えていることを確かに感じた。

その上スレギの同期から偶然に聞くことになった彼の風邪の便りにナジョンは限りなく揺れる姿を見せたし、それを
分からないふりでチルボンは“今日もそばにいるんだろう?” “すっかり治る時まで、私といなければならない?”等
の言葉でより一層ナジョンを催促して退勤後直ちに自分の病室にくることをお願いした。

だが、そのようなチルボンも決断を下さなければならなかった。 過去の恋人を考えるナジョンを分かりながらも
分からないように避けたチルボンが、決定的にナジョンのハンドバッグに含まれたスレギのために調剤された風邪薬を
発見したこと。

それにチルボンはナジョンの病気看護をそんなに望んだ姿と違い“私は事実すっかり治った。 そうすれば明日から
来なくてもかまわなくて。 私は完全で”として嘘をついたし、それを信じることができないナジョンに“私が誰か?
君は運転免許の時も分からなかったじゃないの。 一つ殴る?”としてかろうじてカンジョッコリは姿を見せた。

そんなに突然に退院したチルボンはナジョンに特別な挨拶もなく米国に出国した姿が描かれた。

記事

「応答せよ1994 」新村下宿のメンバー、ユ·ヨンソクコメントに感動
ハ・ジヘ記者idsoft3@reviewstar.net
入力時間:2013-12-28 09:30:00
c0104506_15583033.jpg
▲写真:tvN放送キャプチャー

新村(シンチョン)下宿メンバーが感動した。

27日午後放送されたtvN ‘応答せよ1994(演出:シン・ウォンホ脚本:イ・ウジョン)’の20話終わりの開始編では
チルボン(ユ·ヨンソク)がトークショーに出演した姿が描かれた。

この日チルボンは自分が出演したトークショー放送を見る前に米国に出国した。 彼の出国にあらゆる記者と放送局で
撮影をするのを見て三千浦(サムチョンポ)(キム・ソンギュン)とヘテ(ソン・ホジュン)は“私の一生の願いがビジネスに
乗って外国出て行くことだ”として“チルボンはビジネス席に座るだろう?”とうらやましがる姿で笑いをかもし出した。

三千浦(サムチョンポ)は“チルボンがどしゃ降りでうらやましい。 このような時見れば別の世の中人らしい。 完全に
他の人”と話してチルボンとの距離感を表わした。

しかし当事者チルボンなしで彼が出演したトークショーを見ることになった新村(シンチョン)下宿メンバーはチルボンの
話一つ一つに耳を傾ける姿を見せた。 また、前に彼らどうし予想問題に選んだ‘米国で生活中最も大変だった
瞬間’に対して自分たちがあらかじめ作った返事をすることに喜んだ。

しかしその予想答案に自分の考えを加えたチルボンは“それでも最も大変だった瞬間は友人に会いたい時です”と答えて
皆の視線を引き付けた。 彼は“一戸で一緒にご飯食べて酒飲んだ友人がいるんですが。 その友人を思い出す時、
その時が一番骨を折ったことのようです”として新村(シンチョン)下宿メンバーを思い出させた。

これに対し以前まではてんやわんや騒然と放送を見た三千浦(サムチョンポ)とヘテ、ビングレ(バロ),ユンジン(ドヒ)
ナジョン(コ・アラ)まで全部感動した顔を示すことも。

だが、チルボンの話はそこで終わりではなかった。 彼は最後に必ずしたい話に新村(シンチョン)下宿メンバーの
名前の皆を言及して彼らの願いをかなえてくれた。 撮影前にすでにチルボンにヘテと三千浦(サムチョンポ)が放送で
自分の名前を呼んでほしいと要請したこと。

その話を忘れないでチルボンは聞き入れたし、それにぼんやりしている顔をした新村(シンチョン)下宿メンバーは
放送が終わるということと同時に自分の家族、友人に連絡をしながら自分の名前が放送に出てきたと好む姿を見せた。

一方、チルボンから自分の名が知られてこないことにソン・ドンイル(ソン・ドンイル)は信じることができながって
憤慨した姿で笑いをかもし出した。

記事
[PR]

by majintera2424 | 2013-12-28 16:20 | 応答せよ1994
2013年 12月 26日

JYJ、 デビュー10周年、おめでとう!

JYJ "本当に熱心に生きた…私たちは'一生行くパートナー'"
スポーツワールド|記事入力2013-12-26 08:33 |最終修正2013-12-26 09:33記事原文
c0104506_1141945.jpg

- デビュー10周年、おめでとうございます! 10周年を迎えた所感をお願いします。 JYJそれぞれのオフィシャル
サイトや新聞広告、さらに、外部の看板に10周年を祝う映像が流れている。感慨が新しいようだが...


▲本当にありがとうございます! 10周年と一週間前に代表がトロフィーもプレゼントしてくれました。私達がみな忙しくて、
それぞれの職場に来てくださって、実感が湧いて、私たちが健気で気持ちが本当に良かった。メンバーたち、すぐに
席を用意して三人が一緒にお祝いしたいですね! (ジェジュン)

10年の間一緒にしてくださったファンの皆さん、ジェジュン兄さんとジュンスと僕の三人...これから良い姿たくさん
お見せすることを約束したいと思います。幸せです! (ユチョン)

気持ちが本当に妙です。皆さんとメンバーがあったからこそ可能だったと思いますよ!とても感謝した方々が多いです。
私の心知ってくださると信じて!あ..本当に大変だった記憶、幸せだった記憶が共に交わると本当に熱心に生きた
という気がしますね。 (ジュンス)
c0104506_1152562.jpg

- 10周年お互いに手紙を書いたとしたら?

