teraのおとぼけ日記

meias.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:母さんに角がはえた( 3 )


2009年 04月 02日

「母さんに角が生えた」観終わりました

c0104506_1127672.jpg

長丁場の66話を思わせないほど、毎週が面白くて、次回が待てないくらい楽しみで
それぞれの家族が持つ苦しみ、悲しみ、喜びを、リアルに描いていた
とても心に残るホームドラマでした。
後半は特に、ハンジャ(キム・ヘジャ)の家出と、ハンジャの姻戚であるウナ(チャン・ミヒ)と
ジンギュ(キム・ヨンゴン)夫妻の離婚の危機などがあり、また、共感できて
ドラマを一層面白くさせてくれたと思います。
c0104506_1128966.jpg

ハンジャの誕生日、突然の一年間の休暇願いを言い出したハンジャを
ハラボジ(イ・スンジェ)とハンジャの夫イルソク(ペク・イルソブ)が許可をし
ワンルームで独身生活が始ります。
この二人の許しがなければ、自由な休暇を過ごす事が出来なかったのですから
二人の決断には、大拍手を送りたいですね!
ハンジャが家を出て、車に荷物を積んで走っている時、全てのしがらみから解放されて
幸せそうに窓から顔を出す姿が、今でも鮮明に脳裏に残っています。
初めてマニキュアを店員からしてもらって嬉しそうですね!(上の写真)
休暇中、パソコンを習い、メールを送るまで出来るようになったり
習字を習い始めたり、また、ワンルームにはいつも何輪かの花を飾ってあったりで
とても充実した3ヶ月だったようで、観ていて自分の事のように嬉しかったです。
こんな生活をするのは、ハンジャの我が儘だと言う人もいますが
捉え方は人それぞれで、40年間、家族のために休む暇もなく働いてきて
また、子供達といえば、ハンジャが願うような結婚ではなかったし
ハンジャにとっては、このまま一生を終わりたくないと思ったのは、我が儘とは
また、違うのではないでしょうか。
ハンジャは2週間後には我が家に帰るつもりでいたのですが、ミヨン(キム・ナウン)の
流産の兆しがあって、自分の意志ではなかったけれども元の生活に戻ります。
c0104506_11284736.jpg

ヨンミ(イ・ユリ)の姑のウナ(チャン・ミヒ)の存在は、このドラマのスパイスみたいな存在で
自分の価値観で世界が回っていて、「ミセスム~~ン」と家政婦を呼ぶ声が
妙にいつも耳に残っていました。
ヨンミもウナには、いろいろとひどい事を言われて、涙する場面も多々ありましたが
ラストの方では、ウナの気性を把握して、言うべき時ははっきりと言えるようになったので
これからは、うまくやっていけそうですね。
それよりも、離婚騒動まで発展したウナとジンギュの関係も、騒動以後、ジンギュは
今までウナのために我慢をして来た事を止めて、観てて気持ちがいいくらい
自分の意見を言い、サックスを習ったりと変身していく姿がとても痛快だし、面白かったです。
c0104506_11291341.jpg

ジョンウォン(リュ・ジン)の娘ソラ(チョ・スミン)と再婚相手のヨンス(シン・ウンギョン)
との関係も、すごく注目していましたが、一緒に住むことによって
心が少しずつ解け始めて、実母の再婚によって傷ついたソラを抱きしめてあげるヨンスがいて
また、妙にソラと気が合うハンジャもそばにいるので、これからも大丈夫でしょうね...きっと!
c0104506_11294535.jpg

家族全員集合です!

