カテゴリ:90日 愛する時間( 26 )


2008年 05月 07日

「90日、愛する時間」Hp

c0104506_22504897.jpg

BSジャパンで
5月27日(火)「90日、愛する時間」午後8時
放送スタート!
また、「90日、愛する時間」のホームページも
出来ました。
こちらです。

c0104506_2365825.jpg

いよいよ、BSジャパンでも「90日、愛する時間」が放送されます。
ジファン氏の思い入れのある作品が、沢山の人々に観てほしいですね。
たぶん、カットもあると思いますが、ジファン氏の演技力の素晴しさが
観る人に伝わったら嬉しいです。
「90日、愛する時間」は、悲しくて、ちょっと地味なドラマですが
私にとっては何度も観た思い入れのある作品ですので
BSから、地上波へと繋がって欲しいものです。
BSジャパンのHPも、とても素敵ですので、ぜひ見てみて下さいね。

[PR]

by majintera2424 | 2008-05-07 23:37 | 90日 愛する時間
2007年 12月 15日

「90日愛する時間」14話、それぞれの心の変化

c0104506_2151225.jpg

チング3人組、いい雰囲気です!

11月のリアル視聴から始って、何回も観た「90日、愛する時間」は、後2回を残す
だけになりました。
何回も観てるし、また字幕ありだと4人の心の変化がよく分かり、このドラマの奥深さを
感じます。
まずは、ジソクとオンマが病室で会うシーンですが、何度観ても二人の迫真の演技で
心が揺さぶられます。
c0104506_22105651.jpg

先に死んでいく息子を憐れに思い、また、母を残して死んでいかなければならない
息子の辛い思いが、二人の頬を伝わって流れる涙が物語っていて
「ごめんよ」の一言が切なく伝わってきます。
c0104506_22184156.jpg

テフンは、ジソクとミヨンの好きなようにさせようとチョンランに言います。
妻にとって彼は…大切な存在だし、決してジソクを捨てはしないと...。
これは、テフンにとっての大きな心の変化です。
あれだけ苦しんで、嫉妬し、ミヨンに罵声を投げかけていたテフンは、これしか方法が
ないと悟ったのです。
でも、チョンランは、最後の時間は仲直りして愛し合いたいんだと言います。
c0104506_22293990.jpg

テフンは、病室のジソクに会いに来て、お前の余生は、僕にとっては地獄だったと...。
僕が、あんたに取って代わるのに9年かかったし、どんな男か気になっていたと言います。
ここでも、テフンは会いたいなら会えと言い、ただしあんたの妻には知らせるなと…ミヨンに
危険が及ぶからと、忠告します。
c0104506_2239590.jpg

テフンは、ミヨンをレストランに誘い、今後はジソクに会ってもいいと話します。
彼が死んだら自分のところに戻ってきてくれ…お願いだと...。
「僕からのクリスマスプレゼントだ」と言うシーン、テフンが一皮むけて大きなナムジャに見えました。
c0104506_22501066.jpg

ジソクは、後3ヶ月の命と知り、“3カ月だけ一緒に生きよう”と言ってしまいますが
月日が経つほど、自分の愛がミヨンには拘束になることを知り、自分が死んでもミヨンは
ず~っと生きていかなければならないし、苦痛の中に生かしてはだめだと悟り
自ら療養院に入って行くことを決心します。
「今の俺は幸せだが、反省点も多い。死期が近づいたのかな」とポツリと言います。
ジソクもまた、ミヨンと一緒に生きたいとの思いを、封印してしまいます。
c0104506_2325661.jpg

ジソクのオンマは、前に二人が住んでいたアパートに、ジソクの荷物を取りに行き
ミヨンとの交際を反対し、暴力を振るっていたオンマでしたが、息子の高校時代の二人の写真を
大事にとっているのを知り、愕然とします。
そして、彼女もまたミヨンにお金を渡し、二人で逃げなさいと言います。
ジソクオンマもまた、死を迎えた息子のために、変わっていったのです。
c0104506_23153686.jpg