▲今は私よりも私をよく知っている、兄弟という言葉は足りない、一生続くパートナー!

- これまでの10年を一言で言うならば

▲ 「ありがとうございます! "という言葉のようです。送っていただいた冷めない情熱、長い間変わらないような信頼...
本当に感謝して...難しいことを体験しながらまた他の挑戦をして新しい世の中に会うことが毎日毎日感謝して
小さい
ことから感謝することになってその感謝するということがどれくらい大きいことかも知るようになってありがとうございます。

- ファンに一言言うならば
c0104506_23473644.jpg


▲見えない紐で接続されているように、私たちの間がますます粘着性になったと思います!どのような活動でも
よくなるだろうと応援してくれてよかったと励ましてくれて、そして惜しみなく愛してくれていつもありがとうございます。
!私たちの音楽だけでなく、私たちを人間として見て私たちの青春を応援していただきありがとうございます。私たちには
私たちに常に笑いをあたえる皆さん。もう会うたびにお互いの理解されてさらに深くなるようでしょう? その心に
報いるために最善を尽くして熱心に活動します!

- これから10年後にはどんな姿だろうか?

▲どんな姿でも私たちが一緒であることで音楽を聞かせて差し上げたいです。 その時になっても私たちはまた
他の挑戦を恐れない、人の香りが深まった、いつも感謝して謙虚なそのような人々で相変わらずに過ごしているでしょう。

- 2014年の活動計画は

▲これだけは約束したいですね。 JYJが一つの舞台に立った姿! 必ずお見せすることで当社の自己のソロ活動
にも多くの期待と関心をお願いします。 愛しています!

チェ・ジョンア記者cccjjjaaa@sportsworldi.com

記事

c0104506_13131584.jpg





10周年おめでとう!!いろいろなことがあっても、ぶれずに三人で頑張ってきましたね。
これからも、ずっ~と素敵な歌を聴かせて下さいね。

[PR]

by majintera2424 | 2013-12-26 13:23 | JYJ
2013年 12月 24日

久しぶりのユチョンです!

写真家チョ·ソンヒ、パク·ユチョンと認証ショット
"疎通が感じられるとき笑いが出てきて"

スポーツ東亜|記事入力2013-12-24 10:01 |最終修正2013-12-24 10:02記事原文
c0104506_1222899.jpg
‘チョ・ソンヒ、パク・ユチョン’

写真作家チョ・ソンヒ、パク・ユチョンと認証ショット“疎通が感じられる時笑いが出てきて”

写真作家チョ・ソンヒが俳優パク・ユチョンと撮った写真を公開した。

チョ・ソンヒは24日午前自身のツイッターアカウントを通じて“写真家と被写体が完ぺきなインスピレーションを交流すると
いうこと。 容易ではない。しかし、両方とも通じて感じられる時、記念ショットでこのような笑いが出てこないだろうか。
とっても寒い海辺で私のカメラに没頭したユチョンに感謝”という文と写真を掲載した。

公開された写真にはお互いに向かって見て笑っているチョ・ソンヒとパク・ユチョンの姿が含まれている。 二人は
砂漠と見える所を背景にパディングジャスパーを着た和気あいあいとした雰囲気を演出中だ。 特に明るく笑っている
二人の姿が目を引く。

写真に接したインターネットユーザーは“パク・ユチョン笑いの姿も素晴らしい”、“チョ・ソンヒ作家とパク・ユチョンの
呼吸期待される”、“何の撮影であろうか”等の反応を見せた。

一方パク・ユチョンは映画‘海霧’撮影を進行中であり、SBS新しい水木ドラマ‘スリーデイズ’(仮題)にもキャスティング
されて撮影を控えている。

写真|‘チョ・ソンヒ、パク・ユチョン’チョ・ソンヒ ツイッター

記事
ユチョンの笑顔が素敵~♥
何の撮影だろうか?・・・素敵な写真になりそうな予感がする!

[PR]

by majintera2424 | 2013-12-24 17:18 | パク・ユチョン
2013年 12月 22日

「応答せよ1994」19話

「応答せよ1994 」ドヒ、決定的瞬間にキム·ソンギュンサポート‘真の内助’
ハ・ジヘ記者idsoft3@reviewstar.net
入力時間:2013-12-22 00:55:50
c0104506_20331967.jpg
▲写真:tvN放送キャプチャー

ドヒがキム・ソンギュンの気を生かした。

21日午後放送されたtvN ‘応答せよ1994(演出:シン・ウォンホ脚本:イ・ウジョン)’の19話運命を信じますか? 編
ではユンジン(ドヒ)がボーイフレンドである三千浦(キム・ソンギュン)のために自分が最も嫌いだと言った事を行った。

この日三千浦は大学院を準備したことをたたんで大企業に就職した姿で現れた。 大学院に行こうと準備した書類
から脱落して1年間の就職浪人を終わりに大企業ホワイトカラーになったこと。

三千浦は自分がすることが世の中で最も価値があることだと話したいが、実状は彼の会社での姿はそうでなかった。
彼は複写とファックスを主仕事で習ったし、それもまだ下手で失敗連発の姿を見せた。

これに対して三千浦は1999年12月31日にいっそ地球終末がきていなければならなかったと話して自己恥辱感を
表わすことも。 そうして自分が職場でバカ遊びをしている時ユンジンはIMFのために月給もまともに出てこなかった
旅行会社で持ちこたえて入社3年目に入り込んだことを紹介した。

