カテゴリ:ロマンスが必要3( 12 )


2014年 03月 05日

「ロマンスが必要3」最終話

‘ロピル3’ソンジュン、キム・ソヨンと熱いキス
後“お互いのために正直になろう”

記事入力2014-03-04 22:17:36
c0104506_14203413.jpg

[TVリポート=チョ・へリョン記者]キム・ソヨンとソンジュンがお互いに正直になることに約束した。


4日放送されたケーブルチャネルtvN月火ドラマ‘ロマンスが必要シーズン3’(チョン・ヒョンジョン脚本、チャン・ヨンウ演出、
以下‘ロピル3’) 16話では共に夜を送ることになったジュワン(ソンジュン)とシン・ジュヨン(キム・ソヨン)の姿が描かれた。

一緒に暮らすことにした二人はシン・ジュヨンの家へ向かった。 遅れた時間まで居間で一緒にTVを見て時間を過ごしたが、
よく時間が近づくとすぐにシン・ジュヨンはぎこちなくて不便だと言った。 “寝に行こう”というワンの話にジュヨンは
逃げるように自分の部屋に走って“お休み”と挨拶した。

以後ワンはジュヨンに文字を送って共に夜を送りたいということを表明した。 しかしジュヨンは自分の内心を簡単に
表わさなかった。 自分の職業であるホームショッピングMDの能力を十分発揮して高度な心理戦を広げた。 ジュヨンが
頭を転がしていることを分かったのにワンはそれに合わせた。

結局ジュヨンの部屋に訪ねてきたワン。 ワンはキスを提案して“ひとまず一度してみて嫌いならば私の部屋に戻る”
としてキスを交わした。 以後“どのようにされますか。 お客様? 返品されますか?”としてジュヨンの意中を尋ねた。

幸せにキスを交わしている間、ワンはジュヨンに“このような方式は嫌いだ。 率直に話をしてほしい”として“昼間にも
離れているのに夜には一緒にすることができないのか。 愛しているという言葉も難しくて、寝たいという言葉も頭転がしながら
すればあなたの心をどういう方法で私が分かるか”と話した。 お互いのために自分の考えを率直に話をすることに
二人は約束した。

以後ジュヨンは一層大胆になり自分の感情に正直になった姿を見せてワンを慌てても幸せにした。


チョ・へリョン記者kuming@tvreport.co.kr /写真=tvN ‘ロピル3’画面キャプチャー

記事

‘ロピル3’パク・ヒョジュ・ユ・ハジュン、双子のために
‘両親なることに決心’

記事入力2014-03-04 22:36:44

c0104506_14331915.jpg

[TVリポート=チョ・へリョン記者]パク・ヒョジュとユ・ハジュンが双子の両親になる準備を終えた。


4日放送されたケーブルチャネルtvN月火ドラマ‘ロマンスが必要シーズン3’(チョン・ヒョンジョン脚本、チャン・ヨンウ
演出、以下‘ロピル3’) 16話では酒に酔えば自分も知らないうちに双子の物品を買ったアン・ミンソク(ユ・ハジュン)が
イ・ミンジョン(パク・ヒョジュ)と未来に対して真剣に話を交わした。

先立って二人は結婚制度に対する反対の気持ちで一つになって会った。 お互いのからだをむさぼっただけ結婚に
対しては全く考えがなかった二人はイ・ミンジョンが双子を妊娠しながら変わった。 アン・ミンソクは逃げるか悩んだし、
その一方で責任感を感じた。

そうしている間アン・ミンソクは自分も知らないうちに酒に酔えば双子の物品を買った。 結局イ・ミンジョンと自分の家で
向き合ったアン・ミンソクは双子とイ・ミンジョンに向かって気になる自分を打ち明けた。

これに対しイ・ミンジョンは“結婚は本当に嫌いか、事実私も嫌いだ”として“別に各自の空間を守りながら双子は
別にまた、一緒に育てよう。 子供は私の戸籍に上げる”と公言した。

これに対しアン・ミンソクは“子供を戸籍に上げるなら私の下に上げざるをえないのではないか”としたし、イ・ミンジョンは
“あなたが逃げたい時いつでも送る。 ただし今はあらかじめおじけづかないでくれ。 私はあなたを縛っておくつもりない”
と率直に話した。

アン・ミンソクは“病院は適時に通っていているのか”として心配いっぱいである心を表わした。 彼の話に感動受けた
イ・ミンジョンは共に病院行こうと提案したし、アン・ミンソクは病院で双子の超音波を見て不思議に思って幸せだと言った。

チョ・へリョン記者kuming@tvreport.co.kr /写真=tvN ‘ロピル3’画面キャプチャー

記事


‘ロピル3’キム・ソヨン、辞職決心したユン・スンアに
“君の行く道行け”応援

記事入力2014-03-04 22:46:08

c0104506_14423352.jpg

[TVリポート=チョ・へリョン記者]キム・ソヨンがユン・スンアの未来を応援した。


4日放送されたケーブルチャネルtvN月火ドラマ‘ロマンスが必要シーズン3’(チョン・ヒョンジョン脚本、チャン・ヨンウ
演出、以下‘ロピル3’) 16話では会社を離れる決心をしたチョン・ヒジェ(ユン・スンア)と彼を応援するシン・ジュヨン(キム・ソヨン)
の姿が描かれた。

チョン・ヒジェは自分の決心を理解できないボーイフレンドの引き止めにも1年余りの間、外国に行くことを決心した。
これに対しボーイフレンドはチョン・ヒジェに旅行カバンとカメラ、ノートパソコンなどを12ヶ月分割払いで買ってくれて
自分を忘れないでくれとした。

結局離れる決心を固めたチョン・ヒジェは局長シン・ジュヨンを訪ねて行った。 シン・ジュヨンはチョン・ヒジェの話に
止めるよりは“現実と妥協すれば誰が好きなのか、何が私に合うのか何も分からないまま青春を支えることになるだろう。
私が今日はこういう話をして明日は君を再び捕まえるかも知れない。 私は君が必要だと。 だが、私はミンジョン先輩が
捉えても振り切って君が行く道を行け。 自分を守れ”と勇気づけてくれた。

シン・ジュヨンの話を聞いたチョン・ヒジェは感動した。 自分の選択を応援する先輩であり姉さんに有り難く思った。
最後にシン・ジュヨンはチョン・ヒジェに“痛いから青春だという言葉信じずに、なぜ痛いのか正しく知らなければならない。
私を痛くすることが世の中なのか、青春なのか、私自身なのか”と忠告した。

結局この日放送末にチョン・ヒジェは空港でボーイフレンドと別れの挨拶を交わした。


チョ・へリョン記者kuming@tvreport.co.kr /写真=tvN ‘ロピル3’画面キャプチャー

記事

TVズームイン] 'ロピル3'放映終了、共感を得てマニア
失った…静かな仕上げ

記事入力2014-03-05 07:20:50
c0104506_1503439.jpg

[TVリポート=キム・カヨン記者]極めて現実的な女キム・ソヨンが限りなく暖かい男ソンジュンに会って愛を習った。
1人の女性が真心を習う過程は20~30代女性たちの共感を得たが熱狂を引き出せなかった。 熱いより生暖かい
反応で静かに大詰めの幕を下ろした。

去る4日tvN月火ドラマ'ロマンスが必要シーズン3'(以下ロピル3)最終回が放送された。 この日ジュワン(ソンジュン)に
愛の告白をしたシン・ジュヨン(キム・ソヨン)は次第に変わった姿を見せた。 ジュヨンは寝ついたワンを見て"私の前に
あるあなたは昨日と違った"と独り言を言った。 本来変わったことはワンでないジュヨンの視線だった。 ジュヨンはワンの
行動一つ一つつくづくと観察して長所を捜し出した。 それこそ'ワン病'を始めたこと。 ジュヨンはその間分からなかった
ワンの姿を発見して幸福にぬれた。
c0104506_154524.jpg

同時にジュヨンは通常の平凡な女性たちのように素敵な年下ボーイフレンドに向かった不安感を表わした。 ジュヨンは
ワンに"周囲に美しくて幼い女たちが多いがなぜ私に会うのか"と尋ねた。 ワンはジュヨンを見て"私をたくさん好きなようだ"
と満足に思った。 引き続き"私の周囲に幼い女は多くても、シンシン(シン・ジュヨン)はいない"と答えた。 ワンは
ジュヨンに信頼を植え付けるために努力した。

だが、ジュヨンはワンに押し合いすることをした。 計算的なものになじむジュヨンはそれがワンの心をとらえる方法
だと考えた。 ワンはジュヨンに"私はこのようなことが嫌いだ。 押し合いするすることより、自分の感情に率直なのがいい"と
話した。 ジュヨンはワンの話を聞いて"私の部屋で寝て行って"、"会いたくて"等の話をして感情に正直になった。
ジュヨンは嫉妬、駆け引きなど、日常的な恋愛の悩みをした。 また単純に方法を解いていって平凡な恋愛それ自体を見せた。
c0104506_15341137.jpg

ジュヨンだけでなく周辺人物も平凡な恋愛で悩んで共感を引き出した。 妊娠をしたイ・ミンジョン(パク・ヒョジュ)は
職場と育児に対する現実的に悩んだ。 チョン・ヒジェ(ユンスンア)はボーイフレンドと自分の夢の間で葛藤をした。
二人は各自自分だけの方法で合意点を見出して出て肯定的なメッセージを伝えた。

共感を目標にした'ロピル3'は20代女性対象最高視聴率3.7%を記録した。 シーズン1最高視聴率3.37%、
シーズン2最高視聴率3.3%より高い結果を達成したのだ。 'ロピル3'は職場女性たちの日課愛を扱って20~30代
女性たちの共感を得た。 だが'ロピル病','ロピル廃人'養成には不足した姿を見せた。
c0104506_15384942.jpg

2011年放送されたtvN 'ロマンスが必要シーズン1'は新鮮な素材とエピソードを自慢して韓国版'セックス・ アンド・ ザ ・シティ'で
位置づけた。 ソンウ・インヨンで出演したチョ・ヨジョンは'ロピル'によってロマンチック コメディが可能な俳優に新たに出た。
キム・ソンス役キム・ジョンフンは厳親イメージを脱いでフレーク残る演技、俳優で合格点を受けた。 その他にも
新鋭チェ・ジンヒョクをスターダムに上げたしチェ・ヨジン、チェ・ソンヒョンなど出演俳優の魅力を最大化させた。
c0104506_15433897.jpg

2012年放送された'ロマンスが必要で2012'は熱い'ロピル病'を量産してマニア層を確保した。 'ロピル2012'は
チョン・ユミの愛らしいということを発見したしイ・ジヌクの真正性を光るようにした。 また、キム・ジソクの温かい、
キム・ジウの堂々としている、カン・イェソルの純粋さなど俳優の特徴をよく生かした。 その他にも数多くの名セリフを
作り出して'ロピル廃人'を広めた。


'ロマンスが必要で3'はどうだろうか? 'ロピル3'は二人の男女の交錯したロマンスを解いていくシーズン1,2と違った。
'ロピル3'はシン・ジュヨン個人が真のロマンスを探す過程に焦点を合わせた。 シン・ジュヨンの職場、心理的葛藤、
恋愛の悩みなどある女性の心理状態を繊細に扱った。 これに対しジュワンとロマンスは15話終わり頃に結実を結んで
16話一回にだけ集中した。シン・ジュヨンは心理的描写に対する共感はあったが、その他のことに対する'病み','廃人
'はなかった。 既存'ロピル'を期待した視聴者には失望を、新しい'ロピル'を期待した視聴者にはうれしいということを
抱かれたシーズン3であった。 失望をしようが、共感をしようが'ロマンスが必要で'というすでに大衆に影響力ある
アイコンになった。 すでに3番目シーズンを迎えた'ロピル','ロピル'がプレゼントする次にロマンスはどんなものであるか?


