teraのおとぼけ日記

meias.exblog.jp
ブログトップ
2013年 11月 16日

「応答せよ1994」9話

"応答せよ1994チョンウ、コ·アラに向けた心...どっちかな?
ハ・ジヘ記者idsoft3@reviewstar.net
入力時間:2013-11-16 08:00:00
c0104506_10293150.jpg
▲写真:tvN放送キャプチャー

チョンウのコ・アラに対する心が目を引いた。

15日午後放送されたtvN '応答せよ1994 (演出:シン·ウォンホ脚本:イ·ウジョン) "の9話だから私が言いたいのは編では、
スレギ(チョンウ)がひたすら妹だとしか思っていたソン・ナジョン(コ·アラ)の心を悟っての歩みが描かれた。

以前の8話最後の部分で酒に酔ったユンジン(ドヒ)はナジョンがスレギが好きだとし、酔中本当の話を打ち明けた。
それに当惑した姿を見せたスレギはこの日初めての場面からナジョンと自分の写真を見て考えに浸ったような姿を
見せて目を引いた。

スレギも少しずつナジョンについて今一度考えているものに見えたこと。しかし、スレギは目に見えて慌てて中途半端な
ナジョンとは異なり、少しもそのような心をナジョンにも出さなかった。前のようにナジョンを用意して依然として兄さんの
ように温かい姿を見せたこと。

ナジョンの心を分かったのにぎこちなくなくてナジョンの頭を撫でたし、突然に夕立が降る日傘がないとし家に電話を
かけたナジョンに一歩りで走っていく姿を見せることもした。

傘を持って迎えに行ったスレギは、雨が降る道路で倒れて靴はもちろんでめちゃくちゃになった姿のナジョンを
取りまとめてムダ口なしで背に負って家へ向かった。 その後にも直接足に薬を塗るなど依然として親しくて親切な
スレギの行動にナジョンは混乱することも。

このように慎重なスレギはこの日ドラマで決して自身の心を外に現わさなかったけれど、ぴったり一度揺れる瞬間を見せた。

すぐにチルボン(ユ·ヨンソク)がナジョンにしてみろと問題で与えたマジックアイの図を見た後“これは誰が渡したもの
だろう?”と聞いたこと。 マジックアイを読むことはできないナジョンと違うように、スレギは直ちにその中の間接的な
告白の意味を知るようになった。

そして心がそわそわだとするとし、ビングレ(パロ)を迎えに行くスレギの姿が、ひょっとしてナジョンに向かった真心の
ためではないか注意深く見守るようにした。

記事

"応答せよ1994 'ユ·ヨンソク、コ·アラとマジックアイに
間接告白...結果は

ハ・ジヘ記者idsoft3@reviewstar.net
入力時間:2013-11-16 01:46:55
c0104506_11131974.jpg
▲写真:tvN放送キャプチャー

ユ·ヨンソクがコ·アラに間接告白した。

15日午後放送されたtvN '応答せよ1994 (演出:シン·ウォンホ脚本:イ·ウジョン) "の9話だから私が言いたいのは編
では、チルボン(ユ·ヨンソク)がソン・ナジョン(コ·アラ)とマジックアイで告白をする姿が描かれた。

この日ナジョンとチルボン、三千浦(キム·ソンギュン)とヘテ(ソンホジュン)は、朝からマジックアイに陥った。みんなの
目を集めて集中してマジックアイを見るために尽力したこと。しかし、だが、ついにナジョンだけはマジックアイを
見ることができなかった。これに対しヘテは、 "最初に見なければ最後まで見られない"とナジョンを止めたが、
ナジョンの情熱は鎮まらなかった。

朝食を先送りしながらもマジックアイを見ようと試みたしそれにチルボンが助けを出して目を引いた。 チルボンは
“眼球後方でこの点を見ると考えて。 精神を置かずに継続見て。 これやめてもう少し容易なものでしてみるだろうか?”と
してずっと失敗するナジョンを助けた。

また、ナジョンは読みだすことができない図をさらさらみな読みだしてチルボンはナジョンに感心を買うことも。
だが、チルボンの努力にもナジョンはなかなかマジックアイを見るとは思わなかった。 これをさっきヘテがした話を
繰り返してあきらめろとのチルボンに腹が立ったナジョンはさっさと10万ウォン賭けを提案した。

期限は3日、チルボンが選定したマジックアイをナジョンが読みだせばチルボンに10万ウォンを受けることにしたこと。
それに他の人に尋ねればどうするのかというチルボンにナジョンは“ソン・ドンイル コーチの娘だ”として自身を
信じなさいと大言壮語した。

これに対し勝負欲に燃えたナジョンはチルボンが渡したマジックアイに熱を上げた、だが、ナジョンはチルボンが
選定したマジックアイが何の意味なのかとうてい読みだすことができなかったこと。 結局ナジョンはあきらめて
マジックアイに冷や汗を流してしまった。 しかしその姿により一層失望したことはチルボンであった。

チルボンが選んだマジックアイは、すぐにナジョンに向かった間接的な告白だったため.

