カテゴリ:頑張れ!クムスン( 45 )


2007年 05月 02日

「頑張れ!クムスン」最終話

c0104506_19584829.jpg

どんな時も愛する心を忘れずに...

とうとう最終話までやってきました。
1時間、泣いたり、笑ったりのあっという間の時間でしたが
とてもハッピーな時間でした。
まずは、二人とも素敵で、幸せな結婚式の続きからです。
c0104506_20112685.jpg

c0104506_20114850.jpg

c0104506_20124411.jpg

クムスンに、子供がいることが分かって怒りまくっているシーンを
ジェヒは思い出しています。
メモを投げつけるシーンは、強烈で、ジェヒあんまりよと怒っていた自分が
今は、なつかしく感じます。
c0104506_20151794.jpg

c0104506_20154932.jpg

クムスンは、ジェヒから愛情をイッパイもらったシーンを
思い出しています。
トンネルでの「アンデ~」、おんぶのシーン、花火のシーン
みんな素敵だった~~!
c0104506_20293877.jpg

ウジュにポッキーをもらって、嬉しそうな顔、可愛い~。
c0104506_2033498.jpg

c0104506_2033201.jpg

二人の笑顔、幸せそう~!
c0104506_20402267.jpg

飛行機の関係で、新婚旅行へ行く前にホテルに一泊します。
c0104506_2041457.jpg

「お腹すいただろう」
c0104506_20421828.jpg

「少しだけ」
c0104506_20473855.jpg

c0104506_20475367.jpg

c0104506_20481146.jpg

ジェヒが、後ろからクムスンを抱きしめて
「クムスナー結婚したんだな」と実感を込めて言います。
このときの二人の表情、とっても素敵で、大好きなショットです。
c0104506_20582731.jpg

c0104506_20584412.jpg

c0104506_2104250.jpg

ジェヒは、もう早く部屋に戻って大事な一夜を過ごしたくて
うずうずしてるのに、クムスンのOKが出なくて
目をキョロキョロさせています。
c0104506_2175666.jpg

もう、待てなくて、映画でやってたとかいって
クムスンを抱き上げてベットに連れてきます。
c0104506_2113227.jpg

クムスンも可愛いピンクの下着を着てみますが
でも迷って結局、普通のパジャマを着てしまいます。
c0104506_2120174.jpg

ジェヒは、クムスンを待っている間、オーデコロンを部屋にふりまいたり
腕立て伏せをしたり、ようすを伺ったりで
この日を待っていたばかりの行動ですね。
ホント、分かりやすいジェヒです。
c0104506_2141213.jpg

c0104506_21424747.jpg

c0104506_2143636.jpg

ジェヒがポッポしようとしたら、あまりにクムスンの顔が固まっていて
ジェヒ、可笑しくて、ポッポ出来ずじまいに...。
ジェヒは、夫婦なんだから、「ヨボ~」と呼んでくれと頼みますが
結婚したとたんに、呼ぶことは無理だと言います。
ジェヒは、この日をどれほど待ってたか、気づいてないだろうと言います。
c0104506_21503150.jpg

「私ほどでないはずですよ。どんなにずっと耐えて、大切に思ってきたか
とても大切だから、口に出して言うことも出来なかったわ」
意外な言葉でした。だから、よけいに緊張してたのね。
c0104506_226114.jpg

「クムスナーどうして俺たち出会ったのかな」
「ク・ジェヒとナ・クムスンだからよ」
「そうだな」
c0104506_2283328.jpg

ポッポして、スタンドの灯りが消えます。
c0104506_22132048.jpg

こちらのポッポは、朝のいつものポッポです~♡
もう、ジェヒ、クムスンに甘えっぱなしの新婚生活です。
c0104506_2217167.jpg

朝の抱擁ですってよ~!
そこに、たまたまジェヒオンマが部屋に入ってきて
見てしまいます。
「私の前では、過度の愛情表現は慎むように言ったでしょう」との
ジェヒオンマに「ここは部屋の中ですよ」とクムスンは答えちゃいます。
また、家事も手伝ってくださいと言えるクムスン
もう、この家の要になっていますね。
c0104506_22275268.jpg

ジェヒは、クムスンをバス停で待ちます。
クムスンに、腕をさしだし、クムスンが喜んで腕を組むシーン大好き~!
ジェヒが、リハビリで物をつかめたことを話し
そのことをクムスンは、とても喜びます。

1年後です
c0104506_22391343.jpg

ジェヒは手術が出来るようになりました。
フィソンから電話がかかってきて嬉しそうに話しています。
c0104506_22415585.jpg

クムスンは、美容師の試験に合格しました。
夢が叶いましたね~!
本当に、クムスン頑張りましたね。
c0104506_22451314.jpg

c0104506_22453184.jpg

c0104506_22455034.jpg

c0104506_22462533.jpg

このサウナのシーン、大好き~!
ジェヒオンマが行きたかったサウナで、家族が仲良く
ジェヒがオンマの足や、フイソンの足をマッサージしてあげたりします。
「嫁さん、バンザイ」「私の夫バンザイ」の二人の表情、最高だね~!
c0104506_22554946.jpg

