カテゴリ:映画は映画だ( 20 )


2008年 12月 20日

芸能記者が選んだ「映画は映画だ」1位!

芸能記者たちが選んだ 2008 意外に善戦した映画 1位
‘映画は映画だ’

c0104506_12435865.gif

[ニュースエン パク・ソンジ記者]
芸能記者たちが選定した 2008年意外に善戦した映画でソ・ジソブ
カン・ジファン主演 ‘映画は映画だ’が 1位を占めた。

19日放送された MBC 'セクションTV 芸能通信'では MBC
出入り記者たちを対象に選抜した '期待以上の成績を
記録した映画ベスト5’が公開された。

1位は純制作費は 6億5,000万ウォンで 10倍以上の
収益を取り入れたチャン・フン監督の '映画は映画だ'が占めた。
‘映画は映画だ’は 130万観客を動員,製作コスト備え
高収益をあげた.。
各種映画授賞式で新人監督賞と,新人男優賞等を荒した。

2位は去る夏を強打したホラームービー '考査'が占めた。
‘考査’は 160万観客を動員,製作コスト備え 400% 以上
の収益を残した。
3位は 140万突破に成功したシン・ハギュン,ビョン・フィボン
主演 'ザ・ゲーム'が1、4位は 150万観客を動員したパク・ヨンウ
イ・ボヨン主演 ' Once Upon A Time'5位はチュ・ジフン
キム・ジェオク、ユ・アイン、チェ・ジホなど花美男俳優 4人が
出演した映画 '西洋骨董洋菓子店 アンティーク'が占めた。

一方 '意外に興行に惨敗した映画ベスト5'では、クォン・サンウ
ソン・スンホン主演映画 '宿命'が 1位を占めた。
‘宿命’は二つのトップスターの出演で高い期待を集めたが
“映画 ‘友達’の呉馬主ではないか”の酷評を聞いて観客動員
85万名にとどまった。
2位は 180万観客を動員したが損益分岐点 230万には大きく
及ぶことができなかった
イ・ジュニク監督の 'あなたは遠い所に'が、3位は観客動員 76万名
にとどまったキム・ヘス 、パク・ヘイル主演 'モダンボーイ',4位は
観客動員 55万名を記録したファンジョンミン、 チョン・ジヒョン主演
'スーパーマンだった男',5位は観客動員 60万名にとどまった
チョ・スンウ、シン・ミナ主演 'ゴーゴー 70'が占めた。

MBC 出入り記者たちを対象に選抜した '期待以上の成績を記録した
映画ベスト1’に「映画は映画だ」が選ばれました。
とても嬉しいことですね。
「映画は映画だ」が、低予算で作られたので、10倍以上の収益を
あげたこともすごいことでしたね。

[PR]

by majintera2424 | 2008-12-20 14:58 | 映画は映画だ
2008年 09月 25日

「映画は映画だ」100万人突破!!

[記事]6億の '映画は映画だ' 千万同じ百万突破
c0104506_11265797.jpg

ソ・ジソブカン・ジファン主演の映画 '映画は映画だ'(監督チャン・フン)が
14日ぶりに 100万観客を動員した。
'映画は映画だ'は純制作費が 6億5000万ウォンに過ぎず 、2週ぶりに純制作費の
10倍近い売上げをあげて大当りを記録している。

'映画は映画だ' 広報を担当するLaughing Boa社によれば去る 11日封切りした
'映画は映画だ'は 24日まで 100万観客を動員した。
この映画は平日にも 5万人以上観客を動員しているし、封切り 3週次にも前売り率
上位を維持して底力がつながるように見える。

キム・ギドク監督がシナリオを書いて製作に出た '映画は映画だ'は韓国映画平均製作
コストの 5分の 1もならない金額に製作されて忠武路の気を引いた。
6億5000万ウォンの純制作費が投入されたこの映画が 100万観客を動員する場合
算術的に約 70億ウォンに達する収入を残す。
純制作費備え 10倍が越える売上げをあげるようになった。

製作コストを備える場合 '映画は映画だ'は 1000万観客劣らない 100万観客を
動員したわけだ。
この映画に投資を一ソ・ジソブとカン・ジファンもこれによって少なくない収益が
予想される。