c0104506_1130119.jpg

ハンジャは夫イルソクに、「家を出る前は、夫の愛している気持ちはよく分かっていたが
その気持ちに応えることが出来なかった。でも、これからは違うわ。大切にするわ。」と言います。
家を離れることによって、かけがいのない大事なものが見えてきたのでしょうね。
また、家族にとって母親の存在も、大切だということも分かったことでしょう。
最後にハンジャは言います「幸せでも不幸でもない平凡な人生、これからもそうやって
生きていくだろう。今の生活に感謝しよう」
「だけど来世では...キム・ハンジャとして自分の人生を生きてみたい」
この言葉に、私も最大のエールを送ります。
ラストのハンジャの素敵な笑顔、最高でした。
ハンジャを演じたキム・ヘジャさん、家を出て1人になってからのハンジャの演技、とってもソフトで
可愛くて、ヘジャさんの笑顔が素敵でした。
また、ハラボジの恋も楽しませてもらいました。
イ・スンジェ氏の純情な恋あり、ハラボジとしての威厳ありの演技、素晴しかったです。
イルソクの双子の妹であり同時にハンジャの小姑であったイソクを演じたカン・ブジャさん
ドラマを面白く、明るくさせてくれ、酒を飲みすぎて暴れる演技、圧巻でした。
キム・スヒョンさんの脚本は、リアルで、セリフは面白くて、また心に沁みてくる言葉もありで
最後まで集中させてくれた完成された作品でした。
また改めて韓国ドラマの面白さを、再確認させてくれたドラマ「母さんに角が生えた」でした。
[PR]

by majintera2424 | 2009-04-02 16:21 | 母さんに角がはえた
2009年 02月 08日

「母さんに角が生えた」ハンジャとジンギュの家出

c0104506_1716176.jpg

「母さんに角が生えた」を毎回楽しみに観ていますが、いよいよドラマの核心軸である
ハンジャ(キム・ヘジャ)の家出が放送されて、当時、韓国では視聴率が10%も上がったと
聞いています。
ハンジャの誕生日会で、ハンジャは「一年間、家を出て休暇を下さい」と爆弾発言をします。
ハンジャは、自分が何の夢も希望もなしに、ただ生きて死ぬことは悔しいと言います。
ハンジャの誕生日を、誰もが忘れていたという事実は、家を出るきっかけにはなりましたが
ふと、自分の人生を振り返ってみて、これでいいのか?と思うことは
決して悪い事ではないと思います。
そして、ハンジャは家を出て、ワンルームで独身生活をしながら、誰にも束縛されない自由を
得て、イキイキとしてきます。
朝早く起きなくてもいい、好きなだけ本が読める、初めて携帯を持つ、ラジオを買って
好きな時に音楽が聴ける、また食事をしながら、
パソコンを習う、一週間に一度映画を観るとやりたいことをメモしていきます。
ハラボジと夫のイルソクの許可をもらって、また子供達から生活費も貰ってと
贅沢な話といえばそうですが、私にはハンジャの気持ちが良くわかって
ハンジャの変わりようを楽しく観させてもらっています。
結婚して、子育て、仕事に追われて全くというほど、自分の自由な時間など持つことが
許されなかった頃、ある友人は、子育てしながら、自分の好きなことを自由に出来て
イキイキと生活している姿を見て、すごく羨ましく思いました。
いつか、自分にもこんな日が来るのだろうかと...?
でも、その人は病気で突然亡くなってしまいました。
その時、私はまだ生かされている、いつかきっと自分のために自由な時間を持てる日が
来るはずだとそう思いました。
今、シングルになって、子育ても終わり、ようやく自由な時間が持てて、こうして
パソコンも使えるようになり、楽しみも増えました。
これから、ハンジャは、1人の女性として、前向きに、充実した日々を過ごして欲しいですね。
また、ハンジャの姻戚であるウナ(チャン・ミヒ)とジンギュ(キム・ヨンゴン)夫妻の離婚の危機も
どうなっていくのでしょうか?
ジンギュが友人が車を買うときにクレジットカードを貸したばっかりに、浮気をしているのでは
ないかとウナに疑われます。
ジンギュは、友人の不倫相手の娘さんに買った車の保険だと言っても、ウナに信じてもらえず
ついに、堪忍袋の尾が切れて、ウナに罵声をあびせて荷物を持って家を出ます。
あの英国紳士と呼ばれたジンギュが、これまで気を使いながら、彼女の言うとおりに
生きてきましたが、「限界」を強く感じたのでしょうね。
自分が全てに一番でなければならないウナに、今までと違って言いたいことを言う
ジンギュが、見ていて気持ちいいですね。
また、ホテルで、格好も気にせずに、TVでボクシングを見て興奮したり、オートバイに
乗ってみたり、彼もまた、ウナから解放されて、自由を得てイキイキしています。