キム・カヨン記者kky1209@tvreport.co.kr /写真=tvN 'ロマンスが必要で'画面キャプチャー


記事
[PR]

by majintera2424 | 2014-03-05 15:55 | ロマンスが必要3
2014年 03月 04日

「ロマンスが必要3」15話

[TVズームイン] 'ロピル3'キム・ソヨン-ソンジュン、いよいよ
取り合った両手…愛を始めて

記事入力2014-03-04 07:30:36
c0104506_15392875.jpg

[TVリポート=キム・カヨン記者] 'ロマンスが必要3'甲殻類キム・ソヨンがヒーリング年下の男ソンジュンに会って甘い
マシュマロに変わった。 ソンジュンの真心は計算的なキム・ソヨンも率直にさせた。 ソンジュンとキム・ソヨン、いよい
よ二でない一つになった。

去る3日放送されたtvN月火ドラマ'ロマンスが必要シーズン3'(チョン・ヒョンジョン脚本、チャン・ヨンウ演出) 15話で
シン・ジュヨン
(キム・ソヨン)はジュワン(ソンジュン)が離れてしまってからワンに向かった自分の真心を知るようになった。 ジュヨンは
ワンに対する心のためにカン・テユン(ナムグン・ミン)に別れを告げた。 ジュヨンはワンに戻ることに決心したが
その方法を知らなくて気兼ねした。
c0104506_15452072.jpg

悩んだジュヨンはワンが進めるラジオに事情を送った。 ジュヨンは"その人が使った部屋を片づけた。 そんなに
文字を送れば帰ってくるのか"と尋ねた。 ワンは事情の主人公がジュヨンであることを知って"よっぽどでなければ
その男が家を出て行ったか。 そのようにしては絶対戻らない"と忠告した。 だが、ジュヨンは引き続き事情を送った。
ジュヨンは自分の心を表現しないでずっとぐるぐる回して不必要な話だけを吐きだした。

ワンが特別反応を見せないのでジュヨンはワンに直接文字を送った。 ジュヨンは"先輩と別れた。 私たちの問題は
ひとまず家に帰ってきて話そう"と文字を送った。 だが、ワンはジュヨンが'愛する'という話をするように願った。
ワンはジュヨンに"愛するという言葉を話せない人なのか"と尋ねた。 ジュヨンはワンに'愛する'という返事を送りたかったが
ボタンを押すのが難しかった。
c0104506_15544371.jpg

以後ジュヨンは一日中ワン考えた。 'どのようにすればワンが帰ってくるだろうか',ジュヨンは結局ワンが泊まっている
所を探した。 だが、また、言い訳を作った。 ジュヨンはワンが置いて行った物を渡して"これ置いて行かなかったのか。
音楽よく聞いた"と話した。 ワンはジュヨンの姿にもう一度失望したし、冷たく門を閉めた。 ジュヨンはもう一度
ベルを押して"私がここまでなぜきたか"と語調を高めた。 ワンは"あいまいに過ごすしてはならない。 したい話が
あればドアの外で先にしろ"と断固として話した。 ワンはジュヨンが心が傾き次第に話す人になるのを望んだ。

ジュヨンは結局"考えが多い"と吐露した。 引き続き"真心だとさらに難しい。 年齢も問題でそのままつきあうばかりだと
言ってもうちの母さん、君のママじっとしていないだろう。 また、心変われば再び気楽に見られないこともできる"と
話した。 ワンは"私は山も含まれて移動する自分がいるが、真心を悟っても一歩出て行けない女ならば私一人
山を移して何をするか"と断固として話してジュヨンを送りかえした。 冷たい姿を見せたワンは後戻りをして"私があなたを
愛することが当然のことではなかったら良いだろう"と独り言を言った。
c0104506_16161981.jpg

ワンはジュヨンのクセを直すために、ジュヨンに真心を教えるために冷静さを維持したが一瞬に水泡と消えた。
すぐにジュヨンの家のボイラーが凍結になったため。 ワンは自分なしでは何もできないジュヨンが心配になって
ひとあしでジュヨンの家へ向かった。 だが、ジュヨンは天下泰平にサウナを探した。 ワンは結局ジュヨンがあるサウナへ
向かった。 ジュヨンは何事もないように眠りを誘ったし、ワンはそのようなジュヨンを抱いて"できるなら頭を思わず
転がして週末に家にこい。 私が機会をもう一度与える"と話した。 また"愛している。 私は計算のようなことしない"と
話して自分の真心を表わした。 結局冷戦を維持したワンが一歩さらに退いた。

ワンの真心は下手なジュヨンにも愛を教える程強力だった。 結局ジュヨンは勇気を出してワンを探した。 ジュヨンは
今度は何も測らないで"愛している"と真心を言った。 ワンはジュヨンの告白に微笑を浮かべた。 そしてジュヨンを
力いっぱい抱いた。 引き続き"愛しているシン・ジュヨン。このように抱いているから良い。 あなたが私を押し出さない
ことが珍しい"と話した。
c0104506_16432437.jpg

ジュヨンはワンに戻るのを難しいと考えたが、事実それはある何より容易だった。 そのままありのまま、感じる心
そのまま表現すれば良かった。 だが、ジュヨンは自分の心に率直なのがなじまない女でありワンはジュヨンが何の
計算なしで心を表現することができるように訓練した。 ワンは惜しまない愛と真心を降り注いでジュヨンの心を暖かく
溶かした。 甲殻類シン・ジュヨンが全部甘くて愛らしくさせるヒーリング年下の男ジュワン。ジュワンが次にはどんな姿で
ジュヨンをどのように変化させるのか、互いに向かい合うことになった二人がどんな愛を育てるのか関心が集められている。


キム・カヨン記者kky1209@tvreport.co.kr /写真=tvN 'ロマンスが必要3'画面キャプチャー

記事

'ロマンスが必要3'パク・ユファン、ユン・スンアに
'甘いプロポーズ'

2014.03.04(火)10:57
c0104506_16551510.png

[tvdaily キム・ジヨン インターン記者]パク·ユファンがユン・スンアにプロポーズをした。

去る3日放送されたケーブルTV tvN月火ドラマ'ロマンスが必要3'(演出チャン・ヨンウ、脚本チョン・ヒョンジョン)
15話でイ・ウヨン(パク・ユファン)は事務室で同僚らと対話をして付き合おうという話を正式に聞けなかったという
チョン・ヒジェ(ユン·スンア)の愚痴を聞いた。 'それはソム(ソムシン)乗ること'として相槌を打つ他の同僚の話にかっと
怒ったウヨンはヒジェの手を握って"チョン・ヒジェさん好きです! 私たちの付き合い、一ヶ月前から"として同僚の前で
宣言をしてしまった。

引き続き社内公式カップルになったウヨンとヒジェは共に旅行に出発した。 ウヨンは"ヒジェさんと生きれば本当に
良いだろう。 幸せだろう、夕食を食べながら終始そう考えました"として焚き火の前で告白をした。 しかし前ボーイフレンドから
受けた傷が大きかったヒジェは懐疑的な反応を見せた。 これに対しウヨンは"私は想像だけで残らないようにするから。
今のように今後も私たちは幸せになるだろうし。 一緒にしますか? ずっとこのように"という言葉でプロポーズを
プレゼントして結局ヒジェの承諾を勝ち取った。

ウヨンのプロポーズを見た視聴者は"どんな美辞麗句より胸に迫るプロポーズであった" "ヒジェはどれくらい幸せ
だろうか? 私があそこに座っていたら良いだろう" "同僚たちの前であのように公式恋人発表ができる男がどれ程に
なるのか"のような熱い反応を見せた。

幸福を満喫しているウヨンとヒジェのラブ ストーリーが視聴者たちをときめかせている中で'ロマンスが必要3'の
最終回は4日夜9時40分にtvNで放送される。

[tvdaily キム・ジヨン インターン記者news@tvdaily.co.kr /写真=tvN放送画面キャプチャー]記事情報提供

記事


c0104506_18105520.png



[PR]

by majintera2424 | 2014-03-04 18:03 | ロマンスが必要3
2014年 02月 27日

「ロマンスが必要3」14話

[ TVズームイン] 'ロピル3'キム·ソヨン♥ソンジュン、
痛いから愛である

記事入力2014-02-26 08:41:21
c0104506_11482845.jpg

[TVリポート=キム・ブリプ記者]彼女がついに自分の感情を認知した。 長く否定した愛を悟ったし、愛の空席には
涙を流して悲しんだ。 ‘ロマンスが必要3’のキム・ソヨンの話。

去る26日放送されたtvNドラマ‘ロマンスが必要3’(脚本チョン・ヒョンジョン、演出チャン・ヨンウ/ロピル3)ではジュワンに
向かった心を悟ることになったシン・ジュヨンの姿が描かれた。

シン・ジュヨン(キム・ソヨン)は幼い時期からジュワン(ソンジュン)を見守った。 金持ちの家の息子であるジュワンを世話して
シン・ジュヨンのお母さんの生計を続けさせたこと。 ジュワンはその時から大人になった今までシン・ジュヨンが
好きだったし、彼女を忘れることができなくて再び訪ねてきた。

シン・ジュヨンは初めにはそのような彼が面倒に感じられた。 難しく生きた以前考えを思い出させることも嫌いだった。
そのような彼女が、変わった。

共に過ごしたジュワンが実際にいなくなって、空しい感情を隠せなかった。 家のあちこち彼の痕跡が残っているようだった。
ある日、シン・ジュヨンは近所の公園でジュワンに偶然に会った。 彼女は“狂わしたんだな、狂わせた。 時をわきまえず
現れる”としながら苦しんだし、ジュワンが“良く過ごしたか”と尋ねて、“消えて。 独り言したくない。 ぴったり狂った女
のように見える”と答えた。

これに対しジュワンは“私と同じ状態だね? 目を開いても思い出して、どこへ行っても思い出して、このように偶然に
会っても夢なのかと思って。 ところでそのような状態なのが合う。 私たちは今痛くなければならない。 好きな人と
別れたから”と淡々と話した。 シン・ジュヨンは“私ではない”と一蹴、ジュワンは“私は会いたかった”と率直に打ち明けた。

シン・ジュヨンは外剛内柔型キャラクターの典型的な姿だ。 涙で彼を懐かしがったのに、会えてする言葉とは“私は(好きなのが)
違う”が全部。 だが、彼女が見える行動と目つきは他の話をしている。 その間否定してきた自分の感情を覗いて
見ることになったシン・ジュヨン。彼女がどんな選択をすることになるのかジュワンと視聴者は共に気をもむだけだ。

‘ロマンスが必要3’は女ならば誰でも共感するほどのリアルながらも率直な恋愛の話で大韓民国を‘ロピランが’で
落とした‘ロマンスが必要’の三回目シーズン。今回のシーズンではホームショッピング会社を背景に大韓民国アルファガール
の競争友情ロマンスを描く。

キム・ブリプ記者leaf@tvreport.co.kr /写真= tvN 「ロマンスが必要3 」のスクリーンショット

記事

‘ロピル3’キム・ソヨン、とても冷酷に離れたソンジュン思い出させて嗚咽

2014-02-25 22:17:12

'ロマンスが必要でシーズン3'キム・ソヨンが結局ソンジュンを思い出させて涙をジャージャー流した。

シン・ジュヨン(キム・ソヨン)は2月25日放送されたtvN月火ドラマ'ロマンスが必要で3'(脚本チョン・ヒョンジョン/演出
チャン・ヨンウ) 14話で同居人ジュワン(ソンジュン)が離別キス後離れるとすぐに大混乱に陥った。

シン・ジュヨンは思ったより大きいジュワンの空席に悲しんだ。 結局シン・ジュヨンが感じた心の傷はからだにつながった。
シン・ジュヨンは風邪で痛い時もボーイフレンド カン・テユン(ナムグン・ミン)でない弟にだけ考えたジュワンを一番
最初に思い出させた。
c0104506_14403225.png

c0104506_14405782.png

c0104506_14412258.png


ベッドの上で痛く感じたシン・ジュヨンはジュワンが自分を慰める姿を想像した。

ジュワンが離れたという事実を実感したシン・ジュヨンは"私がなぜこうするようなの? 私本当に分からない。 そもそも君は
なかった人なのに、本来私一人よく過ごしたが体も痛くて心も痛くて"として涙を流した。
(写真=tvN月火ドラマ'ロマンスが必要3'キャプチャー)
[ニュースエン ハ・スジョン記者]

ハ・スジョンhsjssu@

記事

ロマンスが必要でシーズン3 14、ユ・ハジュン“私は観賞も利己的”告白

2014-02-26 22:29:59

ロマンスが必要シーズン3 14話でユ・ハジュンがいよいよ赤ん坊パパになることに決心した。

アン・ミンソク(ユ・ハジュン)は2月25日放送されたtvN月火ドラマ'ロマンスが必要3'(脚本チョン・ヒョンジョン/演出
チャン・ヨンウ) 14話で自分の子供を妊娠したイ・ミンジョン(パク・ヒョジュ)に人形を渡した。

アン・ミンソクはその人形が米国で性教育する時使うことだと紹介して"ひとまず私はお父さん資格がない奴だ。
ところで君は私よりきびしくて。 なので一度育ててみようということだ。 私たちが両親役割をすること有るか無いか"と提案した。
c0104506_13521647.png

アン・ミンソクは引き続き"明確に話すのに私移してみてできないそうだったから本当に引っ越しするのだ。 なぜか
私は利己的で卑怯な奴で。 私は人相をみに行っても利己的な奴だとそうなの。 君が福がなくて私のような子供に
会った乞食精神がまともに打ち込まれているならば私のような奴子供を産むというか"と話した。

イ・ミンジョンはアン・ミンソクの提案に同意した両方は仮想育児に突入した。
(写真=tvN 'ロマンスが必要3'キャプチャー)
[ニュースエン チョン・ジニョン記者]

チョン・ジニョンafreeca@

記事

‘ロマンスが必要シーズン3’キム・ソヨン、ナムグン・ミンに離別宣言“やめよう”

記事入力2014-02-25 22:56:14
c0104506_1412519.jpg


‘ロマンスが必要シーズン3’ 14話


[TVリポート=キム・ミョンソク記者] ‘ロマンスが必要シーズン3’のキム・ソヨンがナムグン・ミンに離別を宣言した。

25日放送されたケーブルチャネルtvN月火ドラマ‘ロマンスが必要シーズン3’(チョン・ヒョンジョン脚本、チャン・ヨンウ
演出) 14話ではシン・ジュヨン(キム・ソヨン)がカン・テユン(ナムグン・ミン)を訪ねて行く姿が描かれた。

この日放送でカン・テユンと別れたシン・ジュヨンは家に入って休もうとした。 だが、ジュワン(ソンジュン)を絶えず
考えて自分の真心を悟った。


以後シン・ジュヨンは涙を流してカン・テユンを訪ねて行った。 シン・ジュヨンが“話す言葉があって来た”としたら
カン・テユンは“入って来なさい”と話した。

だが、シン・ジュヨンは“先輩が間違いだ。 必須なのがある。 死んでも生きるそんなものがないことは私もわかってるけど
あると信じることだ。 そう生きていきたい。 そのように考える人と愛する。 ここでやめよう”と離別を宣言した。


