2013年 12月 29日

「応答せよ1994」最終話

「応答せよ1994 'コ·アラ - チョンウ、短いが強烈だった再会
ハ・ジヘ記者idsoft3@reviewstar.net
入力時間:2013-12-29 01:09:13
c0104506_15103934.jpg
▲写真: tvN放送キャプチャー

チョンウとコ·アラが再会した。

28日午後放送されたtvN 「応答せよ1994 (演出:シン・ウォンホ脚本:イ·ウジョン) 」の最終話は90年代に編では、
スレギ(チョンウ)の連絡に彼を訪ねたナジョン(コ·アラ)の姿が描かれた。

去る災いでナジョンはチルボン(ユ·ヨンソク)の病室を訪ねて行って徒労になって戻った。 タクシーに乗って行くところに
突然にスレギの文字を受けることになったこと。

スレギはナジョンに‘オッパだが今来ることができる? ちょっと痛くて’として簡潔な文字を送ったが、これを見たナジョンは
そのまま行き過ぎることができなくて嗚咽する姿を見せた。 二人はその間別れて再び再会したがぎこちないということが
漂う間になったこと。

だが、ナジョンは今は別れたのにスレギの痛みを共に分けたい心が大きかったし、苦労して送ってきたスレギの文字に
彼の家の前に迷うことなく訪ねて行った。

ドアを開けたスレギの手に引かれて家中に入ったナジョンは今一度彼の手を取り払うなどの姿で一抹の不安を表わした。
しかしそのような反抗もしばらく、結局スレギのふところに抱かれたナジョンはおいおい泣き始めたし、言葉にしなくても
通じるようにスレギはナジョンを抱いてくれた。

ナジョンの泣くことはなかなか終わらなかったし、足に力が抜けて二人は玄関の床に座り込む姿を見せた。

そしてそのようなナジョンについて一方で涙を流したスレギはなかなかナジョンにすることができなかった“愛している”と
いう言葉をすることによって彼らの出会いが再び始まることだと暗に示した。

一方、このような結果によりその間隠してきたナジョンの夫キム・ジェジュンがすぐにスレギであったことが明らかになった。

記事

「応答せよ1994 'ユ·ヨンソク - コ·アラ、 7年間の片思いに終止符

ハ・ジヘ記者idsoft3@reviewstar.net
入力時間:2013-12-29 01:13:12
c0104506_1526259.jpg
▲写真:tvN放送キャプチャー

ユ·ヨンソクとコ·アラが友人として残った。

28日午後放送されたtvN 「応答せよ1994 (演出:シン・ウォンホ脚本:イ·ウジョン) 」の最終話は90年代に編では
チルボン(ユ·ヨンソク)がナジョン(コ·アラ)への愛を整理する姿が描かれた。

この日ナジョンは一歩遅れてヘテ(ソン・ホジュン)からチルボンの肩がすっかり治っていないことを聞いた。 チルボンが
すっかり治ったという話でナジョンの病気看護を拒否したのが皆嘘であり、まだ治療がハムチャム残った状態である
ことを知るようになった。

それにナジョンはチルボンに連絡を取ったし、彼が一人で残っている練習競技場に訪ねて行った。 チルボンは
グラウンドの上にいた。 二人は手を振って多少ぎこちない挨拶を交わしたし、ナジョンはチルボンに向かって近付いた。

その姿をじっと眺めたチルボンはナジョンがある程度自分に近づくとすぐに“そこまで”という言葉でナジョンを立ち止らせた。
そうして“あれ合わせれば願い一つだけ聞いてあげなさい”として、20m程の前にあるグローブをボールで合わせれば
私の願いをを聞いて欲しいとお願いした。

だが、その結果に関係ないようにナジョンはチルボンに近づいて彼を抱きしめた。 それに微笑を浮かべたチルボンは
“どのように分かったか? 今後連絡はできないこと同じだ。 私は、時間が多少かかるようで”としてその間準備して
きたようにした話を詠じてナジョンの心を揺さぶった。

そしてナジョンもまた、チルボンに“君のために私がかなりよい人ということ知るようになった。 大韓民国で一番有名な人が
私を好きということは私がそれでもかなり素敵な人だと言うんでしょう? 私が子を産めば、私の自慢することだ。”
として“ジュン。 私を好きになってくれてありがとう。 君のために私の二十才が美しく記憶されるようだ。”と慰安した。

