カテゴリ:不良家族( 2 )


2008年 08月 11日

「不良家族」観終わりました!

c0104506_21192675.jpg

とっても楽しい時間でした!

9歳ナリムの記憶力を回復させるために家族代行サービス業によってにせ物家族が
構成されドラマが始ります。
皆、それぞれに悲しい過去を持った人々は、初めは不協和音を出してドタバタするが
だんだんと、心を通わせて、なくてはならない存在になっていきます。
そして、ダルゴンとヤンアのぎこちないカップルの話も少しずつ、進んでいきます。
まずは、とても心に残ったシーンを上げますね。
c0104506_21261675.jpg

c0104506_21263210.jpg

膵臓ガンを告知されたハラボジが、皆に迷惑をかけるからと思ってそっと家を出ますが
ダルゴンが追いかけてきて、「俺が見てやるよ。死なせないよ。だから、親父として
隣にいろよ。俺の親父だぞ」と泣きながら言います。
二人でまた、家に帰って行く後姿が、ほのぼのとしてよかったです。
c0104506_21492374.jpg

ハラボジが退院してきて嬉しくて、皆で手を繋いで寝るシーン、いつの間にこんなに
仲良くなって、赤の他人でも暖かい家族が出来るんですね。
c0104506_21581332.jpg

c0104506_21583510.jpg

ヤンアが、ダルゴンに「背中貸してね」と言って、ダルゴンにもたれます。
胸の鼓動が船の音みたいだと言って疲れた気持ちをいやします。
ビックリして動けないダルゴンでしたが、「背中を貸すだけでは損だろう」と言って
ヤンアを後から抱きしめてあげて...とっても素敵でした。
c0104506_2213155.jpg

ヤンアがダルゴンを元気付けようと、いつものボイッシュなスタイルから一変して
可愛い女の子の格好で、初めて「オッパー」って甘えて呼んで、喜ばせようとします。
ヤンアへのご褒美をあげようとしたダルゴンは、目を閉じているヤンアの顔を見て
突然、ポッポしようと唇をとがらせて突き出して接近しますが
結局、不成功に終わってしまいます。
ダルゴンの恋への不器用さが、可愛くもあり、可笑しくもありで
とても愛すべきダルゴンです。
c0104506_22321866.jpg

一年後、ナリムが書いた絵日記が売れて、それをダルゴンとヤンアが
今までの出来事を思い出しながら見ます。
最後のページを開くと、ダルゴンの演出で結婚指輪がくっつけられていました。
そこで、ダルゴンは、思い切ってプロポーズ、その後のポッポシーン。
格好は悪いけど、しっかりとポッポが出来ました…良かった~です!
c0104506_22421688.jpg

ヤンアの美しいウェディング姿を見て、「ヤンア、ありがとう、俺と結婚してくれて...」
いつも、言いたいことを言って、甘い言葉もほとんどありませんでしたが
ラストで、幸せそうな二人を見ることが出来て嬉しいです。

また、ナリムの家族の交通事故もハ・インス社長が犯人だと分かり、ナリムの記憶も戻り
ニセ家族も解散しなくてはなりません。
ナリムに、家族一人一人が声をかけて、別れを惜しみます。
こちらも、もう、家族に感情移入をしていますから、悲しくて一緒に泣いてしまいました。
でも、ナリムはこのニセの家族が大好きで、一人一人に「カジマセヨ」と言うんです。
ピョン次長は、「えぇ~?」という感じですが、家族はナリムの一言で
また、家族が元通りになりました。
弟役のコン・ミンが言っていた言葉
「皆、赤の他人だけど、僕の家族みたいだ。
もらい子でも、実の孫でもかまわない。いたわりあって暮せば、家族なんだよね」

この言葉が、このドラマが言いたかったことなのかなぁ~とも思います。
血が繋がっていても、家族が崩壊しつつある現代で、それぞれ辛い過去を持つもの同士が
時にはおせっかいをやきながら、相手を思い、いたわりあって一つ屋根の下で
暮していく…それこそが家族なのだと...。
ダルゴンという独特なキャラクターを、最後まで素晴しく演じたキム・ミョンミン氏の
演技力には絶賛です。
一見強面ですが、根は優しくて、男気で、愛には不器用で、可愛いダルゴンでした。
肩ひじをはらずに観れて、笑いあり、涙あり、家族の暖かさがひしひしと伝わってきて
十分に楽しませてもらいました。

拍手する
[PR]

by majintera2424 | 2008-08-11 23:48 | 不良家族
2008年 07月 14日

「不良家族」観ています!

c0104506_10413476.jpg

めちゃくちゃ面白い!!