ジェヒは、オンマにクムスンの実家に行ってくるので
俺たちのいない間、オリ島に行ってきたらと
チケットを渡します。
c0104506_2258452.jpg

「出発」
c0104506_2315984.jpg

約束通りに、1年ぶりにノ家にやってきます。
c0104506_2351245.jpg

フィソンの「おかわりください」の言葉、可愛かった~よ!
c0104506_2374853.jpg

「親父、カメラにケンカでも売ってるの?」
「お前のように、慣れてないからな」
「早く終わらせましょう」
義父の、緊張した姿が可愛かったです。
家族全員揃うと、いろいろなことがそれぞれにあったなぁ~と
今は、懐かしく感じられます。
c0104506_23154348.jpg

「クムスン先生の予約です」
「先生、お客様です」
「いらっしゃいませ お待ちくださいね」
クムスン、美容師としての自信で、素敵に輝いています。

「頑張れ!クムスン」は、一度目はネット配信で
二度目は途中から衛星劇場で観ましたが、これほど
何回観ても素晴しいと思えるドラマはありません。
主人公のクムスンは、心根が優しく
どんな逆境にも負けない強さを持っています。
そして、クムスンを囲む人々にもいろんな人生がありました。
人間の、葛藤、苦しみ、悲しみなどを、きれいごとではなく
人間の弱さも含めて、丁寧に描いていてとても共感を覚えました。
それぞれの人に、感情移入して観ることが出来ました。

このドラマを通して、どうしてこんなに子持の問題や離婚していること、
未亡人であることへの反発などが強いか不思議でしたが
それは韓国の諸事情があることも知りました。

1度目の視聴のときは、終わってもずっと引きずっていましたが
今、こうしてレビューを書くことによって、気持ちが落ち着けて
一つの区切りをつけることが出来たと思っています。
また、再放送が始まりますので、最初から録画して
保存版にして、とっておきたいと思っています。
このドラマで、素敵なジェヒ役のジファン氏にも出会えました。
毎週の日曜日の2時間は、TVの前で、泣いたり
笑ったりの楽しいひと時でした。

[PR]

by majintera2424 | 2007-05-02 23:50 | 頑張れ!クムスン
2007年 05月 01日

「頑張れ!クムスン」162話

c0104506_20525676.jpg

ついにこの日が~!
c0104506_20562133.jpg

「いいだろ~」
c0104506_2103252.jpg

ジェヒ、ベットにクムスンを押し倒してニンマリ~。
クムスンに思いっきり叩かれても、嬉しくて~~(笑)
c0104506_2141385.jpg

c0104506_2142837.jpg

二人のデート、楽しそうです。
c0104506_21104524.jpg

とっかえひっかえ、洋服を試着しますが
ジェヒからのOKは出ません。
「今、分かった!モデルに難ありだ。
何を着せても冴えない」なんて言われちゃいます。
c0104506_21154918.jpg

もう、クムスンも半分ふてくされ気味~!
c0104506_21191524.jpg

でも、ジェヒの顔が変わりました~^^*
c0104506_21205970.jpg

c0104506_21221292.jpg

「うん、すごくいいぞ~可愛い」
恋人同士の雰囲気がイッパイで、二人ともいいカンジよ~!
こんなシーン、あんまり見なかったような...。
c0104506_21293116.jpg

c0104506_2129495.jpg

きゃ~~ジェヒの手が、クムスンの脇に~クムスンビックリしています。
c0104506_2135570.jpg

クムスンの実家に、二人で結婚の挨拶にやってきます。
みんなに、洋服を仕立てて欲しいとお金を渡します。
ハルモニは、「今、お前があんなにいい人と再出発をするから
おばあちゃんは、安心だからいつ死んだっていい」
「ハルモニ、そんなこと言わないでよ。私の孝行はこれからよ」
「とにかく、幸せにおなり。これからは、いいことばかり待っているよ」
「ハルモニ、本当にありがとう!ハルモニ大好きよ~」

ハルモニは、どんな時もクムスンの一番の理解者で
的確な判断と、行動力は、さすがでした。
長年の苦労で、人の痛みが分かる素敵なハルモニでした。
c0104506_2239956.jpg

c0104506_21532827.jpg

c0104506_21535062.jpg

ノ家に、ジェヒを招き二人の結婚を祝います。
義父は二人に、クムスンは娘に、ジェヒは娘婿にしてあげようと言います。
そして、1年間は家には来ない方がいいと言います。
それが二人にとってもいいし、フィソンのためにもいいことだと...。
義父母から、結婚祝いに「はさみ」をプレゼントされます。
義母はクムスンのことを可愛くて、優しくて、働き者で
まじめで、何よりも心根が清らかで、美しいのだと言います。