一方 '映画は映画だ'の興行成功が忠武路にどんな影響を及ぼすかも関心事だ。
トップスターが出演料を大幅に低めた低予算映画が今夏 '考査'に引き続き相次いで
興行を記録しているからだ。
'映画は映画だ'に引き続き封切りを控えて '素敵な一日'(20億ウォン)
'ビモン'(5億ウォン) 'トラック'(17億ウォン) 'ミスにんじん'(10億ウォン)
‘りんご/謝罪’ (20億ウォン) などは韓国映画平均製作コストに比べて少ない予算に製作された。
この映画たちが製作コスト備え純利益をあげる場合、トップスターが出演する低予算映画
という新しいジャンルが形成される可能性も大きい。

「映画は映画だ」が2週間で、100万人観客動員しました。
チョンマル チュカハムニダ!!
ソ・ジソプ氏とカン・ジファン氏がこの映画に投資してまで入りこんだ作品が
100万人の動員を得たこと、とても嬉しいですね。
おかげで、少なくない収益が二人に入ってくるとのこと、これもグットニュースですね(笑)

[PR]

by majintera2424 | 2008-09-25 11:54 | 映画は映画だ
2008年 09月 20日

また、舞台挨拶が始りました!

[記事]「映画は映画だ」カン・ジファン舞台あいさつ合流
c0104506_22381720.jpg

「映画は映画だ」カン・ジファン舞台あいさつ合流


[OSEN=チョ・キョンイ記者]
俳優カン・ジファンが映画 ‘映画は映画だ’の舞台挨拶に合流する。

カン・ジファンは去る 15日日本東京厚生年金会館で日本ファンミーティングを持って
19日帰国した。
その間に ‘映画は映画だ’の広報活動及び舞台挨拶はチャン・フン監督を含めて
ソ・ジソブ、ホン・スヒョンがしていた。

カン・ジファンの所属社関係者は報道資料を通じて 、20日からカン・ジファンが
「映画は映画だ」の本格的な広報日程に出ることで伝えた。
カン・ジファンはソウルを含めて大田、釜山など地方舞台挨拶も出る。

カン・ジファンは 「その間舞台挨拶が出来なくてソ・ジソブにすまない心が大きい」と
「去る分け前まで二倍で熱心に走る」と言う覚悟を明らかにした。

「映画は映画だ」でカン・ジファンは多血質のトップスターチャン・スタ役を引き受けた。
かっとしながらもざらざらしてつやがないトップスターの性格をリアルに盛り出すのは
もちろんアクション場面まで、上手に消化して好評を博した。
crystal@osen.co.kr

c0104506_22491683.jpg

c0104506_2249488.jpg

c0104506_22504082.jpg

日本から帰ってすぐ、20日にはもう、舞台挨拶をしているんですね。
写真がキスゲルに上がりました。
また、お顔が小さくなっているようで、何だかお疲れの様子で、ちょっと心配です。
ファンミのために出来なかった舞台挨拶を、これからも勢力的に頑張るのでしょうね。
少しは休んで、ストレスを発散して、リラックスして欲しいですね。
[PR]

by majintera2424 | 2008-09-20 22:59 | 映画は映画だ
2008年 09月 12日

「映画は映画だ」公開日 舞台挨拶!

c0104506_10351223.jpg

c0104506_10355786.jpg

c0104506_10365592.jpg

c0104506_10372755.jpg

c0104506_1038423.jpg

c0104506_10383179.jpg

c0104506_10391544.jpg

c0104506_10393213.jpg

いよいよ公開です!

二人揃っての舞台挨拶ですね。
ジファン氏、ラフなスタイルでの登場です。
表情も緊張もなくリラックスな感じで、たくさんのファンの声援の中での挨拶でした。
動画を観ながら、もうすぐ日本で生のジファン氏に会えるんだなぁ~とニヤニヤと...。
動画がDCキスゲルのこちらこちらに上がっています。
写真は、DCキスゲルからお借りしました。

拍手する
[PR]

by majintera2424 | 2008-09-12 11:04 | 映画は映画だ
2008年 09月 05日

嬉しい記事!

