teraのおとぼけ日記

meias.exblog.jp
ブログトップ
2014年 08月 22日

[スターインタビュー]パク·ユチョン!

[スターインタビュー]パク·ユチョン、イケメンアイドルの皮を
脱いで真の男の俳優の道に入る

スクリンデビュー作'海霧'で末っ子ドンシク役引き受けて熱演恋人のために命をかけるドンシクの純粋な愛にヒーリングして
毎作品の最後の作品という覚悟で撮影に臨む
スポーツ韓国メディアチェ・ジェウク記者jwch6@hankooki.com

入力時間:2014/08/2209:36:02
修正時間:2014/08/2209:36:02
c0104506_14573450.jpg
写真=イ・ヘヨン記者lhy@hankooki.com写真=イ・ヘヨン記者lhy@hankooki.com
[スポーツ韓国メディア チェ・ジェウク記者]先入観が完全にこわれた。 映画'海霧'(監督シム・スンボ、製作海霧)の
開封日である去る13日会ったパク・ユチョンはきれいな容貌とは違い言葉どおり'真の男'であった。 また、演技)を
副業程度で考える他の'アイドル歌手'とは違い演技に接近する姿勢が落ち着いている'俳優'であった。

口から出る一言ごとに演技に対する情熱がいっぱい含まれていたし'海霧'に対する濃い愛情がにじみ出た。 スクリーン
デビュー作'海霧'の封切りを控えて60個余りの媒体との1対1インタビュー大長征を終えていく彼は多少疲れていた。

"映画広報をするのが初めてなのにすでに私の中では'海霧'が劇場上映が終わって劇場で降りて行ったことと同じ
気持ちですよ。今日が公開初日なのにすでに私の中ではすでに'海霧'が離れたことのようです。 1ヶ月越える広報過程
のうちにずっと映画に対して考えて話すとすべての感情をはたくことになりましたよ。 去る1月に封切りしたように
感じられるほどです。(笑)私がすることができることはすべてしたのでもう観客の評価を謙虚に待たなければならない
ですね。 興行ですか? それよりこの映画を作った人々の情熱と悩みが認められたらいいですね。 大きい欲がなくて
損益分岐点だけ越えればいいですね。"

'海霧'はマンソンの夢を抱いて出港した六人の船員が一寸の前を分からない海霧の中密航者を積み出すことになって
手のほどこしようもない事件にまきこまれることになる話を扱った作品だ。 パク・ユチョンは想像しない事件により
阿鼻地獄に変わった腹の中で純粋さを失わなかった末っ子船員ドンシク役を担った。

ドンシクは韓国に行った兄さんを探すために密航船に身をのせた中国同胞ホンメ(ハン・イェリ)と運命的な愛に
陥ることになる。 同名演劇を映画化したのでリアリティーより文学的香りが漂う。 ドンシクの純粋さはホンメを救うために
途方もない決定をするようにさせる。 ドンシクはいったいホンメをいつから愛することになるのか。

"人を愛することになる方法は色々なものがあることのようです。 時々実際に誰を好きな時じわじわ過程を踏むのでなく
感じがパークに来る時があるでしょう? 多分ドンシクもそんなことないのかと思います。 水に落ちたホンメを救って
好感を持つようになった後、若い男女が機関室という限定された空間中にあって見たら燃え上がることになった
ことのようです。 私にドンシクのように恋人のために命をかけられるか尋ねれば自信ありげに"できます"と話せません。
ものすごい悩みが必要なことのようです。 それだけドンシクがすごい男であることのようです。 それほど純粋に
愛するのはものすごい勇気が必要で容易ではないことです。 ドンシクを演技して彼の純粋さに自分自身がヒーリング
されている感じでした。"

パク・ユチョンは'海霧'撮影会場でキム・ユンソク、キム・サンホ、イ・ヒジュン、ムン・ソングン、ユ・スンモクなど
大先輩らと4ヶ月超えて演技呼吸を合わせて俳優として一段階成長した。 撮影がない日には浜揺れる船の中で
焼酎一杯を傾けて演技に対する悩みを打ち明けて先輩たちの助言を聞いて自身をかばっていた殻を破り一歩
前進していった。 そのせいで体重もたくさん増えて映画初めての場面後ろ姿を見れば調べてみられないほど本当に
'船員'になっていた。

"酒はほとんど毎日飲みました。 雰囲気が良ければ皆同じく飲んで良くなければ先輩どうし召し上がりました。
私も監督と先輩が乾いたよりぽっちゃりとしたのが良いといって安心して食べて飲んだことのようです。 その肉が
まだ皆知って陥って問題だが。(笑)事実私は普段容貌に対する悩みは全くしません。 生き長らえていたらコンディションが
良くなければ美しくなく出てくることができます。 まあ。見られる職業なので常に完ぺきでなければならないという
考えには反対です。 しかし年を取るとちょっと神経は使うことになります。 行かなかった皮膚科もこの頃行き始めました。
頭だけ陥らなかったらいいですね。(笑)"

'海霧'言論示唆後パク・ユチョンの演技に対する好評があふれている。 今年の末や来年初めに予定された軍入隊前
彼の出演したい映画とドラマ製作会社のラブコールがあふれている。 しかし現在のパク・ユチョンが所属している
JYJが新しいアルバムを出したし、海外コンサート日程も組まれていてある作品をもっとすることが出来るかは未知数だ。

彼は全く早急がらなかった。 心を空にして平常心を維持する方法を知っていること。 デビュー後10年の間数多くの
浮き沈みを介して得た人生の知恵だろう。 自分に与えられる機会に対する感謝することを忘れないでいた。

"常に作品に入るたびに最後の作品であることもあるという考えます。 次の作品は時間が合わなければならないようです。
'海霧'を撮る前には'必ずして行かなくちゃ'という考えが大きかったが、映画を撮ったらゆっくりしてもかまわないと
いう気がします。 自分自身がもう少し準備ができていなければならないという気がしました。 この頃はJYJ活動と
コンサートにすべてのフォーカスを合わせています。 映画をしてみると私の演技に集中することができるという点で
俳優として本当に魅力ありましたよ。 しかしドラマも常に反応を皮膚で直接感じることができるという点でまた他の
魅力があります。 どんなジャンルでも良い作品が縁になるならば本当にうれしいことのようです。

c0104506_16503218.jpg

c0104506_16552531.jpg

c0104506_16553716.jpg


記事
[PR]

by majintera2424 | 2014-08-22 16:40 | パク・ユチョン


<< ユチョン、「海霧」舞台挨拶      「海霧」100万人を突破! >>