それでチルボンはナジョンに向かった7年間の片思いに終止符を打ったし、ナジョンが行った後泣く姿で心を整理した。

記事

「応答せよ1994チョンウ、脳神経外科決めた理由にイ・イルファ涙

ハ・ジヘ記者idsoft3@reviewstar.net
入力時間:2013-12-29 01:17:08
c0104506_162216.jpg
▲写真:tvN放送キャプチャー

チョンウの率直さがイ・イルファを鳴った。

28日午後放送されたtvN 「応答せよ1994 (演出:シン・ウォンホ脚本:イ·ウジョン) 」の最終話は90年代に編では、
イ・イルファ(イ・イルファ)のスレギ(チョンウ)を思う心が明らかになった。

この日スレギはもう一度ナジョン(コ・アラ)のお父さんであるソン・ドンイル(ソン・ドンイル)に結婚許諾を受けるために
出たが、過去一度のひっくり返るということがあった結婚だとソン・ドンイルは大きく怒る姿で簡単に許諾をしない姿を
見せた。

だが、夫と違いイ・イルファはいつも終始一貫した気持ちでスレギを支持したし、それにナジョンはママであるイ・イルファに
その理由を尋ねた。

この時、イ・イルファは“ママはジェジュンが息子だ。”として“ジェジュンが表面には苦労が同じでも中にはインスピレーション
おじいさんが座っている。 大人だ大人”としながらスレギの肩を持った。 そうして初めてスレギがナジョンと交際すると
話してひざまずいた時、ソン・ドンイルが部屋を出て行ってしまったその時スレギとイ・イルファが分けた対話が
明らかになった。

この時、イ・イルファは理解するとしスレギを軽く叩いて彼が医大で進む専攻について聞いてみる姿が描かれた。
その時スレギは“あの脳神経外科に行きます”と伝えたし、それにイ・イルファは言うべきことを失って涙を流した。

そうして“君はフンのためだろう? 君はフンが脳腫瘍手術受けてフンのそばに付いて歩いた。 君はフンのために
脳神経外科行くつもりは、ママがなぜ分からないか”としてナジョンの兄さんでありスレギの友人であるフンが死んだ後、
その後長時間が流れたがまだ彼を覚えているとまで、そちら側で決めたスレギの心の深さに有り難みを伝えた。

記事

‘応答せよ1994’チョンウ-コ・アラ、あれやこれやある現在‘3男置いた夫婦’

ハ・ジヘ記者idsoft3@reviewstar.net
入力時間:2013-12-29 08:50:00
c0104506_16481950.jpg
▲写真:tvN放送キャプチャー

チョンウとコ・アラの現在の姿があらわれた。

28日午後放送されたtvN 「応答せよ1994 (演出:シン・ウォンホ脚本:イ·ウジョン) 」の最終話は90年代に編では
ナジョン(コ·アラ)と夫のキム·ジェジュンに正体を現わしたスレギ(チョンウ)のあれやこれやした結婚生活が描かれた。

この日新村(シンチョン)下宿の友人が引っ越し祝いを終わらせて戻った後後整理をするナジョンにスレギは“ヨボ、俺が
何ちょっと手伝おうか?”と尋ねる親しさを示した。

しかしナジョンは“末っ子破ったようだ”として彼ら夫婦に子供がいることを表わした。 スレギは子供の部屋へ向かったし、
その部屋に寝ている3人の男の子によってナジョン夫婦が3男を置いたことを推察させた。 また、スレギは末っ子の
子供を眠らせて父子が同じ寝癖で寝つく温かい姿を見せることも、

ナジョンとスレギの寝室も公開された。 ナジョンはナイト クリームを塗ってスレギに向かって‘ヨボ’ ‘オッパ’ ‘山パパ’など
の多様な呼称を使って種々なお話を渡したし、それにスレギは“一つで統一しろ。 混乱させずに。 君が何と呼ぶかにより
私のマインドが変わる”と指摘した。