[記事]ソ・ジソブとカン・ジファン‘映画は映画だ’
               一般試写会後降り注ぐ観客たち


ソ・ジソブとカン・ジファン‘映画は映画だ’ 一般試写会後
降り注ぐ観客たちの拍手喝采


c0104506_905058.jpg

‘今年上半期に ‘追撃者’があったら下半期には ‘映画は映画だ’がある!’

ソ・ジソブ·カン・ジファン主演の映画 ‘映画は映画だ’が一般試写会を観覧した一般大衆の
賛辞が殺到している。

先週マスコミ試写会以後 ‘カンペ役のソ・ジソブとスタ役のカン・ジファン!200% 以上の
演技力を発揮した’、‘俳優、マネージャー、監督、組織暴力団など多様な人間群像
たちがリアルで熾烈に描かれて興味津々だ’、‘終始一貫退屈なひまなしに終わりに
向けて駆け付ける力がある’ など各マスコミの賛辞が降り注いだ‘映画は映画だ’に対する
一般人たちの反応も熱いこと。

ある映画関係者によれば一番目試写会があった日、エンディングクレジットが上がると
同時に大きい拍手喝采が降り注ぎ始まり関係者たちを興奮させた。
次に、ネイバーなどポータルサイトの観覧評点もそれぞれ 9.8点と 9.23点を記録
ほとんど 10点満点に近い驚くべきな数値を現わした。
来る 11日封切られる ‘映画は映画だ’が果してどんな結果を生むか期待を
集めている。

スポーツワールドハン・ジュンホ記者 /LI/UL

「映画は映画だ」の評判と演技力はどうだったか、気になっていましたが
すごく嬉しい記事が上がっていたのでさっそく載せました。
一般試写会でも、すごい反応が熱くて、エンディングで拍手喝采がありました。
これは、間違いなくヒットです!
二人の演技力も、200% 以上と絶賛されていますし、9月11日の封切りが楽しみです。


拍手する
[PR]

by majintera2424 | 2008-09-05 09:43 | 映画は映画だ
2008年 09月 01日

「映画は映画だ」レビュー記事!

[レビュー] 「映画は映画だ」-雄たちの世界,同情ない世の中
c0104506_17443498.jpg

チャン・フン監督が演出してソ・ジソブとカン・ジファンが主演した '映画は映画だ'

[イ・ドンジンドットコム] (文=イ・ドンジン)
これは雄たちの世界だ。そして同情ない世の中だ。
‘映画は映画だ’(9月11日封切り)を動かすことは荒くて強烈な動物的エネルギーだ。
果てしなくよそ見しながら領域争うことをする雄たちのけんかがアクション映画の
フレームにありありと盛られている。

アクション映画俳優であるスタ(カン・ジファン)は撮影途中演技者を重ねて
暴行を働いて物議をもたらす。
そのため出演提議に応じる相手俳優を求めにくくなると、スタはルームサロンで
大きく争うところだった組職暴力団カンベ(ソ・ジソブ)を思い浮かぶ。
過去に俳優の夢を見たカンベは “劇の中で本気に喧嘩をすることができたらする”と
言う条件を掲げて提案を受け入れる。

‘映画は映画だ’は非常に直線的だ。やくざみたいなスター名前を ‘スタ’で,俳優を
夢見たやくざ名前を ‘カンベ’で作るほどに単刀直入的だ。
映画が始めてキャラクターを説明する導入部が経つやいなや、二雄はルームサロンで
初めて会って羽毛を立ててうなった後、お互いを絶えず意識して牽制しながら争う。

中盤部に至って直線走路から脱したまま、スタとカンベが各自の領域で危機を経験する
枝話を敍述する時は善導が下がる。
ストーリーのいくつかの峠で説得力が弱い人為的設定も滑っこくない。
一部キャラクターは道具的に扱われながら憂慮を抱かれたりする。

しかし面白い思いつきと新鮮なエピソードたち、そして、結局1行でツウック伸びて
行くことができるように推し進める力強い話術、おかげさまで始終興味を
失わないようにする。
この映画で二人の男性主人公のぶつかり合う場面たちは皆が力があふれる。
映画と現実の間を出入りするようになる状況と、そんな状況を短いが印象的に描破する
セリフを向い合うことは、この作品で感じることができるまた他の楽しさだ。
虚構の世界で生きて行くスタは、演技に慣れなくてずっとN.Gを出すカンベに
“私を見ずにカメラを見なくてはならない”とイズックデンダ。
主演俳優と言うのは真似もまともに出す事ができないのに、主人公ソリが聞く
人間たちだと信じるカンペは初アクションシーンで思う存分スタを叩いて、争い後
“カメラに気を使わずに私を見なくてはならない”とおちゃらかす。