一生を我慢して暮して来たハンジャとジンギュの角が生えた事情が、これから
どんなふうに解けて行くのか、終盤に向けて注目していきたいですね。
[PR]

by majintera2424 | 2009-02-08 19:35 | 母さんに角がはえた
2008年 10月 03日

「母さんに角が生えた」16話まで観ました!

c0104506_10265387.jpg

1 話から面白いホームドラマです!

今、嵌りに嵌っているドラマ「母さんにとのが生えた」は、韓国では最終話(66話)で
先日39.7%で終了しました。
KBSワールドでは、16話まで放送されて、1話から面白くて、毎週楽しんで観ています。

「母さんに角が生えた」あらすじ
ハンジャ(キム・ヘジャ)は取り柄のない息子、ヨンイル(キム・ジョンヒョン)と、稼ぎもない
無能な男と結婚したいという娘ヨンミ(イ・ユリ)が心配でたまらない。
そんなある日、臨月になった女性ミヨンが突然、お腹の子の父親はヨンイルだと言い迫る。
妊娠した女性がいたことで周囲から非難されるが、既に臨月になって
しまった以上、関係を認めることになったヨンイル。
いわゆる”デキ婚”せざるを得なくなったのだ。自分の人生も順風ではない
ハンジャが突然嫁を迎え、嫁を迎えたらすぐ産後の世話まですることになるのだが・・・。
キャスト
c0104506_10282441.jpg
ナ・チュンボク (俳優:イ・スンジェ)
ナ・イルソクきょうだいの父親。
貧しい暮しに嫌な顔一つせず一生を犠牲にしてくれた嫁ハンジャに深く感謝していて自分の子供たちとより仲が良い。
ハラボジが話すセリフ一つ一つが的を得て的確な判断で、また温かくて、可笑しくて最高にいいキャラです。


c0104506_10303394.jpg
ナ・イルソク (俳優:ペク・イルソブ)
勤勉誠実の標本で多情多感で暖かい人。この男には家族が自分の全世界であり全宇宙。
家族思いの素朴で優しくて、娘のためにははっきりとした態度を示す頼もしい父親。
妻のハンジャに「笑わせてくれ」と言われて、歌や踊りをしてあげる愛妻家。


c0104506_10313274.jpg
キム・ハンジャ (俳優:キム・ヘジャ)
イルソクの妻。貧しい家の娘で25歳でイルソクと結婚した。天真爛漫な性格で生活苦に苦しんで60年。お金なく、出世もできずただただ良い人なだけの夫と過ごした歳月を悔やみ始めて現在’私は何なの’状態。まだ表には出ていないがある時点から人が変わったように変わり始める。女学生時代からの願いは本だけを読みながら暮したいということだったし今もひまさえあれば本を読む。


c0104506_10322372.jpg
ナ・ヨンス (俳優:シン・ウンギョン)
イルソク、ハンジャ夫妻の長女。性格はシニカルで離婚問題だけを専門に扱っていると結婚について多分に否定的だが現在内緒で同じローファームの弁護士と恋愛中で半分同居状態。相手は子供のいるバツ一。やっぱり再婚は絶対したくないのにある日母親に見付かってしまう。