そして三千浦は多くの退勤後時間を会社先輩、または、商社との酒の席に送った。 新入社員には断ることはできない
ブラックホールと同じだったし、これに対してユンジンは“酒ちょっと飲むのはそのくらいにして。 醸造場就職したか”
としてそのような三千浦の生活を指摘した。

だが、三千浦としては商社と先輩に屈服するほかはない毎日であったし、ことはまさにその会食でさく烈した。
先輩を筆頭に部署の一番高い商社まで全部三千浦のガールフレンドが見たいと今会食場所で彼女を呼べと注文したこと。

普段ユンジンはこういう紹介される席を嫌って過去大学時代に三千浦の高等学校同窓会先輩たちにも見せることが
できなかったし、さらにはこの頃ユンジンが三千浦に対する姿は冷たいことこの上なかった。 それで三千浦は先に
‘時間が遅れた’ ‘からだが良くない’として言い逃れることができる色々な理由を上げたがそれでも商社の意志は屈しなかった。

何度もカラオケを出たり入ったりしてユンジンに連絡をした三千浦は結局消えた彼女の携帯電話信号音に精一杯
挫折した。 特に期待もしなかったけれど、ひょっとしてもしかしたらする心だった。 しかしそんなに失望したまま
部屋に入ろうとする三千浦の目に突然ユンジンが見えたし、ユンジンは薄紅色コートに愛らしいワンピース姿で
登場して三千浦の勇気を与えた。

二人はデュエット曲を歌って上司と同僚前で親しさを誇示したし、これに対し三千浦はこれよりさらに愛らしいこと
ないというような目つきでユンジンを眺めて愛情を表わした。

記事

「応答せよ1994 'ソン·ドンイル、婿なりかけたチョンウに会って
...涙こんこんと

ハ・ジヘ記者idsoft3@reviewstar.net
入力時間:2013-12-22 00:59:12修正時間:2013-12-22 08:56:27
c0104506_2131460.jpg
▲写真:tvN放送キャプチャー

ソン・ドンイルがチョンウに向かった切ない心を表わした。

21日午後放送されたtvN ‘応答せよ1994(演出:シン・ウォンホ脚本:イ・ウジョン)’の19話運命を信じますか? 編
ではソン・ドンイル(ソン・ドンイル)が病院に訪ねて行ってスレギ(チョンウ)に会う姿が描かれた。

この日ソン・ドンイルは自分の故郷の友人でありスレギのお父さんに会いに病院へ向かった。 定期検診のために
スレギが仕事をする病院に入院していたこと。 そんなに友人に会ったソン・ドンイルは“私の優秀な息子、今日は
私がちょっと会わなければならない。 そいつの電話番号ちょっと見せて”と話して目を引いた。

ソン・ドンイルの呼ぶことにスレギは一歩に駆け付けた。 だが、彼は生半可に近寄ることができなくて停滞の姿で
ナジョンが海外発令に離れて二人が別れて、スレギが全く新村下宿を訪ねていないことがそれとなく分かった。
スレギのソン・ドンイルに対する態度がとても用心深かった。

頭を下げたスレギに隣の席を譲ったソン・ドンイルは“ご飯は食べたか”という自分の問いにも“申し訳ありません”
という言葉で始めるスレギを見て痛ましい表情になった。 そうして“相手のせいでも人のせいでもない。 私は大丈夫
だから君のママに1ヶ月に一回ずつ電話してあげなさい”として話したし、彼に対してもスレギは無条件に“申し訳
ありません”を連発した。

そして“息子よ”という呼ぶことで話を始めたソン・ドンイルはなぜスレギがナジョンと交際するといった時反対したのか
に対する理由を説明した。 彼の胸中でスレギはすでに自分の本当の息子と違わないということ。

ナジョンの実の兄であるフンが先に亡くなって、その場を埋めるとし、あたかもソン・ドンイル夫婦の息子のように
彼らの前であらゆるおかしなことをする彼を見て空腹感を覚える心が埋められて少しずつ良くなったことを伝えた。
そうして“どのように世界が私のことを意味する方法でのみで良い。 そして君が私にどんな奴なのか私が君を
どうして一生見なくて生きるか”としてスレギに向かった深い愛情を見せた。

これを聞くスレギはやはりずっとむせび泣いてその間苦しかった自分の心とソン・ドンイルに対する申し訳ないと
いうことを表わした。

そんなにスレギはソン・ドンイルを病院の前まで見送ったし、寒いから入れといったソン・ドンイルはスレギにイ・イルファ
(イ・イルファ)が自分に与えた赤い色の手袋を出してくれた。

その手袋は妻が家族のためにだけ作ったとソン・ドンイルに与えたこと。 一方ソン・ドンイルはその‘家族手袋’を
スレギに使えと与えることで、自分の中でどれくらいスレギを息子のように堅く感じているのか心を表わした。

記事

[ TVズームイン] '応答'偶然とタイミング、反転あった...
コ·アラ「運命」変わりますか?