キム・ミョンソク記者kms0228@tvreport.co.kr /写真=tvN ‘ロマンスが必要でシーズン3’画面キャプチャー

記事

c0104506_14314783.png



[PR]

by majintera2424 | 2014-02-27 14:34 | ロマンスが必要3
2014年 02月 25日

「ロマンスが必要3」13話

[昨日のTV] 「ロピル3 'ソンジュン、善良陥った恋愛バカではなかった
[ニュースエン]入力2014.02.25 07:15
c0104506_1819658.jpg

[ニュースエン チョン・ジニョン記者]

'ロマンスが必要で3'ソンジュンがいよいよ優しい男仮面を投げ捨てた。

ジュワン(ソンジュン)は、 2月24日放送されたtvN月火ドラマ「ロマンスが必要3 ' (脚本チョン·ヒョンジョン/演出
チャン·ヨンウ)13話では、 "君なくともうまく生きた"と言うシン・ジュヨン(キム·ソヨン)に別れを告げて去った。

ジュワンは米国から韓国に入ってきた後、今までシン・ジュヨンと共に過ごした。 作曲家エルロンジュラヌンという
名前でうまく行っているけれどジュワンにはシン・ジュヨンと送る平凡な一日一日がさらに大切だった。 ジュワンは
シン・ジュヨンが職場で仕事をしている間、家の中の仕事を引き受けてしながらウロン女人形を自任した。

だが、ジュワンの献身的な愛もいつまでも続くことはできなかった。 ジュワンはますます恋愛はカン・テユン(ナムグン・ミン)と
しながら自分に自然に寄り添ってスキンシップをするシン・ジュヨン(キム・ソヨン)を耐えることができなかった。
この日放送でジュワンはシン・ジュヨンに"私かカン・テユンか選択しろ。 二つのうちにひとりが永遠にあなた人生から
抜け出なければなければならないと考えてみろ。 誰か"と尋ねた。

今までジュワンを幼い時期を共に送った弟だけと感じてきたシン・ジュヨンはこういう話を聞いても簡単に返事できなかった。
シン・ジュヨン はジュワンとカン・テユンを置き換えるとは思わずにいたから。 シン・ジュヨンはカン・テユンは先輩の
ような男友達でジュワンはボーイフレンドのような弟だった。

だが、ジュヨンは自分がどのようにしてもジュワンの心は変わらないことだと信じた。 だから"君なくともうまく生きた"として
ジュワンに傷になることができる言葉を残してカン・テユンに会いにでかけてしまった。 以後ジュワンはデートを終えて
帰ってきたシン・ジュヨンとカン・テユンに会った。

ジュワンはもう一度シン・ジュヨンに"どちらか一人だけを選択しなさい"と話した。 また、カン・テユンには"あなたは
この人いなくても暮らせるだろう。 私は生きられない"として別れることを要求した。 カン・テユンは"死んで生きられない愛は
ない。 どこかで一度出て暮らしてみろ。 その時、その片思いがどれくらいみすぼらしかったのか分かるだろう"と応酬した。
これを聞いたジュワンは離れる決心を固めた。

今までジュヨンに盲目的献身を見せたジュワンの急変は'ロマンスが必要3'に新しい緊張感を吹き込んだ。白馬に
乗った王子様でケガして傷つく平凡な男になったジュワンはその連鎖作用で勝手に行動しても愛された王女様
シン・ジュヨンを1人の女性に変えた。 別れのキスをしてまわって離れるジュワンを見てシン・ジュヨンは何の条件なしで
弟のようにボーイフレンドのように先生のようにそばを守る人がいないことを痛く悟らなければならなかった。

もう平凡な女になったシン・ジュヨンには二種類の選択肢が与えられた。 怒って感情消費をして愛すると話す代わりに
本当に配慮して努力する'大人の恋愛'をするのかでなければもう一度さらに傷つくことを覚悟して火のようなロマンスに
飛び込むのか。 優しい仮面を投げ捨てたソンジュンと今やはじめてソンジュンに対する心を悟り始めたシン・ジュヨンの
ロマンスがどのように繰り広げられるのか期待される。

(写真=tvN 'ロマンスが必要3'キャプチャー)

記事

「ロマンスが必要3」キム・ソヨン、ソンジュンのスキンシップに
“勝手に触らないで”


TVREPORT |2014年02月25日16時54分
c0104506_18313174.jpg
写真=「ロマンスが必要3」スクリーンショット


「ロマンスが必要3」でキム・ソヨンがソンジュンの気持ちを拒絶した。

韓国で24日に放送されたtvN月火ドラマ「ロマンスが必要3」(演出:チャン・ヨンウ、脚本:チョン・ヒョンジョン)では、
カン・テユン(ナムグン・ミン)を不安にさせないためにジュワン(ソンジュン)にスキンシップ禁止を宣言するシン・ジュヨン
(キム・ソヨン)の姿が描かれた。

これ以前にテユンはジュワンとジュヨンが同じ家に住んでいるという事実を知り、憤った。テユンはジュヨンに「そんなに
気を許して接すると、そいつ(ジュワン)にはチャンスだと思われるかもしれない」と伝えた。

テユンは「怒っているけれど、喧嘩はしたくない。余計な感情やエネルギーの浪費は嫌いだ。前もって配慮してほしい」
と頼んだ。

この日ジュヨンは自身の膝を枕にし、手にキスをするジュワンに「勝手に私の手を握ったりハグしたりしないで。
愛しているとも言わないで」と力強く言った。

ジュヨンは「姉さんの最後の恋愛なのかもしれない。あの人と上手くいかないと、希望がない。世の中が崩壊しても
あなたを男としては感じられない」と訴えた。

「ロマンスが必要3」は癒し系の年下男性ジュワンと良き理解者であるテユンの間で恋愛と仕事、両方を手にするために
奮闘する現代のアルファーガール(社会で大活躍する女性)ジュヨンのストーリーを描いた作品だ。

元記事配信日時 : 2014年02月24日22時00分 記者 : キム・スジョン

Kstyle

‘ロピル3’ソンジュン、キム・ソヨンと'キス-グッバイ'..本当に離れるか?
入力:2014.02.24 22:48
c0104506_18484227.jpg

[OSEN=キム・サラ インターン記者] ‘ロマンスが必要で3’ソンジュンがキム・ソヨンの家から出た。

24日午後放送されたケーブルチャネルtvN月火ドラマ‘ロマンスが必要3’ 13話ではシン・ジュヨン(キム・ソヨン)を
置いて旅立つジュワン(ソンジュン)の姿が電波に乗った。

この日放送でワンはカン・テユン(ナムグン・ミン)と自分の間でどぎまぎするジュヨンに“私はカン・テユンなの?
二つのうち一つがあなたの人生で永遠になくなると考えてみて。 どちら側か”として強く押しつけた。 反面テユンは
ジュヨンにワンを家から送りだせと説得していた。 決定を出せないだろうジュヨンを後にしてワンは自分が先に荷物を
包んで出てくる強硬姿勢を置いた。

先立ってテユンはジュヨンに“ワンのように暮らす理由がなくはないのか”とし、“君が気楽に感じるのがあいつには
機会と受け入れられることができる”と話した。 だが、ジュヨンは“ワンを送りだすことは困る。 どうせ少しの間だけ
一緒に過ごすこと”と説明した。

しかし、ワンはテユンとぶつかって彼に三角関係を暴露したし、慌てたジュヨンはワンに大声を出して彼に心が
ないということを確実にした。 ジュヨンは自分の心を知らないまました話だったがワンは深い傷を受けた。

この日放送末にワンはジュヨンにキスをしては静かに荷物を持って旅立って見る人を残念にした。

一方‘ロマンスが必要で3’はホームショッピング会社を背景にした大韓民国アルファガールの激しい競争と友情、
そしてリアルなロマンスを描く。

記事



[PR]

by majintera2424 | 2014-02-25 19:09 | ロマンスが必要3
2014年 02月 19日

「ロマンスが必要3」12話

‘ロマンスが必要3 'ソンジュン、キム·ソヨンに
‘私はすべて間違っていた’

イ·ウンジョン記者idsoft3@reviewstar.net
入力時間: 2014-02-19 00:55:37
c0104506_13103822.jpg
▲写真: tvN放送キャプチャー

ソンジュンがキム·ソヨンの傷を癒すために努力した。

17日放送されたケーブルチャンネルtvN月火ドラマ「ロマンスが必要シーズン3 ' (チョン·ヒョンジョン脚本、チャン·ヨンウ
演出、以下'ロピル3 ' ) 12話では、冷静なテユン(ナムグン·ミン)の姿に傷心したジュヨン(キム·ソヨン)を癒すワン(ソンジュン)
の姿が描かれた。

先にセリョンが主催したパーティーに出席した主演はテユンとセリョンをめぐる噂を直接聞き、傷を受ける。しかし、
テユンは彼女の傷を少しも察してくれず、理性的にのみ接するだけだ。

これに対し大きく落ち込んだジュヨンは結局パーティ会場を抜け出す。 引き続き彼女に従って出たワンがテユンと
同じ悪い男でない本当に自分の価値を知って見る人に会えと忠告するとすぐにジュヨンはより一層情けないくなる。

これに対し一人で歩くというジュヨンの後を追いかけてきたワンは彼女の心を痛くしたことに謝る。 ジュヨンはセリョンと
ワンが見てる前で恋人であるテユンにむち打ちにあったことに自尊心が傷つけられたと告白する。 これに対しワンは
自分の前では泣いてもかまわなくて自尊心が傷つけられても大丈夫だとし心より彼女を慰める。

これに対しジュヨンは自分はテユンが好きと言って、今日の仕事は彼のせいではなかったと抗弁する。ワンは善し悪しを
問い詰める前に、ジュヨンが傷を受けたことを指摘して恋人であるテユンはジュヨンを保護することが優先かとつまむ。
テユンが、彼の言葉通り、本当にジュヨンを好きなのであれば、好きな人を守ることが先に違うかということ。

これに対しジュヨンは仕事のために集まった席でテユンの立場もあることとし、自分は傷つかなかったと話す。
続いて続いて テユンを肩を持つジュヨンにワンは仕事のために集まった人は心もないということかと、なぜ自分の傷を
冷遇するのかと尋ねる。 ジュヨンは一人でいたいからこれ以上ついてこないでと一人で道を行く。

一方‘ロピル3’は女ならば誰でも共感するほどのリアルながらも率直な恋愛の話と劇主人公の繊細な感情描写、
感覚的な映像美で大韓民国を‘ロピル病’で落とした‘ロマンスが必要で’の3回目シーズンだ。 今回のシーズンでは
ホームショッピング会社を背景に大韓民国アルファガールの競争、友情、ロマンスを描く。

記事

‘ロマンスが必要3 ' ワン・ジウォンのサポートにしっかりと漢方与えられた
キム·ソヨン、 'やはり甲殻類'


イ·ウンジョン記者idsoft3@reviewstar.net
入力時間: 2014-02-19 02:33:49修正時間: 2014-02-19 05:08:14
c0104506_13414411.jpg
▲写真: tvN放送キャプチャー

キム·ソヨンが、ワン・ジウォンのサポートにしっかりと復讐した。

18日放送されたケーブルチャンネルtvN月火ドラマ「ロマンスが必要シーズン3 ' (チョン·ヒョンジョン脚本、チャン·ヨンウ
演出、
以下'ロピル3 ' ) 12話では、自分の水を供給うとしたオ・セリョン(ワン・ジウォン)に痛快に復讐するシンジュヨン(キム·ソヨン)
の姿が描かれた。

先立って注目するほどの成果を成し遂げたニューブランドチームは、ニューブランド事業局に格上げしてジュヨンは
望みどおり局長に昇進した。 一方テユン(ナムグン・ミン)の心をついに回すことができなくて怒ったセリョン(ワン・ジウォン)は
テユンとジュヨンの両方を傷つけるための計略をたてた。

ニューブランドのチームとのビジネスでいつ手を引くべきタイミングをうかがっていたセリョンは、ニューブランド事業局
の新設とジュヨンの昇進​​を祝う席でこれ見よがしに契約解約の意思を明らかにした。

考えることもできないセリョンの通知に慌てたジュヨンは直ちにワンを訪ねて行った。 ワンはテユンとの離別で
苦しがるセリョンの状態を話して相手を踏もうとせずに先に相手方の立場になってみろと助言する。

実際にセリョンの契約の解除の意思はアクションでしかなかった。企業内の資金事情が難しくニューブランドの
チームとのビジネスから手を離すことができなかった状況だった。これに気づいていたテユンは、ジュヨンにヒントを与える。

セリョンとの出会いで、ジュヨンは、まず心を示しなさいというワンの「純粋な方法」の代わりに、これまで自分がしてきた、
お互いの心とは関係なく、自分が欲しいものを得る方式を選択する。セリョンを捕獲する代わりに、最初に打ち出す
妙手を選んだこと。

ジュヨンはウヨン(パク・ユファは)から他のスタイルディレクターの交渉が難しいという文字メッセージを受けたが
セリョンには有名スタイルディレクターをすでに交渉したと話した。 これに対し自分の数を誤らせてしまったセリョンは分解する。

一方‘ロピル3’は女ならば誰でも共感するほどのリアルながらも率直な恋愛の話と劇主人公の繊細な感情描写、
感覚的な映像美で大韓民国を‘ロピル病’で落とした‘ロマンスが必要で’の3回目シーズンだ。 今回のシーズンでは
ホームショッピング会社を背景に大韓民国アルファガールの競争、友情、ロマンスを描く。

