teraのおとぼけ日記

meias.exblog.jp
ブログトップ
2014年 08月 06日

[インタビュー]パク・ユチョン'海霧'①

[インタビュー]パク・ユチョン'海霧'突き抜けて発見した演技の島①
スポーツQ文ヨン・ウォン記者·写真ノ・ミンギュ記者]"これまで一日を終えた後、同僚歌手、俳優たちと似合ったことが
あまりありませんでした。ところが「海霧'」と、作業後の酒を傾け、共有する日常的な会話がどのように大切なのかを
悟ったのです。最終的には人との関係だと思う。演技も同じじゃないですか。演技というのが人の心を、人との関係を
表現することだから。 今後より多くの作品をしていって関係維持をどのようにしていくかは私の役割でしょう。 。これを
知るようにしてくれただけでも、「海霧」に有難いです。"
c0104506_1423727.jpg

◆スクリーン デビュー作‘海霧’素朴な末っ子船員ドンシクで過ごした7ヶ月

俳優パク・ユチョン(29)が濃厚な海霧を突き抜けて発見した演技の島はすぐに‘関係’であった。 他の見方をすれば
わずかなことでもあるが大型マネージメント社の企画商品で誕生して徹底した管理モードの中で生きてきたアイドル
スターには大発見であるそうだ。

ポン・ジュノ監督が企画・製作、‘殺人の追憶’の作家出身シム・サンボ監督がメガホンを取った‘海霧’(8月13日封切り)は
実話素材演劇を土台にした。 IMF時期、船を失う危機に処したチョン・ジン号船長チョルジュ(キム・ユンソク)と5人の船員が
密航を助けるために広い海で出港した後濃厚な海霧が集まって手のほどこしようもない事件に陥る話を緊張感
あふれるように入れた。

どんよりして薄黒く焼けた肉づき上がった顔とひょうたん頭、前進号の素朴な末っ子船員ドンシクで7ヶ月を送った。
スクリーン デビュー作に乗船したその時間、パク・ユチョンの胸には穏やかな波がゆらゆらしたかとすれば大波がみなぎった。

“精神的、肉体的につらい作品をしたかったです。 演技と歌を併行した過程で勢いになるほどの刺激を望んだようです。
停滞したくないというわめいた場合もあるでしょう。 そのためかからだを使ったり、険しい山に登ったり、実話である
シナリオを主に見ていましたよ。 ところで‘海霧’シナリオを読んでからどっぷり浸かりました。 私が好きなジャンル
なのに加えドンシクを演技する自分自身が気になりました。 演技に面白味を真っ最中感じている時で表現の欲求が
強かったようです。”
c0104506_1414280.jpg
▲「海霧」のドンシク(パク·ユチョン)とホンメ(ハンイェリ)
製作会社にしたいという心を積極的に伝え、キャスティングが確定した後1ヶ月余り全羅南道(チョルラナムド)
、麗水(ヨス)
なまりを録音して反復聴取してティクションを作った。 各種ドキュメンタリーと映像物を通じて船員の世界と船員の声トーン、
食事する習慣などディテールな部分を習った。

“陸地では商社にも自身の意志を表現寒苦はするのに海の上船員の間で船長は絶対権力です。 どんなことが
起きても船長が全面的に責任を負うためらしいです。 そのような無条件服従と結束力が珍しいということすら感じました。
また、船員は決断が非常に早いです。 孤立した空間、天気と海の状態など一寸の前を予測する難しい状況のせいでしょう。”

◆複雑な感情では表現集中…ホンメとベッドシーン理解するのに悩み重ね

鉢巻きをした部分は同数のキャラクターと簡単でない感情線だった。 高等教育を受けたドンスは先輩船員に丁寧に
上手くプライドを前に出す。 一目惚れした朝鮮族の娘ホンメ(ハン・イェリ)の前では適当に虚勢を張る。 また、
チョン・ジン号が極限の状況にまきこまれてチョルジュおよび船員が徐々に狂気に捕われて行く時これらに対抗して
善と正義、一筋の希望の光で役割をしなければならない。

“船長と船員に対する信頼、密航者を不法に積み出すことに決めた船長から金を受け取っては‘ア私、本当にこれで
良いのですか?’と話す時のいぶかしい、船員が変わって行く姿を見守る当惑感、1人の女性を守るための決断、
自身の真心を破壊しようとする船員に対する怒りと抵抗など感情が時々刻々変わります。 ドンシクが考える定義の幅が
いくらなのかは分からないが利己心ではないか悩みました。 船と船員を守ろうとする船長の話も合うからです。
それでも生命を生かすべきだとの意志が船員らと他の方向でドンシクを押しつけたことと見ます。”
c0104506_1501856.jpg

