teraのおとぼけ日記

meias.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 11月 ( 44 )   > この月の画像一覧


2012年 11月 30日

「会いたい」メーキングフイルム

「会いたくて」ジョンウを訪ねてきたスヨン

[PR]

by majintera2424 | 2012-11-30 21:19 | 会いたい
2012年 11月 30日

ユチョン、ハン·ジョンウが運命のように近づいてきた

パク·ユチョン "ハン·ジョンウ、運命のように近づいてきた"

聯合ニュース記事転送2012-11-30 05:59最終修正2012-11-30 08:30
c0104506_14392550.jpg

c0104506_14394787.jpg

c0104506_1440112.jpg

c0104506_14403212.jpg

c0104506_14404996.jpg

c0104506_1441618.jpg

"会いたい"で濃いメローと一緒にどたばた虫のいい演技に挑​​戦
"いつも限界にぶつかって少しずつ成長しているように"

(高揚=聯合ニュース)ユン·ゴウン記者=前作 "屋上部屋の皇太子"に変化が検出されたが、今回はさらに
変わった姿だ。

一度役割がどたばたタフな凶悪犯罪担当刑事だ。膨大な音痴にもカラオケでマイクを離さない露骨ことで武装
しており、一滴の血中混ざったのはもちろんのこと、砂のような関係にある "ママ"に "恋人、私がいないと浮気をするな!"と
実の息子のように気立てが優しくふるまう。

ところがこれは、彼が見せてくれる演技の一つの軸だけのことだ。別の軸は濃いメローだ。なんと14年間顔もない母屋の
心の中に委託大事に保管してきた初恋の懐かしさを表現している。

Kポップスターであり、これまで遵守した "坊っちゃん"のキャラクターを演じてきたパク·ユチョン(26)がMBC TV
水木ドラマ '会いたい'の 'ハン·ジョンウ'を通じて演技者として一段上がって立った姿を見せている。
まだ空の隈があちこちに見えるが彼が上昇の勢いに乗っているということに異見はないようだ。

最近一山MBC収録現場で会ったパク·ユチョンは "ハン·ジョンウが運命のように近づいてきた"と話した。

""屋上部屋の皇太子 "終わらせて米国にはあるのに"会いたい "シノプシスを受けました。夜更かしして読んでは
すぐにすると話しましたよ。通常は台本も何部も読んでみて作品を決定するのに今回はまさに決定しました。"

何よりもハン·ジョンウのようなキャラクターをしたかったところにこの作品に会ったという。

"今までは主に物静かで沈む役だったらハン·ジョンウは彼と正反対の感じが強かったし、俳優ならば誰もが切望されそうな
キャラだと思いました。そそっかしくて厚かましいながらもカリスマもあってアクションもしなければないでしょう。
深いメロ演技で感情の消耗も大きい役割とさまざまな姿をお見せすることができるようでした。 "

29日まで8話が放送された現在のパク·ユチョンはイメージ変身に成功したという評価を受ける。ハン·ジョンウは
とぼけながらも熊不吉な目にあって、暖かくてどこかへ跳ねるかもしれない若者の血気が等しく混ざった人物である。
ここに "アキレス腱"である初恋スヨン(ユン·ウネ)の痛い記憶とトラウマがときどき発現されると
切なくなって純情男に変身する。

"そう見ていただければとても感謝します。事実悩みが多かったです。子役たちの出会いと別れまで、その痛い愛が
まさに14年後にふわりと走ってしまうのだから違和感が生ずるかと思って非常に悩みましたよ。ハン·ジョンウの14年の
人生はどうだったろうとキャラクター分析をたくさんしました。ハン·ジョンウは思い出を懐かしむ人物ではないんですよ。
14年の間罪悪感に苦しめられてきて、ある人を見つけるという執念で生きてきたようでした。それでもハン·ジョンウが
本来持っていた、人を配慮し虫のいい姿はそのまま持って行こうとしました。実際には良い家で美しくて受けて生きた
15年の歳月もあるでしょう。 その当時の習性はそのままはらんでいなければならないですね。スヨンはジョンウが
自分を置いて逃げたと思うが、ジョンウは14年の間に探し回ったし、そして優しく良く暮らすのだから痛みを経験し前の
少年時代の姿が自然に出なければならないこの残念な主人公たちの関係がより克明に見えることができると考えました。"

彼は "ジョンウは本当に魅力的なキャラクター"と言いながら "しかし、演技を計算しながら力をぴたっと与えはしない。
ジョンウの状況をそのまま受け入れて演技していて、いつも彼のことを考えながら、自然にしようと努力している"と話した。

ハン·ジョンウのように14年間生死さえ分からない女性を待つのがパク·ユチョンは可能だろうか。

"懐かしさというのは愛とは違うと思いますよ。個人的には、これまで別れた人と一緒に分けた思い出の未練は
あったかもしれないがそれが愛の懐かしさというあいまいな部分が多いようです。愛が終わってもしばらくの間、
そのような思い出をつかまえて行く時間があるでしょう。それが私の中でみんな忘れられて淡々となる頃、本当に愛が
終わったなと考えることができでしょう。そのような懐かしさ以外ハン·ジョンウのように別れた人を懐かしがったり、
さ迷ったりしたのはなかったです。 "

