teraのおとぼけ日記

meias.exblog.jp
ブログトップ
2007年 12月 28日

水木の夜、 チャン・ヒョクなのかカン・ジファンなのか

c0104506_1471988.jpg

[記事] 水木の夜、チャン・ヒョクなのかカン・ジファンなのか
[OSEN=チョギョンイ記者] 新年初頭から取り組む二人の男がいる。 まさにチャン・ヒョク(31)と
カン・ジファン(30)だ。

チャン・ヒョクは来年 1月 2日初放送される SBS 水木ドラマ ‘不汗党’(ギムユワンシナリオ,
ユウ・インシク演出)で不汗党みたいなクォン・オジュン役を引き受けた。
カン・ジファンも同じ日、初放送される KBS 2TV ‘快刀ホン・ギルドン’(ホン・ミラン
ホン・ジョンウン姉妹作家、イ・ジョンソプ演出)のタイトルロールインホン・ギルドン役
に帰って来た。
二人皆漢拏を一時に取り組むようになりながらその対決を避けることができなくなった。
前作の興行成績だけで見ようとすると MBC ドラマ ‘ありがとうございます’(2007.3.21~5.10)のチャン・ヒョクに重みが加わっている。
去年 11月除隊後 ‘ありがとうございます’で印象的な演技を広げてテレビ劇場に安着した。
しかしカン・ジファンも今年夏放送された KBS ドラマ ‘京城スキャン’(2007.6.6~8.1)で
マニア階を形成してファンの支持を受けた。
当時 ‘ソヌ・ワン-チョマジャ’ カップルで視聴者たちの心を振って置いた。

チャン・ヒョクは正統メロードラマを志向する ‘不汗党’で女達の通帳残高を狙う
生計型詐欺師選手クオン・オジュンで扮する。
劇重厚組クオン・オジュンは時限付き人生を、宣告受けるようになりながら視聴者たちの
涙腺を刺激する予定だ。
寒い冬視聴者たちの心をとかす感性ドラマで勝負の賭を浮かべる。
ゾルグォンドでよく切り刻まれたチャン・ヒョクのすてきな身を見ることも
劇を見る楽しさを倍加させるよう。

‘快刀ホン・ギルドン’はコミックフュージョン史劇だ. ‘快刀ホン・ギルドン’でカン・ジファンは
既存の模範的で正しいホン・ギルドンではないざらざらしてつやがないこと言い尽くせない
漢陽最高のナルゴンダルで視聴者を捕らえる予定だ。
前作である ‘京城スキャンダル’で見せてくれた閑良のイメージが重なって流れる。
もちろん劇の後半に行くほど身分のくびきから始まったホン・ギルドンの痛みを伝える。
ワイヤーに乗って派手なアクションをお目見えするカン・ジファンの姿が印象的だ。
チャン・ヒョクは 26日 ‘不汗党’ 製作発表会で “視聴率は私がどのようにすることができる
部分ではないようだ”と “視聴率をちゃんと出るようにしようとどのようにすることができる
方法はないようだ。
演技でよく表現し出すことだけだ”と淡淡と明らかにした。

カン・ジファンは “視聴率負担はある”と “題目が ‘ホン・ギルドン’で斉家 ‘ホン・ギルドン’の
タイトルロールだ。
その間 KBS ミニシリーズが古典をして先に立って急先ぽう役目をしなければならない
という負担がある。
作品を熱心に取った。初放送で二けたの視聴率が出れば良いだろう(笑い)”と言った。
二人の対決が切迫した。誰の手をあげてやるかは視聴者たちの分け前だ。
c0104506_14393670.jpg

c0104506_14403241.jpg

c0104506_1441569.jpg

c0104506_14424939.jpg


SBSドラマ『不汗党』は、同じ日に放送されるんですね。
このドラマは狙った女は逃さないプレイボーイのクォン・オジュン(チャン・ヒョク)と
天真爛漫なシングルマザーのチン・タルレ(イ・ダヘ)の恋物語です。
「ありがとうございます」は、素晴しい作品でしたし、チャン・ヒヨク氏の魅力も
十分に発揮されたので、また作品を観たいと思っていました。
でも、「快刀ホン・ギルドン」とは同時刻で、視聴率で競い合わなければならないので
今回の「快刀ホン・ギルドン」は、ジファン氏が言っているように視聴率二けたで勝負して
ほしいですね。
制作発表会で、20分の映像が流されたようで、その中のハイライトを観ました。
ワイヤーアクションでは、ユリちゃんもジファン氏も空を自由自在に飛び回って
すごい映像美でしたし、音楽も斬新で素敵でした。
ジファン氏のコミカルさと、カリスマさが相まって、もう、始まる前からワクワクしてきます。

☆teraの別宅に「演芸街中継」での3人の楽しいインタビューを載せました。

[PR]

by majintera2424 | 2007-12-28 15:12 | ホン・ギルドン


<< おめでとうございます!      「快刀ホン・ギルドン」制作発表会! >>