こんな嫁は、捜してもいないわと...。
義母の言うとおりのクムスンでしたね~!
義母は、もっと前から優しくすればよかったと後悔します。
そして、クムスンに許して欲しいと言う義母もまた素敵です。
クムスンは、「警察から帰ってきた時、本当の父さんみたいに
本気で怒ってくれたこと
お義母が、徹夜で看病してくれたこと
母が生きてると知って、心を痛めて慰めてくれたこと
大金を用意してくれたこと
心からお二人が大好きで、慕っていたんです」
義母は「心から愛し愛されて幸せになるのよ」と言って
クムスンを強く抱きしめます。
c0104506_22412324.jpg

c0104506_22414174.jpg

ジェヒ、ニヤニヤしすぎよ~~!
c0104506_224347.jpg

「きれいよ、おめでとう」
「副院長、オンニと呼んでもいいですか?」
「ええ」
「ありがとう~オンニ」
c0104506_22501660.jpg

c0104506_22511277.jpg

「緊張してきたぞ、クムスン」
「私もです」
「でも、頑張ろうな」
「はい、お義父さま」
c0104506_22542164.jpg

「父親だもんな」
「こら、前を見ろよ!」
本当の親子になりましたね~!
c0104506_22565613.jpg

c0104506_22572687.jpg

c0104506_22574627.jpg

とてもなつかしい~!

c0104506_2323299.jpg

「頼んだぞ」
「はい」
「幸せになれよ」

[PR]

by majintera2424 | 2007-05-01 23:16 | 頑張れ!クムスン
2007年 04月 30日

「頑張れ!クムスン」161話

c0104506_2028588.jpg

約束します!

う~んついに昨日で終わってしまいました~(´;ω;`)
泣いたり、笑ったりのあっという間の2時間でした~!
ラストに向けて、二人の幸せっぷり、特にジェヒのニヤニヤ顔には
こちらも笑みがこぼれてきます。
すべての感想は、最終話で話すことにして
今日は、161話から始めます。
c0104506_20491392.jpg

義父母は、ソンランの子供のウジュに会います。
「おばあちゃんが、あなたを抱きしめてもいいかしら」
と言って、ウジュを抱きしめます。
義母は、フィソンも同じ立場なのでウジュを抱きしめながら
フィソンもあちらで、愛されるようにと思ったことを
ソンランに話します。
そして、ウジュを可愛がってあげるつもりだと...。
義母とソンランの関係も、お互いの気持ちが分かって
これからは、きっとうまくいきそうですね。
c0104506_21101411.jpg

「オンマ この子がフィソンだよ」
「こんにちは」
「本当に可愛いのね」

ジェヒオンマから、3つの条件が出されます。
1つ目は、ここで同居すること
2つ目は、独り身の姑の前で、過度の愛情表現は慎むこと(笑)
3つ目は、子供は3人以上が条件だけどフィソンがいるから2人は作ること
ジェヒは、2つ目に即、反応して
「オンマ、力の限る作るから心配しないでくれ」だって...。
クムスンは、まだ考えたことはなかったので、考えて見ますと言っているのに...。
院長から、うちの店に戻るように言われますが
クムスンは、カットテストに合格したし、美容師の試験まで
今の店で働きたいし、院長に少しずつ成長する姿をお見せしたいと言います。
c0104506_2158268.jpg

「フィソナーハルモニだ~!」
フィソンもまた、可愛がってもらえそうです。オンマ、いい表情ですね。

c0104506_225520.jpg

c0104506_2264390.jpg

「夢を見てるみたい」
「夢じゃない」
c0104506_22102282.jpg

クムスンからポッポです~♡
c0104506_22115647.jpg

「私の知っている言葉では、アジョシへの愛と感謝を
表現できないわ
だから生活の中で、見せてあげます。
アジョシが空腹の時は、ご飯になり
疲れた時には、暖かい布団になり
悲しい時には、涙に
嬉しい時には、笑顔になって
病気の時には薬になり
怒った時には、サンドバックにもなります」
「本当か?」
「俺に望むことは、何かないのか?」
「一つだけあります。絶対に先に死なないこと
ずっと私の隣で、幸せに暮らすこと」
c0104506_22222394.jpg

こんどはジェヒから、ポッポです~♡
「約束する」
c0104506_22264593.jpg

「俺たち3人で、力を合わせて幸せになろう」
「はい」
c0104506_22282820.jpg

いつも、クムスンがチョンワンに語りかける場所に3人でやってきます。
「フイソン、あの上にパパがいるんだ
パパにあいさつしろ」
「パパー こんばんは」とフィソンが、たどたどしく語りかけます。
フィソン、とっても可愛かった~~!
c0104506_2234882.jpg

「チョンワンさん、フィソンを立派に育てます
フィソンが、20歳になる年に、あなたのことを話します。
力を貸してください。いい父親になれるように...。」
c0104506_22385592.jpg

「私たち3人、これから家族になります。
お互いを思いやり、支え合いながら頑張って生きていきます。」
この光景を見るまでは、とっても長かったけど
今、このスリーショットを見て、本当に良かったと
涙が溢れます。

また、義父は、クムスンにひどい事を言ったと後悔していると話し
出来れば忘れて欲しいと言います。
深く考えずに、お前が大切で、愛しているから
送り出すのがイヤでたまらなかったんだと...。
きちんと悪かったと謝る義父もまた、素敵ですね。
チャン教授とクムスンもまた、和解することができ
ラストに向かって、良いことが続きます。