記事入力2013-12-22 08:17:54
c0104506_21274565.jpg

[TVリポート=キム・ブリプ記者]絶妙の偶然とあきれたタイミング、そして精巧な反転があった。 ‘青春’を動くのは
すぐに‘運命’であるように見えたが、事実‘運命’の役割というのは‘球’を譲り渡すことだけだった。 結局、‘球’を転がす
のは我ら自らの役割だ。

21日放送されたtvN ‘応答せよ1994’ 19話ではソン・ナジョンに向かった心を再び告白するチルボンの姿が描かれた。
ソン・ナジョンと一時恋人だったスレギはそのような両者を意味深長に眺めた。

ソン・ナジョン(コ・アラ)は海外派遣勤務を終えて韓国に戻った。 スーパースターになったチルボン(ユ·ヨンソク)は
米国に復帰前、しばらく帰国して以前の生活を楽しんだ。 二人は‘ミレニアム’を共に迎えながら、多少ぎこちない
出会いを継続した。

大学時代、チルボンはソン・ナジョンにいらいらする心を告白したことがある。 当時ソン・ナジョンのそばには初恋
スレギ(チョンウ)がいたし、チルボンは“いつか何年が過ぎた後で、私たちがまた会うならば...そしてその時はあなたの
そばに誰もいないならば私たちの恋愛しよう”と話しては日本に発った。

そうした彼らが運命のように向き合った。 チルボンが話のように何年後にまた会ったし、ソン・ナジョンはスレギと
別れた状況だ。 チルボンには最後の機会であり、ソン・ナジョンには選択の瞬間だった。

まだソン・ナジョンに心が残っていたチルボンは機会をのがさないようにありったけの力をふりしぼった。 運転免許が
あったのに彼女とともにいるために免許試験場を探したほど。 彼女が必要な時はいつでもそばにいようと努力した。
c0104506_21351467.jpg

米国に戻る何日か前、チルボンはソン・ナジョンに二番目の告白を伝えた。 チルボンは“私の話を記憶しているか。
私たちが数年後で会うならば、そしてあなたのそばに誰もいないならば...恋愛しようと言った話。ナジョン,私はあなたが
好きだ。 まだ好きだ。 今でも好きだ”と話して声を震わせた。

ソン・ナジョンは複雑だった。 負担になる心と申し訳なくて有難い考えが交差した。 これと共に過去の恋人考えも
消せなかった。 放送末、“この絶妙の偶然とあきれたタイミングと精巧な反転、オオ今、私の運命は私にいたずらを
しているかもしれない。 運命は崖っぷちで私を追い出して身動きが出来なくさせて、結局は私に球を渡してしまう。
運命は結局選択することだ”というソン・ナジョンのナレーションが彼女の心に代わった。

‘応答せよ1994’は放映終了まで2話だけを残している。 劇の大きい枠を成してきた‘ソン・ナジョン夫探し’問いもまた、
末に向かって駆け上がっていきつつある。 先立って、ソン・ナジョンはスレギと結婚まで約束した程に深い仲であった。
事実上夫ではスレギが固まっていたこと。 今回の‘チルボンのカード’が製作スタッフが準備した‘ソン・ナジョン夫探しの
落とし穴’の最後の関門である、それこそ歴代級‘反転’が繰り広げられるかは今後を見なければならないことだ。

ソン・ナジョンがどんな‘運命’を選択することになるかは来週金曜日午後8時40分放送。

キム・ブリプ記者leaf@tvreport.co.kr /写真= tvN 「応答せよ1994 」のスクリーンショット

記事

「応答せよ20話」予告」


20話レビュー
<頑張って!>遭遇した三人。もうこれ以上隠すことも、譲歩することも
できないお互いの心を確認する。
予期せぬ怪我で入院することになったチルボンと彼を看護するナジョン。
避けたい現実に遭遇したスレギ。もう残ったのは直進だけだ。
[PR]

by majintera2424 | 2013-12-22 22:01 | 応答せよ1994
2013年 12月 21日

「応答せよ1994」18話

[ TVズームイン] '擬似'青春、可能性と恐怖の間に...
‘再起動できるだろうか’

記事入力2013-12-21 08:20:40
c0104506_1875267.jpg

[TVリポート=キム・ブリプ記者] ‘将来’を分からないというのが青春の最も大きい可能性であり恐れだ。 ‘愛’も‘仕事’も
思いのままに解けない腕も青春の悩みが視聴者の口元に浅い微笑を抱かれた。

20日放送されたtvN ‘応答せよ1994’ 18話でソン・ナジョンとスレギは離別した。 チルボンはしばらく帰ってきたし、
ヘテはやはり過去のガールフレンドと新しい出会いを始めた。

1997年冬、IMFがさく烈した。 企業は大挙構造調整に入ったし、生活必需品の価格が天井知らずで湧く程大韓民国は
大きな危機を体験した。 ソン・ナジョン(コ・アラ)はIMFによる直撃弾を全身で迎えた。 入社が取り消しになる痛みを
体験したこと。 数多くの時も終わりに再び就職に成功したが、予期できない危機が待っていた。 2年間オーストラリアで
仕事をする条件で入社をすることになりながらスレギとの結婚の有無が不透明だった。

ソン・ナジョンは恋人スレギ(チョンウ)に“オッパ、ごめんなさい。 私たちの結婚を2年だけ先送りしよう。 私に最後の
機会だ”と便りを知らせたし、スレギは“だめだ。 私が儲ければ良い。 どのように結婚を先送りするのか。 すでに
家も契約した”としながらソン・ナジョンの心を変えようと努めた。

我を張ったスレギは結局ソン・ナジョンの意を尊重した。 スレギはソン・ナジョンを探して“オッパが間違っていた。
オッパも仕事を捨ててオーストラリアには行けない。 あなたを理解する。 オッパは待つ。 行ってこい”としながら
ため息をついた。 ソン・ナジョンの二つの目では休む暇もなく涙が流れた。

二人は序盤には頻繁な電話通話で愛情を誇示した。 目で遠ざかれば心まで遠ざかるという言葉は通常の平凡な
恋人におきることだと感じた。 だが、彼らも違うところがなかった。 ますますお互いに粗雑にされて、各自の生活に
忠実になっていった。