その後、ハン·ジョンウの切ない愛を演じている感じはどうだろうか。

"私たちの作品があまりにも強い悲しみを込めて出すと感情シーンが多く、"メロもすごく難しいジャンルだな "体で
感じています。感情をずっと吐き出さなければならないのだから即座にエネルギーがすっかりなくなる感じです。
だが、反応が良くて楽しくしています。"

パク·ユチョンは日々進化している演技者の一人に数えられる。特に成功した "演技ドル '(アイドル出身演技者)の代表走者となった。

"デビュー​​作"成均館スキャンダル "の時はどのように撮ったかと思うほど精神なしに過ぎ去って行ったし振り返ってみると
最初の作品が"成均館スキャンダル "なので本当に幸いだったようです。ところが、その時は義務感が100%
だったら、今はやりたくて演技するというのが異なります。事実"ミスリプリー"まで演技が不便でした。
"成均館スキャンダル"の直後の作品だと上手くやるべきだ、負担感が大きいから不便でぎこちなかったです。
しかし、一番大変だっただけに得たものも最も多かったようです。 "屋上部屋の皇太子"はすべてのことを下ろして
気楽にしようと決心したところ、演技も自然でてとても面白いんですよ。だから早く次期作をしてたくなりました。
JYJの活動も重要だから、元は1年に1作品ずつしようとしたが、すぐに他の役割をしてみたいと思うほど演技に対する
欲が出てきまし。 "

"演技について知れば知るほど悩むことも多くなりますが、それでも怖くはない"という彼は "主人公として作品を
引っ張っていく立場ですが、ドラマはどうせ多くの人が一緒に作っていくものであり、主人公も周囲の多くの助けを
受けながらするものと考えるとちょっと楽になる "と話した。

パク·ユチョンは毎作品、自分の100%をすべて見せてくれると言った。

"毎回私の全てをお見せしています。ところが、その"すべて "がある作品するたびに、ますます増えることでしょう。
毎回あくせく限界にぶつかる経験をしながら少しずつ成長していると思います。今回の作品も本当に難しいという覚悟を
して入って来ました。膨大な感情のシーンがあるでしょう。良く話すると自分自身に期待されるだろうし、その逆は
私がここで狂いが生じると限りも終りもなしに挫折しそうだという心配もあるが、度々あたってみてこそ私の限界も増えないですか? "

俳優としてはまだスタートラインにいますが、彼は歌手としては世界各地にファンを従えたKポップスターだ。東方神起を
経てJYJで活動中の彼の演技と歌手活動を併行するのに毎回殺人的なスケジュールを消化するが、 "幸せだ"と話す。

"幸せです。もちろん、ドラマ撮影と公演が重なった場合の不便ですね。しかし、JYJの活動も重要なので、"両方が
必要なこと "だと思えばそれさえも楽なりますよ(笑)これだけの愛を受ける、その程度は甘受しますよ。
福を持って生まれたという気がして感謝しています。人福も本当に多いようです。一時は人気が負担になったりもしたが
今は感謝して良いです。 施して生きるべきだとの考えが毎日毎日さらに強くなるんです。"

去る28日には、JYJと前所属会社SMエンターテイメントの法廷攻防がすべて終結したというニュースも伝えられた。
3年4ヶ月間集めた戦いである。

"うれしいですね。これまで大変だったが、また一方では、メンバー同士助け合いながら、頼ってよく耐えたことのようです。
活動に障害があっただけに、さらに熱心にしていたようですし、運もあったしね。最初にJYJ作りながら会社(C-JeS)に
従業員が5人だったが、今は40人超えます。責任感も大きくなりました。 "

また、 "演技者 'パク·ユチョンとして何を見せてあげたいと思うか尋ねた。

"私の演技を見て人々が充電されて希望を獲得したらいいですね。演技が上手な人を見ると感動も受けて希望も
出来るでしょう。私の演技、私の作品を見ながら生きる面白味ができたら良いです。
人々に楽しみを与えることができるような演技者になりたいと思います。 "

pretty@yna.co.kr
記事
[PR]

by majintera2424 | 2012-11-30 15:34 | 会いたい
2012年 11月 30日

「会いたい」8話

「会いたい」JYJ ユチョン、否定するユン・ウネに
“もっと待つ”と宣戦布告

OSEN |2012年11月30日12時15分
c0104506_14302090.jpg

「会いたい」のJYJユチョンが、自身がイ・スヨンであることを否定していることユン・ウネに対し、もっと待つと宣戦布告した。

韓国で29日に放送されたMBC水木ドラマ「会いたい」第8話で、イ・スヨン(ユン・ウネ)は家まで来たハン・ジョンウ(ユチョン)に
「イ・スヨンを待っているのか? 待っても来ないなら、捨てたのだ。私はイ・スヨンじゃない。遺伝子の検査でもしよう」と
言い放った。スヨンは、幼いごろジョンウと一緒にいた時に性的虐待された。ジョンウはスヨンを置いて逃げ、傷ついた
スヨンは韓国を離れた。

これにジョンウ(ユチョン)は、「14年も待ってきたんだから、もっと待つ。14年間遠ざかってきたけれど、何歩で戻って
来られるのだろう。待っても来ないのは、捨てたわけではなく、まだ来ている途中なのだ」と涙を流した。