ジソクは、「お前にはこんなひどい夫のせいで面倒をかけてしまった…すまない、苦労させて」
とチョンランに感謝の言葉をかけます。
チョンランは、ジソクの前で泣き崩れます…そ~っとジソクは肩をなでてあげます。
c0104506_2324992.jpg

このシーンは、リアル視聴の時も書きましたが、大好きなシーンですので
また語られてくださいね。
ジソクはミヨンと別れるために、これからは家にいるので、もう電話も出来ないと嘘をつきます。
ジソクは、電話機を手でふさいでミヨンに聞こえないように「後は…1人で生きる。助けは借りない」
ミヨン「何て言ったの?」
ジソク「もう、平気さ」
ジソク、ふさいで「チクショー」
          「まいったな」
          「まいったよ」
頭では、別れなくては思っても、心は思うようにいかなくて苦しんでいるジソクが切ないですね。
c0104506_23402218.jpg

ジソクと別れて泣くミヨンを、帰ってきたテフンは、心は複雑でも、そ~っとミヨンを抱きしめます。
なぜか、とても印象に残っているシーンです。
c0104506_2345243.jpg

ふと、チョンランはジソクが死んだのではないかと思い口元に手を置き
生きていることを確かめて、その後、ジソクにキスをします。
プライドの高いチョンランですが、ジソクを深く愛していたのですね。
c0104506_23504953.jpg

ジソクは「ハヌル」という療養院に入ります。
ジソクは、トックやチョンランに、ミヨンに聞かれたら、シラを切ってくれ…“遠くに
行った”と言ってくれと頼みます。
c0104506_23552769.jpg

テフンは仕事の関係で、療養院にやってきて、子供と話しているジソクを見つけて
唖然とします。
ジソクが諦めて身を引くことを決めました。
でも、テフンはジソクの居場所を知ってしまいます。
テフンはジソクと会ってもいいとミヨンに言っていますし、これからどうなるか
あらすじは分かりますが、何度観ても新たな発見をしていますので
とても楽しみです。
まだ、チョンランだけは、ジソクの最後の願いを聞き入れることが出来ずにいます。
妻として、すごく難しい事かもしれないけど、死んでいくものの願いを聞き入れて
あげることもジソクを愛していることだと思うのです。
死を前にして生きることの辛さ、恐さは私たちの想像以上なことだと思います。
ジファン氏が、3ヶ月の間演じてなかなか抜けられなかったほど、それは壮絶な生き方
だったと思います。
後2話、まだまだ沢山の名シーンがあります。
字幕を見て、かみしめて、それぞれの心の変化を感じながら最終話まで観たいと思います。
[PR]

by majintera2424 | 2007-12-15 00:36 | 90日 愛する時間
2007年 11月 01日

「90日、愛する時間」初放送始まりました!

c0104506_20241330.jpg

ついに放送されました!

昨日、「90日、愛する時間」1~2話が衛星劇場で放送され、これから2話ずつ全16話が
放送されていきますね。
昨年11月に韓国で放送されて、ほぼ1年ぶりのTVの放送になります。
大きい画面で綺麗な映像での放送は、見ごたえ十分です。
大きい画面で観ると、ジファン氏や親友の高校生姿は、ちょっと笑ってしまいますが
高校生の多感で、自分ではどうすることも出来ない運命に翻弄されるジソクの気持ちが
とても伝わってきて、苦しくなってきます。
「90日、愛する時間」はここでレビューを書いているので、内容は別に載せませんが
あれ~!リアル視聴と昨日放送されたものがなんか違うぞ~と気づきました。
まず、最初のバスを追いかけるときの音楽、「花のサンフランシスコ」が流れないのです。
日本は、著作権がうるさいと聞いていますが、別のインパクトの弱い曲が流れて
躍動的な場面にはぴったりこない気がして...。
韓国での放送はこちらです。
また、ミヨンが大学生になり、ジソクとも会えず寂しく部屋で涙しているとき
ラジオから流れる曲「煙が目にしみる」が歌でいい雰囲気なのに
曲だけだったりと、音楽がすりかえられているんですね。
そのシーンはこちらです。
もしかして、後半で流れる「ホワイトクリスマス」もなくなる可能性大な気がします。
ドラマでのOSTは、すごく重要なので、残念でしょうがありません。
また、私の記憶からすると、2ヵ所カットされていましたよ。
特に私が好きな、ジソクがタオルで顔を覆って、トックと演歌っぽい曲を
女性のしぐさをして歌うシーンが消えちゃっていました。
c0104506_211754.jpg

