teraのおとぼけ日記

meias.exblog.jp
ブログトップ
2014年 08月 04日

「海霧」ユチョン、インタビュー

パク・ユチョン、演技草木が水分を吸い上げた…
"平凡な日常、経験してみたいです"

記事登録日時[2014-08-04 17:44:30]
c0104506_18505559.jpg

【ソウル=ニューシス】ホン・チャンソン記者= 4日午前ソウル、鍾路区(チョンノグ)、三清洞(サムチョンドン)のあるカフェで
映画'海霧(演出シム・ソンボ)'でドンシク役に熱演したJYJパク・ユチョンがインタビューをしている。 映画海霧は来る
13日封切りする。 2014.08.04.mania@newsis.com 2014-08-04

【ソウル=ニューシース】パク・ヨンジュ記者= "ドンシク、格別なことなかった"と書いてくれとしながらお願いした。
プレビュー後高まった期待感を落とすための戦略とのことだ。 グループ'JYJ'メンバーパク・ユチョン(28)は生涯
初めての映画'海霧'(監督シム・ソンボ)封切りを控えて焦った。

プレビュー後映画に対する好評があふれた。 一緒に俳優パク・ユチョン演技力の憂慮もまた、取越苦労で証明された。
パク・ユチョンは'前進号'の末っ子船員'ドンシク'で準備期間を含んで7ヶ月を船員で生きた。 顔には油汚れが
べたべた埋めたし口では香ばしい麗水(ヨス)なまりが流れ出た。 気勢服を着てスクリーンを闊歩するパク・ユチョンの姿
では舞台の上派手な歌手のイメージは見られなかった。

"封切りを控えて良い評があふれ出ると何日は気分が良かったです。 今はとても期待値が上がったようでかえって
さらに心配になります。 'ドンシク、良くなかった'で期待感を落とせばちょっと大丈夫でしょうか?"として笑った。
初めてのプレビューの時画面に映った自身の姿も見慣れなかった。 "きまり悪かったり心配もなった。 私の演技を
見るのにはやく飛び出したかった"という心情だった。
c0104506_18571722.jpg

"今回の作品は運が非常に良かった。 良い先輩、シム・ソンボ監督、ポン・ジュノ監督の良いディレクションを受けて
撮影した。 今後こういう現場があるかと思うほどだ"と有り難く思った。

"映画現場が初めてだから見ると見慣れなかったんですよ。 船員として現場適応をしていって得しました。 先輩らと
酒も飲んで日常的な話を交わして船員の姿を備えて行くことができました。 先輩が経験が多ければとてもよく引き出して
くれました。 演技と環境的な部分両方です。 人と人の関係でもたくさん習いました。"
c0104506_1923551.jpg

共にしたスタッフ、先輩俳優にすべてのボールを回したが、パク・ユチョンも'ドンシク'と一体化するための努力を
惜しまなかった。 初めての過程である台本リーディングは考えただけでもくらっとする。 "全体リーディングをするのに
そんなに多くの方が私たちの映画に出演するという事実を初めて分かった。 麗水(ヨス)出身、全羅道(チョルラド)出身
俳優もおられた席でなまりをしなければならない状況だった。 初めてのセリフが'お婆さん、お婆さん'というセリフだったが
口で落ちなかった。 多くの方がおっしゃるリーディング興奮症を分かりそうだった"と打ち明けた。

"最大限心安らかにしようとしたが、私の声はますます小さくて静かになりました。 ポン・ジュノ監督、シム・ソンボ監督
全員が参加したでしょう。 特にボン監督の目つきがあります。 '大変なことになった、キャスティング後悔されるか?'
したかったです。 話よりは目つきで伝達される方ですね。
c0104506_1992640.jpg

冷たい海の中に身を浸すとも歯を食いしばった。"スタッフが風邪にかからないように配慮をたくさんしたが、海に
ずっと入ってみると、体温が低下する。 しばらく海水に入るために大きなバスケットにお湯を受けてくださったんです。
そこの中で汗をダラダラ流して冷たい水に入れば1~2分は大丈夫です。 だが、水の中でも演技しなければならなければ
自由でない部分があります。 幸い映画が夏映画のような感じではなくちょっと着込むことができて幸いでした。"

毎日のように海に出勤した。 日が昇る前夜明けに船に乗って海に入れば12時間を過ぎてこそ陸地に戻る。 パク・ユチョンは
"この時間が本当に魅力があった。 考えが多くなる時"と告白した。 "船に乗って毎朝ごとに海に入るのは容易では
ない経験だ。 海で通勤する時間が短いが非常に良かった。 音楽も聞いて職業に対する考え、家族思い、対人関係、
責任感など多くの考えが過ぎ去った。"
c0104506_1933128.jpg

映画が投げる本質的な質問と接していた。 愛・欲望・お金など人間本性の底をつく。 "映画を撮って人に対する
悩みをたくさんしたようだ"と悟った。

"何日か前に'マスターシェフ コリア'決勝を見るのに優勝した家族が出てきました。 お父様の顔を見るのに本当に
多くの気がしましたよ。 お父さんが亡くなってさらに届いたかも分りません。 多くの人がしていく平凡な仕事を経験
してみたいです。 私らしく生きるために、また、永らくこの仕事をするためには必ず感じなければならない人生のようです。"

gogogirl@newsis.com

記事

c0104506_19442778.jpg

c0104506_19445171.jpg

c0104506_19451393.jpg

[PR]

by majintera2424 | 2014-08-04 19:46 | パク・ユチョン


<< [インタビュー]パク・ユチョン...      ユチョン、「海霧」インタビュー! >>