あらすじ
大手デパートの社長一家が交通事故に遭い、祖父母・両親・叔父・姉・兄は全員死亡
末娘・ナリム(イ・ヨンユ)だけが助かった。
ナリムは事故のショックで、記憶喪失になり、口がきけなくなってしまった。
ナリムの唯一の肉親・母方の叔父・ピョンは、ナリムが大事にしていた録音機能付
ぬいぐるみに録音されていた事故現場の様子を聞き、家族の交通事故は単なる
事故ではなくデパートの副社長イ・ハンスが起こした事故だと知る。
ピョンは、一家の無念を晴らす為にナリムの記憶を取り戻して事故の証言をして
もらいたいと思う。
ビョンは彼女の記憶を取り戻すために、家族代行サービスによるニセ家族をダルゴンに頼み物語が展開する。
暴力団生活を清算したが借金が残り、代行サービス業で借金返済をもくろむダルゴンは
ニセ家族のメンバーに、三流人生の面々を集める。
それぞれ悲しい過去を持つ彼らは、最初は不協和音を奏でるが、次第にニセ家族の中に
安らぎと幸せを見出す。
キャスト
c0104506_10431992.jpg
オ・ダルゴン (俳優:キム・ミョンミン)
“ナリムの家”の叔父役。
世の中で一番無知なオーナー、にせ家族の総指揮。やくざ、学歴は中学中退、血の気の多い暴力的な性格。しかしファミリーシップは最高の義理派。
“ナリムの家”では叔父役を担当してにせ物家族を総指揮する。孤児として育って裏の世界に入り組職の行動隊員になった。あれこれ金儲けをして失敗、結局大金の借金を抱えた。
こんなダルゴンの借金を組職のボスであるドッゴ社長は肩代わりしてくれ、その恩と借金を返すためダルゴンは「家族代行サービス」事業を始めた。


c0104506_1043592.jpg
キム・ヤンア (俳優:ナム・サンミ)
“ナリムの家”の姉役。
死んだ両親が残した釣り船で稼いで弟3人を養っていたが、船がなくなっては稼げない。
必ずダルゴンを見つけ出して弁償させてやる!と誓い、弟3人を連れてソウルにやって来る。
キム・ヤンアは、幼い弟3人を育てるためにがむしゃらに働くが、ひょんなことから“不良家族”の一員となり、“家族代行サービス”の社長でニセ叔父役のオ・ダルゴンと衝突しながら愛を育てていく。


c0104506_10452869.jpg
ハ・ジュンス (俳優:パク・ジヌ)
ハ家の問題児ジュンス。遊び好きで自分勝手で、統制不能で乳児的発想、意欲ゼロの男。
そうしたある日ジュンスの前に1人の自由奔放な女が現われた。それがヤンアだ。


c0104506_10461170.jpg
ハ・ウンス (俳優:ヒョニョン)
ジュンスのいとこ、愛されるために生まれた女。
デパートの一人娘であると同時にハ・ジュンスが大切に思う従兄弟のお姉さん。
仕事において一寸の誤差も許さない’氷の姫’しかし実は’可愛い女’00デパートの室長であると同時に、会長である父の後を継いで後継者として将来を嘱望されるエリート。
そんなウンスが自分も知らず暴力団ダルゴンに愛を感じるようになる。


c0104506_10464338.jpg
c0104506_104713100.jpg








チャン・ハング(俳優イム・ヒョンシク)
ナリムの祖父役。ミリネ市場でダンス教室を営むが、サッパリ生徒が増えない。
パク・ボンニョ(俳優ヨ・ウンゲ)
ナリムの祖母役。ミリネ市場で餃子屋を営むが、ガサツで下品ゆえに売り上げが上がらない。