やっぱり、時間の関係もあるのでしょうね。
2話連続で観れるので、4人の人物の誰に感情移入をするかによって
ドラマの見方が変わってくるのでしょう。
字幕がついて、セリフが分かると、いっそうそれぞれの気持ちが理解できて
切なく、苦しくなっていきます。
このドラマの主役のジファン氏と、キム・ハヌルさんとの息もピッタリあって
素晴しい演技をみせてくれているので、これからもすごく楽しみです。
[PR]

by majintera2424 | 2007-11-01 21:44 | 90日 愛する時間
2007年 09月 17日

「90日、愛する時間」5~6話

c0104506_17235971.jpg

それでは、5話から始めます。
c0104506_17243349.jpg

エレベーターで別れた二人でしたが、一旦車を発車したジソクは
引き返して病院の駐車場で、ミヨンを捜します。
ミヨンが、ジソクの病気を知ってしまって、どうしているかとても心配だったなのでしょうね。
c0104506_17433878.jpg

このシーンは、リアル視聴で、言葉が分からなくても涙した場面です。
愛する女性がいるけど、会うことも出来ないし、もう少しすれば死ぬんだと
トックに話します。
そして、トックの口から、ミヨンはすでに結婚している事を聞かされるのです。
ジソクの表情が、切ないですね。
c0104506_17494927.jpg

ジソクは大胆にも、ミヨンの夫テフンの会社に来て、いろいろと話を聞きだします。
帰りがけに、テフンに聞こえないように
「あなたの妻を愛しているんだ。あなたの妻と暮して死ぬのが望みなんだ
それでも構わないか?」と話しかけます。
c0104506_180210.jpg

ジソクの父親の納骨室に行き
「一つだけ願いを聞いてくれ!ミヨンを頼むから返してくれ
何とかしてくれ~親父」と叫びます。
c0104506_186510.jpg

「私の許しを得てから死んで!
私の脳に残る恨み、憎しみ、すべて無くなってから死んで!
死んでいなくなってしまったら、とても虚しいし、とても悔しいからだめよ」
とミヨンはジソクに涙ながらに訴えます。
この言葉は、後でジソクも言っていますが、まだジソクを好きだということなのでしょうね。
c0104506_18143428.jpg

トックはミヨンに、9年前に別れた時の事情を話します。
あの時は、そうするしかなかったことや、心の中では一度も忘れたことがないと
ジソクが思っていることも話します。
ミヨンはジソクに捨てられたとず~っと思って来たので、衝撃的な事実だったのです。
c0104506_18235848.jpg

ミヨンは、ジソクに電話をして、無言のまま涙をながします。
「ありがとう 電話をくれて」とジソク
この一言が、すごく心に響いてきて、良かったです。
c0104506_18314457.jpg

ジソクはミヨンがバスに乗る姿を見つけ、夢中でバスを追っかけて乗り込みます。
途中、おじいさんが乗ってきて立っているので席を譲ってあげたいけど
「あの、彼女と久しぶりに並んで座ったもので...」と言って
前に座っている若い男に席を譲るように、合図をするのです。
その時のジソク、とても可愛かったです~!
バスは終点まで行き、バスの中でジソクは残り3ヶ月と聞いて
最初に思い出したのはミヨンでその時から、心臓が早く動くんだと話します。
傘を買って、相合傘でミヨンのために一生懸命に濡れないようにする姿が
可笑しくもあり、とても可愛かったです。
c0104506_18535238.jpg

ミヨンは、ジソクに会いに来て、
「私の人生を、二度も台無しにして、欲しいものをすべて
手に入れて生きていくことは出来ないわ。」
「欲しいものは一つしかない。お前、お前だけしかなかったんだ」
「私は、平凡にとても上手く暮しているわ。
だから、これからは一切電話しないで」
c0104506_1954169.jpg