始終一貫重くて暗い状況で咲く切ない愛は目立っている。 ホンメを機関室に隠しておいて命をつくして守るドンシク
の死闘は涙ぐましい。 お父さんのように従ったアゼ(ムン・ソングン)の死骸が転がる中で機関室隈で行うドンシクと
ホンメの情事はお互いの傷をなめる獣のように切迫する。

“ベッドシーンなので憂慮できたのではなく、観客が自然に受け入れようか、死を目撃した状態でこれが現実的に
可能かを悩みました。 それだけ切迫したことがないからいぶかしかったんですよ。 悩みを繰り返して見たら生きたくて、
生きていることを感じたくて、恐れを忘れたくて、ホンメに寄り添いたい心であり私が君を守るという約束の表現である
だろうと考えに達することになりました。 その時始めて理解できました。 もちろんシナリオより程度がさらに洗面どうしよう、
心配になりました。 ものすごく激しい露出だったら‘誰が私のからだを見ようとするよ’というきまり悪い、恥ずかしさが
爆発したでしょう。 ハハ。”

開かれた結末である映画のラスト シーンはかすかな感想を呼び起こす。 海辺に単独で残されたドンシク、6年の時間が
流れて偶然に立ち寄った中華料理店でホンメような女性の後ろ姿にささったドンシクの目は言葉では言いようのなく
複雑な感情で揺れる。 真の俳優の目つきだ。

“海辺場面を撮るために島へ行く間号泣すると思いました。 いざその瞬間になると涙が出てこなかったんですよ。
多分ドンシクは予想したことという感じ? すべてのことが夢のようだったでしょう。 海を遠ざけたい程傷を持ったまま
生きていった6年は苦痛だったことです。 食堂場面でも涙さえあふれないほど怒りが込み上げてきました。 そのように
懐かしがった人がすぐにあの向い側にいるんだね! ドンシクにホンメは有難い人です。 彼女を守ることによって
生きようとする意志ができたからです。”
c0104506_15154993.jpg

◆ “ポン・ジュノ目つきだけでメッセージ伝達” “キム・ユンソク ボール配分卓越したセッター”

‘海霧’を選択するのにためらわないようにしたポン・ジュノ監督と先輩キム・ユンソクはパク・ユチョンの演技人生に
あってあまりにも大切な滋養分だ。

"ボン監督様は(ハン)イェリと共に茹で牛肉(スユク)食べに行きながらも映画より平凡な日常の話だけしました。
乾杯して酒飲んだのが多いのに本当に多くの対話をした感じです。 目つき、手ぶり一つ一つが大きく近づいた程に
器が大きい方です。 キム・ユンソク先輩は強い感情を表出する場面でも、じっくり表現する場合がうらやましかった。
相手役をいつも心配してくれてトスを正しくしてくれる俳優ですよ。ボールを浮かんで下さり次第手だけ合わせれば
川スパイクがさく烈する感じだったでしようか。 深く感謝申し上げなければならないようです。”

‘海霧’を終わらせたら演技に面白味が二倍はついて、表現欲求はさらに強烈だった。 どうしてもこのような映画を
また、一方してみるべきだとの闘志が沸き上がる。 ロマンチック コメディやメローとは違いこのようなジャンルの映画は
日常で経験できないからより一層魅力を感じることになる。

“劇的という状況の映画やドラマが目に先に入ってきます。 普段生きながら表現してみることができないものなどに
対して悩んで表現できるというのが魅力的ですから。 この前ソル・キョング先輩の災難映画‘タワー’をまた見ると
前と違って‘私ならばどのように演技しようか’という考えが自然に出ましたよ。”
c0104506_154822100.jpg

[取材後記]マスコミ試写会以後パク・ユチョンの演技に対して好評一色だ。 ドラマに続き映画まで平定したわけだ。
現在彼の最大関心事であり不安は自身に対する水準高まった観客の冷静な評価だ。 その上に“良い映画が出てきたら
それ以上悩む必要ない”という先輩俳優の助言により不安だということを取り出す。 幸い‘良い映画’と入る話して
大変有難がると頭を下げる彼の顔肉がぐいっとおりた感じだ。

goolis@sportsq.co.kr

記事

<海霧>俳優たちの直球インタビュー の動画はこちらから
[PR]

by majintera2424 | 2014-08-06 18:19 | パク・ユチョン


<< [インタビュー]パク・ユチョン...      「海霧」ユチョン、インタビュー >>