記事


‘ロマンスが必要で3’ユ・ハジュン、妊娠したパク・ヒョジュに
‘結婚も子供も嫌いだ’


イ・ウンジョン記者idsoft3@reviewstar.net
入力時間:2014-02-19 02:54:57
c0104506_1411822.jpg
▲写真:tvN放送キャプチャー

ユ・ハジュンがパク・ヒョジュの妊娠事実を知ることになった。

18日放送されたケーブルチャネルtvN月火ドラマ‘ロマンスが必要でシーズン3’(チョン・ヒョンジョン脚本、チャン・ヨンウ
演出、以下‘ロピル3’) 12回ではミンジョン(パク・ヒョジュ)の妊娠で紛らわしがるミンソク(ユ・ハジュン)の姿が描かれた。

先立ってミンソクは偶然にミンジョンの郵便物をのぞき見した。 その後ミンジョンとの対話で格別な情報を得られない
ミンソクは彼女の郵便物のうち産婦人科から来た‘妊婦教育プログラム’を記憶して出す。

続いて郵便物の正体が何なのかしばらく悩んでいたミンソクは、最終的にミンジョンが妊娠して契丹の結論に達した。
まっすぐにミンジョンの家に打って入ったミンソクは、妊娠や育児に関する本を発見する。

これに対しミンソクは、まさか妊娠をした​​のかと尋ねる。ミンジョンはミンソクとは関係のないことであり、ミンソクの
子供ではないからすぐに家から出て行けと言う。

ミンジョンが自分の子供を妊娠したことを知ったミンソクは混乱に陥る。数日後、ミンソクはミンジョンの家に訪ねてくる。
彼は何百回を考えても結婚はできないと言ってミンジョンもこれに同意する。

引き続き自分は子供も嫌いだとしそれは家の由来だと付け加える。 自分ができるのはお金しかないとし子供が
二十才になる時まで養育費を当てると話す。 ミンジョンはそのようにして気が楽になるならばそれでもしろと話す。

これ以上お隣りに住むことが負担になると判断したミンソクは引越しは自分が行くと伝えて小さな袋を渡した。
お母さんが自分を冬に妊娠をした時最も食べたがった食べ物というもの。

引き続きミンソクは自分がしてあげられるのがこれしかなくて申し訳ないと話す。 ミンソクと共にする未来を夢見たのでは
ないが彼の真心に少しは期待をしたミンジョンは涙を流す。

一方‘ロピル3’は女ならば誰でも共感するほどのリアルながらも率直な恋愛の話と劇主人公の繊細な感情描写、
感覚的な映像美で大韓民国を‘ロピル病’で落とした‘ロマンスが必要で’の3回目シーズンだ。 今回のシーズンでは
ホームショッピング会社を背景に大韓民国アルファガールの競争、友情、ロマンスを描く。

記事

‘ロマンスが必要で3’キム・ソヨン、ナムグン・ミンに‘ソンジュンは
そのまま弟’


イ・ウンジョン記者idsoft3@reviewstar.net
入力時間:2014-02-19 09:50:00
c0104506_14275232.jpg
▲写真:tvN放送キャプチャー

キム・ソヨンがナムグン・ミンにソンジュンは弟だけであると線を引いた。

18日放送されたケーブルチャンネルtvN月火ドラマ「ロマンスが必要シーズン3 ' (チョン·ヒョンジョン脚本、チャン·ヨンウ
演出、以下'ロピル3 ' ) 12話では、

先にセリョンが主催したパーティーに出席したジュヨンはテユンとセリョンを取り巻く噂に直面して傷を受ける。しかし、
テユンは彼女の傷を少しも察してくれず、理性的にのみ接するだけだ。

冷たいテユンの態度に大きく落ち込んだジュヨンは行き付けの酒場で単独で酒を飲む。 行事が終わった後ジュヨンに
会うために家の前に訪ねて行ったテユンはワンに会ってジュヨンの行先地を知るようになる。

愛に陥った人は自分が見たいことだけ見聞きしたいことだけ聞いて信じたいことだけ信じる。 ジュヨンはテユンが
自分を訪ねてきたという事実ひとつで、しないというその一言で冷たく凍った心がある瞬間溶けてしまうのを感じる。

テユンはジュヨンに自分の誤りを謝る。 引き続きテユンは仕事のために会った人々の前で私的な話をするのも
セリョンと別れたと言って視線が集中しているのも、上司の前でそんな話が長くなるのもすべて嫌いだったと付け加えた。

テユンは会社先輩としての自分がジュヨンにかなりよかったかは分からなくても男としては本当にたいした事ない男
であるようだとし今自分の心がちょっとみすぼらしく感じられると話した。

これに対しジュヨンがセリョンの前になかった言葉をしてみてと言いながら自分を本気で好きかと尋ねる。好きだ
言葉もまだ一度もないしたと文句を張るジュヨンにテユンはジュヨンが楽で安心なっていいと答えている。

自分がここにいるかどう分かったのかと尋ねるジュヨンにテユンは「あなたの同居の男」が知られてくれたと言う。
ジュヨンはワンは「ただの弟」だとしながら同居の男という言葉はしないでくれとする。

一方この日ワンを気兼ねがない弟だと称したジュヨンはワンのふところに抱かれて大笑いを作る。 ちょうどジュヨンを
連れにきたテユンは二人の抱擁場面を目撃する。

記事

‘ロマンスが必要で3’ソンジュン、キム・ソヨン
に‘どんな姿でもそばにいるから’


イ・ウンジョン記者idsoft3@reviewstar.net
入力時間:2014-02-19 03:45:20修正時間:2014-02-19 05:09:00

c0104506_14531234.jpg
▲写真:tvN放送キャプチャー

ソンジュンがキム・ソヨンのありのままを受け入れた。

18日放送されたケーブルチャネルtvN月火ドラマ‘ロマンスが必要でシーズン3’(チョン・ヒョンジョン脚本、チャン・ヨンウ
演出、以下‘ロピル3’) 12話では少しずつありのままのジュヨン(キム・ソヨン)を受け入れるワン(ソンジュン)の姿が描かれた。

ジュヨンと家の前で会ったワンはオ・セリョンはよく会ってきたかと尋ねる。 ジュヨンは明らかに勝ったようだが気持ちが
とても良くないと答えた。 引き続きジュヨンはワンが話した真心を全部示す純真な方式ではセリョンに勝つことが
できないとし自分の方式のとおり対応したと話す。

引き続きジュヨンは以前のようならば明らかに満たされて痛快だったはずなのに今は気分が良くないとし罪を犯した気
がするとし不機嫌にしている。

一方ジュヨンに帰ってきた後ワンはいつも二種類の姿のジュヨンを見ていると考えた。 17年前きれいで明るかった
‘新鮮’と今の‘甲殻類’シンジュヨン。ワンはジュヨンが自分が愛した以前の姿そのままであることを望んだがそれが
自分の欲であることをふと気づく。

ワンがその時のジュヨンを思い出させるほど彼女は今のように罪を犯した顔になることを知るようになったワンは
ついに欲をなくして彼女をありのまま受け入れることにした。

これに対しワンは普段のようにジュヨンに訓戒しないで上手だったとほめる。 また、間違ったと叱らを打たないのかとの、
ジュヨンの問いにワンは生きたいように生きて見てもいいと答えている。続いてどんな姿でもそばにいてくれると付け加える。

ワンの話に気持ちが解けたジュヨンは笑ってワンはジュヨンを暖かく抱いてくれる。 ちょうどジュヨンの家に訪ねてきた
テユンは二つの抱擁場面を見て顔が固まる。

一方‘ロピル3’は女ならば誰でも共感するほどのリアルながらも率直な恋愛の話と劇主人公の繊細な感情描写、
感覚的な映像美で大韓民国を‘ロピル病’で落とした‘ロマンスが必要で’の3回目シーズンだ。 今回のシーズンでは
ホームショッピング会社を背景に大韓民国アルファガールの競争、友情、ロマンスを描く。

記事

c0104506_15253411.png

c0104506_0422541.png

c0104506_0424629.png

[PR]

by majintera2424 | 2014-02-19 15:26 | ロマンスが必要3
2014年 02月 18日

「ロマンスが必要3」11話

‘ロマンスが必要3 'ソンジュン、ナムグン·ミンに嫉妬爆発'
そんな奴が何が好き?


イ·ウンジョン記者idsoft3@reviewstar.net
入力時間: 2014-02-18 00:26:38
c0104506_16134378.jpg
▲写真:tvN放送キャプチャー

ソンジュンの嫉妬が爆発した。

17日放送されたケーブルチャンネルtvN月火ドラマ「ロマンスが必要シーズン3 ' (チョン·ヒョンジョン脚本、チャン·ヨンウ
演出、以下'ロピル3 ' ) 11話では、自分の好きなシン・ジュヨン(キム·ソヨン)と恋愛を始めたカン・テユン(ナムグン·ミン)を
嫉妬するジュワン(ソンジュン)の姿が描かれた。

家に戻ったジュヨンにワンはテユンとのデートがどうだったのかと尋ねる。 ジュヨンは寒くて死ぬかと思ったと話す。
建物の中にだけ閉じ込められているのが苦しいというテユンと公園デートをしたとのこと。

ワン“とにかく俺はそいつが本当に気にくわなくて”と話すとすぐにジュヨンは耐える価値はあったと話す。 ワンは
恋愛を耐えようとするかと寒ければ服でもちょっと脱いでくれと言ったらどうだったかととがめる。 テユンに寒いと
いう言葉さえ取り出すことができないジュヨンをよく知っていたこと。

これに対しジュヨンはテユンはおおげさな態度働かせるのを嫌いだとし、自分も男に服を奪い取って着ることは嫌いだ
とし男も寒いのは同じだとしテユンに肩を持った。ワンは、二人が魂の伴侶だと皮肉る。

引き続きワンは汚らしくて話しないとしたが、そのまま一度致死してしまうとしてテユンがいったい何がどのように
どんな瞬間が良いかといって尋ねる。 これに対しジュヨンが一回ずつテユンがぷつんと投げる言葉が良いとし
妙にときめくと答えた。

これに対しワンが自分は遠慮なく上手で魅力がないということかとミルダンなら自分も抜けないと言う。ジュヨンは
特別な理由なしでそのままテユンが良いとし理由なしで良いのが愛だと教えた人はワンだと話す。

ジュヨンの真剣な返事にワンは話す言葉を失った。 彼は思うことが出来なかった三角関係という難関をどのように
突破しなければならないか苦悶に陥る。

一方‘ロピル3’は女ならば誰でも共感するほどのリアルながらも率直な恋愛の話と劇主人公の繊細な感情描写、
感覚的な映像美で大韓民国を‘ロピル病’で落とした‘ロマンスが必要で’の3回目シーズンだ。 今回のシーズンでは
ホームショッピング会社を背景に大韓民国アルファガールの競争、友情、ロマンスを描く。

記事

‘ロマンスが必要3 'ソンジュン - ナムグン·ミン、気力の戦い'互角'


イ·ウンジョン記者idsoft3@reviewstar.net
入力時間: 2014-02-18 08:50:00
c0104506_16274875.jpg
▲写真:tvN放送キャプチャー

ソンジュンとナムグン・ミンが気力の戦いを行った。

17日放送されたケーブルチャンネルtvN月火ドラマ「ロマンスが必要シーズン3 ' (チョン·ヒョンジョン脚本、チャン·ヨンウ
演出、以下'ロピル3 ' ) 11話ではシン・ジュヨン(キム·ソヨン)を間に置いた戦いを繰り広げるジュワン(ソンジュン)と
カン・テユン(ナムグン·ミン)の姿が描かれた。

この日テユンはジュヨンと自分の家で夜勤を兼ねたデートをして彼女を家まで見送る。 戻ろうとしていたテユンは
ちょうど近くに到着したワンと会った。

テユンはワンにしばしば見るとし分かるふりをしてワンはうれしいという言葉はできないと渋く話す。 ワンが巨大な
キリン人形を背中に隠しているのを見たテユンはジュヨンのためのプレゼントかと尋ねてジュヨンの好みはそのような
少女好みでないと話す。

これに対し機嫌を損ねたワンはキリン人形には2人だけの思い出があるとし自分が幼稚な人なので山ではないと
抗弁した。 引き続きシン・ジュヨンが好きなのかというテユンの問いにワンはジュヨンをものすごく好むと迷うことなく答える。

テユンが笑うばかりだとワンはなぜ笑うのかと、 テユンが不安だと言った話だと内心を明らかにする。 テユンは
ワンが自分に勝つことができる相手に全く見られないと言ってくる。 引き続き自分はやはりジュヨンが好きでジュヨンも
そうだとし不安でなければならない人は片思いをするワンでないかとつねった。

ワンは自分が不利なゲームということはよく知っているとし、テユンにいったい恋愛を何故するのかと尋ねる。
引き続き恋愛は一人でいる時より幸せなためにすることとし、ぜひジュヨンを幸せにしろと頼んだ。

テユンは自分が不便で嫌いならばワンがジュヨンの家から出て行くのがどうかと今後しばしば見ると話す。 これに
対しワンはキリン人形を持って“出て行かない。 私の心だ"と話す。 引き続き家へ向かう階段を上がったワンは
ここがキスするちょうど良い場所と言って嫉妬している姿を見せる。

一方‘ロピル3’は女ならば誰でも共感するほどのリアルながらも率直な恋愛の話と劇主人公の繊細な感情描写、
感覚的な映像美で大韓民国を‘ロピル病’で落とした‘ロマンスが必要で’の3回目シーズンだ。 今回のシーズンでは
ホームショッピング会社を背景に大韓民国アルファガールの競争、友情、ロマンスを描く。

記事

‘ロマンスが必要で3’ユ・ハジュン、パク・ヒョジュ
妊娠感づくだろうか?


