teraのおとぼけ日記

meias.exblog.jp
ブログトップ
2007年 05月 02日

「頑張れ!クムスン」最終話

c0104506_19584829.jpg

どんな時も愛する心を忘れずに...

とうとう最終話までやってきました。
1時間、泣いたり、笑ったりのあっという間の時間でしたが
とてもハッピーな時間でした。
まずは、二人とも素敵で、幸せな結婚式の続きからです。
c0104506_20112685.jpg

c0104506_20114850.jpg

c0104506_20124411.jpg

クムスンに、子供がいることが分かって怒りまくっているシーンを
ジェヒは思い出しています。
メモを投げつけるシーンは、強烈で、ジェヒあんまりよと怒っていた自分が
今は、なつかしく感じます。
c0104506_20151794.jpg

c0104506_20154932.jpg

クムスンは、ジェヒから愛情をイッパイもらったシーンを
思い出しています。
トンネルでの「アンデ~」、おんぶのシーン、花火のシーン
みんな素敵だった~~!
c0104506_20293877.jpg

ウジュにポッキーをもらって、嬉しそうな顔、可愛い~。
c0104506_2033498.jpg

c0104506_2033201.jpg

二人の笑顔、幸せそう~!
c0104506_20402267.jpg

飛行機の関係で、新婚旅行へ行く前にホテルに一泊します。
c0104506_2041457.jpg

「お腹すいただろう」
c0104506_20421828.jpg

「少しだけ」
c0104506_20473855.jpg

c0104506_20475367.jpg

c0104506_20481146.jpg

ジェヒが、後ろからクムスンを抱きしめて
「クムスナー結婚したんだな」と実感を込めて言います。
このときの二人の表情、とっても素敵で、大好きなショットです。
c0104506_20582731.jpg

c0104506_20584412.jpg

c0104506_2104250.jpg

ジェヒは、もう早く部屋に戻って大事な一夜を過ごしたくて
うずうずしてるのに、クムスンのOKが出なくて
目をキョロキョロさせています。
c0104506_2175666.jpg

もう、待てなくて、映画でやってたとかいって
クムスンを抱き上げてベットに連れてきます。
c0104506_2113227.jpg

クムスンも可愛いピンクの下着を着てみますが
でも迷って結局、普通のパジャマを着てしまいます。
c0104506_2120174.jpg

ジェヒは、クムスンを待っている間、オーデコロンを部屋にふりまいたり
腕立て伏せをしたり、ようすを伺ったりで
この日を待っていたばかりの行動ですね。
ホント、分かりやすいジェヒです。
c0104506_2141213.jpg

c0104506_21424747.jpg

c0104506_2143636.jpg

ジェヒがポッポしようとしたら、あまりにクムスンの顔が固まっていて
ジェヒ、可笑しくて、ポッポ出来ずじまいに...。
ジェヒは、夫婦なんだから、「ヨボ~」と呼んでくれと頼みますが
結婚したとたんに、呼ぶことは無理だと言います。
ジェヒは、この日をどれほど待ってたか、気づいてないだろうと言います。
c0104506_21503150.jpg

「私ほどでないはずですよ。どんなにずっと耐えて、大切に思ってきたか
とても大切だから、口に出して言うことも出来なかったわ」
意外な言葉でした。だから、よけいに緊張してたのね。
c0104506_226114.jpg

「クムスナーどうして俺たち出会ったのかな」
「ク・ジェヒとナ・クムスンだからよ」
「そうだな」
c0104506_2283328.jpg

ポッポして、スタンドの灯りが消えます。
c0104506_22132048.jpg

こちらのポッポは、朝のいつものポッポです~♡
もう、ジェヒ、クムスンに甘えっぱなしの新婚生活です。
c0104506_2217167.jpg

朝の抱擁ですってよ~!
そこに、たまたまジェヒオンマが部屋に入ってきて
見てしまいます。
「私の前では、過度の愛情表現は慎むように言ったでしょう」との
ジェヒオンマに「ここは部屋の中ですよ」とクムスンは答えちゃいます。
また、家事も手伝ってくださいと言えるクムスン
もう、この家の要になっていますね。
c0104506_22275268.jpg

ジェヒは、クムスンをバス停で待ちます。
クムスンに、腕をさしだし、クムスンが喜んで腕を組むシーン大好き~!
ジェヒが、リハビリで物をつかめたことを話し
そのことをクムスンは、とても喜びます。

1年後です
c0104506_22391343.jpg

ジェヒは手術が出来るようになりました。
フィソンから電話がかかってきて嬉しそうに話しています。
c0104506_22415585.jpg

クムスンは、美容師の試験に合格しました。
夢が叶いましたね~!
本当に、クムスン頑張りましたね。
c0104506_22451314.jpg

c0104506_22453184.jpg

c0104506_22455034.jpg

c0104506_22462533.jpg

このサウナのシーン、大好き~!
ジェヒオンマが行きたかったサウナで、家族が仲良く
ジェヒがオンマの足や、フイソンの足をマッサージしてあげたりします。
「嫁さん、バンザイ」「私の夫バンザイ」の二人の表情、最高だね~!
c0104506_22554946.jpg

ジェヒは、オンマにクムスンの実家に行ってくるので
俺たちのいない間、オリ島に行ってきたらと
チケットを渡します。
c0104506_2258452.jpg

「出発」
c0104506_2315984.jpg

約束通りに、1年ぶりにノ家にやってきます。
c0104506_2351245.jpg

フィソンの「おかわりください」の言葉、可愛かった~よ!
c0104506_2374853.jpg

「親父、カメラにケンカでも売ってるの?」
「お前のように、慣れてないからな」
「早く終わらせましょう」
義父の、緊張した姿が可愛かったです。
家族全員揃うと、いろいろなことがそれぞれにあったなぁ~と
今は、懐かしく感じられます。
c0104506_23154348.jpg

「クムスン先生の予約です」
「先生、お客様です」
「いらっしゃいませ お待ちくださいね」
クムスン、美容師としての自信で、素敵に輝いています。

「頑張れ!クムスン」は、一度目はネット配信で
二度目は途中から衛星劇場で観ましたが、これほど
何回観ても素晴しいと思えるドラマはありません。
主人公のクムスンは、心根が優しく
どんな逆境にも負けない強さを持っています。
そして、クムスンを囲む人々にもいろんな人生がありました。
人間の、葛藤、苦しみ、悲しみなどを、きれいごとではなく
人間の弱さも含めて、丁寧に描いていてとても共感を覚えました。
それぞれの人に、感情移入して観ることが出来ました。

このドラマを通して、どうしてこんなに子持の問題や離婚していること、
未亡人であることへの反発などが強いか不思議でしたが
それは韓国の諸事情があることも知りました。

1度目の視聴のときは、終わってもずっと引きずっていましたが
今、こうしてレビューを書くことによって、気持ちが落ち着けて
一つの区切りをつけることが出来たと思っています。
また、再放送が始まりますので、最初から録画して
保存版にして、とっておきたいと思っています。
このドラマで、素敵なジェヒ役のジファン氏にも出会えました。
毎週の日曜日の2時間は、TVの前で、泣いたり
笑ったりの楽しいひと時でした。

[PR]

by majintera2424 | 2007-05-02 23:50 | 頑張れ!クムスン


<< ジファン氏最新情報      「頑張れ!クムスン」162話 >>