これに先立ちジョンウは、スヨンの恋人のカン・ヒョンジュン(ユ・スンホ)に、スヨンを性的虐待したカン・サンドゥク(パク・ソヌ)が
死んだという事実を伝え、「これからプライベートな話をする。ジョイと僕が探すスヨンは、同一人物だ。そうでないふりを
しても僕には分かる。まずいのか。そうでないと言ったら、そう言う理由が分かると思うし、彼女がスヨンだから僕に
怒っているんだと思う」とスヨンの存在を知っていると強調した。

同日スヨンは、恋人のヒョンジュンに「イ・スヨンは永遠に死んでいてほしい。ハン・ジョンウを傷つけたいと思ったけれど、
私の方が辛い」と言い、ジョンウのことを知らないふりをする演技によって、逆に自身が辛いと告白した。そのため、
スヨンはまた韓国を離れる決心をした。

一方、ヒョンジュンは自身の母のカン・ヒョンジュ(チャ・ファヨン)を消えるようにし、足まで不自由にさせたハン・テジュン(ハン・ジニ)に
復讐するため、ナム理事(チョ・ドクヒョン)の50億ウォン(約3億8千万円)の要求に応じる代わりに裏金の帳簿を
持ってくるように指示した。ヒョンジュンは「どんどん面白くなってきている」と言いながら、恐ろしい微笑みを浮かべた。

元記事配信日時 : 2012年11月29日23時01分 記者 : ピョ・ジェミン
Kstyle
[PR]

by majintera2424 | 2012-11-30 14:34 | 会いたい
2012年 11月 30日

「会いたい」8話

"会いたい"ユン·ウネ、私の存在に気づいたパク·ユチョンに
平手打ち"狂ったんだな"毒舌

2012-11-2922:14:56

ユン·ウネが、パク·ユチョンの横っ面を殴った。

11月29日放送されたMBC水木ドラマ'会いたい'(脚本ムンヒジョン/演出イ·ジェドン)ジョイ(イ·スヨン役/ユン·ウネ)が
自分の存在を察知したハン·ジョンウ(パク·ユチョン)の横っ面を殴った。

ハン·ジョンウは、CCTVを通じてカン・サンドクを見てぶるぶる震えるジョイの姿を確認、彼女がイ·スヨンであることを
確信した。以後ハン·ジョンウはジョイに積極的な愛情攻勢を繰り広げた。
c0104506_23345711.jpg

ハン·ジョンウは、ジョイと秘密の恋愛をすることを提案し、一緒にレストランに行ったその場所で、 "これだから私が
スヨンと言いましょう。ぴったり私のスタイル"、"香港でもどこでもどこへ行っていい。なくさないように私の手は
ぎゅっと握って通います"など言ってジョイを当惑させた。

続いてハン·ジョンウはジョイを推し測るために過去思い出が宿っていた遊び場に行くことを提案した。そのとき
ジョイはハン·ジョンウに掴まれた手を外し"あなたは本当に狂っている?"と言って横っ面を殴った。自分の存在に
気づいたハン·ジョンウを押し出そうとする行動だった。ジョイは"最初から相手にするのではなかった"と怒った。

これにハン·ジョンウは"一台合うから、ちょっとさっぱりするよ。今日はここまで。出ます。連れて行きますね"と言って
苦い笑みを浮かべた。ジョイの手はぶるぶる震わせて驚いた心を隠すことができなかった。
(写真= MBC'会いたい'キャプチャ)

記事

"会いたい"パク·ユチョン - ユン·ウネ、プロの俳優に劣らない
感情演技 "良い"


ヘラルド生生しい原文記事送信2012-11-29 23:30

MBC水木ドラマ "会いたい"に出演中のパク·ユチョンとユン·ウネが優れた感情演技で視聴者たちの視線を捕らえた。

11月29日午後放送された "会いたい"はジョイ(ユン·ウネ)に秘密の恋愛をしようと提案するジョンウ(パク·ユチョン)の姿と
こんな彼の姿に心が揺れるジョイの姿が描かれた。

ジョイをしつこく追って通っていたジョンウは彼女にデートを申し込むことになり、思いがけないところで食事をすることになる。
ジョイは地味なスヨンの姿はなく、洗練された姿を見せるために努力する。ソルロンタン屋でご飯食べようとするジョンウを
高級レストランに連れて行ったことも、自分がスヨンがないことを示すためだった。
c0104506_23563857.jpg

しかし、ジョンウやはりそんな彼女の艶がない姿に "ようスヨンらしい"と簡単に退かない。これにジョイは結局 "最初から
相手にするべきでなかった"とジョンウの頬を殴る。しかし、ジョイは自分の初恋のジョンウの頬を殴った手を震わせ
自分の本心を隠すことが出来ない。

ジョンウは、今後もジョイの周辺をずっとくるくる回るようになり、ジョイはなおさら情を離すために彼をより一層冷たく
接する。しかし、ジョンウとの度重なる出会いにジョイは少しずつ揺れる自分の姿を発見して混乱する。

結局ヒョンジュンの家まで訪ねてきたジョンウにジョイは"スヨンが、もし待っても来なければ捨てられたんです"と
として思わず忘れろと薦める。しかし、ジョンウは "待っても来なければ捨てたのでなくまだ来ているところだろう"
と対応する。

スヨンの性犯罪者殺害事件を捜査していたジョンウは、犯人がスヨンの母ギムミョンフイ(ソン·オクスク)の名前で
犯行ツールを購入した事実を知ることができ、死亡を狭めていく。しかし、事件現場周辺車両ブラックボックスに
ジョイの姿が盛られていることを確認して驚いた心に涙を流す。