イ・ウンジョン記者idsoft3@reviewstar.net
入力時間:2014-02-18 09:20:00
c0104506_172325.jpg
▲写真:tvN放送キャプチャー

ユ・ハジュンがパク・ヒョジュの郵便物をのぞき見した。

17日放送されたケーブルチャネルtvN月火ドラマ‘ロマンスが必要でシーズン3’(チョン・ヒョンジョン脚本、チャン・ヨンウ
演出、以下‘ロピル3’) 11話ではイ・ミンジョン(パク・ヒョジュ)に対する関心と好奇心に郵便物を検索するアン・ミンソク
(ユ・ハジュン)姿が描かれた。

この日ミンソクは好奇心にミンジョンの郵便物を調べる。 ミンジョンは自分の郵便物を検索するミンソクを発見して
気合いする。 もめごとのうちにミンジョンが自分がプレゼントしたブレスレットを着けているのに気が付いたミンソクは
喜んでミンジョンはプレゼントはプレゼントであるだけだと話す。

引き続きミンジョンは町内で自分に会っても知ったかぶりするなと鋭く言い放つ。 度々こうすれば引っ越しするという
ミンジョンにミンソクは行くならば行ってみるとし、会社に訪ねて行くと話す。 引き続きいくら考えてみても理解できない
とし対話を少ししようとミンジョンを呼びとめる。

ミンソクは夜中考えてみたとし自分は依然としてミンジョンが好きだと話す。 彼は名前をだましたのも理解して二人は
結婚の考えがないから年齢をだましたのも大丈夫だとし、いったい何が問題かと尋ねる。 引き続きそのまま各自
別に住みながら恋愛だけしようと提案する。 家も近いからわけもなくホテル費も入らないで幻想的な条件でないか
ということ。

これに対しミンジョンが嫌いだとはっきり話すと、より多くのトリックがあるのかと、もしかしたら離婚歴があるか、
人妻のかと尋ねる。 ミンジョンはそのまま嫌いになっただけとしミンソクはぴったり3ヶ月間だと釘をさす。

引き続きミンジョンは呆れ返るミンソクに遊ぶ程遊んだので、他人の家をスパイしないとし、もう一回だけすると
ヌナは死ぬと話しながら席から立ち上がる。

ミンソクはミンジョンが戻った後に産婦人科で彼女に送ってきた妊婦教育プログラム案内書を思い出させて首をかしげる。

一方‘ロピル3’は女ならば誰でも共感するほどのリアルながらも率直な恋愛の話と劇主人公の繊細な感情描写、
感覚的な映像美で大韓民国を‘ロピル病’で落とした‘ロマンスが必要で’の3回目シーズンだ。 今回のシーズンでは
ホームショッピング会社を背景に大韓民国アルファガールの競争、友情、ロマンスを描く。

記事


‘ロマンスが必要3 'ソンジュン、キム·ソヨンに‘あなたの
価値わからない人に会って


イ・ウンジョン記者idsoft3@reviewstar.net
入力時間:2014-02-18 09:50:00

c0104506_18301998.jpg
▲写真:tvN放送キャプチャー

ソンジュンがキム・ソヨンに内心を明らかにした。

17日放送されたケーブルチャンネルtvN月火ドラマ「ロマンスが必要シーズン3 ' (チョン·ヒョンジョン脚本、チャン·ヨンウ
演出、以下'ロピル3 ' ) 11話ではカン・テユン(ナムグン·ミン)と恋愛を始めたシン・ジュヨン(キム·ソヨン)に忠告する
ジュワン(ソンジュン)の姿が描かれた。

先立ってテユンの心を変えるのに失敗したセリョン(ワン・ジウォン)はテユンとジュヨンの両方に傷与えるために
計略を整える。 セリョンはニューブランドのチームに自分が主催する行事の招待状を送りながらジュヨンが見ろと
いったようにテユンとの思い出が詰まったものを一緒に提供する。

行事当日セリョンはジュヨンとテユンを含んだすべての会社の人々が集まった席でテユンが好きでホームショッピングの
仕事をすることになったと話す。 ジュヨンが見る前でテユンといた私的な事を他の人の口を通じて知らせたりもする。

これに対しテユンはセリョンを呼んで、いったいなぜこういうことをするかとと問い詰め、セリョンはうわさというものが
どういうものか直接体験してみろと話す。 テユンとつきあった時期自分が体験したことをそのままあってみろということ。
ジュヨンはやはり当時テユンが体験したことをそのまま当てられることになるつもりだという言葉も付け加える。

ちょうどジュヨンの二人が向かって来ることに気が付いたセリョンはいったいジュヨンになぜ会うことかとテユンに尋ねる。
セリョンはシン・ジュヨンのようなつまらない女にも胸が走るかと、そのまま自分より容易で扱いやすくて会うのでは
ないかと話す。 ジュヨンに従って出たワンが一歩遅れてセリョンを止めたが、すでにジュヨンは二人の対話を全部
聞いた後であった。

ワンがジュヨンを連れて出て行こうとするとすぐにテユンがこれを防いだ。 彼はジュヨンに公私区分を明らかにしろとし
他のパートナーもあると私たちの話は後ほどしようとしながら感情的に行動せずに理性的に行動しろと忠告した。

これに対し怒ったジュワンは理性的判断は一人でたくさんするとし、ジュヨンの手首をとらえて外に出てきた。 テユンを
心配したジュヨンが再び戻るとするやワンは今テユンを心配する時かと彼女を防いだ。

引き続きワンはジュヨンに"あなたの価値を知って見る人に会え。 私でなくても良い。 あなたが寒いのか
寒くないのか
調べてみる人に、あなたが必要な時にいる人に会え"として助言した。

これに対しジュヨンはそのような人がいったいどこにそのような人がいると信じて今まで不幸だったがいったいどこにいる
ということかと大声を張り上げた。 これに対しワンは"悪い男はそのまま悪い。 悪くて悪いだけだ。 そのまま私は
あの悪い子にあなたを奪われたくない"として自分の真心を明らかにした。

一方‘ロピル3’は女ならば誰でも共感するほどのリアルながらも率直な恋愛の話と劇主人公の繊細な感情描写、
感覚的な映像美で大韓民国を‘ロピル病’で落とした‘ロマンスが必要で’の3回目シーズンだ。 今回のシーズンでは
ホームショッピング会社を背景に大韓民国アルファガールの競争、友情、ロマンスを描く。

記事
[PR]

by majintera2424 | 2014-02-18 18:57 | ロマンスが必要3
2014年 02月 12日

「ロマンスが必要3」10話

‘ロマンスが必要で3’ソンジュン、キム・ソヨンに毒舌‘狡猾なまで...’

イ・ウンジョン記者idsoft3@reviewstar.net
入力時間:2014-02-12 08:50:00
c0104506_11195947.jpg
▲写真:tvN放送キャプチャー

ソンジュンがキム・ソヨンに毒舌を飛ばした。

11日放送されたケーブルチャネルtvN月火ドラマ‘ロマンスが必要でシーズン3’(チョン・ヒョンジョン脚本、チャン・ヨンウ
演出、以下‘ロピル3’) 10話ではセリョン(ワン・ジウォン)を逆利用したジュヨン(キム・ソヨン)に大きく失望したワン(ソンジュン)が
彼女と争う姿が描かれた。

先立ってジュヨンはテユン(ナムグン・ミン)の心を取り戻すために自分を利用しようとしたセリョンを逆利用して仕事と
愛のすべてを占めた。 全商品売り切れで放送を終えるやいなやセリョンにこれ見よがしにテユンに走って行って
デート申請をしたこと。 彼女はワンに自分がセリョンに勝ったとし日曜日にテユンとデートをすることにしたと淡々と話す。
過ぎた日自分に損傷を与えたセリョンに同じ方法で損傷を与えたいということ。

これに対しセリョンの内心を知るようになってジュヨンを心配していたワンはジュヨンに大きく失望した。 ワンは“あなたに
帰ってきたことを後悔するようにさせるな”と話して席から立ち上がった。 心が不便だったジュヨンはワンを訪ねて行って
“私が何をそんなに間違ったのか”と尋ねてワンは“分からなければ一生そのように生きて”ときっぱりと話した。

これに対しジュヨンは度々自分が間違って生きているといって気分が良くないとし、今の姿が自分だからワンが失望した
と言っても仕方ないと話す。 これに対しワンは“今日分かったがあなたは狡猾なまでして。 ますます悪くなって誰かを
誰かを愛し、愛されたい、むしろその心だけ充実して。汚らしい競争心や嫉妬心混ぜずに”と毒舌した。

これに対し“話をなぜそんなに激しくするのか”と尋ねるジュヨンにワンは“激しくしなければぴんとこないのでないか”と
答える。 傷ついたジュヨンが“悪い人ね、本当に”としてワンの部屋から出て行ってしまうとすぐに実際にワンは“あのように
降りて行けば心が痛くて死にそうだ、俺は”と独白して彼女を心配した。

一方‘ロピル3’は女ならば誰でも共感するほどのリアルながらも率直な恋愛の話と劇主人公の繊細な感情描写、
感覚的な映像美で大韓民国を‘ロピル病’で落とした‘ロマンスが必要で’の3回目シーズンだ。 今回のシーズンでは
ホームショッピング会社を背景に大韓民国アルファガールの競争、友情、ロマンスを描く。

記事


'ロマンスが必要3 'ユン·スンア - パク·ユファン、ボーリング場
デート'いきいき'

イ・ウンジョン記者idsoft3@reviewstar.net
入力時間:2014-02-12 01:10:50
c0104506_13592047.jpg
▲写真:tvN放送キャプチャー

ユン・スンアとパク·ユファンがときめく恋愛を始めた。

11日放送されたケーブルチャネルtvN月火ドラマ‘ロマンスが必要でシーズン3’(チョン・ヒョンジョン脚本、チャン・ヨンウ
演出、以下‘ロピル3’) 10話では社内同好会で一緒にボーリングをするウヨン(パク・ユファン)とヒジェ(ユン・スンア)の
姿が描かれた。

先にジスン(チョン・ウシク)とカニの醤油漬けを持ってに来考試院に行ったヒジェは、彼はすでに行政考試に合格し、
自分に別れようとしていた言葉がすべて本気だったことを知った。しかし、会社の仕事で忙しいヒジェはあまり気にする
暇もない。

ちょうど入社した時からヒジェの机にいつもついていた“痛いから青春だ”という句がなくなったのを発見したミンジョン
(パク・ヒョジュ)は一部始終を尋ねてヒジェはジスンと別れたと淡々と話す。

予想できないヒジェの実演に驚いたチーム員にジュヨンは平気で業務指示を与えた。 先立ってジュヨン(キム・ソヨン)が
自分の悩みを聞き入れて慰労したことで彼女が少しは変わったことだと考えたミンジョンは失望する。

ちょうど業務処理のために共に事務室から出たウヨンはヒジェに大丈夫かと尋ねて彼女は業務処理に忙しくて
自分が大丈夫なのか違うかを知ってみる時間さえなかったと話す。

これに対しウヨンはヒジェに週末に共に社内ボーリング同好会に行こうと提案した。 何日か後二人は社内同好会に
手をぎゅっと握って現れた。 そのような二人の姿にひょっとして社内恋愛をすることかと尋ねる同僚の質問にウヨンと
ヒジェは笑顔で答えの代わりにしていた手を離さなかった。

雪が降る日初めてのキス事件以後お互いの心を確認して今や手を取り合った二人の恋愛がどのように展開するのか
今後が期待される。

一方‘ロピル3’は女ならば誰でも共感するほどのリアルながらも率直な恋愛の話と劇主人公の繊細な感情描写、
感覚的な映像美で大韓民国を‘ロピル病’で落とした‘ロマンスが必要で’の3回目シーズンだ。 今回のシーズンでは
ホームショッピング会社を背景に大韓民国アルファガールの競争、友情、ロマンスを描く。


記事

‘ロマンスが必要で3’パク・ヒョジュ-ユ・ハジュン、609号-610号‘お隣り男女’ロマンス始まるか?