2年が過ぎた後ソン・ナジョンは韓国に復帰した。 そしてスレギとの愛は完全に終わった。 二人は別れないまま
別れることを体験した。
c0104506_18292628.jpg

このようなソン・ナジョンの前にチルボン(ユ·ヨンソク)が現れた。 二人は一年の終わりを共に送った。 チルボンは
肩検診を受けるために帰国したし、ついでに友人との約束を守ろうと下宿屋を探したこと。 先立って、新村(シンチョン)
下宿の友人はミレニアム、1999年から2000年に渡る時間を共に送りで約束した。 だが、ソン・ナジョンとチルボン
だけ記憶した。

二人の出会いには格別な意味がある。 過去チルボンはソン・ナジョンを片思いしたし、現在までも彼女に向かった
考えをやめることができなかった。 ソン・ナジョンは初恋スレギと決別した状況。事実上スレギと結論が出た‘ソン・ナジョン夫’
候補順位が再びベールに包まれることになった。 放送3話だけを残した‘応答せよ1994’が再び新しい‘伏線’を敷いて
視聴者の頭を乱れているようにした。

一方、軍除隊後愛を探してさまよったヘテ(ソン・ホジュン)は忘れることが出来なかった前ガールフレンドの愛情との
出会いを継続し始めた。

応答せよ1994’はこの日歴代級放送事故を起こして視聴者の眉をひそめるようにした。 15分程‘コメディ ピンニグ’広告
放送と先週予告篇が反復再生したこと。 tvN側は編集上の理由を挙げて公式謝ったが、視聴者の視線は依然
としてきれいでない。

キム・ブリプ記者leaf@tvreport.co.kr /写真= tvN 「応答せよ1994 」のスクリーンショット

記事


‘応答せよ1994’ソン・ホジュン、エジョンと会って‘初恋成り立つか?’


ハ・ジヘ記者idsoft3@reviewstar.net
入力時間:2013-12-21 02:47:08
c0104506_1841282.jpg
▲写真:tvN放送キャプチャー

ソン・ホジュンの初恋エジョンが登場した。

20日午後放送されたtvN ‘応答せよ1994(演出:シン・ウォンホ脚本:イ・ウジョン)’の18話再び愛すると言おうか編
ではヘテ(ソン・ホジュン)が初恋エジョンを忘れることができない姿を見せた。

この日除隊したヘテは冬が近づくことに恋人を作りたい心を積極的に表わした。 そのような意欲と共に‘連帯で
チョン・ジヒョン’と‘連帯でオム・ジョンファ’に会うことさえしたが、簡単に成り立ってはいない。

いつも彼女たちに切実でなかったこと。ユンジン(ドヒ)はそのようなヘテの粗雑な恋愛欲求を叱ってまだ彼が初恋を
忘れることができないということを指摘した。 それにヘテはやはり新たに自分の心を悟ったように衝撃を受けた姿を見せた。

そしてそのような彼の努力はインターネット時代の風に乗って見られた。 彼はアイ·ラブ·スクールで別れた友人、恩師、
恋人などの痕跡を探すことができる人脈探しサイトを通じてエジョンにメッセージを送ったこと。

だが、エジョンから返事がこないので、彼女に会うことができる年越しを迎える同窓会にも行きたくない心を表わした。
このようなヘテの心情を聞いたナジョン(コ・アラ)は“後で後悔せずに今会うことができたときに会いなさい。 私が
見るには今回が最後の機会だ。 あなたがまだエジョンを好むのかそうでないのをか確認できる最後の機会”と
呼び覚ました。

それに勇気を出したヘテは同窓会に出て行ったし、結局夢に描いた愛情に会う感激の瞬間を体験した。 自尊心が
傷つけられるところで傷ついたのに勇気を出したし、そのような彼の勇気にうなずく返事をするように愛情やはりヘテを
断らない姿を見せた。

そのような一方、2002年ナジョンの結婚式テープに登場したヘテは、そばに愛情と共にする姿で、その後二人の
出会いがよく進行していることを暗示した。

記事


普通の恋人のように、2年間遠く離れただけでだめになってしまったスレギとナジョンには
とっても理解が出来ない。
もっと、深い愛情があったと信じていたのに・・・?
二人の関係は、まだ、終わりでないような気もするのですが・・・。

[PR]

by majintera2424 | 2013-12-21 19:11 | 応答せよ1994
2013年 12月 20日

ポン·ジュノ映画監督の広報大使委嘱

海上警察、ポン·ジュノ映画監督の広報大使委嘱
c0104506_18522936.jpg

(釜山=連合ニュース)オ・スヒ記者=南海地方海洋警察庁は、映画「海霧」の製作者であるポン·ジュノ( 43)監督の
海洋警察の名誉広報大使に委嘱したと20日明らかにした。

ポン·ジュノ監督は、今後1年間の海洋警察の役割とビジョンを共有し、海で様々な活躍を伝え、海洋安全文化の
普及のための広報活動をすることになる。

この日開かれた委嘱式には、映画「海霧」の主演俳優パク·ユチョン( 27 ) 、ハン・イェリ( 29 )さんも参加し、
委嘱式が終わった後、救命胴衣を着て「海洋緊急通報番号122 」を発表、キャンペーンに参加した。

ポン·ジュノ監督が製作に出た映画「海霧」は、同じタイトルの演劇を原作に船員6人を乗せた漁船が大海ので密航者を
乗せて運びながら、抑えられない事件に巻き込まれる物語で飾られた。