しかしすべての憎悪の対象はもう私の中に存在している方法.劇の中で憧憬と軽蔑は
時々奇妙に重なりながらこの映画の話を立体的に作ってくれる。
始終黒い服で取り揃えて着て出たカンペと、白いシャツを着飾って登場したスタが
ポルバッで争っている途中、泥のためお互いに区別することができなくなる場面には
この映画が言いたいものなどがそっくりそのままかかっている。
お互いの分身を演技するようなソ・ジソブと、カン・ジファンはキャラクターの雰囲気と
トーンをよく取った演技で作品に寄与した。

‘映画は映画だ’でデビュー戦を行ったチャン・フン監督は ‘時間’で
アシスタントディレクターを引き受けるなどキム・ギドク監督と長く呼吸を
合わせながら修練期間を経った。
キム・ギドク監督が書いたシナリオを脚色してこの映画を作ったチャン・フン監督は
師匠の映画世界と大衆がどんな接点であえるかどうかを分かっているようだ。
彼の二番目映画が気になる。

「映画は映画だ」のレビュー記事が上がりましたので載せました。
また、イノライフの記事に、“「9月2週目封切り作の中で一番見て見たい映画は?」という
イベントで、映画ソ・ジソブ-カン・ジファン主演の『映画は映画だ』が1位を占めた ”とあります。
マスコミ試写会で、すごく評判が良かったみたいで、このまま公開になっても
大ヒットして欲しいですね。
イノライフの記事はこちら


拍手する
[PR]

by majintera2424 | 2008-09-01 18:00 | 映画は映画だ
2008年 08月 29日

「映画は映画だ」記事!

[記事] [カン・ジファン] 私は今挑戦をしたい

「映画は映画だ」スタ役のカン・ジファン
c0104506_14285012.jpg
“本当にいたずらさがカン・ジファンのもっともな一番目イメージ”と彼のどんなファンは自分のブログに切実に書いておいた。主に模範生から脱している人物型をたくさんして来たし、悶着多い貴公子の表情をたくさん作って来たから生じたイメージであるでしょう。
京城スキャンダルたちでは京城最高の溌剌とするおしゃれで、快刀ホン・ギルドンでは既存のホン・ギルドンというモデルを飛び越える現代的人物型で悔しかった。
敢えて史劇ではない現代劇でも彼の多くの役目はカン・ジファンのイメージをいたずらな貴公子タイプに近く縛って置いた。もちろん、それはまだ凶ではない.“ギャグ本能まではないが,どうしても既存ドラマでそんなイメージ表現がたくさんなったからなだろう.”

個人的に彼が追い求めるのは “一作品に喜怒哀楽を皆盛るのだ。
そしてそんな感じを演技する時見る人々も好むようだ”と言う。
今度の作品「映画は映画だ」でカン・ジファンが引き受けた俳優スタは嬉しくて
楽しい方よりは、悲しくてくやしくて残念な方にもっと近いが、実はその二つでも
説明することは難しい他の場合だ。
カン・ジファンは「映画は映画だ」で確かに何かちょっと他のものを試みる。

ドラマ快刀ホン・ギルドンが終わってひと月頃経った時、彼には多くの計画があった。
なかでも一つは日本でしばらく休んで日本語も学んで、その所でこれからの活動を
点検する仕事だった。
あの時、ちょうど「映画は映画だ」の提案を受けた。“映画は独立映画を除いてからは
して見なくてドラマにずっと行くかと思う考えが多かった。
ドラマ側で安定した状態に入れば、あの時映画という新しい分野を新しく挑戦するかと
思ったが時期的によく当たった。”
何より彼の心をひいたことはこの点だった。“既存には主に女優たちとだけして
相棒を作って演技したら、今度はそうではなかった。
強い雄のにおいがするキャラクターをしたかったがちょうどその役目が来たことだ。”
雄?貴公子あるいは腕白が闘犬場のように経った所に描写される映画撮影現場の
主人公でその所で戦うことを導く闘犬のように恐ろしくて頑くななスタになる。