その間チルボンはマジックアイに陥ったナジョンにずっと自分の野球競技にくるように願う姿を表わしてひそやかに
心を表わした。 また、彼が渡したマジックアイ問題はやはりハートでぎっしり埋まったし、これはナジョンに向かった
一種の愛の告白だったこと。

だが、ナジョンが最後までチルボンのマジックアイを読みだせなかったし、結局あきらめて、チルボンのひそやかな
告白が不発で終わって遺憾をかもし出した。

記事

"応答せよ1994チョンウ、隠されたパロの心を読んだ

ハ・ジヘ記者idsoft3@reviewstar.net
入力時間:2013-11-16 02:04:00
c0104506_11324798.jpg
▲写真:tvN放送キャプチャー

チョンウがパロの真心を読んだ。

15日午後放送されたtvN '応答せよ1994 (演出:シン·ウォンホ脚本:イ·ウジョン) "の9話だから私が言いたいのは
編では、さまようビングレ(パロ)に助言するスレギ(チョンウ)の姿が描かれた。

この日、ビングレとスレギは二人きりで雨を見ながら焼酎を飲んだ。ナジョンのために心がそわそわしたスレギは
ピングレが遅くまでアルバイトをする喫茶店に訪ねて"焼酎一杯にしよう"と言いながら後輩の彼を導いた。

これに対しビングレは自分を探してソウルで家出した弟ドンウの話をしながら彼らのお父さんの意地っ張りな性格に
対して打ち明けた。 普段何の話を聞き入れることより怒るのに忙しいお父さんは彼ら兄弟にただの一万ウォンを
与えても必ず泣くようにさせた後に与えるということ。

お父さんのゆがんだ表現法にビングレと弟はもちろんママまで大変がるということを全部打ち明けた後ビングレと
スレギは前よりもう少し親しくなったことを感じることができた。

そして家に戻ったスレギはビングレを自分の部屋に呼んだ。 すぐに大学廊下に張っていた1994年大学歌謡祭
ポスターを離してきたこと。 すぐに医学部所属ながらも机には専攻書籍より大衆歌謡に対する本が多くて音楽に
対する関心があるビングレのためであった。

これに対しビングレはそのような度胸もなくて実力もないとし、そのダウンロード意固地でスレギの激励を無視する
姿を見せた。 何の度胸が必要かとそのまま出て行って呼べとのスレギの話に“後日です、準備されればしますね”
として一瞥したこと。

これに対し苦しさを感じたスレギはビングレをじっくりと眺めてため息を吐いた。 そうして“頑固子”と話して、もうちょっと
あきらめたかと思う時ぐらいビングレに向かって“私が君たちのお父さんはよく分からないが君は君の嫌いなお父さんに
似ているのじゃないの? 男の話本当に聞かなくて。 このポスターを君に与えようとこっそりと夜中に学校行って
離してきたことだ”と話した。

そうして“ちょっと見つめて推し量ってみろ。 何か気持ちでこれを持ってきたかも。 そして君の心でする考えも覗いて
見てこそ分かることではないのか。”として度々後に立ち止まっているビングレに石直球を飛ばした。

そのようなスレギにビングレはナレーションを通じて‘存在だけで慰めになる兄がいる。’と話すことによって今後
二人の厚い兄弟のような関係が続くことだと感じさせた。

一方、ビングレはスレギの話により1994大学歌謡祭予選に挑戦した。

記事

"応答せよ1994チョンウ、コ·アラ下着姿見て"・・・ごめん"
ハ・ジヘ記者idsoft3@reviewstar.net
入力時間:2013-11-16 01:41:29
c0104506_123337.jpg
▲写真:tvN放送キャプチャー

チョンウがコ・アラの下着姿を目撃した。

15日午後放送されたtvN '応答せよ1994 (演出:シン·ウォンホ脚本:イ·ウジョン) "の9話だから私が言いたいのは
編では、ソン・ナジョン(コ·アラ)がスレギ(チョンウ)に下着姿を見せ慌てた様子が描かれた。

この日ナジョンは一緒に朝食を食べるためにスレギを起こせとのママ イ・イルファ(イ・イルファ)の言葉に悩む姿を
見せた。いつも実の兄妹のようにお互いを取りまとめた姿とは違って、ぎこちない姿を見せたこと。