イ・ウンジョン記者idsoft3@reviewstar.net
入力時間:2014-02-12 00:36:09修正時間:2014-02-12 00:37:36
c0104506_14171745.jpg
▲写真:tvN放送キャプチャー

パク・ヒョジュとユ・ハジュンのロマンスが芽が萌え出ている。

11日放送されたケーブルチャネルtvN月火ドラマ‘ロマンスが必要でシーズン3’(チョン・ヒョンジョン脚本、チャン・ヨンウ
演出、以下‘ロピル3’) 10話では自分たちだけの方式で恋愛を始めるミンジョン(パク・ヒョジュ)とミンソク(ユ・ハジュン)の
姿が描かれた。

先立ってミンソクは自分の人生で完全に消えてしまったウヨン(ミンジョンの仮名)を探すためにその間彼女が流した
手がかりを挟んで合わせ始めた。 散らばっていたミンジョンに関する情報で概略のパズルを完成したミンソクは
直ちにミンジョンの会社に訪ねて行く。

紆余曲折の末ついにミンジョンの存在に対して知るようになったミンソクは驚いた。 彼女はミンソクが分かっていた
ウヨンではなかった。 名前は仮名であったし年齢は何と9才をだましたこと。 ミンソクはちょうど彼女とともにあった
ジュヨン(キム・ソヨン)を調べてみてミンジョンが自分のお隣りに居住する‘一人暮しの老人’であったのを知るようになった。

ミンジョンは自分の存在に対して知って‘担いだぶうっと’に陥ったミンソクに彼が現れなかったら良い思い出になり得た
と話した。 これに対しミンソクはそこまで話すことが出来なかったものがあるならば今話せと促すがミンジョンはとても
彼に妊娠の事実を明らかにすることができなかった。 引き続きミンソクはミンジョンがますます良くなっていたことを
告白するが彼女は自分の心を表わさない。

その日夜609号(ミンソク)は610号(ミンジョン)のベルを押して門の前に小さいショッピングバッグを掲げる。 その中には
ミンソクの気持ちを込めたカード一枚とネックレスが入っていた。 ミンソクとの関係を整理しようとしたミンジョンは
やはり内心好む心は隠すことはできない。 引き続き二人は壁一つを間に置いて徐々に心を確認することになった。

自分たちだけ知らずにすでに始まった609号-610号お隣り男女のロマンスが今後どのように繰り広げられるのか
期待される。

一方‘ロピル3’は女ならば誰でも共感するほどのリアルながらも率直な恋愛の話と劇主人公の繊細な感情描写、
感覚的な映像美で大韓民国を‘ロピル病’で落とした‘ロマンスが必要で’の3回目シーズンだ。 今回のシーズンでは
ホームショッピング会社を背景に大韓民国アルファガールの競争、友情、ロマンスを描く。

記事

‘ロマンスが必要で3’ソンジュン、キム・ソヨン背負って料理まで‘ぐつぐつ’


イ・ウンジョン記者idsoft3@reviewstar.net
入力時間:2014-02-12 00:55:10修正時間:2014-02-12 01:11:16
c0104506_144141.jpg
▲写真:tvN放送キャプチャー

‘ヒーリング年下の男’ソンジュンが今回はキム・ソヨンを背負ったまま料理をした。

11日放送されたケーブルチャンネルtvN月火ドラマ「ロマンスが必要シーズン3 ' (チョン·ヒョンジョン脚本、チャン·ヨンウ
演出、以下'ロピル3 ' ) 10話では、テユン(ナムグン·ミン)に傷を受けたジュヨン(キム·ソヨン)を独自の方法で
慰めるワン(ソンジュン)の姿が描かれた。

この日の主役は、期待したテユンとのデートを二時間も満たさずに帰ってきた。前日の飲み会の席でお酒をたくさん
飲んだテユンの胃炎が悪化して約束したデートをしないようになったこと。ジュヨンはワンが自分のために沸かして
おいたカボチャ スープをテユンに持ってきてくれる。しかし、そこでテユンを訪ねてきたセリョン(ワン・ジウォン)と
ぶつかることになり、また、一度ジュヨンは二人の恋愛に付添人になってしまった。テユンの行動に傷を受けたジュヨンは
うっかりして、彼に自分の気持ちを告白する。

引き続き家に戻ったジュヨンは2階のワンの部屋に上がっていきなり彼のベッドに横になった。 彼女は“悲しみ、痛み、
怒り、いや、葬式音楽同じ”ことをねじってくれと言うと“私本当に死にたくて”と話してワンに不平を言った。

引き続きジュヨンは“生きるのがなぜこのように大変なのか”として“なぜ人生には答がないのか”とワンに尋ねて
彼は“生きるのがみなそうだ”として例の山の神のような反応をする。 引き続きジュヨンがお腹がすいて力がないとし
ただをこねるとすぐにワンは彼女を背負って台所に降りて行った。 ワンはジュヨンを背負ったまま彼女が食べたがる
トマト スパゲティを作ってくれる。

これに対しネチズンは‘ソンジュンよくできた’、‘ソンジュンはとても良いがあれは非現実的だ’、‘思ったより二人よく似合う’、
‘あんな年下の男が毎日家で私を待つならば通帳にストローさしても良い’等の多様な反応を見せた。

一方‘ロピル3’は女ならば誰でも共感するほどのリアルながらも率直な恋愛の話と劇主人公の繊細な感情描写、
感覚的な映像美で大韓民国を‘ロピル病’で落とした‘ロマンスが必要で’の3回目シーズンだ。 今回のシーズンでは
ホームショッピング会社を背景に大韓民国アルファガールの競争、友情、ロマンスを描く。

記事


‘ロマンスが必要3 ’ナムグン·ミン、キム·ソヨンと'私たち付き合おう’

イ・ウンジョン記者idsoft3@reviewstar.net
入力時間:2014-02-12 01:46:38修正時間:2014-02-12 03:41:22
c0104506_14534520.jpg
▲写真:tvN放送キャプチャー

ナムグン・ミンがキム・ソヨンに告白した。

11日放送されたケーブルチャンネルtvN月火ドラマ‘ロマンスが必要シーズン3 ' (チョン·ヒョンジョン脚本、チャン·ヨンウ
演出、以下'ロピル3 ' ) 10話ではジュヨン(キム·ソヨン)に自分の気持ちを告白するテユン(ナムグン·ミン)の姿が描かれた。

この日ジュヨンはもう一度全商品売り切れで成功裏に放送を終えた。 放送を終えれば大当たりでも小さい瓢でも
テユンの部屋を一番最初に探したジュヨンは門の前でしばらく迷う。 先立ってジュヨンは期待したテユンとのデートを
セリョン(ワン・ジウォン)の登場で亡ぼしてうっかりしてテユンに自分の心を告白したところ。 そのようなジュヨンに
テユンが近づいてきてお祝いの挨拶をした。

引き続きテユンはジュヨンに夕食を共に食べようと提案する。 話したいことがあるということ。 前日自分の告白で
心が不便だったジュヨンは食事はずっと表情が暗かった。 食事を終えたテユンは“重要な話をする”と話す。 当然業務
関連話だと考えたジュヨンはあたふた筆記具を取り出した。 テユンは仕事の話ではなく男としてジュヨンにする話が
あると強調する。

テユンは花も指輪もなしで結局手ぶらにきたとしジュヨンにつきあおうと話した。 時間浪費するのをやめようとし
自分が勇気を出したのでジュヨンも一歩だけさらに近づいたら良いと付け加える。 彼は“変化することがないという約束と
前後に何事もなく君だけ見るという約束もできず、今では愛するという言葉”もできないがこれ一つは自信ありげに
話をすることができるとしながら“努力するから。 そして最善を尽くすよ、お前に”と、自分の心を告白した。

これに対しジュヨンはワンがこの話しを聞いたとすれば“そのようなみすぼらしくて悪い告白を受けても始めるか”と
とがめるだろうが彼女はかえって"花もなくて指輪もなくてこの告白が良かった"と考える。 努力するという言葉が
愛するという言葉より聞きやすくてこの恋愛が信頼できるということ。

しばらくどの言葉出来ずにいる彼女にテユンが考える時間が必要かと尋ねるとすぐにジュヨンは今答えるとして“
つきあいます、私たちの。 私も努力しますね”と話して彼のプロポーズに応じた。

一方、その時刻ワンは花屋で“愛する人”ジュヨンのために花を選んでいた。

一方‘ロピル3’は女ならば誰でも共感するほどのリアルながらも率直な恋愛の話と劇主人公の繊細な感情描写、
感覚的な映像美で大韓民国を‘ロピル病’で落とした‘ロマンスが必要で’の3回目シーズンだ。 今回のシーズンでは
ホームショッピング会社を背景に大韓民国アルファガールの競争、友情、ロマンスを描く。

記事

c0104506_1718367.png

c0104506_17203858.png

c0104506_161177.png

[PR]

by majintera2424 | 2014-02-12 15:58 | ロマンスが必要3
2014年 02月 11日

「ロマンスが必要3」9話

‘ロマンスが必要で3’ソンジュン、ナムグン・ミンに一石
‘キム・ソヨンを泣かすな’

イ·ウンジョン記者idsoft3@reviewstar.net
入力時間: 2014-02-10 23:38:12修正時間: 2014-02-10 23:42:32
c0104506_1615128.jpg
▲写真: tvN放送キャプチャー

ソンジュンは怒っていた。

10日放送されたケーブルチャンネルtvN月火ドラマ「ロマンスが必要シーズン3 ' (チョン·ヒョンジョン脚本、チャン·ヨンウ
演出、以下'ロピル3 ' ) 9話では、自分のために怪我をしたジュヨン(キム·ソヨン)の心には、気にしないテユン(ナムグン·ミン)
に怒り出すワン(ソンジュン)の姿が描かれた。

先立ってテユンはセリョン(ワン・ジウォン)に対する心を整理するためにジュヨンを利用した。 セリョンとあらかじめ
行くことにした
公演にジュヨンを呼び出したこと。 二人が一緒にいる姿を見たセリョンは衝撃を受けて公演が終わった後テユンに
このことを伝え聞いたジュヨンは傷心に陥った。 彼女はすでにテユンが好きになっていたこと。

家に戻ったジュヨンはワンの中で号泣して泣いてしまう。 セリョンのために痛く感じるテユンを見ることが胸が痛かったこと。
彼女は自分が考えたことよりさらに多くテユンが好きにだということを悟ることになってワンはそのような彼女が
痛ましいだけだ。

泣いて疲れてやっと寝ついたジュヨンにテユンの電話がひきつづきかかってくる。 とてもジュヨンを起こすことができなかった
ワンは彼女の電話を代わりに受けた。 しかし自分のためにジュヨンの心がケガしたとは夢にも分からなかった
テユンは普段と変わらず仕事の話をするだけだ。

ワンがジュヨンの電話を代わりに受けたことを知ったテユンは朝ある会議資料を準備しなければならないから普段よりも
う少し早くジュヨンを起こしてほしいとお願いした。 これに対しワンは怒った。 彼は“明け方5時半から起きてバタバタ
しながら出て行く女をどのようにさらに早く起こすのか”として“外でどんなことがあったのかは分からないですが
そちらに会ってかえってたくさん泣いた。”と話す。

引き続きワンは心配になって電話をしたのでもなくて、仕事のためにこの時間に電話をするのか、とどれくらい重要で
急な仕事なのかは分からないが自分は泣いてやっと寝ついた人を起こせないと話す。 予想できない一石に驚いて
どの言葉もできなかったテユンにワンはジュヨンの携帯電話がオフになっていたと思わせよと電話を切った。

一方‘ロピル3’は女ならば誰でも共感するほどのリアルながらも率直な恋愛の話と劇主人公の繊細な感情描写、
感覚的な映像美で大韓民国を‘ロピル病’で落とした‘ロマンスが必要で’の3回目シーズンだ。 今回のシーズンでは
ホームショッピング会社を背景に大韓民国アルファガールの競争、友情、ロマンスを描く。

記事

‘ロマンスが必要で3’キム・ソヨン、ナムグン・ミンの気楽だという言葉
‘今は嫌いで’


イ・ウンジョン記者idsoft3@reviewstar.net
入力時間:2014-02-11 01:09:19
c0104506_16383534.jpg
▲写真: tvN放送キャプチャー

自分の心を知ったキム·ソヨンが変化している。

10日放送されたケーブルチャンネルtvN月火ドラマ「ロマンスが必要シーズン3 ' (チョン·ヒョンジョン脚本、チャン·ヨンウ
演出、以下'ロピル3 ' ) 9話ではテユン(ナムグン·ミン)のために自分の心を知った後に混乱しているジュヨン(キム·ソヨン)の
姿が描かれた。

先立ってテユンは寝ついたジュヨンの代わりに電話を受けたワン(ソンジュン)を通じてジュヨンが自分のために
涙を流したという事実を知ることになった。 思うことが出来なかったワンの話に気にかかったテユンは眠らずに
夜を明かしてジュヨンの会議資料を代わりに準備する。

テユンは会議資料準備に気が気でないジュヨンに自分が作った資料を伝えていきなり彼女の手を握って外に出て行った。
直ちに社内食堂に行った彼はジュヨンの朝ごはんまで用意する。 引き続きテユンはジュヨンにワンに聞いた話を
伝えて、最後の夜が傷になったのかと尋ねる。

これに対しジュヨンは他人の恋愛に付き添いになった気持ちにくやしくて泣いたとし、ひとまず自分の感情を隠した。
テユンはそのように考えないとし、自分の胸の内をまともに現わすことができる人がジュヨンしかいなくてそうしたと
内心を明らかにする。 引き続き彼は今は世の中でジュヨンが一番楽だと話して、彼女が感情に振り回されないので
心強いと付け加えた。

すでにテユンに対する自分の真心を知るようになったジュヨンは彼の話をこれ以上称賛に受け入れることはできない。
さらに、時々何気なく握った手の感じも違ってきたことに気付く。 彼女は今後テユンと共にするすべての日常が
もしかしたら新しい瞬間で近づくかも知れないという考えに陥る。

一方‘ロピル3’は女ならば誰でも共感するほどのリアルながらも率直な恋愛の話と劇主人公の繊細な感情描写、
感覚的な映像美で大韓民国を‘ロピル病’で落とした‘ロマンスが必要で’の3回目シーズンだ。 今回のシーズンでは
ホームショッピング会社を背景に大韓民国アルファガールの競争、友情、ロマンスを描く。