カン・ジファンが映画で引き受けたスタは当代最高のスターだが常に事故を起こして通う。
性格があまり良くなくて私生活もきれいに見えない。
撮影途中、仲間に傷をつけた後悪いうわさが回って誰も彼と一緒に撮影しようとしないで
自分が直接出て本当のやくざであるカンペ(ソ・ジソブ)を引き入れて相手役をさせて
アクション映画を撮る。
ここまで言っても今度の映画が何かカン・ジファンの冒険というのを易しく分かる。
荒い男二人にしなさいって.“映画自体が男対男の正面対決だったから密かに流れる
対決構図が映画のアウラに助けになったと思う。
先輩や後輩,相手が女優ではなく同輩友人になってして見ると自然にそんな感じが
生き返ったようだ”

もちろん映画作業に対する浪漫は早目に割れた。
“幻想があった。(笑い) 俳優と監督が常に十分で完璧に話して,撮影終れば毎日
スタップたちして焼酎を飲んで、パラダイスだろうと….”
映画撮るのが楽しくなかったという意味ではないが、比較的多くない予算で忙しい
撮影日程の中で彼が向い合ったのはそんな夢見るのではなく ‘これ興行は後で,演技
できないという話聞けばどうか’ する負担だった。
もちろん「映画は映画だ」はカン・ジファンの一番目の映画ではない。
もう訪問者でカン・ジファンはいたずらっ気とはどうしても捜しにくい純潔と理想的な
青年と同時にヨホとの証人で出て妙に胸を打つ役目をした事がある。
あの時そこでのカン・ジファンは、純白の青年ケサンだった。
しかし「映画は映画だ」のスタはそれとまた他の正反対の人物だ。
緊張はそこから来たはずだ。

“中間には逃げだしたかった.” しかし時間が解決してくれた。
そして彼の演技方式が安定を取り戻してくれた。
カン・ジファンは瞬間的なアドリブやアイデアをよく思い浮かぶ方だ。
そんな演技習慣が後に従いながら撮影場で彼は楽になっていた。
“スタという友達は自尊心がすごくて何か自分が知ってくれと言うビジュアルを
腕に刻むようで ‘スタ’というタトゥーを提案した。
自分の名前を書いたのだ。スタという言葉でスターが連関されて首後にはその模様の
ビジュアル入れ墨も刻んだ。
またやたらにざらざらしてつやがなくて生意気な面さえ見えればつまらないようで
面白く買食いする姿などでディテールをいかそうと思った。
紅参パック、チョコレート、脹らます食べる時行動たちがそうだ。
監督様が思ったスタは人間的な面が断絶されたまるでセメントみたいな人間だった。
とてもざらざらしてつやがないスタ、私が思ったのはちょっと柔らかながらも
左衝右突してまた行ったり来たりするそんな姿だった。
折衷しながら出たのが今のスタ姿だ。” スタはそのようにさせられた。

映画にはスタが惨めな姿でひざまずいたまま、やくざたちに袋叩きにあう場面が出る。
泥原野でカンベと二人きりで犬喧嘩をする場面も出る。
二つとも貴公子ならと思わない仕業だ。カン・ジファンは演技を当て付けて
“まるでビングウィに入る事のようだ”と言うのに,それなら彼はまだスタの
ビングウィで覚めなかったはずだ。だからしばらく彼を警戒しよう。
まだ彼は荒いやつだ。

本格的な映画に出演して、違ったキャラに挑戦して今、ジファン氏の
演技が注目されています。
映画でも、アドリブやアイデアを発揮して、スタの強烈な個性を引き出しました。
映画の前評判もよく、韓国でのヒットの予感もしてきましたね。


拍手する
[PR]

by majintera2424 | 2008-08-29 15:29 | 映画は映画だ
2008年 08月 28日

「映画は映画だ」VIP試写会!

c0104506_2225159.jpg

c0104506_224292.jpg

c0104506_2244370.jpg

c0104506_2252613.jpg

8月27日、20時よりソウル・ヨンサンCGVにて、「映画は映画だ」VIP試写会がありました。
その時の動画がDCカンジファンギャラリーに上げられています。
また、eじゃんにも、途中でジファン氏の挨拶が消えますが、すごい声援の中での
嬉しそうなジファン氏の動画が上がっています。
たくさんのビックな俳優さんは試写会に来ていたようですね。
ジファン氏関係の人、イ・ソンギュン氏、 ハン・ジミンちゃん、ソン・ユリちゃんが来ています。
記事によると、映画も期待以上のようですし、ジファン氏の演技も賞賛されています。
また、ジファン氏のファッションも素敵ですね!