特にこの日の放送でパク·ユチョンとユン·ウネは簡単でない感情演技で視聴者たちの人目を引いた。ユン·ウネは
しきりに幼い頃の思い出を想起させるジョンウで心配に陥ったジョイのキャラクターを完璧に消化した。慌てるそぶりは
もちろん、おぼろげな思い出が思い出されて涙を流す彼女の姿は、劇の没入度を高めるには十分だった。

パク·ユチョンもやはりスヨンの性犯罪者を殺した人がすぐにジョイ自身であるという考えに涙を流す姿は、見る人の
心を詰まった感じでよく聞こえなくさせた。

一方この日放送では、テジュン(ハン·ジンヒ)とヒョンジュン(ユ·スンホ)の対立が本格的に描かれると予告されて、
今後の内容について知りたい事を催した。

バックゴンウック問題チーム記者/ kun1112 @

記事

ポゴシプダ8話エンディング
ポゴシプダ8話レストラン

c0104506_0192257.jpg

c0104506_0195943.jpg

c0104506_0204947.jpg

c0104506_0214082.jpg

[PR]

by majintera2424 | 2012-11-30 00:22 | 会いたい
2012年 11月 29日

「会いたい」8話予告

c0104506_18101540.jpg

c0104506_18103341.jpg

c0104506_18172964.jpg

会いたい8話予告はこちら
ジョイはジョンウとの度重なった出会いに冷静を探そうとするが自分も分からない様子、揺れている姿を
発見して紛らわしがる。

一方ジョンウはジョイが自分が探したスヨンであることを確信してジョイに会いに行くけれど...
[PR]

by majintera2424 | 2012-11-29 18:18 | 会いたい
2012年 11月 29日

「会いたい」7話

[ブログと]ノドリャンの世の中展望台
ミディアース原文記事転送2012-11-29 10:27
c0104506_11534096.jpg

c0104506_1154230.jpg

c0104506_11541936.jpg

[ミディアース] 11月28日JYJに意味のある日である。2009年以来、3年の間続いた旧所属事務所SMエンターテイメントとの
悪夢のような訴訟が終わって合意を成し遂げた。公式にJYJはSMに所属していない自由の身だもちろんSMがまともに
JYJの自由な活動を保障するかは未知数だが、一応地上波放送局も以前のように "JYJが現在の二重契約の状態で
活動を続けているため、放送出演を持続する場合、法律的な問題はもちろん、文化産業の発展と秩序を阻害する危険性が
あると判断して選考及び確定、あるいは合意を通じて終結するまで放送活動を自制する "というJYJ出演制裁の
プロフォーマする理由をつけなくなった。

これまでJYJは、地上波芸能や音楽番組だけ出てこれなかっただけドラマ、ミュージカル、映画など様々な大衆文化ジャンルで
自分たちの位置を強固にした。現在ミュージカルを中心に活動しているキム·ジュンスはチケットパワーに劣らず実力を
認められた大韓民国最高のミュージカルスターにぐんと立って久しく、KBS <成均館スキャンダル>でドラマデビュー作
にもかかわらず、演技力とスター性を見せてくれたパク·ユチョンはその後MBC <ミスリプリー>、SBS <屋根裏部屋皇太子 "、
MBC"会いたい "など地上波ドラマに堂々と主演に出演した。キム·ジェジュンの場合この前、映画 "ジャッカルが来る>に
出演することはしたし、作品は最近珍しいマン作だったが、キム·ジェジュンの演技はいいほうだった。

前置きが長かったがJYJは長い時間目に見えない手の妨害(?)にもか​​かわらず、メンバー皆が演技に大きな成功を
収める気炎を吐いた。地上波ドラマに主演級で抜擢されると宣伝芸能出演など多大なプッシュを受ける大型企画社の
アイドルも成し遂げられなかった成果だ。

これまでいつもチュンパク以上の遵守成績を収めたパク·ユチョンと演技に挑戦した他のアイドルが成し遂げた成果だけを
比較しても、演技者として完全に認められたパク·ユチョンの存在感を納得させている。ドラマという分野は、歌謡界のように
よく組織されたファン層がいる掌握することができるところがない。もちろんJYJが他のアイドルのファン層よりも規模が
大きく、組織化もよくされているが、演技者として認められるためにファン層を越えてパク·ユチョンをよく知らないか、
好まなかった他の視聴者の好感を構築する必要がある。幸いにもパク·ユチョンは多くのドラマを通じてファン層以外の
大衆にも才能あってスター性兼ね備えた演技者として認められ、そのおかげでパク·ユチョンが出演した<会いたい>は
連日視聴率が上昇している。

パク·ユチョンが出演した<会いたい>は全くユニークなドラマだ。パク·ユチョン、ユン·ウネが出てヨ・ジング、キム·ソヒョンが
彼らの子役で出演する時、ただ<太陽を抱いた月>の延長線である初恋を忘れられない男の凄絶な過去の女性
検索と思った。

劇中ハン·ジョンウ役を引き受けたパク·ユチョンは現在ジョイに名前まで変えたイ·スヨン(ユン·ウネ)を忘れず、
与えられた財閥3世のタイトルもあきらめて刑事になった。ところが、米国留学派財閥3世の服まで捨てハン·ジョンウが
14年の間イ·スヨンを忘れられない理由は明らか想像力、それ以上だ。ハン·ジョンウに沿って行って拉致されたイ·スヨンの
強奪設定は放映当時多くの人々の批判に直面したものの、制作陣はその後数回性暴行がどれだけ恐ろしい重犯罪
なのかを力説して性犯罪の処罰が非常に微弱な大韓民国司法を迂回的にディスする。