[PR]

by majintera2424 | 2007-04-30 23:09 | 頑張れ!クムスン
2007年 04月 26日

「頑張れ!クムスン」160話

c0104506_20333149.jpg

突然朝に...
c0104506_20372973.jpg

クムスンは心から「オンマ」と何度も呼びます。
初めてオンマを見たとき、きれいな人で、天使みたいだと...。
オンマは言います「今さら何を言っても言い訳にもならないけど
残りの人生をかけて、償うつもりよ」
「もう言わないで下さい。
オンマが私に謝るたびに、遠い存在に感じるわ
私に罪悪感しか、感じてないのかなって...」
オンマは、そうではなくわがままをいえば、今はお嫁に行かせず
フィソンも一緒に、少しの間だけでも一緒に住みたい気持ちだと言います。

「1週間でもいい、私の作った温かいご飯を食べさせて
服を用意してあげて
長く柔らかな髪の毛をとかしてあげたい。
仕事で遅くなる日は、バス停まで迎えにいって
朝まで枕を並べて、おしゃべりをしたい」

娘と一時でも暮らして、母親らしいことをしてあげたい
気持ちが切実に伝わってきて、切ないですね。
クムスンは、「オンマが一番恋しかったのはいつですか?」の問いに
「フィソンを産んだ日」と答えます。

「なぜ分かるんですか?」
「分かるわよ 私の娘だもの」


テワンは、運転中に歩いているクムスンを見つけ
車に乗るように言います。
いつものように、後ろの席に乗るクムスンを見て
「いつまで後ろに乗るつもりだ!
大丈夫だよ、お前のせいじゃないし、まず、俺の車で克服しろ!
俺の車で克服すれば、チョンワンも喜ぶ」
良かった!テワンに言われて助手席に乗って、なんとか克服できて...。
テワンは、いつもクムスンをフォローしてくれて、いい兄貴です。

クムスンは、義父母に「私を娘と思ってくれませんか?
お二人に会わないなんて、想像が出来ません。
フィソンだって、ここに連れてこられます。お願いします」と頼みます。
そして「この3年間、私がどんなにお義父さまを頼って
どれほど本当の娘になりたかったか知らないでしょ~?」
「あんなにひどいことを言ったのに、そう思うか?」
「言われた覚えはないですよ」とクムスンはとぼけてみせます。

義母は、「忘れて幸せになればいいのに、バカな子ね」
といって、クムスンを抱きしめます。
初めて「私の娘」と言ってもらってクムスン、念願が叶いましたね。
c0104506_22161330.jpg

c0104506_2217303.jpg

突然、朝早くにジェヒが、ノ家にやって来ました。
ジェヒは「実は夜通し悩んで、いい考えが浮かんだので
二人にお伺いをたてにやって来ました。
お父さま、お母さま僕を娘婿だと思ってください。
そうすれば、フィソンが遊びに来られます。
大学に入る年になったら、フィソンにチョンワンさんについて
話してあげようと思います」
c0104506_22273091.jpg

そのことは、クムスンから聞いていると義父から言われ
クムスンも同じことを考えていたことを知ります。
c0104506_2231483.jpg

テワンに、ジェヒが娘婿なら、俺の義理の弟になるから
タメ口でいいし、俺を何と呼ぶか言ってみろとからかわれます。
イヤでも、「義兄さん」と呼びます。
意外と素直だなぁ~ってテワンに言われちゃいます。
c0104506_22401820.jpg

義父からは、食べっぷりで決めようと言われ
「鍋をつついて食べるのは嫌いでしょ」とクムスンに言われても
「平気だ」とうそをついて、頑張って食べるジェヒでした。
c0104506_22461187.jpg

「なぜ、俺の味方をしないんだ」
「言われたからって“義兄さん”なんて呼ぶか?」
「何だ~“呼ぶか”だと?」
「プライドもないのね」
ジェヒ、クムスンに、言われっぱなしです。
c0104506_22525284.jpg

「やい、ペチュ誰のせいだと思ってるんだ」
将来の二人の姿が、浮かんでくるようですね。

[PR]

by majintera2424 | 2007-04-26 23:05 | 頑張れ!クムスン
2007年 04月 25日

「頑張れ!クムスン」159話

c0104506_20142785.jpg

俺の可愛いクムスン
同じ言葉でも、こちらは幸せのオーラが出ていますね!
c0104506_20191040.jpg

義父から電話が来て、会って話したいことが
あると言われます。
c0104506_2023683.jpg

義父は、ジェヒに向かって確認の意味を含めて
一生涯、うちのクムスンを幸せに出来るか
またフイソンを実の息子として育てられるかと、問いただします。
ジェヒは許してもらえるなら、いい父親になりますと答えます。
c0104506_20285531.jpg

ジェヒは「受けたことのない父親の愛が私のコンプレックスです。
だからこそ、努力して克服したい心の傷なんです。
フィソンに会ったとき、自分の幼い頃を見るようで
自然にあいつのことが、受け入れられたのです。
c0104506_20412247.jpg