現在の南海海上警察庁管轄である昌原(チャンウォン)と麗水(ヨス)近海で撮影している。

ユチョンだ~~!可愛い~!
[PR]

by majintera2424 | 2013-12-20 19:09 | 海霧
2013年 12月 15日

「応答せよ1994」17話

「応答せよ1994チョンウ、別れの宣言なのかと思ったらプロポーズで応酬

ハ・ジヘ記者idsoft3@reviewstar.net
入力時間:2013-12-15 01:08:46修正時間:2013-12-15 13:04:51
c0104506_18313764.jpg
▲写真:tvN放送キャプチャー

チョンウがコ・アラに求婚した。

14日午後放送されたtvN ‘応答せよ1994(演出:シン・ウォンホ脚本:イ・ウジョン)’の17話愛、恐れ2;応答せよ1997編では
スレギ(チョンウ)が釜山にやってきたソン・ナジョン(コ・アラ)に求婚をする姿が描かれた。

この日ナジョンは自分の誕生日だが、忙しいスレギのためにナジョンが直接釜山にやってきた。 釜山の病院でスレギを
初めて見たナジョンはケガしたスレギの姿に腹を立てた。 電話の通話では別にケガしなかったという彼の話と
違うように首と腕にギプスをしたスレギの姿に気に障ったこと。

そんなに二人はスレギの家へ向かったし二人だけの誕生日を送るためにワカメのスープとプルコギ、フライ料理などを
味が出るように整えて食事をしようとする瞬間、スレギに病院から呼び出しがきてしまった。 結局病院に行ったスレギが
翌日になって再び家に帰ってきた時すでにナジョンは家になかった。

スレギは心配になって呼び出しをしても帰ってくることはなくてより一層不安な心をかもし出した。 すでに彼は一度このような
不安な心をナジョンに表わしたことがあった。 釜山とソウル、遠く離れていればあるいは他の奴がひったくることは
ないだろうか不安だとこうするところにはいっそ‘何’をするのがより良いとして言葉を濁したこと。 そのようなスレギの話が
なぜか離別では溜まるようでナジョンはもちろん見る人々の心やはり不安にした。

しかしナジョンがソウルに発ったことでないことが一歩遅れて明らかになった。 しばらく後ナジョンはスレギのお母さんを
迎えて病院に訪ねてきた。 スレギが忘れてだけでお母さんとの約束をナジョンが守ったこと。 そのようなナジョンの
親しい姿にスレギは申し訳ない思いと有り難みが共存する切ないことでナジョンを眺めた。

そしてナジョンにスレギはその間自分が悩んだ二人の間に対して打ち明けた。 まず彼は最後の夜、ナ・ジョンの誕生日で
あったのにまともに用意することができなくて単独で放置したのをすまないと思って、だが、それでも自分が医者に
なろうとする限りこうしたことは繰り返されることと告白した。 そうして熱心に大丈夫だというナジョンに“私が大丈夫でない”と
釘を打ち込んでナジョンを怖くなるようにした。

このようなスレギの断固としていることにナジョンは涙を浮かべたし、あたかも離別宣言が出てきそうな沈潜された
雰囲気を造成した。 だが、不安感が入った途端、スレギは片方ひざまずくと“私たちの絆が、オッパに嫁にくる?”
という言葉で雰囲気を転覆させた。

スレギが準備したナジョンの誕生日プレゼントもすぐに求婚指輪であった。 彼は“どしゃ降りでよくするという言葉は
できないが、一緒に住めば不安ではないようだ”としてナジョンに向かった心を告白したし、それにナジョンは涙を流して
その心を受け入れる感動の瞬間を伝えた。

記事


‘応答せよ1994’チョン・ウンジ-チョンウの丈夫な出会い‘悪縁と縁の間’


ハ・ジヘ記者idsoft3@reviewstar.net
入力時間:2013-12-15 09:10:00修正時間:2013-12-15 13:36:05
c0104506_19114997.jpg
▲写真:tvN放送キャプチャー

チョン・ウンジとチョンウの縁がまたあらわれた。

14日午後放送されたtvN ‘応答せよ1994(演出:シン・ウォンホ脚本:イ・ウジョン)’の17話愛、恐れ2;応答せよ1997編
では高校生ソン・シウォン(チョン・ウンジ)とスレギ(チョンウ)の出会いがもう一度描かれた。

1997年5月、スレギはナジョン(コ・アラ)の誕生日渡すプレゼントのために黄金堂へ向かったしそちらで熱心に
指輪を選ぶ姿を見せた。 だが、スレギのセンスはすでにサクサクと知られていた。 昨年ナジョンの誕生日スレギは
痛い腰を考えるとしながら運動器具であるゴクリをプレゼントしてナジョンに大きくひどい目にあったりもしたこと。

だが、スレギはナジョンの表情が固まったのも分からないまま熱心にゴクリデモンストレーションを見せてナジョンの
災いをそそのかした。 いったいナジョンがなぜ腹が立ったのはかも知らない彼のプレゼント センスが間違いなくあらわれた。

そして続けて黄金堂でもスレギのセンスは相変わらずだった。 求婚を考えながらもスレギはそれに似合わなそうである
指輪を選んだ。

実際の彼がナジョンに求婚をする時使った指輪は薄いリング上に宝石一粒が輝くシンプルながらもセンスある指輪で
あったことに比べて、以前にスレギが黄金堂で選ぶのは大きなサイズの宝石理系にちりばめられた華やかなデザインだった。

その時それを買おうとするスレギを止めたことはすぐにソン・シウォンだった。 彼は“完全別で。 この宝石店で
第一で別に”と言ってスレギが選んだ指輪に対して容赦なく酷評した。 そうしてスレギの要求により“選んでみようか?
これがシンプルで一番大丈夫だね”として指輪を一つ選んだ。