父に会いたくて駆け付けた韓国で唯一の縁を結んでいた、好きな女の子が、自分の目の前でぞっとしたことにあった
のでそうでなくても鋭敏な年齢のジョンウが受けた衝撃はさぞかし大変だったのだろうか。 だから14年の間にジョンウは
一時もスヨンを忘れたことがない。

毎日スヨン母(ソン·オクスク)を訪ねて愛嬌を振るうのは基本、自分を拉致して強姦した人間訪ねてもなく脅迫して苦しめる。
それがスヨンのためにジョンウができる唯一の​​方法だった。それでもスヨンはジョンウの前に表示される気配がない。
それもそのはず、スヨンは14年前ヘリー(カン·ヒョンチョル - ユ·スンホ)に沿って、米国に渡った。母とも連絡を切ったし、
さらに目の前でもママを見たのにスヨンはママを冷遇するほかはない。

ところが、そのスヨンがヘリーと一緒に韓国に帰って来て、ヘリーの家で発生したヘリー叔母の死を捜査しに来た
ハン·ジョンウはその家のジョイがスヨンであることを一目で調べてみる。スヨンはヘリーと婚約を控えているんだ。
ジョンウは、その堪え難い状況を全く気にしない。その間、自分が殺すと豪語していたスヨンの性犯罪カン・サンドゥク(バクソンオ)が
殺害された。カン・サンドゥクの行跡を追跡している途中刑務所の近くに位置し、CCTVを通じて車の中でカン・サンドゥクを見て
プルプル震えているスヨンを目撃したジョンウ。ハン·ジョンウは、すぐにあいつがスヨンということを直感し、彼女に
すぐに走って行く。

14年前に初めて会った時、その時ジョンウがスヨン名札をつけてくれたその黄色い傘を持ってジョイに近づいたジョンウ。
スヨンに渡したジョンウの最初の一言は "私がたくさん遅れたでしょう? 約束しなかったのか。 漢江(ハンガン)
カフェ行こう""と言った。しかし、スヨンは "すぐにヘリーが来る。"と冷静に拒絶する。しかし、ハン·ジョンウは全く
意に介さずジョイについて行って "私の車があちら側にある。私たちの約束が先だ "と正面で対抗したが、だが帰ってくる
ジョイの返事は"婚約したのよ。 "ところがそこでためらうジョンウではない。

"したのでなくまもなくする? したって... 嘘ができないといったのに上手だね。 どこまでが嘘か"とし、
"本当に嫌いなの。 いやな振りをしているの。 何が本物なのか分かってこそビキでしょう"としらじらし大口をたたく。
そして、続く台詞が圧巻だ。
"秘密の友人面白くない。秘密の恋愛しよう"とジョイを迫力の引くハン·ジョンウ。完全に上等な男だ。かなりユチョン、
ユ・スンホ、ユン·ウネは三十頃にまともに運を授けられて生まれた。その姿を見たヘリーは怒りである。それもそのはず
ヘリーはジョイに強い執着症を見せるためだ。

現在のインターネットでは、<会いたい>ユ·スンホのいくつかの秘密という文が流れ通うほどなのに、カン・サンボムは
もちろん叔母も死亡、へりーが果たして本当に彼が杖を持ち歩く必要があるかという疑問も提起される。
さらにヘリーの家の秘密倉庫にへリーママ(チャ·ファヨン)が閉ざされているという推理まで出てくるほどだ。そういえば
子供の頃、スヨンと一緒に逃げて行ってスヨンを探して道路を走るキム・ヒョンサ(チョン·グァンリョル)の走る車の前に
缶を捨てて彼を即死にさせたヘリーだが、 、スヨンを一目で調べてみて強くダッシュするジョンウがうれしいはずがない。
純粋な笑顔の裏にジョンウを危機に台無しにするためにどんなことでもする人がヘリーだ。

旅館の部屋でカン・サンドゥクが死んだのを目撃しカン・サンドゥクの同僚カン・ソンチョルはハン·ジョンウを犯人に
目星をつけていた。ジョンウは一生カン・サンドゥクを見つけるために、刑事の道を歩んできた者であり、頻繁に
カン・ソンチョルが運営するカラオケに来て彼を苦しめた時期にカン・ソンチョルは彼が犯人だと思っていた。しかし、
ジョンウとしては悔しいだけだ。彼としては自分の手でつかみたかったカン・サンドゥクがこのように虚無(?)に
殺害されるや鬱憤が降り注ぐしかない。弱り目にたたり目警察はカン・ソンチョルの指名に基づいて有力な容疑者と
なったジョンウの刑事座をいったん剥奪させる。

しかし、ジョンウにとって悔しい謀略より胸​​が痛むのはスヨンの本音だ。スヨンは14年前の自分を捨てて逃げたジョンウに
深い恨みを抱いていた。それで、スヨンは復讐する気持ちでジョンウに積極的に近づいていく。そして秘密の恋愛しよう
ジョンウにスヨンは秘密の友人になろうという。 "私の友人一人だけあれば良いだろう..."しながら。