父親の愛や、血筋の大切さを知らずに育ったのは確かです。
だからこそフィソンを自分の子として育てられると思います。

実は昨日、初めて父に会い“アボジ”と呼んでみたんです。
心の中が暖かくなりました。
フィソンにも、その感覚を味わせてあげたいのです」
「話は分かったよ。クムスンとフィソンを頼むよ
2人とも連れていくんだ」
やっと、OKが出ましたね!
ジェヒの誠実で、正直にフィソンの父親になりたい気持ちが
義父に十分伝わりましたね。
c0104506_20585555.jpg

義父は、ジェヒを連れて家に帰り、家族の前で
「結婚して幸せになりなさい。もちろんフィソンも一緒だ
ク・フィソンとして育ててくれ」

「はい お父様
本当にありがとうございます」

c0104506_21112929.jpg

「元気だったか?」
「アジョシは?」
「もう会えないと思ってた
夢じゃないよな」
「確かめてみますか?」
c0104506_21165589.jpg

「夢じゃないわ」
「アジョシ今私の前に立ってますよね」
「そうだ お前もペチュだろう」
「ええ、本当のペチュですよ」
もう、このときの二人は、会えた嬉しさと
結婚が許された嬉しさで、舞い上がっていますね~♡
話すことがイッパイで、何から話したらいいか~って感じです!
ジェヒは、ビックニュースとして、オンマが許してくれたこと
今朝、フィソンに会ってみたいと言ったことをクムスンに話します。
c0104506_2144375.jpg

「みんなを困らせているのに
嬉しくて仕方ないわ」
c0104506_21501859.jpg

c0104506_2152360.jpg

ジェヒは、昨日父親に会って、“アボジ”と呼んだことを話します。
クムスンは、心から喜んで、どうして、どんなふうにと聞いていると
突然ジェヒはクムスンにポッポしちゃいます~♡♡
自分の気持ちを一番分かってくれて、嬉しくて~~かなぁ!
c0104506_2222212.jpg

可愛い二人です
c0104506_2223960.jpg

c0104506_2244770.jpg

c0104506_2262361.jpg

バスの中でジェヒは
「俺と同じことを考えているのかな~?」
「アジョシは何を~?」
「大切に育てたペチュをやっと、キムチにして食えるな」と...。
c0104506_22133879.jpg

つい男の本音を、正直に言っちゃって
クムスンに「そういう話はやめてよ~!」とぶたれてしまいます。

c0104506_22175970.jpg

「オンマ 朝の話はまだ有効かな?」
「ええ、有効よ。私の負けよ!フィソンを連れてきなさい」
これで、正式にオンマからのOKが出ましたね。
c0104506_22245745.jpg

義父母と、ジェヒのオンマから、フィソンを連れての結婚を
認めてもらったことを、ヨンオクに伝えます。
「もう、苦労しないでいいのね」
「本当によかった」
この続きは、また明日、お話を...。

[PR]

by majintera2424 | 2007-04-25 22:38 | 頑張れ!クムスン
2007年 04月 24日

「頑張れ!クムスン」158話

c0104506_19453957.jpg

父親に会いに来ました!

この回も、涙なしでは観られないシーンがいっぱいです。
義母は、チョンワンのところに来て、写真にふれながら言います。

「フイソンを手放すわよ。どこで暮らしても、あなたの子供に違いないもの
ノ・フィソンでもク・フィソンでも、フィソンが元気に育ってくれたらいいのよ」

亡くなった息子の前で、義母もフィソンを手放すことを
決意しましたね。
そこまでいくのには、たくさんの葛藤と苦しみを味わったけど
さすが母親ですね。フィソンを一番に考えるようになってくれて...。
c0104506_20223825.jpg

c0104506_2025555.jpg

実の妹になるウンジンが、クムスンに会いにきました。
ウンジンは、姉さんが大変だったのに、私とママは楽をしてたし
代わりに移植手術もしてくれて、本当に申しわけないと謝ります。
クムスンは、会いにきてくれたことも
正直にその話をしてくれたことも嬉しくて
また、可愛くて、賢いあなたが、私の妹だということも嬉しいと言います。
ひとりぼっちだったクムスンにも、可愛い妹が出来て嬉しそうです。

義母は義父に、チョンワンのところに言ってきたら
チョンワンが手遅れになる前にフィソンを手放せと言ってたと...。

「快く送り出してやりましょう
クムスンのために
チョンワンは心の中にいるわ。
苗字なんてどうでもいいのよ
大事なことは、フィソンが幸せに育つことよ」
「いつも賢明な選択をするピルトさん
今回もそうしてくれるのよね」

義母の説得は、義父に通じたでしょうか?
c0104506_20413239.jpg

c0104506_20425839.jpg

オンマから電話があり、父が6時のバスで帰ることを知らされます。
父の記事が載った新聞を見ると、“いつか会ったら渡そうと”
していたメスのことを知ります。
c0104506_2110481.jpg

「会いに来ました」
「オ・ミジャの息子です」

c0104506_2114956.jpg

「いつか、会えたら渡そうと持ち歩いてたメスだ
受け取ってくれ
必ず、リハビリは成功するよ」

c0104506_2118753.jpg

ジェヒは、バスに乗ろうとした父に生まれて初めて
「アボジ」と呼びました。
父は、ジェヒを抱きしめます。
「ありがとうジェヒ」
「僕の方こそ30年間ずっと呼んでみたかった」
「アボジ」
良かった!素直に「アボジ」と呼ぶことが出来て
ジェヒの表情とても素敵です。
c0104506_21312549.jpg