ミヨンは、学生時代にした、どのくらい感じるかを数字で表して
二人で遊んでいたやり方で
ミヨンは「私に会えなくてどの位辛いか
楽しめるくらいの苦しさは5で
死ぬほど苦しいのは10だ」と言います。
ジソクは今の苦しさは100だと叫びます。
今、ミヨンはジソクに罰を与えているし、私も罰を受けていると...。
ジソクからメールが来ます。
「罰を受けるには、俺の人生があまりに短い」
「会いたいわ」
「会おう」
「俺たち会おう!」
二人は、ジソクが「3ヶ月一緒に暮してくれ」と言ったあの場所で
お互いの気持ちを抑えることが出来ずに、車を走らせます。
「私、分からないの、何をどうしたらいいか」
「ありがとう 死ぬ前に、私を訪ねて来てくれて」
ジソクは、ミヨンの頬に静かにそっと手を当てます。
ミヨンは、そのジソクの手を握って、涙をながします。
決して、派手なラブシーンでないけど、静かに二人の思いが伝わってくるような
素敵なシーンでした。
c0104506_19323535.jpg

ジソクとミヨンが一緒に車の中にいるのを、チョンランは見てしまいます。
また、テフンも3人の姿を、背後から見てしまいます。
これからは、4人の葛藤が始まります。

PS:7話から、ますます佳境に入っていくので、ネタバレになると面白くなくなると
思いますので、レビューは差し控えたいと思います。
「90日、愛する時間」をリアル視聴をした時に、レビューを書いてありますので
先を知りたい方は、そちらを参考にしてくださいね。
[PR]

by majintera2424 | 2007-09-17 19:51 | 90日 愛する時間
2007年 09月 15日

「90日、愛する時間」3~4話

c0104506_0483842.jpg

また、3話~4話、好きなシーンが沢山です。
ミヨンと別れて9年が経ちました。
c0104506_0551885.jpg

c0104506_0565513.jpg

親友の医師のピョンチャンから、すい臓癌であることを知らされます。
別の病院でMRIを受け、医師より3ヶ月の命だと聞かされます。
c0104506_104375.jpg

「世の中不公平だ」

何故、自分だけがこのようなひどい目にあわなければならないのかと
苦悩するジソク。
声を張り上げて歌い、酒を飲んでも癒される事のない現実に、ただただ涙するジソク。
その姿を見ているだけで、涙がこぼれます。
c0104506_1212679.jpg

ミヨンもまた、過去の愛から抜けてはいないのでした。
c0104506_1234298.jpg

「トックや、俺死ぬんだって...
死ぬ前に、ミヨンと一度会わないとだめなんじゃ?
死のうとしているけど、またミヨンに会えると思うとときめくよ」(トックには聞えていません)
c0104506_1325865.jpg

車を停車中にミヨンが車で通り過ぎるのを見たジソクは、ミヨンに向かって
ただただ全力で走ります。
ジソクは、自分は狂ったようだと言うように、周囲のことは考えられず
ミヨンに会いたい気持ちだけで、大胆な行動へと駆り立てるのでした。
c0104506_1434632.jpg

このときのジソクの優しい話し方と、表情が大好きです。
ミヨンと会う前に、話す言葉を用意して話しているジソクが切なくて...。
「死ぬというのに、お前に会いたいと思って、初めて会う時のようにときめいて...」
c0104506_154466.jpg

「元気にしてた?」
「元気にしてたと思う?」
「そちらは?」
「俺たち、3ヶ月間一緒に暮そう」
「俺と、3ヶ月暮してくれないか?」
「うん?」
「狂った奴!」
話そうと思っていた言葉でなく、3ヶ月一緒に暮そうという突拍子もない
言葉を言ってしまいました。
c0104506_265358.jpg

大学で、ばったりミヨンと出会って、ジソクは俺と暮そうと言いますが
ミヨンは、本当に出来るなら、あなたとの思い出だけえぐりり取ってしまいたいと言います。
c0104506_214108.jpg

c0104506_2143527.jpg

トックもジソクの病気を知ります。
ジソクはトックに「他のことは全部耐えることが出来るけど、ミヨンとこのまま
別れて死ぬことは耐えれない。
いつかミヨンに再び会ってまた、愛し合うことが出来たら50でも80でも
その日が来ると信じていた。
その時は、俺たちを罵る人はいないだろ」と話します。
c0104506_2244476.jpg

