teraのおとぼけ日記

meias.exblog.jp
ブログトップ
2013年 12月 14日

「応答せよ1994」16話

「応答せよ1994チョンウ、コ·アラと長距離のカップルになった
ハ・ジヘ記者idsoft3@reviewstar.net
入力時間:2013-12-14 00:47:06
c0104506_15363562.jpg
▲写真:tvN放送キャプチャー

チョンウとコ・アラが長距離カップルになった。

13日午後放送されたtvN ‘応答せよ1994(演出:シン・ウォンホ脚本:イ・ウジョン)’の16話愛、恐れ;応答せよ1997編
ではスレギ(チョンウ)が釜山に発つ姿が描かれた。

この日スレギは朝早くから病院に出て行った。 釜山へ派遣される大学教授を訪ねるために出たこと。

教授は“今日オフなのになぜ出てきたか”と尋ねるとまもなく“考えはしてみたか? 行くんだろう?”と尋ねて気がかりなこと
をかもし出した。 すぐに彼の提案は釜山の病院で1年の間派遣を出て行くということだった。

レジデントが釜山へ派遣に行くならば、手術とそのほかの意志決定もある程度できることができてはるかに多くの経験を
享受することができるためレジデント1年目が悩む暇もなしで行きたいという理由であった。

教授は“他の同期たちも全部行きたいことだ”としてスレギをそそのかしたし、結局そのような教授の勧誘にスレギは
“私にも良い機会と考える。 感謝する”としてその機会を受け入れた。

後でスレギはナジョン(コ・アラ)に話を伝えたし、それにナジョンは話もなしでしばらくテーブル上のマッチを持って
遊んでぼんやりしている姿を見せて切なさをかもし出した。

しかし、ナジョンもスレギに役立つ機会を防ぐことだけができなかった。結局浮気をするなという要請だけでスレギを
送るほかはなかったこと。

それにナジョンとスレギは長距離カップルになって、ナジョンは他の新村(シンチョン)下宿メンバーらと共にスレギの
荷物を包むのを助けてくれた。

一方、スレギが釜山を離れることにユンジン(ドヒ)はナジョンにスレギとともに釜山に降りて行った動機、ミンジョンに
気を付けろと早かった。 ナジョンより話が通じてスレギと親しいミンジョンは明らかにスレギと通じる魅力があることというもの。

それに本当にミンジョンはあたかもママのようにスレギを取りまとめる姿を見せて今後どんな葛藤を作り出すのか
気がかりなことをかもし出した。

記事

‘応答せよ1994’すぐに、ダイダイ ユンジンとロマンス予感? でなければ…


ハ・ジヘ記者idsoft3@reviewstar.net
入力時間:2013-12-14 00:22:48
c0104506_16608.jpg
▲写真:tvN放送キャプチャー

すぐにユンジンが好感を表わした。

13日午後放送されたtvN ‘応答せよ1994(演出:シン・ウォンホ脚本:イ・ウジョン)’の16話愛、恐れ;応答せよ1997編
ではビングレ(バロ)に新しい出会いができた。

この日ビングレは先後輩が一緒にするウイ予科と本科の総MTでどんぶり酒を目前に置いた。 そうして彼に酒を
飲むことを勧める男先輩を見てビングレは眉をひそめた。

あらかじめスレギ(チョンウ)がビングレに‘ダイダイ’を気を付けろと申しつけておいたこと。 それにこのようにごり押しする
酒を薦める男先輩が当然疑問のダイダイと見られた。

結局彼のごり押しにビングレがすべての酒を飲むことになった。 だが、ビングレのみじめな心に先立ち隣の席の
ユンジン(ユンジン)が黒バラで立ち上がってビングレ持分の酒まで全部飲んでしまったこと。

これに対しビングレは有り難く思ったが、ユンジンは"世の中に無料がどこにいるの? ヌナの頬にチューして"と彼に
向かった好感を表わした。

それに当惑するビングレにユンジンは"でなければ私がしよう"として頬にチューをした後"どう? 今日私たちの二人
夜中ダイダイすること"と話して笑いをかもし出した。

今まで男先輩がその‘ダイダイ’でなく、すぐにビングレのそばの可愛い女子学生がまさにその‘ダイダイ’ということに
小さい反転が感じられた。

MT事件以後ユンジンは後輩ビングレに試験系譜を口実にデートを申し込むなどの好感を示してビングレに
微笑を
浮かべるようにした。

また、ユンジンがビングレに好感を表わす片方では、16話に過去‘応答せよ1997’の同性愛者であったホヤが登場したり
ユンジンの食事提案を受けたビングレがユンジンでないスレギに電話をかける姿などの場面でまた他の解釈が
ふくらんでいる。

ダイダイ ユンジンの愛情表現に2013年現在のビングレの恋人がユンジンであることもあるだろうが、その反対の
状況であることもあるということ。 ユンジンに対するビングレの曖昧な行動が、彼の理性的震えが女性でない男性に
向かったことではないかとの考えを呼び起こして終わりにした。

記事


‘応答せよ1994’チョンウ、チョン・ウンジとお下げ戦い‘肉弾戦行って’

ハ・ジヘ記者idsoft3@reviewstar.net
入力時間:2013-12-14 00:32:33
c0104506_16344125.jpg
▲写真:tvN放送キャプチャー

チョンウとチョン・ウンジの言い争いが起こった。

13日午後放送されたtvN ‘応答せよ1994(演出:シン・ウォンホ脚本:イ・ウジョン)’の16話愛、恐れ;応答せよ1997編
ではスレギ(チョンウ)とソン・シォン(チョン・ウンジ)が戦う姿が描かれた。

この日放送でスレギはナジョン(コ・アラ)と離れて釜山で派遣勤務を行った。

そうして1年の間釜山で他の領域生活をしなければならなかったこと。 それにスレギはバスに乗って釜山チャガルチ
市場をはじめ移動する姿が描かれた。

それにスレギが乗ったバスが高等学校前に立ったし、過去‘応答せよ1997’に出演したチョン・ウンジとイ・シオン、
シン・ソユル、ホヤ、ソ·イングクが順に乗って目を引いた。

彼らの個性剛悍姿に“良い時だ”と話していたスレギはまもなくバスの中に響くH.O.Tの戦士の末裔音楽の音に
“とても大きい、ちょっと減らしてほしい”としてバス運転手にお願いした。

それにちょうどH.O.Tのつかみ記事を見ていたチョン・ウンジはかっと怒って“声ちょっと育ててください”としてスレギと
反対の要求を技師さんにしたこと。

二人は気力の戦いをするように“減らしてほしい” “育ててほしい”として互いに対話をやりとりした。 そしてこのような
状況に気分が悪くなったスレギが“歌手のようでもないばたや歌聞きたくない”としてチョン・ウンジの災いをかきたてたし
結局二人はお下げをつかんで互いにけんかをして周辺人が止めさせる状況まで行くことになった。

だが、そのような彼らの戦いもバスの急停車によって倒れることになりながら終わったし、その壮烈な戦いで腕を
負傷することになったスレギが“私の腕は動かないで”と大声を張り上げて涙声で話す姿が遺憾と共に笑いをかもし出した。

記事
[PR]

by majintera2424 | 2013-12-14 17:17 | 応答せよ1994


<< 「応答せよ1994」17話      「応答せよ1994」シン・ウォ... >>