だが、彼らの平和もそんなに長くは続かなかった。 宝石店に流れるH.O.Tの音楽の声をちょっと減らして違って
要求するスレギと、それのために宝石店まで入ってきたとし声をさらに育てろとのソン・シウォンとまた争いが起こったこと。

これに対しスレギはバスでの記憶を想いうかべたように悲鳴と共にソン・シウォンを捉えようとしたし、それにシウォンは
歩行して自分を助けて逃げる姿を見せた。 だが、それでもソン・シウォンが選んだ指輪で求婚をしてナジョンに良い
評価を受けたスレギの姿で果たして彼らの出会いが悪縁なのか、縁かわからない曖昧さを見せた。

一方、2013年ソン・シウォンが疑問の中のナジョンの夫を見て知った振りをすると見て、二人が顔見知りである
ことがあらわれた。

記事


「応答せよ1994 」のバロ、性同一性の悩み終わり...ユンジンと結実結んだ
ハ・ジヘ記者idsoft3@reviewstar.net
入力時間:2013-12-15 01:01:25
c0104506_19534694.jpg
▲写真:tvN放送キャプチャー
バロは性同一性の悩みを終えた。

14日午後放送されたtvN ‘応答せよ1994(演出:シン・ウォンホ脚本:イ・ウジョン)’の17話愛、恐れ2;応答せよ1997編
では2013年現在のビングレ(バロ)の妻が公開された。

この日ビングレは煮込んで先輩であるダイダイ ユンジン(ユンジン)の心があらわれるメッセージにも生ぬるい姿を見せた。
そうしてスレギ(チョンウ)に連絡をしたり、スレギが使った下宿部屋に入ってみるなどの姿を見せて疑問をかもし出した。

その上突然にソウルから釜山まで下がり、そちらで派遣勤務中のスレギに会いに行った時はまさに最絶頂に見る人々の
疑問を刺激した。 その間あいまいだったビングレの性同一性がいよいよ男が好きな側に決心が固まったことと
考えるようにしたこと。

そんなにスレギを訪ねて行ったビングレはクッパを共に食べて“これが最後に食べるご飯だ。 次には酒を買ってほしい”と
話してスレギを微笑を浮かべるようにした。 そのように何か話すようやめるよう、しかし言葉を慎むようなビングレ
の姿が、いつ告白をするのか見る人々の気をもむようにした。

だが、ナレーションでいよいよ心の空欄をいよいよ満たすことにしたというビングレは、とんでもないところで告白をして
見る人々を驚かせた。 ユンジンの続いた連絡にも黙殺無返答だったビングレは彼女が斡旋したスタディ集いに参加した。
また、そちらでビングレは自分に向かったユンジンの好感に好感で正面から受けて結局あるカップルが誕生した。

このようにビングレには今まで自分がスレギに感じた感情と新しく現れた異性であるユンジンを通じて感じた感情を
ぎゅっぎゅっと振り返り、確認する時間が必要だったこと、そしてその結果スレギには‘先輩’という呼称の代わりに‘ヒョン’を、
ずっと自分に向かった好感を表わすユン・ジンにはガールフレンドの席を出してくれた。

1997年から2013年現在に戻って、ビングレがナジョン(コ・アラ)の家から出て道路で待った車の主人は真っ赤な車の
ホヤでない、白い車のユン・ジンとあらわれた。 ユンジンはビングレの“一緒に入る?”という話にすぐ病院に再び
入ってみなければならないと話して代わりにプレゼントにケーキを伝えた。

そのような彼らの姿で忙しい渦中にも短い瞬間でも夫ビングレが見たくて駆け付けた妻ユンジンの愛が感じられた。
その間‘応答せよ1994’でも唯一一人で多くの悩みを抱いていたビングレだったので、そのような彼の幸福が見る人々に、
うれしい心と共に温かさを伝えた。

記事
[PR]

by majintera2424 | 2013-12-15 21:16 | 応答せよ1994
2013年 12月 14日

「応答せよ1994」16話

「応答せよ1994チョンウ、コ·アラと長距離のカップルになった
ハ・ジヘ記者idsoft3@reviewstar.net
入力時間:2013-12-14 00:47:06
c0104506_15363562.jpg
▲写真:tvN放送キャプチャー

チョンウとコ・アラが長距離カップルになった。

13日午後放送されたtvN ‘応答せよ1994(演出:シン・ウォンホ脚本:イ・ウジョン)’の16話愛、恐れ;応答せよ1997編
ではスレギ(チョンウ)が釜山に発つ姿が描かれた。

この日スレギは朝早くから病院に出て行った。 釜山へ派遣される大学教授を訪ねるために出たこと。

教授は“今日オフなのになぜ出てきたか”と尋ねるとまもなく“考えはしてみたか? 行くんだろう?”と尋ねて気がかりなこと
をかもし出した。 すぐに彼の提案は釜山の病院で1年の間派遣を出て行くということだった。

レジデントが釜山へ派遣に行くならば、手術とそのほかの意志決定もある程度できることができてはるかに多くの経験を
享受することができるためレジデント1年目が悩む暇もなしで行きたいという理由であった。

教授は“他の同期たちも全部行きたいことだ”としてスレギをそそのかしたし、結局そのような教授の勧誘にスレギは
“私にも良い機会と考える。 感謝する”としてその機会を受け入れた。

後でスレギはナジョン(コ・アラ)に話を伝えたし、それにナジョンは話もなしでしばらくテーブル上のマッチを持って
遊んでぼんやりしている姿を見せて切なさをかもし出した。