病院のエレベーターで、3人が鉢合わせしてしまいます。
チョンランは、ミヨンのことはまだ知らないので、アメリカに行って治療し、あそこでは
癌は、どうってことないとエレベーターの中で話してしまいます。
c0104506_2321250.jpg

ミヨンは、ジソクが癌であることを知り、何故3ヶ月一緒に
暮そうという意味が分かったのです。
ジソクは頭では分かっていても、心がミヨンへの愛情で、押さえきる事が出来ず
切なくて、苦しくて、また、病気への恐怖も感じてしまいます。
その繊細なジソクを、ジファン氏が完璧になり切って観るものを
ますます切なく、涙を流させてしまいます。

[PR]

by majintera2424 | 2007-09-15 02:46 | 90日 愛する時間
2007年 09月 13日

「90日、愛する時間」1~2話

c0104506_22513647.jpg

お友達から、「90日、愛する時間」の字幕入りを頂いて、さっそく1話~6話
まで、観ました。
字幕があって、言葉の意味が分かると、感情移入が出来て、前に涙したシーンと違ったところで
涙、ボロボロの状態でした。
また、こんなシーンがあったっけと思う箇所もあり、新鮮な思いで観ることが出来ました。
やっぱり、ジファン氏の演ずるジソク、表情も、声も素敵でした。
c0104506_2344597.jpg

二人共、高校生で、初めて出会った時の表情です。
c0104506_238744.jpg

4年後、ジソクは、ミヨンの住んでいるアパートを知っていて、ミヨンがオンマに
電話しているのを、じっと聞いています。
ミヨンは、オンマとの電話が切れても、話を続けています。
「体は忙しくて大変だけど、心が退屈なの。悪い奴だ。私を退屈にさせる奴。
退屈でない日が来るかな?」
高校生の時、済州島で別れても、二人の気持ちは変わらずにいたのです。
c0104506_23192714.jpg

ジソクはチョンランとデートで道を歩いていると、ミヨンにバッタリ会って
どうしたらいいか分からないくらいに、うろたえます。
ミヨンを思い続けてきた気持ちが、よく伝わってきます。
そして、ミヨンに握手を求めます。
チョンランにどんな関係と聞かれ、とっさに「故郷の後輩」だと答えてしまいます。
c0104506_2332453.jpg

このシーンはリアル視聴したときは、言葉が分からなかったので、あまり印象に
ありませんでしたが、今言葉が分かると、とても心に残るいいシーンでした。
路上ライブをしているところで、ミヨンの姿を見つけたジソクは
「必ず、隠れて暮せと言っただろ。お前を俺に見させないように、それぐらい俺は
慎重にしてきた。気をつけろよ、ミヨン。気をつけて隠れていてくれ。
もし、偶然に道で出会えば、その瞬間から、俺たちは終わりだ。」とミヨンが耳が
聞こえないと思って、ミヨンの後から話しかけます。
でも、ミヨンは耳を手術して聞こえるようになっていたのです。
ミヨンは、一旦はジソクから去りますが、また戻ってきてジソクに
「ばかみたいに待っているだけなんて、これ以上しないわ。私も終わりが
どんなものか聞きたい」と言います。
c0104506_2356467.jpg

「終わるまで行こうか?こんな暮らしはもう嫌だ」
c0104506_23584685.jpg

c0104506_001463.jpg

c0104506_003299.jpg

二人は、また付き合い始めます。
こんな幸せなシーン、もっとたくさん観たかったなぁ~!
c0104506_021790.jpg

二人でアメリカへ行って暮そうと、誓い合います。
c0104506_041919.jpg

c0104506_052296.jpg

c0104506_06332.jpg

ビザの申請に行って、従兄妹同士の結婚が許されるアメリカに行かせて欲しいと
嘆願します。日本では、考えられない事ですね。
c0104506_0103794.jpg

c0104506_010597.jpg

アボジの死によって、ミヨンとアメリカに行く事が出来ず、また事情によって
ミヨンと別れを決意します。
このシーン、本当に切なかったです。
c0104506_0154189.jpg