事実この前8話の最後で酒に酔ったユンジン(ドヒ)がナジョンのスレギに向かった心を暴露して席を凍りつくようにさせた。
そして一歩遅れてその事実を知ることになったナジョンはスレギに向かった心は相変わらずだが、以前のように
気楽に近付くことはできないぎこちないということが見えた。

この日やはりナジョンは最大限スレギと会う姿を避けようとする姿を見せたが、結局スレギの訪問の前で彼と会って
しまった。 これに対しびっくりして大声を出したナジョンをスレギは眺めて可愛いように頭を撫でてくれたり。

だが、ナジョンはそのようなスレギの妹を見るような態度に紛らわしがる姿を見せた。 前より気まずくなるのは嫌いだが、
また、それでもそのような突然告白をないように無視するのもナジョンの立場で悩みになるだけのことはあった。

スレギはそのようなナジョンを分からないように旧態依然な姿だった。 何気なくナジョンのそばでご飯を食べて
名前を呼んで前のように親しく、チョンガクキムチを破ってもらうも。

そうするうちにスレギのミスでナジョンの胸頃にキムチが飛んだし、慌てたナジョンに何もないように手を持っていって
キムチの汁を拭いてより一層ナジョンを仰天するようにさせた。 何もないように自分にスキンシップをするスレギが
瞬間憎かったこと。

そんなに浴室に行ったナジョンは涙ぐんだ目でTシャツを脱いで洗い始めたし、その時ちょうど浴室でスレギが入った。
スレギはナジョンが心配になってきたことかもしれないが、上衣は下着だけがしか着ていなかったナジョンをスレギが
目撃してしまった。

これに対し初めてナジョンの前で慌てたスレギは“ごめん”としながら出て行ったし、これに対し恥ずかしさときまり悪い
などが複合した心情のナジョンは泣きかけて目を引いた。

記事

応答せよ1994 'ユ·ヨンソク片思い、純粋で、より美しい
記事入力2013-11-16 08:50:56
c0104506_1354853.jpg

[ TVレポート=ファン・ソヨウン記者] '応答せよ1994 'ユ·ヨンソクの片思いが純粋にもっと光を放った。

去る15日放送されたtvNクムトドラマ "応答せよ1994 " (イ·ウジョン脚本、シン·ウォンホ演出) 9話には、チルボン
(ユ·ヨンソク)のナジョン(コ·アラ)に向けて感動させる心が描かれた。

この日ナジョンとお昼食事をしたチルボンは翌日ある自分の野球試合に彼女が応援にくるのをお願いした。 しかし
確答が帰ってこないので"女が応援にくれば勝つジンクスがある"として招待に応じるほかはない可愛い嘘を作った。

だが忘れていた組別課題が浮び上がったナジョンはチルボンの要請を断ったし、彼は残念なそぶりを隠すことが
できなかった。 そのようなチルボンにもう一度機会が訪ねてきた。 雨天により試合が延ばされたこと。

この報せに接したチルボンはナジョンに伝える音声メッセージを通じて"これは本当に奇跡だ。 神の啓示だ"と
しながら"君は必ずこなければならない。 私は君が来ることを知っている"という話を再度強調した。

待ちこがれた試合の日、チルボンは運動場真中で観覧席を見回してナジョンを探したが、彼女の姿はどこにも
見られなかった。 意気消沈した彼は本来の実力を発揮できなかったし、いつも明るかった顔表情に陰が席を占めて
見る人々の遺憾を加えた。

それでも彼が属した野球チームは勝利を握った。 チルボンのジンクスが心配になって一歩遅れて競技場を探した
ナジョンは"タクシー乗ってきたがお金惜しい"として虚しいと言った。 しかし秘密が一つあった。 チルボンの帽子の
中には明るく笑っているナジョンの写真が隠されていた。 これがチルボンの士気を培って勝利を導いた原動力
として作用した。

ナジョンを考えることだけで慰安受けて笑い花を咲かせるチルボンの純粋な片思いは視聴者たちの心も共に動いて
微笑を浮かべるようにさせた。

一方、ナジョンに勇気を出して好む心を告白するチルボンの姿が予告されて気がかりなことを育てている。 '応答せよ
1994' 10話は16日午後8時40分に放送される。

ファン・ソヨン記者soyoung920@tvreport.co.kr /写真=tvN '応答せよ1994'画面キャプチャー

記事
[PR]

by majintera2424 | 2013-11-16 12:43 | 応答せよ1994


<< 「応答せよ1994」10話      「Three Dys」豪華キャ... >>