ジェヒは、オンマに父を見送ってきたことを話します。
そしてジェヒは

「今まで言わなかったけど、ありがとう、俺を産んでくれて
そして育ててくれて」
「これからは、オンマに幸せになってほしいよ
オンマの幸せなら、俺も幸せだから」

と言いオンマを抱きしめます。
オンマにも、素直に感謝の言葉が言えましたね。
ジェヒがますます成長して素敵なナムジャになっていきますね。
c0104506_21462312.jpg

クムスンの涙と、呆然としている表情で
どんなにか辛いかが分かりますね。
この姿を、義父は見てしまいます。
c0104506_21514765.jpg

また、クムスンが心配で家の前で
立ち尽くしているジェヒを義父は、見てしまいます。
このことが、義父の気持ちを変えることができたらいいのですが...。
c0104506_21562421.jpg

ジェヒのオンマが、フィソンに会いたいから連れて来なさいと言います。
ジェヒの父親の登場で、オンマは昔のように優しくしてもらい
すぐ消えてしまうのが愛情と言ってたのに
そうではないのだと思えるようになったのでしょうか。
「オンマが、一大決心をしてくれたのに
もう遅いんだ、別れたんだ」
とジェヒは答えます。
ジェヒのオンマ、義母はようやくフィソンを連れての結婚に
賛成になってきて、後は義父だけになりました。
いい返事が聞けたら嬉しいですが...。

[PR]

by majintera2424 | 2007-04-24 22:28 | 頑張れ!クムスン
2007年 04月 23日

「頑張れ!クムスン」157話

c0104506_20234842.jpg

ジェヒの涙~辛いです
昨日の「クムスン」は、まるまる2時間泣きっぱなしでした。
ジェヒとクムスンとの別れが切なくて泣き
義母がチョンワンに話しかけるシーンで泣き
義父母からの許しが出て、嬉しくては泣き
ヨンオクとクムスンの会話で泣き
ジェヒとオンマ、ジェヒと実父の心の雪解けで泣き
テワンの優しさに泣き
もう、感動の2時間でした。
まずは、ジェヒとクムスンの切ないシーンから始めます。
c0104506_20421575.jpg

c0104506_2043699.jpg

c0104506_20442168.jpg

クムスンは、去っていったジェヒに向かって走り
後ろからジェヒに抱きついて話します。
「何故、生まれてきたか、いつも考えていました」
親のいない子だとバカにされたとき
いつも1人ぽっちだったとき
結婚してすぐ彼が死んだとき
本当に何故生まれてきたのかと考えました。
死んだと思っていたママが、腎臓をくれと言ったとき
何故生まれてきたのかと...。
c0104506_2111769.jpg

でも、あなたと出会って分かったんです。
あなたに出会うためだったと...。
そのために生まれたんだと、分かったんです。
c0104506_2144125.jpg

今度生まれ変わったら、いい家の子に生まれ
勉強し、いい大学を出て
あなたに出会うまでは、他の男は見向きもせず
子持なんかじゃなくて、嫁ぎ先の家族もなくて
あなただけを待っています。

c0104506_21104193.jpg

「そうだ」
「約束だ」
「はい」
c0104506_21221195.jpg

c0104506_21251192.jpg

「もう、行くぞ」
c0104506_2128349.jpg

c0104506_21282633.jpg

「何故生まれてきたか」と考えるだけ
クムスンは人一番苦労をして、やっと生まれて
よかったと思える人に出会えたのに、悲しすぎます。
c0104506_21451331.jpg

クムスンは、義母とテワンの前で、
今日、アジョシと別れてきたことを話します。
テワンは親父達のことは気にせずに出て行けと言ったのに
何故別れるのだと...。
クムスンは「私とアジョシとで苦しんで出した結論なんです。
お願いです。これ以上、アジョシを苦しめたくない」と言います。
c0104506_21532051.jpg

c0104506_21533792.jpg

ジェヒの声を出さずに泣く姿は、ただただ辛くて一緒に泣いてしまいます。
義母は、義父にクムスンがジェヒと別れたこと
また、私達のためにジェヒと別れたのだと話します。
クムスンが明るく振舞えば振舞うほど、義父母の心は痛みます。
c0104506_2214434.jpg

ジェヒは、オンマから実父が訪ねてきて
ジェヒに会うために島からやってきたことを聞きます。
しかし、ジェヒは会いたくないと言います。
病院で会った時、自分の息子に全然気がつかなかったのも
会わないネックになっているのでしょう。

義母はチョンワンに会いにやってきます。
「チョンワン オンマや」
「会いに来たわ 久しぶりね」
「今日は、あなたに言いにくい話をしに来たの」
義母は、なにかを決心したようです。