拍手する
[PR]

by majintera2424 | 2008-08-28 22:31 | 映画は映画だ
2008年 08月 27日

「映画は映画だ」マスコミ試写会で!

カン・ジファン “トップスターではないのにトップスター演技...
芸能人のさびしさ共感”
c0104506_22331675.jpg

[ニュースエン 글 홍정원 記者 / 写真 정유진 記者]
俳優カン・ジファンが ‘映画は映画だ’を通じてトップスターになりたいという望むことを
伝えた。

カン・ジファンは 27日午後、ソウル CGVヨンサンで開かれた映画 ‘映画は映画だ’
(監督チャン・フン/製作キム・ギドグフィルム) 言論試写会で劇中トップスタースタ役に
似ている点があるかと言う質問に “実際はトップスターではないのに… 私も学んで見ると
スタのように他の人々と易しく交わることができない点と芸能人として感じる寂しさに
共感する”と答えた。

カン・ジファンは引き続き “私も他の人々と疏通する方法やルートが楽ではないので
そんな点も似ている”と “トップスターではないのに、この映画を通じてトップスターに
なりたい”と望んだ。

カン・ジファンはまた “映画撮ってからたくさん当たった。顔に打撲傷がたくさんあったが
勲章だと思う”と “ソ・ジソブと出てお互いに信じなければならないと思った。
お互いにアクション演技後、大丈夫かと気遣ったから無事に撮ることが出来た”と
明らかにした。

カン・ジファン、ソ・ジソブ主演 ‘映画は映画だ’は俳優になりたいやくざ
カンベ(ソ・ジソブ)とやくざより加えた本当の俳優スタ(ガン・ジファン)が一緒に
映画撮影する話を描く.‘映画は映画だ’はソ・ジソブの軍除隊後初作品と同時に
4年ぶりの演技復帰作で関心を集めている。来る 9月11日封切られる。
c0104506_2250112.jpg

c0104506_22514539.jpg

c0104506_22524254.jpg

c0104506_22534037.jpg

c0104506_22552987.jpg

c0104506_015829.jpg


今日、2時からマスコミ試写会がありました。
どんなスタイルで登場か、とても興味津々でした。
二人共、ブラックのスーツで、特にジファン氏は襟元スッキリの
素敵なのど仏を見せての登場です。
ヘアースタイルも、細身のスーツも良く似合っていてモシッソヨ~!
teraの別宅に、試写会の模様の動画を上げました。


拍手する
[PR]

by majintera2424 | 2008-08-27 23:23 | 映画は映画だ
2008年 08月 26日

もう一つの予告編!

c0104506_1055378.jpg


こちらでもYou Tubeが貼れるようになったので、『映画は映画だ』の
キャスティング映像の動画をYou Tubeに上げました。
今までの役柄とは違った、冷徹なスタが見えてきます。
You Tubeはこちらから~。
♥*:;;;;;:*♥*♥*:;;;;;:*♥*♥*:;;;;;:*♥*♥*:;;;;;:*♥*♥*:;;;;;:*♥♥*:;;;;;:*♥*♥*

c0104506_10235639.jpg

c0104506_1025411.jpg

c0104506_10272120.jpg

この写真は『芸能街中継』の中の、「ゲリアデート」の撮影シーンです。
昨日、明洞(ミョンドン)での様子です…たくさんの人ですね!
KBSワールドでよく放送されていて、人気のある俳優の登場だったので
いつか、ジファン氏も…と願っていたので、すごく嬉しいです。
放送されるのが楽しみですね。
★DCギャラリーのこちらにゲリアデートでの素敵な表情の動画があります。

拍手する
[PR]

by majintera2424 | 2008-08-26 10:45 | 映画は映画だ