teraのおとぼけ日記

meias.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:パスタ( 1 )


2010年 07月 29日

『パスタ』最高に面白かったです!

c0104506_016449.jpg

一番観たいと思っていた作品『パスタ』、面白くてあっという間に観終わってしまいました。
一流のイタリアンレストラン「ラスフェラ」で繰り広げられる人間模様
特にレストランの心臓部の調理場を舞台に葛藤や事件、恋模様が
スピーディーに、楽しく、また美味しそうな料理も目を楽しませてくれました。
料理する場面が多いために、スタッフも俳優陣も大変な努力をして
撮影をしたでしょうね。
あの迫力のある、ピーンと張り詰めた緊張感のある調理場の雰囲気が
とても良く表わされていて、その中で声の素敵なチェシェフ(イ・ソンギュン)の張り上げる声
が、もっと緊張感を増して・・・
c0104506_0184430.jpg

ソ・ユギョン(コン・ヒョジン)とチェ・ヒョヌク(イ・ソンギュン)の最初の出会いは
素敵でした!
手には金魚を持ったユギョンは横断歩道を渡ってきた男がぶつかってきたせいで
金魚の袋が底に落ちて、金魚が袋から飛び出してバタバタ・・・どうしたらいいの?
そこへヒョヌクが自分の水をユギョンの両手に入れ、金魚を放し、水をたしながら
「ラスフェラ」までついて来てくれたのです。
後に、ユギョンはこのときからもうヒョヌクに一目ぼれしていたと告白!!
c0104506_0192457.jpg

ユギョンとヒョヌクの恋愛は、最初、ユギョンの片思いに見えたのが、だんだんヒョヌクも
自分の感情を抑えることができなくなり、でも職場では恋愛禁止と決めた手前破る事が
出来ずに、ヤキモキします。
観る方も、いつ、このことが、どういう形で、ばれるのかが、気になって次を観続けたほど・・・
とにかく、ユギョンの仕事に対しても恋にも一途で、一生懸命で、正直で
特にヒョヌクの前での恥じらいの笑顔は、可愛かったです。
「俺が一番好きな声は ユギョンが“はい、シェフ”と言う声なんだ」と言うセリフがありますが
私も彼女が「ネ~シェフ(はい、シェフ)」がその時々によって違って聞こえてくる
「ネ~シェフ」が大好きでした。
ユギョンを演じるコン・ヒョジンさんは、『乾パン先生とこんぺいとう』『ありがとうございます』
以来ですが、オーバーすぎない抑えた自然な演技が最高でした。
また、カリスマシェフを演じたイ・ソンギュン氏は、“温和な良い人”のイメージを払拭して
荒々しく、傲慢な男に見事に変身してくれました。
彼が大きな声で、特に語尾に力を込めた声を聴いていると、私のストレスも一瞬して
消えていくような快感で・・・(笑)
二人で交わす柔らかい笑顔は、アドリブのようで・・?自然な二人の演技力で
二人の会話もテンポもあって面白くて、とってもお似合いな素敵なカップルでした。
c0104506_02059.jpg

調理場の中でも、国内組とイタリア組と別れて対決ムードでしたが
イタリア組の3人はイケメン揃いで、目の保養をさせてもらいました(笑)
また、国内組の4人は、とても個性的で、演技力でも光っていました。
また、厨房補助の末っ子チョン・ウンス(チェ・ジェファン)も可愛かったです。


c0104506_0242031.jpg

ヒョヌクのイタリアでの元恋人で女シェフのオ・セヨン(イ・ハニ)は、ライバルであったヒョヌクを
罠にかけ卒業試験で自分が首席を獲得します。
不正をしたことが彼女をずっと苦しめているようでした。
ユギョンとは正反対の女シェフとして、女らしく、強い役をイ・ハニさん、見事に演じて
素敵でした。
「ラスフェラ」の社長キム・サン(アレックス)は、3年間ずっとユギョンを見続けて
応援してきました。
サンはヒョヌクとは正反対で、ユギョンには優しくて、何でも美味しいと食べてくれるし
心が広い人です。
そんなステキな紳士を、アレックス氏が演じています。
私は初見ですが、とてもピッタリで、自然な演技がよかったです。
イタリアンレストランを舞台にしたこと、セリフがいいこと、脚本の完成度の高いこと
俳優の演技力の素晴しさがこのドラマを、おしゃれに、面白いドラマへと高めてくれました。
私の中では★★★★★です!
ぜひ、観られることをお薦めします。


[PR]

by majintera2424 | 2010-07-29 17:32 | パスタ