[PR]

by majintera2424 | 2007-04-23 22:20 | 頑張れ!クムスン
2007年 04月 19日

「頑張れ!クムスン」156話

c0104506_20123565.jpg

「俺の可愛いクムスン」

ジェヒは、クムスンと別れをつげる日
まず、最初にフィソンに別れを言いに保育園に行きます。
c0104506_2032366.jpg

c0104506_202586.jpg

ジェヒはフィソンに会って、「俺が頼んでも“パパ”と呼ばなかったのに
突然、あんな所で“パパ”だなんて、ママが大変な思いをしたんだぞ
だけど、ありがとう~“パパ”と呼んでくれて...。
嬉しいからプレゼントをやろう」
と言います。
c0104506_20451762.jpg

「マジで格好いいぞ!」
「いい子でいろよ」
「じゃぁ~おじさんは帰るぞ
元気でたくましくな」

c0104506_20504489.jpg

ジェヒは、フィソンに立ち去る姿を見せまいと
帽子を深くかぶせて出て行きます。
ここから、もう可哀想で、涙腺がゆるくなってきます。
ジェヒにとって、可愛いフィソンとの別れは辛すぎます。
c0104506_2124890.jpg

c0104506_2153790.jpg

わざとクムスンに、約束の手のマッサージをしてくれないから
なかなか治らないと言って甘えて、マッサージをやってもらいます。
c0104506_2115187.jpg

クムスンを愛おしそうに見つめる目が、とても素敵です。
c0104506_21253886.jpg

c0104506_2126621.jpg

クムスンは毎日でもマッサージをしてあげたいと言うし
クムスンの優しさに触れて、ますますジェヒはクムスンとの別れが辛くなります。
c0104506_234912.jpg

c0104506_2345166.jpg

ジェヒは、最後の食事だと思って、前に嫌いだと言っていた
ネギもカクテキの汁も入れてくれとクムスンに頼むところは可愛いですね。
また、食べさせてくれと甘えるのもジェヒらしくて...。
c0104506_2145710.jpg

c0104506_21461063.jpg

「俺のどこが好きだ?」
「突然聞かれても答えられませんよ」
「じゃぁお前が俺に聞いてみろよ」
「私のどこが好きですか?」
c0104506_21514211.jpg

「可愛くて、小さくてもチビペチュを育てていること
美容師で23才だったこと
旦那の家族を宝物のように思っているから世界で一番いい男を
みすみす失いかけていることを...」

c0104506_2233643.jpg

c0104506_224597.jpg

「今、分かったか?」
「俺が何の話をしたいか」
「クムスナー」
「アジョシー」
「今まで一度も言ったことがないよな」

「愛してる」
「愛してる 別れよう」

「イヤです! 別れません」
c0104506_22212238.jpg

「良かった!喜んだらどうしようかと思った」
c0104506_2224982.jpg

「フィソンをしっかり育てて、必ず美容師になれよ。
しっかり食べて元気で
たくさん笑って、泣くのは今日までだ
泣かせたくなくて別れるんだ」
c0104506_2229496.jpg

c0104506_2229593.jpg

「もう、行くぞ、これ以上いると別れられなくなる
振り返るなよ
俺の可愛いクムスン」


こんなに愛し合っているのに、別れなければならないなんて
本当に切なくて、どうにかならないのかと思ってしまいます。
二人が別れることによって、周りの状況が変わってくれることを
祈るしかありませんね。

[PR]

by majintera2424 | 2007-04-19 22:47 | 頑張れ!クムスン
2007年 04月 18日

「頑張れ!クムスン」155話

c0104506_20205453.jpg

辛すぎます~!
ハルモニは、クムスンにジェヒと別れなさいと話します。
「たくさんの人を傷つけて結婚して幸せに暮らせるかい?
それに、大好きな今の家から出られるかい?
もし、振り切って出てきたとしても
ぐっすり眠れるかい?
ジェヒと母親を仲たがいさせて、ご飯がのどを通るかい?
お前には無理だ。別れるんだ」

クムスンは、泣きながら首を横に振リ続けます。
クムスンの苦しさを知っていたからこそ
ハルモニは別れることを選んだのでしょう。
c0104506_2051184.jpg

ジェヒは、チャン教授の部屋で、偶然にも釜山で
医者をしている実の父親と再会します。
もちろん、父親はジェヒのことは知りません。
ジェヒは、父親に会って、動揺を隠しきれません。
c0104506_20581537.jpg

ジェヒはハルモニに呼ばれて、ハルモニの家へ行きます。
ハルモニの口から、クムスンと別れてくれと頼まれます。
ジェヒの母親が子供を置いてこいということ
また、フィソンを置いていけと泣きすがって
頼む義父母から、クムスンが振り切って
出てこれないでいることは、もう別れるしかないのだと言います。
出来れば、ジェヒのほうから、別れてやってくれと頼みます。
ハルモニは、「あの子はドンドン弱ってる。
お前さんにも、家族にも相談できず、身動きとれずに
1人で悩んで苦しんでいるんだ。
わがままを言わせてもらえば、お前さんから別れて欲しいんだ
クムスンが、胸を痛めながら別れの言葉を言わなくていいように...」

