teraのおとぼけ日記

meias.exblog.jp
ブログトップ
2013年 12月 21日

「応答せよ1994」18話

[ TVズームイン] '擬似'青春、可能性と恐怖の間に...
‘再起動できるだろうか’

記事入力2013-12-21 08:20:40
c0104506_1875267.jpg

[TVリポート=キム・ブリプ記者] ‘将来’を分からないというのが青春の最も大きい可能性であり恐れだ。 ‘愛’も‘仕事’も
思いのままに解けない腕も青春の悩みが視聴者の口元に浅い微笑を抱かれた。

20日放送されたtvN ‘応答せよ1994’ 18話でソン・ナジョンとスレギは離別した。 チルボンはしばらく帰ってきたし、
ヘテはやはり過去のガールフレンドと新しい出会いを始めた。

1997年冬、IMFがさく烈した。 企業は大挙構造調整に入ったし、生活必需品の価格が天井知らずで湧く程大韓民国は
大きな危機を体験した。 ソン・ナジョン(コ・アラ)はIMFによる直撃弾を全身で迎えた。 入社が取り消しになる痛みを
体験したこと。 数多くの時も終わりに再び就職に成功したが、予期できない危機が待っていた。 2年間オーストラリアで
仕事をする条件で入社をすることになりながらスレギとの結婚の有無が不透明だった。

ソン・ナジョンは恋人スレギ(チョンウ)に“オッパ、ごめんなさい。 私たちの結婚を2年だけ先送りしよう。 私に最後の
機会だ”と便りを知らせたし、スレギは“だめだ。 私が儲ければ良い。 どのように結婚を先送りするのか。 すでに
家も契約した”としながらソン・ナジョンの心を変えようと努めた。

我を張ったスレギは結局ソン・ナジョンの意を尊重した。 スレギはソン・ナジョンを探して“オッパが間違っていた。
オッパも仕事を捨ててオーストラリアには行けない。 あなたを理解する。 オッパは待つ。 行ってこい”としながら
ため息をついた。 ソン・ナジョンの二つの目では休む暇もなく涙が流れた。

二人は序盤には頻繁な電話通話で愛情を誇示した。 目で遠ざかれば心まで遠ざかるという言葉は通常の平凡な
恋人におきることだと感じた。 だが、彼らも違うところがなかった。 ますますお互いに粗雑にされて、各自の生活に
忠実になっていった。

2年が過ぎた後ソン・ナジョンは韓国に復帰した。 そしてスレギとの愛は完全に終わった。 二人は別れないまま
別れることを体験した。
c0104506_18292628.jpg

このようなソン・ナジョンの前にチルボン(ユ·ヨンソク)が現れた。 二人は一年の終わりを共に送った。 チルボンは
肩検診を受けるために帰国したし、ついでに友人との約束を守ろうと下宿屋を探したこと。 先立って、新村(シンチョン)
下宿の友人はミレニアム、1999年から2000年に渡る時間を共に送りで約束した。 だが、ソン・ナジョンとチルボン
だけ記憶した。

二人の出会いには格別な意味がある。 過去チルボンはソン・ナジョンを片思いしたし、現在までも彼女に向かった
考えをやめることができなかった。 ソン・ナジョンは初恋スレギと決別した状況。事実上スレギと結論が出た‘ソン・ナジョン夫’
候補順位が再びベールに包まれることになった。 放送3話だけを残した‘応答せよ1994’が再び新しい‘伏線’を敷いて
視聴者の頭を乱れているようにした。

一方、軍除隊後愛を探してさまよったヘテ(ソン・ホジュン)は忘れることが出来なかった前ガールフレンドの愛情との
出会いを継続し始めた。

応答せよ1994’はこの日歴代級放送事故を起こして視聴者の眉をひそめるようにした。 15分程‘コメディ ピンニグ’広告
放送と先週予告篇が反復再生したこと。 tvN側は編集上の理由を挙げて公式謝ったが、視聴者の視線は依然
としてきれいでない。

キム・ブリプ記者leaf@tvreport.co.kr /写真= tvN 「応答せよ1994 」のスクリーンショット

記事


‘応答せよ1994’ソン・ホジュン、エジョンと会って‘初恋成り立つか?’


ハ・ジヘ記者idsoft3@reviewstar.net
入力時間:2013-12-21 02:47:08
c0104506_1841282.jpg
▲写真:tvN放送キャプチャー

ソン・ホジュンの初恋エジョンが登場した。

20日午後放送されたtvN ‘応答せよ1994(演出:シン・ウォンホ脚本:イ・ウジョン)’の18話再び愛すると言おうか編
ではヘテ(ソン・ホジュン)が初恋エジョンを忘れることができない姿を見せた。

この日除隊したヘテは冬が近づくことに恋人を作りたい心を積極的に表わした。 そのような意欲と共に‘連帯で
チョン・ジヒョン’と‘連帯でオム・ジョンファ’に会うことさえしたが、簡単に成り立ってはいない。

いつも彼女たちに切実でなかったこと。ユンジン(ドヒ)はそのようなヘテの粗雑な恋愛欲求を叱ってまだ彼が初恋を
忘れることができないということを指摘した。 それにヘテはやはり新たに自分の心を悟ったように衝撃を受けた姿を見せた。

そしてそのような彼の努力はインターネット時代の風に乗って見られた。 彼はアイ·ラブ·スクールで別れた友人、恩師、
恋人などの痕跡を探すことができる人脈探しサイトを通じてエジョンにメッセージを送ったこと。

だが、エジョンから返事がこないので、彼女に会うことができる年越しを迎える同窓会にも行きたくない心を表わした。
このようなヘテの心情を聞いたナジョン(コ・アラ)は“後で後悔せずに今会うことができたときに会いなさい。 私が
見るには今回が最後の機会だ。 あなたがまだエジョンを好むのかそうでないのをか確認できる最後の機会”と
呼び覚ました。

それに勇気を出したヘテは同窓会に出て行ったし、結局夢に描いた愛情に会う感激の瞬間を体験した。 自尊心が
傷つけられるところで傷ついたのに勇気を出したし、そのような彼の勇気にうなずく返事をするように愛情やはりヘテを
断らない姿を見せた。

そのような一方、2002年ナジョンの結婚式テープに登場したヘテは、そばに愛情と共にする姿で、その後二人の
出会いがよく進行していることを暗示した。

記事


普通の恋人のように、2年間遠く離れただけでだめになってしまったスレギとナジョンには
とっても理解が出来ない。
もっと、深い愛情があったと信じていたのに・・・?
二人の関係は、まだ、終わりでないような気もするのですが・・・。

[PR]

by majintera2424 | 2013-12-21 19:11 | 応答せよ1994


<< 「応答せよ1994」19話      ポン·ジュノ映画監督の広報大使委嘱 >>