c0104506_10332456.jpg
ナ・ヨンイル (俳優:キム・ジョンヒョン)
イルソク、ハンジャ夫妻の長男。今はクリーニング屋の主。周辺に立ったアパートのおかででそれなりにもうけている。誰とでも仲良く付き合うことができる性格。問題をよく起こすタイプで交際中の女性を姙娠させてしまった。
出来は悪いけど、どこか憎めなくて、ミヨンと子供を愛している。


c0104506_10341160.jpg
チャン・ミヨン (俳優:キム・ナウン)
ヨンイルの妻。ヨンイルが軍隊服務中、部隊の近く食堂で働いていて知り合った。幼い頃母親が再婚して母方のおじの家で育った。ソウルの大型マートに就職してそこで2年前くらいに偶然に売場でヨンイルと再会して恋人関係に発展。結婚をためらうヨンイルを見るに見かねて自ら解決に乗り出す。気丈なところもあるが郎らかな性格。


c0104506_10345821.jpg
ナ・ヨンミ (俳優:イ・ユリ)
イルソク、ハンジャ夫妻の末っ子。平凡な家の息子だと思って付き合っていた人の実家があまりにも大きいのに驚いてうちとはつりあわなくて負担だという理由で別れを宣言する。しかし彼があきらめず結局結婚話が進められるが、姑の無礼が決定的な理由になって破談になると、彼が断食をして結局結婚することになる。しかし結婚後も誰も太刀打ちできない姑二面性との闘いは続く。


c0104506_10354633.jpg
ナ・イソク (俳優:カン・ブジャ)
イルソクの双子の妹であり同時にハンジャの小姑であり女子商業高校時代の同級生。服の修繕屋で儲けたお金がそれなりにある。33歳に37歳の男性とお見合い結婚したが結婚10年目に夫が浮気して離婚。息子もアメリカに移民した父親に呼ばれて3年前に移民した。感性はとても豊かでなんでもないことで泣いたり、お酒を飲んでは喧嘩を売る。


c0104506_10363186.jpg
チェ・ウンシル (俳優:キム・ジユ)
イラストレーターとして働いているイソクの娘。
兄と一緒にアメリカに来るよう父親が呼んだが自分はお母さんのそばにいなければと断った。幼い頃から六感、予知力がすぐれていて町内の人が誰が死ぬということも言い当てる巫子みたいな娘。


c0104506_10371727.jpg
キム・ジョンヒョン (俳優:キム・テヨン)
ヨンミの恋人。博士コースを踏む青年。母方の一家が名門で富力もある。母親の偏見と驕慢、二面性に批判的で、そのせいで度が外れて正直で偏見を持たないヨンミにひかれた。主導権をつかんでいる母親に対する不満がヨンミとの結婚が順調に進まないと出始め、善良な息子の仮面を脱ぎ捨ててヨンミと同じ船に乗る。


c0104506_103814.jpg
イ・ジョンウォン (俳優:リュ・ジン)
ヨンスの恋人。同じローファームの弁護士。10歳になった娘は別れた妻が育てているしオフィステルで独身生活をしている。ヨンスが家へ帰らない日はヨンスのワンルームで一緒にすごす。初めての結婚で受けた打撃で結婚に対しては懐疑的。週末一日は娘とすごすことになっていて、結婚する前に付き合っていた男への未練から結婚生活を破綻させた元妻はやり直したく思っている。


c0104506_17464219.jpg
キム・ジンギュ (俳優キム・ヨンゴン )
ジョンヒョンの父でヨンミの舅。特別名門の出ではないが英国紳士というあだ名がある位マナーが良く格好いい人物。財務部で順調に昇進し局長級までなり退職し、今は一人娘である妻が譲り受けた財産管理が彼の仕事だ。 長年価値観の違う妻の尻に轢かれながら過ごしてきたため、自分の存在感を失い時には虚しく感じることもある。だが妻の機嫌をとってはいるものの一度怒るとかっと目をむくだけで妻を黙らせる一面もある。


