teraのおとぼけ日記

meias.exblog.jp
ブログトップ
2013年 12月 15日

「応答せよ1994」17話

「応答せよ1994チョンウ、別れの宣言なのかと思ったらプロポーズで応酬

ハ・ジヘ記者idsoft3@reviewstar.net
入力時間:2013-12-15 01:08:46修正時間:2013-12-15 13:04:51
c0104506_18313764.jpg
▲写真:tvN放送キャプチャー

チョンウがコ・アラに求婚した。

14日午後放送されたtvN ‘応答せよ1994(演出:シン・ウォンホ脚本:イ・ウジョン)’の17話愛、恐れ2;応答せよ1997編では
スレギ(チョンウ)が釜山にやってきたソン・ナジョン(コ・アラ)に求婚をする姿が描かれた。

この日ナジョンは自分の誕生日だが、忙しいスレギのためにナジョンが直接釜山にやってきた。 釜山の病院でスレギを
初めて見たナジョンはケガしたスレギの姿に腹を立てた。 電話の通話では別にケガしなかったという彼の話と
違うように首と腕にギプスをしたスレギの姿に気に障ったこと。

そんなに二人はスレギの家へ向かったし二人だけの誕生日を送るためにワカメのスープとプルコギ、フライ料理などを
味が出るように整えて食事をしようとする瞬間、スレギに病院から呼び出しがきてしまった。 結局病院に行ったスレギが
翌日になって再び家に帰ってきた時すでにナジョンは家になかった。

スレギは心配になって呼び出しをしても帰ってくることはなくてより一層不安な心をかもし出した。 すでに彼は一度このような
不安な心をナジョンに表わしたことがあった。 釜山とソウル、遠く離れていればあるいは他の奴がひったくることは
ないだろうか不安だとこうするところにはいっそ‘何’をするのがより良いとして言葉を濁したこと。 そのようなスレギの話が
なぜか離別では溜まるようでナジョンはもちろん見る人々の心やはり不安にした。

しかしナジョンがソウルに発ったことでないことが一歩遅れて明らかになった。 しばらく後ナジョンはスレギのお母さんを
迎えて病院に訪ねてきた。 スレギが忘れてだけでお母さんとの約束をナジョンが守ったこと。 そのようなナジョンの
親しい姿にスレギは申し訳ない思いと有り難みが共存する切ないことでナジョンを眺めた。

そしてナジョンにスレギはその間自分が悩んだ二人の間に対して打ち明けた。 まず彼は最後の夜、ナ・ジョンの誕生日で
あったのにまともに用意することができなくて単独で放置したのをすまないと思って、だが、それでも自分が医者に
なろうとする限りこうしたことは繰り返されることと告白した。 そうして熱心に大丈夫だというナジョンに“私が大丈夫でない”と
釘を打ち込んでナジョンを怖くなるようにした。

このようなスレギの断固としていることにナジョンは涙を浮かべたし、あたかも離別宣言が出てきそうな沈潜された
雰囲気を造成した。 だが、不安感が入った途端、スレギは片方ひざまずくと“私たちの絆が、オッパに嫁にくる?”
という言葉で雰囲気を転覆させた。

スレギが準備したナジョンの誕生日プレゼントもすぐに求婚指輪であった。 彼は“どしゃ降りでよくするという言葉は
できないが、一緒に住めば不安ではないようだ”としてナジョンに向かった心を告白したし、それにナジョンは涙を流して
その心を受け入れる感動の瞬間を伝えた。

記事


‘応答せよ1994’チョン・ウンジ-チョンウの丈夫な出会い‘悪縁と縁の間’


ハ・ジヘ記者idsoft3@reviewstar.net
入力時間:2013-12-15 09:10:00修正時間:2013-12-15 13:36:05
c0104506_19114997.jpg
▲写真:tvN放送キャプチャー

チョン・ウンジとチョンウの縁がまたあらわれた。

14日午後放送されたtvN ‘応答せよ1994(演出:シン・ウォンホ脚本:イ・ウジョン)’の17話愛、恐れ2;応答せよ1997編
では高校生ソン・シウォン(チョン・ウンジ)とスレギ(チョンウ)の出会いがもう一度描かれた。

1997年5月、スレギはナジョン(コ・アラ)の誕生日渡すプレゼントのために黄金堂へ向かったしそちらで熱心に
指輪を選ぶ姿を見せた。 だが、スレギのセンスはすでにサクサクと知られていた。 昨年ナジョンの誕生日スレギは
痛い腰を考えるとしながら運動器具であるゴクリをプレゼントしてナジョンに大きくひどい目にあったりもしたこと。

だが、スレギはナジョンの表情が固まったのも分からないまま熱心にゴクリデモンストレーションを見せてナジョンの
災いをそそのかした。 いったいナジョンがなぜ腹が立ったのはかも知らない彼のプレゼント センスが間違いなくあらわれた。