c0104506_15332244.jpg
c0104506_15334287.jpg








チョ・ギドン (俳優:カン・ナムギル)
“ナリムの家”の父親役。
カナダに留学している子供たちに送る学費が足りなくて結局自分が住む家もすべて売って
カナダにお金を送り、“ナリムの家”で偽父親役をすることになった。
子供と妻をカナダに送って熱心に働いたが、帰って来たのは妻の不倫と会社からの
リストラだけだった。
オム・ジスク (俳優:グム・ボラ)
ミリネ市場でコーヒー屋をしているが、金遣いが荒くて借金ばかりしている。
女としての魅力は満点、その位自分のために時間を割くが、母親としては0点だ。


c0104506_15344641.jpg
c0104506_15351866.jpg








ゴンミン (俳優:キム・ヒチョル)
“ナリムの家”の兄役。
性格は鋭くて鋭敏だ。無愛想で言葉も少ない。聞かれたことにだけ答える。外に出て何をしているか自分でも分からない。
当たり前のように高校卒業後医大に入ったが、突然美容師になると宣言して父を寝こませた。これ以上父の思い通りに生きたくないと決心、とうとう家まで出た。
ペク・ナリム (俳優:イ・ヨンユ)
9歳。唯一の相続人 。
兄の結婚式に行く道で車が転覆して家族が皆死亡。一人生き残る。
会社を運営していた祖父の唯一の相続人。事故の後遺症で事故前の記憶を失った。家族さえ全く覚えていない。
睦まじい偽家族の中で徐徐に心身の安定を取り戻してゆく。


c0104506_15361798.jpg

ダルゴンとヤンアのカップル、お互いに意識しているのに、不器用で
会えばけんかばかりしている二人だが、この似たものカップルのラストが
どうなっていくのか、とても楽しみです。
お互いに服をプレゼントしたいのに言えなくて、ヤンアは弟に、ダルゴンはナリムにいったん
あげて、大きいから返してとすぐ取り返したりして…二人には笑っちゃいます。
c0104506_153738.jpg

ヤンアの二人の弟、特に一番下の弟ヤンサムのキャラは最高です。
ナリムへの愛の表現も、可笑しかったです。
c0104506_15373242.jpg

このダルゴンのお顔、私の中のツボです。
c0104506_15375480.jpg

ダルゴンは、ドッコ社長から市場をめちゃくちゃにしろと言われても自分の家族がいるから
出来ないと断ると、条件として「ソウルを去れ」と言われます。
ソウルを去る日、ニセ家族の1人1人に声をかけ、ナリムには学校に行き
仕事でいなくなる事を話し、「抱きしめてくれ」と頼みます。
このシーン、ダルゴンと一緒に、泣いてしまいました。
ナリムの誕生日には、絵日記に今年は叔父さんがピアノを弾くと書いてあったのを見て
自分にかんしゃくをおこしながら、ピアノをナルムの誕生日に弾いてあげます。
最初は、お金のための家族だったのに、今はダルゴンにとって
大事な存在になっているのでしょう。
ダルゴン役のキム・ミョンミン氏は、「花よりも美しく」が初見で、今、「不良家族」と一緒に
「白い巨塔」も観ています。
あまりに違う二つのキャラなのに、どちらも素晴しい演技で、さすがです。
ダルゴンは、元チンピラで、短気で、何かあると「土に返りたいか」と脅し
ガサツだが人情味があリ、恋愛には不器用で何も格好いいことも言えない。
そんなキャラが、だんだん観ていくと愛おしくなって、ヤンアともうまくいって欲しいと願い
また、問題のある家族1人1人も、幸せになって欲しいと...。
いずれ、ナリムの記憶も取り戻して、真相が明らかになっていくことでしょう。
笑いあり、涙ありで、肩のひじを張らずに楽しく観れる「不良家族」
私の中では一押しのドラマです。

拍手する
[PR]

by majintera2424 | 2008-07-14 17:47 | 不良家族