ジェヒにとって突然の別れ話で、その上、自分から別れの言葉を
言って欲しいといわれてショックだったでしょう。
ハルモニのクムスンを思う気持ちもまた、涙です。
c0104506_2148489.jpg

c0104506_21435116.jpg

c0104506_21442542.jpg

「クムスナ~今、どこだ」
「今、外です」
「会わないか?話があるんだ」
「でも、今日はちょっと...また今度」
「分かったそうしよう」

クムスンが、ジェヒと会うことを、断るほど今苦しんで
いることをジェヒは知ります。
c0104506_2213523.jpg

クムスンのことが心配で、家の近くまでやってきて
クムスンが歩いてくるのが見えます。
声をかけようとしたのですが、クムスンは目の前に
ジェヒがいても気づかないで、思いつめた顔で立ち去ります。
c0104506_226541.jpg

ジェヒにとって、この光景はクムスンとの別れを決めさせるほど
ショックな出来事でした。
クムスンを、こんなにも苦しめてしまったと...。
c0104506_22145019.jpg

c0104506_22162044.jpg

「クムスナー俺だよ
夕食食ったか?なぜまだなんだ」
「クムスナー
俺、お前に聞きたいことがあるんだ
フィソンを置いてこれないか?」
「クムスナーダメか?」
「どうしても?」
「ええ、それはできません」
「当然だよな、ちょっと聞いてみただけだよ」
「ちゃんと夕飯食うんだぞ」
「じゃ切るぞ」

c0104506_22264920.jpg

ジェヒは、フィソンを置いてくるはずはないのに
でも、最後に確認したかったのでしょうね。
涙をこらえながら話すシーン、そして声を出さずに泣くジェヒ
切なくて、悲しくて一緒に泣いてしまいます。
c0104506_22354680.jpg

「クムスナー俺だよ」
「今夜 会おう 話があるんだ」

次の日のジェヒの顔は、もう別れを覚悟した表情で
クムスンに電話をします。

[PR]

by majintera2424 | 2007-04-18 22:52 | 頑張れ!クムスン
2007年 04月 17日

「頑張れ!クムスン」154話

c0104506_20192018.jpg

クムスンを見つめる目が~♡

c0104506_20225796.jpg

義父は、クムスンに「お願いだから、俺たちを助けると思ってフィソンを渡してくれ」
泣きながら頼みます。
「お前はまた、子供を産めばいいが、俺たちには、フィソンだけが希望であり
生きがいであり、息子であり、孫なんだ」
「息子を失った俺たちからフイソンまで奪わないでくれ」
泣きながら頼む義父に、クムスンは返す言葉もなく、ただ涙を流します。
二人とも、チョンワンの死を整理出来ぬまま、引きずっているのでしようね。
だから、余計にフィソンと別れるのが辛いのかもしれません。
でも、フィソンはチョンワンでもなく、別の人格を持ったクムスンの息子でもあるのです。
c0104506_2053822.jpg

c0104506_20541091.jpg

c0104506_2057381.jpg

クムスンは、ジェヒの前で、子供のように、何も言わずに泣き続けます。
義父に言われて、自分の気持ちを押さえきれないほど、どうしようもなくやりきれない
悲しみだったのでしょうね。
c0104506_2122814.jpg

c0104506_2135136.jpg

「立てよ!行こう~」
「どこへ?」

c0104506_21152832.jpg

ジェヒは、ハルモニに会えば、クムスンが元気になると思って連れてきます。
クムスンは、ハルモニに次の美容院に再就職が出来た事を知らせます。
ハルモニは、ヨンオクから、部屋が見つかったことを聞いたと話します。
ジェヒは、家を出ることで少しは楽になるだろうと思って、喜びます。
でも、クムスンは、義父母の涙の願いを聞いてから、家を出る事に迷っているのです。
そのことには、ジェヒは気づいていませんね。
c0104506_2152030.jpg

フィソンと一緒の帰り道で、テワンに会います。
「タメ口でいいか?」
「もちろんですよ」
また、前のように兄と妹の関係になってよかった!
そして、テワンは、両親の思いを、的確にクムスンに話して聞かせます。
特に、親父はチョンワンの影を引きずっているし
頭では分かっていても、気持ちがついてこないのだと...。
「ひとまず、家を出ろよ!そうしないとどうしようもない」
そして、初めてCMの主役の話が来たことを、真っ先にクムスンに知らせます。
「契約金が入ったら、すごい結婚祝いを買ってやる」と嬉しいことを言ってくれます。

夜中にクムスンは、義父がそっと外に出て、チョンワンの写真を見ながら
泣く姿を見てしまいます。
自分より先に子供が死ぬということは、本当に辛い、悲しいことで、
そしてまたその忘れ形見もいなくなるということは切ないことなのでしょう。
クムスンもそのことが分かるからこそ、辛いのです。
c0104506_2219850.jpg

クムスンは、いたたまれなくなって、ハルモニのところにやってきます。
「ハルモニ~どうすればいいの
家を出るなんて出来ない」

「クムスン、フィソンを置いてくることは、出来ないのか?」
「ダメよ、出来ないわ」
「だったら、ジェヒと別れるんだ、仕方ないだろ
縁がなかったんだ」
c0104506_22272393.jpg

え~そんなことは、ダメです!

[PR]

by majintera2424 | 2007-04-17 22:40 | 頑張れ!クムスン