カテゴリ:乾パン先生とこんぺいとう( 1 )


2009年 11月 02日

「乾パン先生とこんぺいとう」を観終わりました

c0104506_1691567.jpg

あらすじ・・・
ジュンスク高校史上最強の武勇伝を持つ伝説の女ナ・ボリが、教師になって母校へ
帰ってきた。
ちょうど帰国した問題児パク・テインの監視役として臨時採用されたボリは、テインの
いる3年3組を担当することに。
正義感と一生懸命さだけが取り柄のボリだが、憧れ続けたチ・ヒョヌ先生の応援もあり
テインをはじめ、悪徳金融につかまったユジンなどなにかと問題を起こす3組の生徒に
向き合っていく(BS11番組紹介から)


c0104506_1611021.jpg
■コン・ユ(パク・テイン役)
イケメンでケンカが強く、その上頭もよくて成績はトップクラス。だけど神様は公平だ。
すべて完璧にそろっているテインに、人並みの温かい家庭環境を与えなかった。
コン・ユssiが26才のときの高校生役…ちょっとは違和感があったが、ポリを思う一途な愛情表現が
もう~可愛くて、切なくて、恐るべしコン・ユssiの演技力でした。
「コーヒープリンス1号店」も良かったですが、ティンも最高に可愛くて涙のシーンも、涙が溢れてきて...すばらしかった!


c0104506_1611571.jpg
■コン・ヒョジン(ナ・ボリ役)
高校時代伝説的なスケバンだったボリは、退学後、涙ぐましい必死の努力の果てに母校の臨時教師として赴任する。
不良だった自分をかばってくれた優しいチ・ヒョヌ先生に愛されるために、教師となったのだ。
問題児に真正面から立ち向かう彼女の問題行動(教育的指導)は、問題を解決し、生徒との絆をも深くしていきます。ただ、点数だけで判断しない教育、何かが起きると、乾パン先生の携帯の119に電話する...
コン・ヒョジンさんは、「ありがとうございます」以来ですが、熱血新米教師を見事に演じ、ヒョヌとティンの間で揺れ動く女性も素敵でした。


c0104506_16124588.jpg
■キム・ダヒョン(チ・ヒョヌ役)
高校生だったボリを忘れられなかったヒョヌは、テインを口実にボリを引き留めようとするが、少しずつ離れていくボリの気持ちに気づき、淋しさを募らせる。
目が大きくて、綺麗な顔立ちのダヒョンssiは、ミュージカル俳優とのこと。
役柄的には、愛しているポリのことを、本当に思っているのか?
疑問に思うことが、多々あって、ティンの直球愛に、影薄しな感じです。


c0104506_16154251.jpg
c0104506_1616197.jpg

「ナ・ボリ先生が好きだよ」
「俺!パク・テインはナ・ボリ先生の事が好きだ~」
「1年だけ、いや!卒業するまで待ってて欲しい!きっと良い男に
なって現れ、先生にプロポーズするよ」
そして叫びます!
「俺はナ・ボリを愛してる~~」

ジェンマから「乾パンは先生ではなく監視役」だと聞かされたテインは
激しい怒りをもつが、やっぱりポリが好きで
空港で、ヒョヌがいる前で、ぴょんぴょん跳ねながら、愛の告白をしちゃいます。
もう!可愛すぎです~~!
c0104506_16172993.jpg

c0104506_1618364.jpg

c0104506_16185234.jpg

c0104506_16211314.jpg


BS11で、何気なく「乾パン先生とこんぺいとう」の12話を観ていたら、面白くて
コン・ユが演じるティンが、あまりに可愛くて、切なくて...
さっそく、ビデオレンタルして、一気に観てしまいました。
6年間ヒョヌ先生を思い続けて、やっと先生になり、ティンの監視役として母校に
帰り問題ありの3年3組の担任を持つ「乾パン先生」の生徒との奮闘ぶりと
ヒョヌとティンとポリの恋愛模様が、本当の教育とは?とも絡めて
とても楽しく観ることが出来ました。
メインはなんと言っても、ティンのポリへの愛情ですね!
ティンは、オンマが亡くなり、アボジは再婚して、継母と叔父のヒョヌと暮して
いますが、いつも一人ぽっちで、家庭の愛情のない生活でした。
ポリという女性とめぐり会って、ポリに病院でアルバイトをしながら貯めたお金で
洋服のプレゼントをしたり、また、毎日バラの花を一本、家の門に置いて行きます。
そして、家の門にバラのアーケードを作って(韓国ドラマによくあるイベント)で
彼女を慰めようとします。
また、ポリはセミナーで事情が変わって帰る事になり、ポリから歩き疲れてヘルプの
電話が来ると、真っ先にバイクで駆けつけるティン…靴ずれをおこした足に、自分の
大きなスニーカーを履かせてあげて...
寒いからと言って、自分の上着と、温かいカップラーメンを買ってきてあげたりで...
ヒョヌのことを思っているポリでも、ティンの優しさは変わらずに、真っ直ぐで
本当に良い子なんですね。
ポリのかばんから、辞表とパスポートを見つけて
ポリが遠くに行ってしまうと思い
「行かないで、
ここで叔父さんと結婚して、ここにいて。
ジャマしないから。
花が重荷なら贈らないから。
つきまとわれるのがイヤなら、やめる。
決して、姿を現さない。」

この時の、ティンの真剣で、涙ながらに訴える表情が、たまらなく切なくて
一緒に涙してしまいます。
結局、ヒョヌとの結婚は破談になり、ポリもティンも学校を去ります。
一年後、米国から帰国し、大学受験のために塾に行くことにしたテインは、講師に
ボリの姿を発見。
授業に潜り込んだテインは、
「結婚式の前日。あの子から 花嫁衣装をもらった― その時よ。
愛してると気づいたの。」
「勉強に追われ 条件かに縛られてると
おバカな先生みたいに自分の恋に気づかないまま、結婚直前に目を覚ますの。」

とポリが、ティンを愛しているということを話しているのを聞いてしまったのです。
こういう形で、ポリの気持ちがティンに伝わって、本当に良かった!
片思いで切なかった恋が、やっとお互いの気持ちが繋がって...
ティンは、すぐにでも結婚したかったけど、まだ浪人中だし、ポリから今の状態では
無理と言われ、ラストは、教育実習生として母校に帰ってきて、生徒に自分の恋話をして...
教室に来た指導教官のポリにチュッ!
ラブラブなハッピーエンドでのラストで、超~満足です!
[PR]

by majintera2424 | 2009-11-02 22:14 | 乾パン先生とこんぺいとう