しかし、ナジョンもスレギに役立つ機会を防ぐことだけができなかった。結局浮気をするなという要請だけでスレギを
送るほかはなかったこと。

それにナジョンとスレギは長距離カップルになって、ナジョンは他の新村(シンチョン)下宿メンバーらと共にスレギの
荷物を包むのを助けてくれた。

一方、スレギが釜山を離れることにユンジン(ドヒ)はナジョンにスレギとともに釜山に降りて行った動機、ミンジョンに
気を付けろと早かった。 ナジョンより話が通じてスレギと親しいミンジョンは明らかにスレギと通じる魅力があることというもの。

それに本当にミンジョンはあたかもママのようにスレギを取りまとめる姿を見せて今後どんな葛藤を作り出すのか
気がかりなことをかもし出した。

記事

‘応答せよ1994’すぐに、ダイダイ ユンジンとロマンス予感? でなければ…


ハ・ジヘ記者idsoft3@reviewstar.net
入力時間:2013-12-14 00:22:48
c0104506_16608.jpg
▲写真:tvN放送キャプチャー

すぐにユンジンが好感を表わした。

13日午後放送されたtvN ‘応答せよ1994(演出:シン・ウォンホ脚本:イ・ウジョン)’の16話愛、恐れ;応答せよ1997編
ではビングレ(バロ)に新しい出会いができた。

この日ビングレは先後輩が一緒にするウイ予科と本科の総MTでどんぶり酒を目前に置いた。 そうして彼に酒を
飲むことを勧める男先輩を見てビングレは眉をひそめた。

あらかじめスレギ(チョンウ)がビングレに‘ダイダイ’を気を付けろと申しつけておいたこと。 それにこのようにごり押しする
酒を薦める男先輩が当然疑問のダイダイと見られた。

結局彼のごり押しにビングレがすべての酒を飲むことになった。 だが、ビングレのみじめな心に先立ち隣の席の
ユンジン(ユンジン)が黒バラで立ち上がってビングレ持分の酒まで全部飲んでしまったこと。

これに対しビングレは有り難く思ったが、ユンジンは"世の中に無料がどこにいるの? ヌナの頬にチューして"と彼に
向かった好感を表わした。

それに当惑するビングレにユンジンは"でなければ私がしよう"として頬にチューをした後"どう? 今日私たちの二人
夜中ダイダイすること"と話して笑いをかもし出した。

今まで男先輩がその‘ダイダイ’でなく、すぐにビングレのそばの可愛い女子学生がまさにその‘ダイダイ’ということに
小さい反転が感じられた。

MT事件以後ユンジンは後輩ビングレに試験系譜を口実にデートを申し込むなどの好感を示してビングレに
微笑を
浮かべるようにした。

また、ユンジンがビングレに好感を表わす片方では、16話に過去‘応答せよ1997’の同性愛者であったホヤが登場したり
ユンジンの食事提案を受けたビングレがユンジンでないスレギに電話をかける姿などの場面でまた他の解釈が
ふくらんでいる。

ダイダイ ユンジンの愛情表現に2013年現在のビングレの恋人がユンジンであることもあるだろうが、その反対の
状況であることもあるということ。 ユンジンに対するビングレの曖昧な行動が、彼の理性的震えが女性でない男性に
向かったことではないかとの考えを呼び起こして終わりにした。

記事


‘応答せよ1994’チョンウ、チョン・ウンジとお下げ戦い‘肉弾戦行って’

ハ・ジヘ記者idsoft3@reviewstar.net
入力時間:2013-12-14 00:32:33
c0104506_16344125.jpg
▲写真:tvN放送キャプチャー

チョンウとチョン・ウンジの言い争いが起こった。

13日午後放送されたtvN ‘応答せよ1994(演出:シン・ウォンホ脚本:イ・ウジョン)’の16話愛、恐れ;応答せよ1997編
ではスレギ(チョンウ)とソン・シォン(チョン・ウンジ)が戦う姿が描かれた。

この日放送でスレギはナジョン(コ・アラ)と離れて釜山で派遣勤務を行った。

そうして1年の間釜山で他の領域生活をしなければならなかったこと。 それにスレギはバスに乗って釜山チャガルチ
市場をはじめ移動する姿が描かれた。

それにスレギが乗ったバスが高等学校前に立ったし、過去‘応答せよ1997’に出演したチョン・ウンジとイ・シオン、
シン・ソユル、ホヤ、ソ·イングクが順に乗って目を引いた。

彼らの個性剛悍姿に“良い時だ”と話していたスレギはまもなくバスの中に響くH.O.Tの戦士の末裔音楽の音に
“とても大きい、ちょっと減らしてほしい”としてバス運転手にお願いした。

それにちょうどH.O.Tのつかみ記事を見ていたチョン・ウンジはかっと怒って“声ちょっと育ててください”としてスレギと
反対の要求を技師さんにしたこと。

二人は気力の戦いをするように“減らしてほしい” “育ててほしい”として互いに対話をやりとりした。 そしてこのような
状況に気分が悪くなったスレギが“歌手のようでもないばたや歌聞きたくない”としてチョン・ウンジの災いをかきたてたし
結局二人はお下げをつかんで互いにけんかをして周辺人が止めさせる状況まで行くことになった。

だが、そのような彼らの戦いもバスの急停車によって倒れることになりながら終わったし、その壮烈な戦いで腕を
負傷することになったスレギが“私の腕は動かないで”と大声を張り上げて涙声で話す姿が遺憾と共に笑いをかもし出した。

記事
[PR]

by majintera2424 | 2013-12-14 17:17 | 応答せよ1994