記事

「ロマンスが必要3 'キム·ソヨン、 「甲殻類」の殻脱いだ

イ·ウンジョン記者idsoft3@reviewstar.net
入力時間: 2014-02-11 08:50:00
c0104506_1710432.jpg
▲写真: tvN放送キャプチャー

「甲殻類」キム·ソヨンが柔らかくなっている。

10日放送されたケーブルチャネルtvN月火ドラマ‘ロマンスが必要でシーズン3’(チョン・ヒョンジョン脚本、チャン・ヨンウ
演出、以下‘ロピル3’) 9話ではワン(ソンジュン)に会った後変化するジュヨン(キム・ソヨン)の姿が描かれた。

ニューブランドチームの退勤時間。ヒジェ(ユン·スンア)の「生理用ナプキン騒動」に気を取られたミンジョンは、
オフィスに残っていたジュヨンに悩みを打ち明けうとする。前に三十六歳の時に早期閉経の診断を受けたことがある
彼女は、さらに悪いことに、妊娠までしたから。医師の話によると、今回の妊娠は最初と最後の日かもしれないと。

人生の最大の危機を迎えたミンジョンは悩みを分かち合う相手がいなかった。親兄弟なしで一人で住んでいるミンジョンには
近くの友人の一人でした。さらに、今回の妊娠はクールな一晩の結果だったので、子供の生物学的父親である
ミンソク(ユ・ハジュン)と相談をすることもできない状況。

苦しがるミンジョンを努めて冷遇しようとしていたジュヨンは瞬間ワンが自分にした話が浮び上がる。 ミンジョンは悩みを
解決してほしいということでなく、ただ悩みを聞き入れて一緒にいてほしいということという話だった。 これに対し
ジュヨンはミンジョンに話してみろといってミンジョンは自分の悩みを打ち明け始める。 引き続きジュヨンはミンジョンの話が
皆終わった後自分の方式で彼女を慰めてくれる。 感情に振り回されないで総てのことぴったり折れた‘甲殻類’
ジュヨンが変わったものだ。

ジュヨンはやはり自分の変化を感じていた。 彼女はワンが自分のそばに来て多いことが変わったと話す。 これ以上
薄暗い家に入らなくても良くて、ホームショッピング放送を一人で見た夜もなくなった。 ワンピースのジッパーを下ろす人が
出来たし(もちろんワンは目を必ず閉じてジッパーだけ下ろす)全くしなかった料理も時々することになったし家で
ご飯を食べることが多くなった。

何よりジュヨンはこれ以上涙をこらえない人になった。 ワンによりテユンに向かった自分の真心を知るようになったジュヨンは
自分を変化するようにさせたワンの存在やはりますます大きくなるのを感じていた。 今後ジュヨンが誰とどんな
ロマンスを描くことになるのか期待される。

一方‘ロピル3’は女ならば誰でも共感するほどのリアルながらも率直な恋愛の話と劇主人公の繊細な感情描写、
感覚的な映像美で大韓民国を‘ロピル病’で落とした‘ロマンスが必要で’の3回目シーズンだ。 今回のシーズンでは
ホームショッピング会社を背景に大韓民国アルファガールの競争、友情、ロマンスを描く。

記事

‘ロマンスが必要で3’ソンジュン、キム・ソヨンに‘あなたが間違っている’
イ・ウンジョン記者idsoft3@reviewstar.net入力時間:2014-02-11 09:50:00
修正時間:2014-02-11 16:14:07
c0104506_20165485.jpg
▲写真:tvN放送キャプチャー

ソンジュンがキム・ソヨンに固く失望した。

10日放送されたケーブルチャネルtvN月火ドラマ‘ロマンスが必要でシーズン3’(チョン・ヒョンジョン脚本、チャン・ヨンウ
演出、以下‘ロピル3’) 9話ではセリョン(ワン・ジウォン)を逆利用したジュヨン(キム・ソヨン)に失望したワン(ソンジュン)の
姿が描かれた。

先立ってジュヨンとセリョンが一緒にニューブランドチームは、販売商品はすべて完売される快挙を成し遂げた。
これに対しジュヨンとワンは、二人だけのささやかな「完売パーティー」を持つ。ジュヨンは「やっぱり人生はゲームで
あり、人間関係はゲームだ」と淡々とした表情で、自分がオ・セリョンを勝ったと話した。引き続き彼女は"誰か私を
だますと決心するならばいくらでもだまされることができる”とし、“私もそれを利用すれば良い” と付け加える。

引き続きジュヨンはセリョンが自分に得るものがあって自分をだましたとすれば“私は私が必要なことを得ればそれだけ”と
平気で話した。 セリョンが友情を口実でジュヨンをテユン(ナムグン・ミン)から離しておくという計画をすでに知っていた
ワンはそのようなジュヨンの話に驚く。

引き続きジュヨンはセリョンが自分に近づいた理由がテユンのためであることを感づいたと告白して日曜日にテユンと
デートをすることにしたと伝えた。 拒絶が恐ろしくて心を隠そうとしたが“オ・セリョンにも恐れがあるということを
知るようになった”としてセリョンに損傷を与えたいということ。

これに対しワンがセリョンに傷つけたい心とテユンが好きな心のうち何が先かで尋ねた。 ジュヨンが二つともだと
話すとすぐにワンは悪い考えは捨てて純粋にテユンだけ考えろと助言する。 ジュヨンは過去にセリョンが自分にしたこと
をそのまま戻すというのが何が悪いかと反問した。 引き続き彼女は“因果応報は空に任せるのではなく直接戻すこと”
として“踏みにじった人を再び踏む人がいるので世の中はそれなりに戻ること”と付け加える。

これに対しワンはあなたが間違っていると話して“世界がそれなりに帰るのはあなたのような人のためではなく、耐えて
譲歩し、愛する人がいて”として厳しい忠告をした。 ワンはジュヨンはやはりセリョンと少しも違うところがないとし“
かえってその女があなたよりさらに純粋で。 その女は自分が悪いということ整えて分かると”として失望を隠すことが
できなかった。 引き続き彼は“あなたに帰ってきたことを後悔しないようにして下さい”と話して席をはずした。

一方‘ロピル3’は女ならば誰でも共感するほどのリアルながらも率直な恋愛の話と劇主人公の繊細な感情描写、
感覚的な映像美で大韓民国を‘ロピル病’で落とした‘ロマンスが必要で’の3回目シーズンだ。 今回のシーズンでは
ホームショッピング会社を背景に大韓民国アルファガールの競争、友情、ロマンスを描く。


記事



ワンが曲をかけたら流れてきたメロディーが素敵だと思っていたら、この曲ですね。

私、このドラマ、大好きです!!
[PR]

by majintera2424 | 2014-02-11 20:53 | ロマンスが必要3
2014年 02月 05日

「ロマンスが必要3」8話

‘ロマンスが必要で3’ソンジュン、キム・ソヨンに‘私の前だけで泣いて’

イ・ウンジョン記者idsoft3@reviewstar.net入力時間:2014-02-05 09:50:00
c0104506_14323720.jpg
▲写真:tvN 'ロマンスが必要で3'放送キャプチャー

キム・ソヨンがソンジュンのふところに抱かれて涙を流した。

4日放送されたケーブルチャネルtvN月火ドラマ‘ロマンスが必要でシーズン3’(チョン・ヒョンジョン脚本、チャン・ヨンウ演出、
以下‘ロピル3’) 8話ではテユン(ナムグン・ミン)に対する自分の心を一歩遅れて識別したジュヨン(キム・ソヨン)が
それに対する感情で痛く感じる姿が描かれた。

この日放送分でセリョン(ワン・ジウォン)と再び別れることになったテユンは彼女に対する心を切り出すために
ジュヨンを利用した。 セリョンと共に行くことにした公演にこれ見よがしにジュヨンを連れて現れたこと。 二人の姿を
見たセリョンは傷ついてテユンやはり依然として彼女を忘れることができなくて痛く感じる。

テユンはジュヨンに自分がセリョンのために彼女を利用したとし、セリョンとの離別を淡々と明らかにした。 彼は驚いた表情を
つくるジュヨンにたいしたものでないとし、いくら胸が痛む別れてもみんなご飯を食べて生きると言いながら、自分は
すでに一度別れてみて分かると平気なように話す。 だが、すでにミンジョン(パク・ヒョジュ)から彼の過去を聞いたことが
あるジュヨンは一年の間砂漠をさ迷い歩いたのがどんなにたいしたものでないことかと反問する。

家に戻ったジュヨンはワン(ソンジュン)に今日あったことを語る。 ところでジュヨンはテユンが自分を利用したことに
落ち込んだのではなかった。 テユンがセリョンのために痛く感じる姿を見て胸が痛くなったのだ。 すなわち涙を流し始めた
彼女にワンがゆっくり近づく。

ワンをまた会った後でジュヨンは自ら感じるようにたくさん変わっていた。 一人でいる時さえすがすがしく泣くとは
思わなかった彼女がはじめて愛する男の痛みのために泣き始めたのだ。 ジュヨンは自分が考えたことよりはるかに
テユンが好きなことを知るようになる。

ワンはそのようなジュヨンに“あなたが再び泣くことができることになって幸運”としながら“私の前だけで泣けば
良いじゃない”として暖かく抱いてくれた。

一方‘ロピル3’は女ならば誰でも共感するほどのリアルながらも率直な恋愛の話と劇主人公の繊細な感情描写、
感覚的な映像美で大韓民国を‘ロピル病’で落とした‘ロマンスが必要で’の3回目シーズンだ。 今回のシーズンでは
ホームショッピング会社を背景に大韓民国アルファガールの競争、友情、ロマンスを描く。

記事

「ロピル3 'キム·ソヨンのニューブランドチームがプールに集まった理由は?


イ·ウンジョン記者idsoft3@reviewstar.net
入力時間: 2014-02-05 08:50:00
c0104506_1502035.jpg
▲写真:tvN 'ロマンスが必要で3'放送キャプチャー

キム・ソヨンのニューブランドチームがワン・ジウォンのファッションチームと神経戦を行った。

4日放送されたケーブルチャネルtvN月火ドラマ‘ロマンスが必要でシーズン3’(チョン・ヒョンジョン脚本、チャン・ヨンウ演出、
以下‘ロピル3’) 8話ではシン・ジュヨン(キム・ソヨン)チーム長が導くニューブランドチームがセリョン(ワン・ジウォン)が
導くファッションチームと一緒に持ったワークショップのうちに広がった神経戦が愉快に描かれた。

神経戦はワークショップ場所選定から始まった。 セリョンはニューブランドチームを自分が暮らしているホテルに呼んだ。
バーベキューパーティーはさておき海風も当たれない所でワークショップをするという事実にニューブランドチームの
メンバーは口をとがらせた。

ホテルに入る直前チーム長ジュヨンの要請も続いた。 彼女はメンバーに"私たちの作戦を忘れないでおくとしこれは
私たちの事業であのチームを最大限利用するものの絶対に引きずられて行ってはならない"として意志を培ってくれた。

ワークショップが始まるとすぐに二チームの神経戦はより一層強まった。 相手チームで出すアイディアごとに
互いに反対だけすることが常だったこと。このままではいかないという判断をしたジュヨンはチーム員に順番どおり
信号を与えた。 ひとまずミンジョン(パク・ヒョジュ)がとても眠たくて疲れると少し休もうという運を帯びるとすぐにヒジェ
(ユンスン)は中にだけあって苦しいとし手伝った。 その合間を利用してウヨン(パク・ユチョン)は自分の前に置かれた
タブレットPCを懐の中にこっそりと隠して立ち上がった。

頭も冷ますのをかねてひと回り走ってこようというウヨンの提案にセリョンと彼の職員は理解できないという表情をつくる。
ニューブランドチームが自分たちどうし集まって口を合わせてくるのにならないかとの職員の話にセリョンはすでに
コーヒーショップであり食堂は全部門を閉めたとし、本当に走っていることが明らかだという反応を見せた。 しかし
セリョンの予想ははずれた。 その時刻にニューブランドチームはホテルのプールに集まって事前会議をしていたのだ。

一方‘ロピル3’は女ならば誰でも共感するほどのリアルながらも率直な恋愛の話と劇主人公の繊細な感情描写、
感覚的な映像美で大韓民国を‘ロピル病’で落とした‘ロマンスが必要で’の3回目シーズンだ。 今回のシーズンでは
ホームショッピング会社を背景に大韓民国アルファガールの競争、友情、ロマンスを描く。

記事


‘ロピル3’キム・ソヨン、‘ヒーリング年下の男’ソンジュンに陥った

イ・ウンジョン記者idsoft3@reviewstar.net入力時間:2014-02-05 01:23:08
修正時間:2014-02-05 03:40:29

c0104506_15363545.jpg
▲写真:tvN 'ロマンスが必要で3'放送キャプチャー

キム・ソヨンがソンジュンの安らかな魅力にすっかりはまった。

4日放送されたケーブルチャネルtvN月火ドラマ‘ロマンスが必要でシーズン3’(チョン・ヒョンジョン脚本、チャン・ヨンウ演出、
以下‘ロピル3’) 8話では‘ゆでさつまいも’ワン(ソンジュン)に次第に慣れた‘シンシン’ジュヨンの姿が描かれた。

先立ってジュヨンはテユンと夕方食事をしに行くところにセリョンとあった。 直ちに共に食事をしに行った三人の食事は
ジュヨンにそんなに愉快でなかった。 テユンを挟んでジュヨンとセリョンの神経戦が継続されたこと。 その上最後に
一人ぼっち残ったのはジュヨンだった。 テユンは会社に車を置いてきたジュヨンの事情をよく分かりながらもセリョンだけを
自分の車に連れて行ったのだ。 ブロックしかない距離をちょっと見送ったらと思ったジュヨンは彼の行動に失望して
再び胸痛みを感じた。