スヨンの黒い本音を知っているか知らないかジョンウはスヨンの積極的なダッシュにひょいひょいと踊りでも踊りたい
と思う。しかし、その出会いが、結局二人、いやヘリー、キム·ウンジュ(チャン・ミイネ)、スヨンのお母さんの両方を
破局に追い込むことも知らないままだ。スヨンも一歩遅れてジョンウの本音を見抜いて後悔しかし、すでに遅かった。

初回予告編ジョンウが誰かに撃たれて倒れる場面で見たように、<会いたい>の予定結末は悲劇である。もちろん、
ジョンウが銃をむかえた以後生き返ってお互いの感情を知るようになったジョンウとスヨンが互いに愛することに
なることで終わることができるが、その過程で戻るまで<会いたい>は、かなり困難な旅を経なければならない。

ハン·ジョンウは14年前の初恋の罪悪感を抱いて生きていきながら、同時に14年ぶりに現れた初恋と思われる彼女に
積極的に近付く純情男だ。あまりにも順調でない人生を生きていく主人公なので、良かったが悲しかったが、嗚咽までの
両極端演技のスペクトラムを見せなければならない。幸いにもパク·ユチョンは予想よりも上手く行っている。

登場初期にはヨ・ジングと比較されて残念だという反応もあったが、わずか2話でパク·ユチョンはヨ・ジングのハン·ジョンウはなく、
パク·ユチョンだけのハン·ジョンウを視聴者に完全に刻印させることに成功を収めた。メロ以外の謎は、社会告発劇など
様々なジャンルを抱いている<会いたい>ですが、どうしても女性視聴者たちが主な視聴者をなすドラマであるだけに、
パク·ユチョンの女心捕らえる手法発揮が不可欠です。幸いにもパク·ユチョンは、既存繊細な花美男のイ​​メージで、
強烈な男性美を誇る賞男で演技変身を試みる。特に "秘密の友人面白くない。秘密の恋愛しよう"としながらスヨンを
引き寄せるパク·ユチョンの迫力にどんな女が越えてこないだろうか。復讐しに悪意を持ってパク·ユチョンに接近した人
もすぐにユチョン病に入る態勢だ。

芸能界と大衆メディアを通じて世界を見ようとしています。
ノドリャンの世界展望台http://neodol.tistory.com

記事
[PR]

by majintera2424 | 2012-11-29 14:00 | 会いたい
2012年 11月 29日

「会いたい」7話

"会いたい"パク·ユチョン、結局ユン·ウネ正体が分かった"秘密の恋愛しよう"
ニュースエン原文記事転送2012-11-2823:13
c0104506_23255132.jpg

[ニュースエン イ・ミンジ記者]

パク·ユチョンがユン·ウネの正体を知った。

ハン·ジョンウ(パク·ユチョン)は、11月28日放送されたMBC水木ドラマ'会いたい'(脚本ムンヒジョン/演出イ·ジェドン、
パク·ジェボム)7話でカン・サンドゥク(バクソンオ)の行跡を追跡していた中、ジョイ(ユン·ウネ)がイ·スヨンである
ことが分かった。

カン・サンドゥクの行跡を追跡していたハン·ジョンウは刑務所近くのCCTVを見るために視聴状況室で行った。
CCTVはカン・サンドゥクとぶつかったヘリー(カン・ヒョンジュン、ユ·スンホ)の車を発見した。そして車の中にいた
あいつがカン・サンドゥクが近づくと、恐怖心を感じる姿を確認した。

ハン·ジョンウは14年前イ·スヨンと自分にあったひどい事件を思い浮かんだと同時にジョイに会った後感じたイ·スヨンの
痕跡を記憶し出した。ハン·ジョンウはジョイがイ·スヨンであることを確信してイ·スヨンに走って行った。

ハン·ジョンウはジョイに過去黄色い傘をかぶせて、 "私がたくさんの遅れたでしょう?約束したのじゃないか。漢江
カフェに行こう"と言った。ジョイが"ヘリー来ることにした"と話したがハン·ジョンウは意に介さずジョイついて行って
"私の車はあちら側にある。私たちの約束が先だ"と言い張った。

ジョイ"すぐに婚約なるはずだ"と話した。しかし、ハン·ジョンウは"したのではなく、まもなくする?したって
..嘘できないといったのに上手にするよ。どこまでが嘘か"とし、 "本当に嫌いなんだ。嫌なふりをしている。
何が本物なのか知るヴィッキーですよ"としらじらしく話した。

ハン·ジョンウは引き続き "秘密の友人面白くない。秘密の恋愛しよう"とジョイを引き寄せた。遠くからこの様子を
見守っていたへリーは怒って傘先には、過去ハン·ジョンウがイ·スヨンにつけた名札がかかっていた。
(写真= MBC'会いたい'キャプチャ)

イミンジoing@
記事

"会いたい"ユン·ウネ、相変わらずのパク·ユチョン本気悟った "揺れるか"
TV Daily原文記事送信2012-11-2823:08
c0104506_2341999.jpg

[TV Daily イ・ギウン記者]ユン·ウネが、パク·ユチョンが14年前と全く変わらないという事実を悟った。

28日の夜に放送されたMBC水木ドラマ'会いたい'(脚本ムンヒジョン、演出イ·ジェドン)7話でジョイ(ユン·ウネ)は、
過去の自分を捨てて逃げたハン·ジョンウ(パク·ユチョン)に対する憎悪の記憶で事実上へリー(ユ·スンホ)と
結託して、彼に刃を研いだ。この日、ジョイとへリーはハン·ジョンウをおいて、挙句の果て賭けまでした。