スレギと並んでベッドに横になったナジョンは先に‘オッパ’と呼べばどのようにマインドが変わるのか尋ねたし、
それにスレギは“映画も見せて菓子も買いたい”と答えた。

引き続き‘山パパ’と呼ばれる時は“熊のように力ができる”と答えてナジョンの笑いをかもし出した。 ナジョンは最後に
残った一つの呼称‘ヨボと呼んだ時のスレギのマインドを尋ねたし、これに対し蒸らしたスレギは“歯ぎしりする。
頭とりたい”ととんでもなくて過激な返事をすることでナジョンのヤジと爆笑をかもし出した。

記事


「応答せよ1994」放送終了…恋+友情+家族、しみるほど
懐かしいあの時代に“さよなら”

TVREPORT |2013年12月29日12時26分
※この記事にはドラマの結末に関する内容が含まれています。
c0104506_16371569.jpg
写真=tvN「応答せよ1994」スクリーンショット


「応答せよ1994」が放送終了した。

28日に放送されたtvN「応答せよ1994」(脚本:イ・ウジョン、演出:シン・ウォンホ)最終回ではスレギ&ソン・ナジョン
カップルの結婚式のシーンが放送された。“新村(シンチョン)下宿”は扉を閉めた。

スレギ(チョンウ)とソン・ナジョン(Ara)は遠回りして結婚にゴールインした。ソン・ナジョンに片思いをしていたチルボン
(ユ・ヨンソク)は新たな恋に出会った。

新村で下宿していた人たちは変わらなかった。結婚生活でも、職場生活でも一生懸命だった。サムチョンポ(キム・ソンギュン)
とチョ・ユンジン(Tiny-G ドヒ)は甘い恋を続け、最後まで下宿に残っていたヘテ(ソン・ホジュン)もいよいよ独立し、
新たな出発を知らせた。ピングレ(B1A4 バロ)も病院生活と結婚生活に奮闘していた。

高い人気を得ていた「応答せよ1994」。“初恋”そして細かい“90年代の再現”、それより輝いたのは“温かさ”と“
懐かしさ”だった。

「応答せよ1994」(2013年10月18日初放送)は「応答せよ1997」(2012年7月24日~2012年9月18日放送)に
続く「応答せよ」シリーズ第2弾。シン・ウォンホプロデューサーとイ・ウジョン脚本家など「応答せよ1997」の制作陣が
再び意気投合した。全国から上京した地方の学生たちがソウル新村下宿屋に集まったことで繰り広げられる波乱万丈の
ソウル上京記を描いた。共感100%のストーリーとそれぞれ異なる魅力を持つキャラクターの饗宴でシンドロームを
巻き起こし、愛された。

元記事配信日時 : 2013年12月28日22時39分 記者 : キム・プルリップ

Kstyle

c0104506_23284830.jpg


「応答せよ1994」終わってしまいました。
地方から上京した学生が、新村下宿でそれぞれの経験から、成長して行くドラマは
とても面白く観させていただきました。
ナジョンの夫は誰なのか?は最後まで分からないまま、すこしやきもきしながら
ナジョンの夫は、スレギにしてほしいと願いながら観ていました。
そういう意味で、最終話はナジョンとスレギの結婚で、また三人の子供もいるという
癒される終わり方で、納得しています。
財閥も社長もいない、悪人もいない、普通の地方から出てきた庶民の物語は今まで韓国ドラマを
観てきて、初めての発想なのですごく興味がありました。
ドラマでは、1994年から2002年までの韓国での事件や音楽やドラマがたくさん入っていて
その時代が青春だった人は、すごく面白かったんだろうと思いながら・・・日本でも、何十年前に
青春だった人のドラマがあったらいいのにと・・・
スレギを演じたチョンウ、前の作品で脇役として優れた演技をする人だと思っていましたが
このドラマでのチョンウは、本当に素敵でした。
男らしくて、優しくて、面白くて、大人の魅力でした。
話が続いていく中で、どんどん1話の時間が長くなるし、21話という長丁場、スタッフの皆さん
俳優さんたち、本当にご苦労様でした。
「応答せよ1997」の続編ですが、中身は全く違うものになっていて、どちらも
大好きな作品になりました。

[PR]

by majintera2424 | 2013-12-29 17:09 | 応答せよ1994


<< 'スリーデイズ'...      「応答せよ1994」20話 >>