ジュヨンは家に戻るやいなや自分がきたことを大きい声で知らせてワンを探した。 ワンの返事がないと彼女は2階に
上がって彼を探し始めた。 しかしそちらにもワンの姿は見られない。 車は家の前にあって部屋も点灯していることを
見ると、ワンは明らかに家の近くにいるのが明らかだった。

一方その時刻にワンは家の浴室で余裕があるように泡入浴を楽しんでいるところだった。 しかしその様子をこらえることが
出来なかったジュヨンはワンにはやく帰ってこいとの内容の文字メッセージを送った。 ジュヨンはいつのまにか
ワンに頼っているのだ。 とても気分が悪いことがあったとし苦しいと不平を言う彼女にワンは会いたいと話せば
5分内に行くとして彼女を調教した。

一方‘ロピル3’は女ならば誰でも共感するほどのリアルながらも率直な恋愛の話と劇主人公の繊細な感情描写、
感覚的な映像美で大韓民国を‘ロピル病’で落とした‘ロマンスが必要で’の3回目シーズンだ。 今回のシーズンでは
ホームショッピング会社を背景に大韓民国アルファガールの競争、友情、ロマンスを描く。

記事


「ロマンスが必要3 」ナムグン·ミン、キム·ソヨン利用した

イ·ウンジョン記者idsoft3@reviewstar.net
入力時間: 2014-02-05 09:20:00
c0104506_15575678.jpg
▲写真:tvN 'ロマンスが必要で3'放送キャプチャー

ナムグン・ミンがワン・ジウォンを忘れるためにキム・ソヨンを利用した。

4日放送されたケーブルチャンネルtvN月火ドラマ「ロマンスが必要シーズン3 ' (チョン·ヒョンジョン脚本、チャン·ヨンウ演出、
以下'ロピル3 ' ) 8話ではセリョン(ワン・ジウォン)と別れたテユン(ナムグン·ミン)は、彼女を忘れるためにジュヨン
(キム·ソヨン)を利用する姿が描かれた。

先に苦労して再び会うことになったテユンとセリョンはこの日の放送分で、以前と同じ理由でもう一回別れを経験する。
二人はお互いを理解しないまま、相手の変化だけを望んでいたこと。

テユンに離別を通報されたセリョンはそのまま戦ったことであるだけであらかじめ約束した公演を見に行こうとしながら
近づく。 自由奔放なセリョンに再び傷つくことになることが恐ろしいだけのテユンは彼女に何も言わない。

代わりにテユンはセリョンと共に行くことにした公演にこれ見よがしにジュヨンを連れて現れた。 セリョンが二人の姿を
直接見て心を整理することを願う考えでジュヨンを利用したこと。 この事実を分からないままテユンとのデートに
ひたすら浮き立っていたジュヨンとまもなく二人の姿を目撃して傷つくことになるセリョンを見守るワン(ソンジュン)は
複雑で息苦しいだけだ。

公演が終わった後ジュヨンと共に酒を飲んだテユンは君にできない話があるとしセリョンと別れたという便りを伝えた。
彼はジュヨンにセリョンが“どんな女なのか知っていたしそれでも心を切り出せないで、また会ったものだが依然として
自分はその女のありのままは容認できなかったよ”として、もうみな終わったと淡々と話す。 テユンは卑怯で幼稚な
方法だが一緒に見ることにした公演に他の女である君とともにきたしその姿をセリョンも見たので心を整理すること
としながら、ジュヨンにセリョンのためにお前を利用したと許しを求めた。

一方‘ロピル3’は女ならば誰でも共感するほどのリアルながらも率直な恋愛の話と劇主人公の繊細な感情描写、
感覚的な映像美で大韓民国を‘ロピル病’で落とした‘ロマンスが必要で’の3回目シーズンだ。 今回のシーズンでは
ホームショッピング会社を背景に大韓民国アルファガールの競争、友情、ロマンスを描く。

記事

c0104506_16184188.png

c0104506_16185718.png

c0104506_1619162.png

c0104506_0293899.png

ジュヨンは胸が痛むのは、テユンが好きだからだということを初めて知りましたね。
ジュヨンはテユンが自分を利用したとのことより彼の心を心配して涙し
ワンはそのジュヨンの切ない気持ちを温かく包み込む・・・そんなラストに一緒に涙してしまいました。

[PR]

by majintera2424 | 2014-02-05 16:44 | ロマンスが必要3
2014年 02月 04日

「ロマンスが必要3」7話

‘ロマンスが必要で3’キム・ソヨン、‘月夜に体操’する理由は?

イ・ウンジョン記者idsoft3@reviewstar.net入力時間:2014-02-04 10:10:00
修正時間:2014-02-04 13:02:58
c0104506_1530627.jpg
▲写真:tvN 'ロマンスが必要で3'放送キャプチャー

キム・ソヨンが寒さも忘れたまま冬の夜公園を休まないで走った。

3日放送されたケーブルチャネルtvN月火ドラマ‘ロマンスが必要でシーズン3’(チョン・ヒョンジョン脚本、チャン・ヨンウ演出、
以下‘ロピル3’) 7話ではシン・ジュヨン(キム・ソヨン)がニューブランドチームの名を連ねて野心に充ちるように準備した
‘初めての部屋’をまともに滅ぼした自分と違い‘完勝’を記録して放送を成功裏に終えたオ・セリョン(ワン・ジウォン)に
対する嫉妬を勝ち抜くためにもがく姿が描かれた。

ジュヨンは5回連続完売を記録した最高のMDで今回新しく引き受けることになったニューブランドチームを必ず
成功させるという夢で膨らんでいた。 ニューブランドチームはプロジェクト準備過程のうちに遠い昔自分の恋敵であり
同業者であるセリョン(ワン・ジウォン)との意見の差異を狭めることができなくて放送を各自進めることになった。

同業をしながらもセリョンを自分のチーム員に完全に受け入れることができなかったジュヨンは今回こそ彼女に
自分の実力を確かに見せるとして歯ぎしりした。 だが、結果はみじめだった。 1分あたりの売上高がせいぜい20万ウォン
に過ぎなかったこと. ジュヨンは直ちに月曜日出勤から自分のニックネームは‘毎分20万ウォン’になることとし
くやしいと言った。

しかし何よりジュヨンを耐えることができなくさせたことは一時の友人であり恋敵だったセリョンに見栄えが良く一発
食らったとのこと。 彼女はワンに“その子は完売だ。 全サイズ、全カラー売り切れ.”と大声を張り上げて腹が痛くて
及ぼす状況である姿を見せてくれた。 結局これをこらえることが出来なかったジュヨンは家を飛び出し冬の夜の
公園を走り始めた。

ワンはそのようなジュヨンを見守って、もうどうかちょっと入ろうと哀願したが彼女は聞いた素振りもしなかった。
セリョンの放送が自分のすぐ次のタイムに放送されてさらに比較されたこととし、約上がったジュヨンは冬の夜空に
ハイキックをしながら自らをコントロールしようと努めた。

引き続きジュヨンは“悲しみがあるから喜びがあって興があるから網があって成功があるから失敗があるそれが
まさに人生”としながら肯定的に状況を整理しようとする姿を見せてくれた。

記事

‘ロマンスが必要で3’ソンジュン、'キスすれば姉と呼ばないで'

イ・ウンジョン記者idsoft3@reviewstar.net入力時間:2014-02-04 10:30:00
c0104506_15304040.jpg
▲写真:tvN 'ロマンスが必要で3'放送キャプチャー
ソンジュンが姉という呼称にかっと怒った。

3日放送されたケーブルチャネルtvN月火ドラマ‘ロマンスが必要でシーズン3’(チョン・ヒョンジョン脚本、チャン・ヨンウ演出、
以下‘ロピル3’) 7話ではワン(ソンジュン)がジュヨン(キム・ソヨン)が自分を気楽な弟にだけ対象とするとすぐに
真顔になる姿が描かれた。

17年ぶりに初恋ジュヨンを探したワンは紆余曲折の末彼女と同居を始めることになる。 長々二ヶ月の間彼は主婦湿疹が
できるほどジュヨンをつましく見守った。 経歴9年のファッションMDジュヨンは忙しくてとても忙しかったこと。

初めには‘さつまいも’ワンを面倒な弟にだけ考えたジュヨンもますます心を開き始めた。 彼女は会社で新しく始めた
プロジェクトを完全に滅ぼした自分を誠心誠意を尽くして慰めるワンに有り難みを感じた。

だが、彼女にワンは依然として幼い時期のそのぶさいくな‘ゆでさつまいも’であるだけだった。 ジュヨンはワンに
あなたと一緒に生きるということもそれなりに大丈夫だとし、このように大変な時良い話も聞いて共に走ったりもすることが
できて良いとしながら、あなたも姉とともに生きるということが気楽でないのかと尋ねた。

これに対しワンはジュヨンが遠慮なく自分を‘姉’と呼ぶことにかっと怒った。 自分が‘さつまいも’ということを知らずに
ある行動ではあるがすでにジュヨンとワンは互いにキスまである間だったのだ。 彼は自分は男とし、私があなたが
好きなことを忘れないでおくと言ってジュヨンに‘石直球’を投げた。

ワンは直ちにジュヨンにキスでもすることのように近付いてこれからは自分をとても気楽に対しないとし“恥ずかしい
こともちょっと乗って、警戒もほどほどにして、用心もほどほどにして、緊張もほどほどにしたら良いだろう”と警告した。
そして“私はキスした女に姉だと呼べない”として“私は百回目を開いて閉じてもあなたが女と見える”と付け加えた。

一方‘ロピル3’は女ならば誰でも共感するほどのリアルながらも率直な恋愛の話と劇主人公の繊細な感情描写、
感覚的な映像美で大韓民国を‘ロピル病’で落とした‘ロマンスが必要で’の3回目シーズンだ。 今回のシーズンでは
ホームショッピング会社を背景に大韓民国アルファガールの競争、友情、ロマンスを描く。



‘ロマンスが必要で3’、ソンジュン、キム・ソヨンといよいよ‘一つのベッド’
イ・ウンジョン記者idsoft3@reviewstar.net入力時間:2014-02-04 10:50:00
c0104506_1645417.jpg
▲写真:tvN 'ロマンスが必要で3'放送キャプチャー

ソンジュンがキム・ソヨンと一つのベッドに横になって健全な(?) 一夜を送った。

3日放送されたケーブルチャネルtvN月火ドラマ‘ロマンスが必要でシーズン3’(チョン・ヒョンジョン脚本、チャン・ヨンウ演出、
以下‘ロピル3’) 7話ではワン(ソンジュン)とジュヨン(キム・ソヨン)が偶然に共に夜を送った場面が描かれた。

この日放送分で二人は2階ワンの部屋でピアノを共に打って話を交わした。 ワンはジュヨンに幼い時期彼女が
そうしたようにピアノを聞かせて‘喜び’、‘幸福’等の感情を悟らせようとした。 だが、すでに理性的で冷徹だというより
‘甲殻類’になってしまったジュヨンはこれはそのままピアノ音ではないかと旋律の中に含まれた感情を少しも感じること
ができなかった。

もしかしたらジュヨンはすでに誰かととても多くの傷を負わせたあげく、今後さらに多くの傷を受けないためにも自分の
心臓をより一層固くさせようと努力したのかも分からない。 だが、それでも傷つかない魂がないように彼女にも
依然として‘悲しみ’はあったのか。 ジュヨンはワンが演奏する‘悲しみ’だけはぼんやり感じることができたこと。
多分ジュヨンは感づくことができなかったが彼女はその時悲しかったのだ。

やがてジュヨンはワンが演奏する‘愛’に取って彼の肩に期待寝ついてしまった。 ワンはそのような彼女を眺めて今は
愛を分からない方が良いとして、ずっと分からないままであっくれと言って彼女の額にそっと口を合わせた。 もちろん
ジュヨンが感づくことができなかった愛はすぐにテユン(ナム・グンミン)に対する感情だった。

次の日朝、ジュヨンは自分がワンの片方の腕を枕にして‘バックハグ’をしたまま寝ついていたことに気づいた。
同時に眠りから覚めたワンは明らかに彼女が大声で叫んで自分を枕で殴ることだと予想した。 ジュヨンが疲れて
寝ついていることでだけはしないワンの髪の毛を何気なく譲り渡そうとして、彼女の手ぶりにびっくりしたワンは
むくっと起きた。

だが、ジュヨンはワンが昨夜二人にいたことを解明するのを何気なく見守った。 彼女は本来自分は日曜日でも朝寝坊
しないのに一度も破らないでとても安らかに寝たとし不思議に思った。 それと共にジュヨンはワンとお前がどんな人かと
弟であり、さつまいもだけだと釘を刺した。

記事
c0104506_1722592.png

c0104506_0305951.png

ジュヨンとワンの関係、ますます面白くなってきましたね。
ジュヨンを見守る包容力と前後測らないで自身の心を表現するワンは素敵です!
いろいろな経験をして艶がなくなってしまったジュヨンを次第に変化させるワンの存在は
このドラマを引っ張っていきそうです。
ワンを演じているソンジュンのほんわかした雰囲気が素敵で、年下の可愛さも十分発揮していて
これからも注目していきたいです。

[PR]

by majintera2424 | 2014-02-04 17:18 | ロマンスが必要3