この日の放送でジョイはジョンウに夕食を一緒に食べようと約束を求めており、これに対してジョンウは約束の場所で
ジョイを待って寒さに震えていた。

そんなジョンウの姿を遠くから見守っていたへリーは、ジョイに"あいつがどれだけ向こうに待っているか賭けましょう。
私は30分"と言いながら、とうとうジョンウに電話をかけた。へリーは、 "今の婚約者ジョイと一緒夕食を食べて
いるのにこちらに来るのか"とジョイが事実上ジョンウとの約束を破ったという事実をそれとなく知らせた。

それでもジョンウは席を離れなかった。ジョイへの信頼で寒い外でずっとジョイを待っていた。そんなジョンウの姿を
へリーと一緒に眺めるジョイの心に突然微動が起こった。ジョイ"あいつ、14年前と一つも変わらなかった"とし、
彼の格別な真正性を把握した。

[TV Daily イ・ギウン記者news@tvdaily.co.kr/写真= MBC放送画面キャプチャー]
記事

"会いたい"ユ·スンホ、50億一度引き出し、スケールの異なる復讐開始
ニュースエン原文記事転送2012-11-2822:50
c0104506_23595059.jpg

[ニュースエン イ・ミンジ記者]

ユ·スンホが50億ウォンでハン·ジンヒを苦しめた。

ハリー(カン・ヒョンジュン、ユ·スンホ)は11月28日放送されたMBC水木ドラマ'会いたい'(脚本ムンヒジョン/演出
イ·ジェドン、パク·ジェボム)7話でハン·テジュン(ハン·ジンヒ)の銀行には巨額を引き出した。

へリーは銀行から"預金ちょっと探す"と通帳を渡した。金額を確認した女性職員は大きく驚いたヘリーは、ゆったりと
"ゆっくりしてください"と話した。

ユン室長はハン·テジュンに"へりーポリスンはVIP顧客だが、今50億引き出しするという。現在の金庫の状況で
50億を引き出しても無理ありませんが、投資は資金運用のために預けた期間を増やすように説得しなければ
ならないようだ"と報告した。

ハン·テジュンはナム理事を送った。ヘリーの正体を知っているナム理事は"複雑にしないで帰って"と
言った。ヘリーは"まだハン・テジュン顔色を見るのか。 私の側についたこと違うか"と尋ねたナム理事は
"誰の方でもない。私はお金が必要なだけだ"と答えた。

ハン·テジュンの娘ハナ(イ・セヨン)を気づいたへリーは、"私ではなく、ナム理事が、まずハン·テジュンに
見つけられるよ。気をつけて"と口ずさんだ後にっこり笑ってみせた。
(写真= MBC'会いたい'キャプチャ)

イミンジoing@

c0104506_0153931.jpg

c0104506_0163089.jpg

c0104506_017560.jpg

c0104506_0173689.jpg


ポゴシプダ7話ラスト

ポゴシプダ7話屋台シーン

今日もポゴシプダ、最高でした。
台詞が分かったら、もっと素敵なのにと思いながら・・・でもジョンウの優しくて、いじらしくて
真直ぐな生き方が演技から伝わってきて、ホント!もう~ジョンウ病です。
ラストで黄色い傘が出てきた時には、わぁ~すごい演出だと・・・
脚本もしっかりとして、説得力大です!

[PR]

by majintera2424 | 2012-11-29 00:29 | 会いたい
2012年 11月 28日

「会いたい」7話

"会いたい"パク·ユチョン - ユン·ウネ、屋台デート "相反した表情...なぜ?"

TVリポート原文記事送信2012-11-28 15:02
c0104506_15303844.jpg

[TVレポート=ソンヒョジョン記者] MBC水木ミニシリーズ '会いたい'のパク·ユチョンとユン·ウネが真夜中、屋台で
酒を傾ける姿が捉えられて目を引く。


28日に公開されたスチールカットには黙ってお互いを見つめて酒杯を傾けるジョンウ(パク·ユチョン)とジョイ(ユン·ウネ)の
姿が盛られた。


ジョイを見てスヨンに向けた懐かしさに陥ったように、複雑な心境が感じられるジョンウとは異なり、ジョンウを見ながら
平然と酒を受けるジョイの対照的な視線は、二人の間に流れる微妙な感情の気流を示し気がかりなことを
かもし出している。


先立って、去る22日放送された "会いたい" 6話でジョンウはジョイを訪ねて行って最後に "私の名前を一度だけ
呼んでくれ"とお願いしたその瞬間だけはスヨンに戻ったジョイはそのように呼びたかったジョンウの名前を呼んだ。


特に、エンディングの場面でジョンウは、自分を呼ぶジョイの声に胸が痛くて涙を流したことがあって、それぞれ
別の感情にお互いを向き合うことになったジョンウとジョイの事情に視聴者たちの関心が集中している。


"会いたい"の制作陣は "ジョンウとジョイの屋台再会場面は14年という時間の間しみる懐かしさと恨みを胸の片隅に
抱いて生きてきた主人公たちの胸が痛む内面がそっくりそのまま盛られている"と述べ、 "また会ったジョンウとスヨンの
弱々しいストーリーが始まる "会いたい" 7話に多くの関心お願いする "と付け加えた。