ミヨンと別れた後、親友に抱きついて泣くジソク、大きな悲しみでいっぱいです。

前半は、速いペースで物語は進んでいきます。
3話からは、ジソクの病気が分かり、新たな展開に発展していきます。

[PR]

by majintera2424 | 2007-09-13 00:30 | 90日 愛する時間
2007年 09月 04日

「90日、愛する時間」12話、可愛いワンカット!

c0104506_20371592.jpg

柔らかい表情で、素敵です!

c0104506_20415729.jpg

寝ているジソクの顔に日ざしがいっぱい零れ落ちています。
そんなジソクの顔の上でヘジンの手がのせられています。
ヘジンは、 ジソクの顔をあちらこちらに手探りして、眉毛も触って見て
唇も触って見て、また鼻の穴の中までも二本の指を入れて見たり
 ほっぺたをもみもみしたりして、パパを起こそうとしています。
その上に夢のように聞こえる声!

パパパパパパ!
その声でジソクは目覚め、二人で思いっきり背伸びをします。
そして、ジソクは、娘ヘジンの顔を洗ってあげます。
ヘジンは、ジソクにクリスマスの贈り物として
「パパとデイトをしたい!」と耳元で、ささやきます。
この後、二人でレストランで20歳の淑女として、娘とデイトをするのでした。
このシーンも、私の大好きなシーンですが、その前の娘とじゃれ合う姿が
微笑ましくて、何ともいえないソフトな雰囲気が大好きです。
辛い、悲しいシーンが多い中で、このシーンはオアシスのようですね。


c0104506_21281866.jpg

話は変わって、「90日、愛する時間」のDVDが2007/11/23に発売予定になり
予約が始まっています。
こちらです。
初回版特典などは、ないのでしょうか。
c0104506_2135092.jpg

c0104506_21354989.jpg

この画像は、韓国版DVDです。
とても素敵ですね。
詳しくはこちらです。
日本と韓国では値段が違って、韓国版は半額で買えるんですね。
でも、韓国版は、字幕がないし、リージョンコード :3なので、日本では無理のようですね。
「90日、愛する時間」のDVDの画像や,予約販売の情報を聞くと
何か落ちつかなくなって、欲しいなぁ…でも値段が~と迷ってしまいます。
「頑張れ!クムスン」の後、リアル視聴して嵌って、今も続いている「90日、愛する時間」
大事な作品として保存して置きたいし、特典が付いていたら即注文しちゃいますが..。

[PR]

by majintera2424 | 2007-09-04 22:04 | 90日 愛する時間
2007年 09月 01日

「90日、愛する時間」8話の名シーン~!

c0104506_2153131.jpg

昨日、ラジオ放送でのジファン氏の声を、翻訳された文章を
見ながら聞くことが出来、内容もよく分かって、ジファン氏がそばにいるようで
とても楽しいひと時でした。
その中で、本人の一番の代表作が何なのかの問いに、私の胸の中に残る作品は
やっぱり「90日、愛する時間」だと言っていました。
俳優というタイトルの修飾語が少しずつつき始めた作品だったからどうしても
「90日、愛する時間」に愛着があるとのことです。
メーキャップもしないで、撮影の前日には寝ないで、またお酒をたくさん飲んで
そのやつれて青白くみすぼらしく出るようにと、身と心を酷使させた作品だったと言っています。
そして、「90日、愛する時間」では、不治の病いにかかって死んで行く役だからと
事実、同じ演技者たち同士、対話をあまりしなかったようです。
そこまで、集中して完成させた作品ですから、やっぱり人の心を打つのでしょうね。
私は、今好きだった、また名シーンと思える話(回)を、ダビングして観ています。

c0104506_21374831.jpg

このトックとの会話のシーンが大好きです!