そして続けて黄金堂でもスレギのセンスは相変わらずだった。 求婚を考えながらもスレギはそれに似合わなそうである
指輪を選んだ。

実際の彼がナジョンに求婚をする時使った指輪は薄いリング上に宝石一粒が輝くシンプルながらもセンスある指輪で
あったことに比べて、以前にスレギが黄金堂で選ぶのは大きなサイズの宝石理系にちりばめられた華やかなデザインだった。

その時それを買おうとするスレギを止めたことはすぐにソン・シウォンだった。 彼は“完全別で。 この宝石店で
第一で別に”と言ってスレギが選んだ指輪に対して容赦なく酷評した。 そうしてスレギの要求により“選んでみようか?
これがシンプルで一番大丈夫だね”として指輪を一つ選んだ。

だが、彼らの平和もそんなに長くは続かなかった。 宝石店に流れるH.O.Tの音楽の声をちょっと減らして違って
要求するスレギと、それのために宝石店まで入ってきたとし声をさらに育てろとのソン・シウォンとまた争いが起こったこと。

これに対しスレギはバスでの記憶を想いうかべたように悲鳴と共にソン・シウォンを捉えようとしたし、それにシウォンは
歩行して自分を助けて逃げる姿を見せた。 だが、それでもソン・シウォンが選んだ指輪で求婚をしてナジョンに良い
評価を受けたスレギの姿で果たして彼らの出会いが悪縁なのか、縁かわからない曖昧さを見せた。

一方、2013年ソン・シウォンが疑問の中のナジョンの夫を見て知った振りをすると見て、二人が顔見知りである
ことがあらわれた。

記事


「応答せよ1994 」のバロ、性同一性の悩み終わり...ユンジンと結実結んだ
ハ・ジヘ記者idsoft3@reviewstar.net
入力時間:2013-12-15 01:01:25
c0104506_19534694.jpg
▲写真:tvN放送キャプチャー
バロは性同一性の悩みを終えた。

14日午後放送されたtvN ‘応答せよ1994(演出:シン・ウォンホ脚本:イ・ウジョン)’の17話愛、恐れ2;応答せよ1997編
では2013年現在のビングレ(バロ)の妻が公開された。

この日ビングレは煮込んで先輩であるダイダイ ユンジン(ユンジン)の心があらわれるメッセージにも生ぬるい姿を見せた。
そうしてスレギ(チョンウ)に連絡をしたり、スレギが使った下宿部屋に入ってみるなどの姿を見せて疑問をかもし出した。

その上突然にソウルから釜山まで下がり、そちらで派遣勤務中のスレギに会いに行った時はまさに最絶頂に見る人々の
疑問を刺激した。 その間あいまいだったビングレの性同一性がいよいよ男が好きな側に決心が固まったことと
考えるようにしたこと。

そんなにスレギを訪ねて行ったビングレはクッパを共に食べて“これが最後に食べるご飯だ。 次には酒を買ってほしい”と
話してスレギを微笑を浮かべるようにした。 そのように何か話すようやめるよう、しかし言葉を慎むようなビングレ
の姿が、いつ告白をするのか見る人々の気をもむようにした。

だが、ナレーションでいよいよ心の空欄をいよいよ満たすことにしたというビングレは、とんでもないところで告白をして
見る人々を驚かせた。 ユンジンの続いた連絡にも黙殺無返答だったビングレは彼女が斡旋したスタディ集いに参加した。
また、そちらでビングレは自分に向かったユンジンの好感に好感で正面から受けて結局あるカップルが誕生した。

このようにビングレには今まで自分がスレギに感じた感情と新しく現れた異性であるユンジンを通じて感じた感情を
ぎゅっぎゅっと振り返り、確認する時間が必要だったこと、そしてその結果スレギには‘先輩’という呼称の代わりに‘ヒョン’を、
ずっと自分に向かった好感を表わすユン・ジンにはガールフレンドの席を出してくれた。

1997年から2013年現在に戻って、ビングレがナジョン(コ・アラ)の家から出て道路で待った車の主人は真っ赤な車の
ホヤでない、白い車のユン・ジンとあらわれた。 ユンジンはビングレの“一緒に入る?”という話にすぐ病院に再び
入ってみなければならないと話して代わりにプレゼントにケーキを伝えた。

そのような彼らの姿で忙しい渦中にも短い瞬間でも夫ビングレが見たくて駆け付けた妻ユンジンの愛が感じられた。
その間‘応答せよ1994’でも唯一一人で多くの悩みを抱いていたビングレだったので、そのような彼の幸福が見る人々に、
うれしい心と共に温かさを伝えた。

記事
[PR]

by majintera2424 | 2013-12-15 21:16 | 応答せよ1994


<< ポン·ジュノ映画監督の広報大使委嘱      「応答せよ1994」16話 >>