一方、暖かい感性演出と現実を反映した率直な劇展開、俳優たちの熱演に力づけられて連日好評を継続している
MBC水木ミニシリーズ '会いたい' 7話は28日の夜9時55分放送される。


写真=イギムプロダクション


ソンヒョジョン記者shj2012@tvreport.co.kr
記事
[PR]

by majintera2424 | 2012-11-28 15:35 | 会いたい
2012年 11月 28日

JYJ-SM、契約紛争劇的合意

《JYJ-SM、契約紛争劇的合意 "もう本当に他人" 》
入力2012-11-28 12:05:15

SM "追加被害望まない" vs JYJ側"3年前に勝った戦い"

SMエンターテイメントとグループJYJが契約紛争のはてに合意した。

SMエンターテイメントとJYJが所属するC-JeSエンターテイメントは、すべての訴訟を取り消してこれ以上干渉しない
としてこれまでの紛争を合意した。これでJYJは、従来よりもさらに活発に活動をすることができるようになった。

JYJは、去る2009年7月31日にソウル中央地方裁判所に不当な専属契約の効力停止仮処分申請を出した。
裁判所はこれを受け入れ、SMエンターテイメントは2010年4月に専属契約効力確認、損害賠償請求訴訟を起こした。
JYJもこれに対し、専属契約効力不存在確認訴訟を提起した。以後三人は東方神起ではなくJYJという名前でチームを
結成して独自の活動をしてきた。


これに対してSMエンターテイメントは28日公式報道資料を通じて"(キム·ジュンス、キム·ジェジュン、パク·ユチョン)の
3人がグループ'東方神起'として活動する意思がないことを明らかにし、これにSMは、もはや3人をマネジメントする
理由がないと判断し、今後お互いの間で関わることはなく、相互干渉しないこととして、今日の調整を介して裁判を
終えることになった"と明らかにした。

引き続き"伴い、現在も"東方神起"として積極的に活動しているユノ·ユンホ、チェガン·チャンミンが今後の訴訟進行による
これ以上の追加被害や、不必要に話題にされることを防止するために、今回の裁判を終えることが最善だという判断を
下した"と付け加えた。


JYJ側もやはり法務代理人を通じて立場を明らかにした。JYJのマネジメントを担当するシージェスエンターテイメント
ペク·チャンジュ代表は"事実3年前、裁判所が仮処分申請を受け入れた時から、我々が勝った戦いだと思っていた。
事実JYJの活動妨害は法的な問題ではなく、ダビデとゴリアテの戦いなので判決後に活動が大きく変わることは
ないと思う"と話した。

引き続き"私たちは、JYJだけができる道を行っており、また今後も私たちが計画したように活動していくだろう。
"と述べ、"今回の調整の成立で、本案判決を口実にいくつかの制約された事例が改善されてほしいし、その間
ひたむきで変わらぬ支持を送ってくださった国内外ファンたちにもう一度心から感謝申し上げる"と伝えた。



以下は、JYJの法務代理人が明らかにした原文です。

キム·ジェジュン、キム·ジュンス、パク·ユチョンの3人が前所属事務所を相手に提起した仮処分申請は社会の関心を
集めた中、絶対的弱者である新人の地位を利用した不公正な契約は無効という記念碑的な判決を二度も導き出したし、
既存の芸能界に存在していた不公正な慣行などを一掃し、画期的に改善する決定的な契機を用意しました。これに
より、公正取引委員会、人権委員会、文化観光部などで新人を保護するための関連法の規定などを改善し、何よりも
芸能事務所など、芸能界関係者たちの意識を向上さすることで、特に新たに芸能界に入る新人たちの法的地位を
確保して新人たちが安定した土台の上で自由に活動できる基盤を固めることになりました。また、今回の大乗的な
次元の合意を通し、未来志向的な関係者の協力の中でJYJ(キム·ジェジュン、パク·ユチョン、キム·ジュンス)が
さらに発展することを希望します。

東亜ドットコム、オセフン記者ohhoony@donga.com
記事
訳:Japan Fan Cafe JYJ Their Rooms Staff *U

*大乗的とは?
1 仏教で説く大乗の道理にかなっているさま。
2 個人的な利害などにとらわれずに、広い立場に立って判断・行動するさま。

ついに裁判が終わりましたね。SMとの合意で、やっと自由になりましたね。
テレビ局の妨害もあって、JYJの活躍がほとんどテレビで見ることが出来なくてさびしい思いを
していましたが、この合意でそれが出来るようになるのでしょうか?
きっと、いい方向に行けると信じて、これからもJYJを応援して行きましょう!!

[PR]

by majintera2424 | 2012-11-28 15:24 | JYJ
2012年 11月 27日

「会いたい」撮影風景!

c0104506_22395713.jpg

ユチョン、警察の制服がよくお似合いですね・・・格好いい!!
c0104506_22415620.jpg

c0104506_22412623.jpg

c0104506_22422999.jpg

c0104506_2243040.jpg

c0104506_22432181.jpg

c0104506_22442836.jpg

c0104506_224414.jpg

c0104506_22541929.jpg

イタリアンレストラン「LUKA 511」でのポゴシプダの撮影の模様です。
スヨンがいますね・・・デイトでしょうか?
スヨンがジョンウにビンダしているようにも見えますね?
[PR]

by majintera2424 | 2012-11-27 23:03 | 会いたい