トックがジソクを笑わせようとして、高校時代の倒れた時の話をしだします。
倒れる振りをして、皆を笑わせたと自慢げに話します。
そうしたら、ジソクが、一度倒れる振りをやってくれと、何度も頼みます。
トックが、気絶する振りをしながら倒れて 笑わせると
ジソクは、涙まで流しながらくすくす笑います。
また、トックも、涙を流しながら笑います。

ジソク「ありがとう 笑わせてくれて...」
トック「無駄口をたたいてごめんね。もうこれからは無駄口は言わないから...」
トック「面白く生きよう」
ジソク「お願いだ」

ジソクの死というどうしようもない現実の前で、二人はたわいのないことで
笑おうとしますが、それがかえって悲しみを増すようで、二人共、泣いてしまいます。
二人の繊細な心の演技、素晴しかった~!!
親友同士、すべて分かち合えるからこそ、ジソクへのトックの優しさに泣けてしまいます。
是非、このシーンは字幕で言葉をかみしめて観てみたいです。

PS:「teraの別宅」に「頑張れ!クムスン」の動画(ジェヒのステキなシーンが
イッパイ)を載せました。
カフェからお借りしてますが、何度も観たくなるシーンばっかりですよ~!

[PR]

by majintera2424 | 2007-09-01 22:15 | 90日 愛する時間
2007年 05月 20日

「90日 愛する時間」をふたたび~!

c0104506_21114813.jpg

幸せそうで素敵な表情です!

久しぶりに「90日愛する時間」の話題です。
カフェでは、韓国でMBC制作のクサシのDVD実現のために
皆さんからの申請を受け付けています。
韓国ではDVDはあまり売れないので、作るだけでも大変なようです。
もし、作られた場合、日本語の字幕はないそうですが
私にとって記念すべき作品ですので、さっそく申請をいたしました。

「90日 愛する時間」は、初めてリアル視聴があることを知って
毎週PCの前で、スタンバイをし
字幕なしの映像を、何とか理解しようと集中していた自分を思い出します。
そして、チャットというものを初めて経験をし
ドラマについて、観てすぐ思ったことを話せる楽しみも知りました。
また、ハングルを知っている方から、翻訳してもらい
より理解することも出来ました。

リアル視聴したドラマを、画像を入れて、台本は翻訳機にかけて
レビューを書くことは、簡単なことではありませんでしたが
それだけに思い入れもあります。

日本でクサシが放送されたら、一番嬉しいことですが
なかなか新しい情報は入ってきませんね。
ジファン氏も、クムスンでのジェヒ役とは全然違って
繊細で、重厚な役柄を、見事に演じていました。
それだけに、DVDができて、またふたたびジソクに
会えたら、どんなに嬉しいでしょう。

また、スライドショーを、DVDが出来る事を願って
「90日愛する時間」での、演技者ジファン氏の素敵な表情を集めました。
それぞれの場面を思い出しながら、ジソクを堪能してくださいね。

是非、クサシのDVD化が実現しますように...。

[PR]

by majintera2424 | 2007-05-20 22:08 | 90日 愛する時間
2007年 02月 17日

「90日 愛する時間」のスライドショー

c0104506_14323632.jpg

「90日 愛する時間」を視聴し終わってから
1ヶ月以上過ぎました。
今、無性にクサシが観たくて、DaumやYouTubeで観ています。
エキサイトブログのネームカードで、スライドショーが
出来ると知って、「90日~」の写真で作ってみました。


いかがですか?
少しはジソクを思い出していただけましたか?
「90日~」のOSTの音楽がついたフラッシュでも作れれば
いいのですが...。

今、ジファン氏の作品の「頑張れ!クムスン」と「恋の花火」を
観ていますが、「90日愛する時間」はその作品とは全然違った
重厚で、死を前にして苦悩するジソクを見事に演じていたなぁ~と思います。
生きるということ、死ぬということ、愛するということ、家族とは、夫婦とはと
いろいろと考えさせられました。
人は、そんなに強い人間ではないし、初恋が実ることが出来なかったことが
死を前にして会って暮らしたいと思う気持ちは、
許されないし、わがままことかもしれしれません。
でも私は、人の自然な思いではないだろうか~とも思います。

是非、またどこかで放送してもらって、ゆっくりと字幕つきで
このドラマを観てみたいと強く思います。

[PR]

by majintera2424 | 2007-02-17 16:51 | 90日 愛する時間