c0104506_17482122.jpg
コ・ウナ (俳優チャン・ミヒ )
ジョンヒョンの母でヨンミの姑。一人娘で他人の意見を聞き入れない頑固な性格。品がありハンサムな夫と孝行息子を持ち、自分は常に完璧で一番だと思っているし他人からもその様に見えなければ気がすまない。 外でも家でも教養と品位を誇示するが実はごく普通の人間で、家族以外の他人にはすごくけちだ。美貌管理に気を使い自分を着飾ることに命をかけている。


c0104506_10403998.jpg

ナ家には、ハラボジ、ハンジャ夫妻、ヨンイルと妻ミヨンとその子供、ヨンミが暮していて
長女のヨンスは1人暮し。
離れにはハンジャの夫イルソクの双子の妹イソクと、その娘ウンシルが住んでいます。
一家の要のお母さんハンジャの目を通して、このドラマは進んでいきます。
ハンジャにとって3人の子供達が、それぞれに普通に落ち着いてくれることを
願っているのですが、長男は、突然身重の彼女が押しかけて来て
結局子供を産み、一緒の生活が始ります。
長女は弁護士で収入があり、家計を助けてくれますが未だ独身で、ハンジャを
心配させています。
ヨンスは、同じ弁護士のジョンウォンと付き合っていますが、バツ一で、元妻が我ままで
傲慢で、娘を利用してでも、なんとかやり直そうとして、いろいろと策略をして
ヨンスを苦しめます。
予知能力のあるウンシルに、「不倫している」と言われ、「ジョンウォンの娘も恐ろしい」
と言われます。
これからヨンスとジョンウォンの関係は、結婚まで発展するのか...楽しみです。
末っ子のヨンミの結婚も、恋人のジョンヒョンが貧しい出の人かと思っていたら
実は金持ちの息子で、自分の勤める会社の社長がジョンウォンのアボジだったと
いうことが、彼の家に行って初めて知り、あまりのショックでバックを彼にぶっつけます。
それを見たジョンウォンのオンマの見下した態度は、これからの結婚の大変さを
予感させるようです。
でも、長年連れ添ってきたジョンウォンのアボジが、ヨンミに自分の妻は、「美しいという言葉に
弱いし、12才のままだ」と教えてくれて、その通りにヨンミが「美しいですね」言うと
結構喜んだりして、以外に単純な人かも...と思ってしまいます。
c0104506_11155184.jpg

キム・ハンジャ役のキム・ヘジャさんは、「宮」での皇太后の役での燐として、それでいて
可愛くて、優しい語り口がとても好きでした。
今度の役は、どこにでもいそうで、決して裕福でもなく、平凡な営みの中で
家族の事を思い、たまに言い過ぎると、独り言の中に本音が出て謝ったりします。
ヨンミの結婚が、いったん破談になったのですが、ジョンウォンのオンマが息子の断食決行で
許すことになって、ハンジャが「私は欲深い人間だ」と独り言を...。
彼女の正直な一言のセリフが、今まで生きてきた過去が分かるようで
心にとても残りました。
これから、ハンジャが家出すると聞いています。
どんな理由で、ハンジャが変わっていくのか、とても興味津々です。
ベテランの俳優の演技の素晴しさ、またそれぞれの個性的なキャラの演技力
脚本の面白さ、また、セリフがとってもいいですよ。
66話までのドラマですが、毎回面白いのであっという間に終わりそうです。
若手俳優で、ヨンミの恋人のキム・テヨン氏、「白い巨塔」では、おどおどしていて
患者を死なせてしまった医者でしたが、今回はオンマの反対の中でヨンミを愛する
若者として初々しく登場しています。
このドラマは、家族の大切さ、温かさ、人と人とのつながりの難しさなどを感じながら
楽しく観れるし、これからでも遅くないので、ぜひ観られることをお勧めします。

★「母さんに角がはえた」MVを、teraの別宅に上げました。
[PR]

by majintera2424 | 2008-10-03 12:40 | 母さんに角がはえた