2013年 11月 11日

パク·ユチョン - チャン·グンソク - イ·ミンホ、揺れる韓流を支えている3人

パク·ユチョン - チャン·グンソク - イ·ミンホ、揺れる韓流を
支えている3人低迷の中でも相変わらず人気の維持

アン・ジンヨン記者realyong@sportshankook.co.kr

入力時間:2013.11.10 17:50:01修正時間:2013.11.10 17:54:32
c0104506_10142016.jpg

韓流が危機だ。

右傾化、円安政策、反韓流気流などの影響で韓流の出発点であり、最大の市場であった日本が揺れている。
日本国外の市場で韓流の影響力がますます大きくなっているが、日本の市場占有率があまりにも大きいため、
最近の韓流によった関連会社は、薄氷を歩く気分だ。

このような時こそ、韓国を越えてアジア市場全体を合わせるスターの存在感が高まっている。文化の特性上、
その文化を訴求する大衆があれば継続せざるを得ないからである。韓流の始まりであり、頂点がペ·ヨンジュンで
あった​​ように、外圧を踏んで彼らを応援する海外ファンたちを呼び集めるスターの存在が不可欠である。

韓流の下降傾向の中でも嚢中の錐のように上昇の勢いを継続するスターはいる。パク·ユチョン チャン·グンソク
イ·ミンホなどがその中心に立っている。

パク·ユチョンはJYJの活動のほか、俳優としてがっちり地位を固めた。彼の出演作である"屋上部屋の皇太子"が
日本で大成功を収めたのに続き'会いたい'も'パク·ユチョン効果'を背に負っている。さらに、来年2月には100億ウォン
以上投入される超大型プロジェクトであるSBSの新しい水木ミニシリーズ'Three Days" (脚本キム·ウンヒ、演出
シン·ギョンス)の放送を控えている。

パク·ユチョンの出演の便りと一緒に制作会社には、すでに日本でも有数のメーカーのラブコールが続いている。
日本に精通したある関係者は"今年の初め'その冬、風が吹く"の後一回当たり20万ドル以上の金額を受け取る
ドラマが失踪した。しかし、パク·ユチョンが出演したドラマはまだ20万ドル以上の取引金額を提供する
企業が
多い。歌手を越えて俳優としても彼の商品性を高く買っているだろう "と耳打ちした。

チャン·グンソクの威力も変わらない。ペ·ヨンジュン以来日本で最も影響力のある韓流スターに挙げられるチャン·グンソク
はKBS 2TV新しい水木ミニシリーズ'美しい男' (脚本ユ·ヨンア、演出イ・ジェサン)でテレビ劇場に復帰する。
"愛の雨'以後1年余りぶりにチャン·グンソクが新作を出すという消息に日本市場にも搖れている。

この関係者は"ドラマ一回当たり販売額20万ドルは、トップA級韓流スターを分ける基準とすることができる。 6年目
新作のないペ·ヨンジュンを差し引くならば、現在の基準を満たすことができている韓流スターはチャン·グンソクと
パク·ユチョンだけだ "と付け加えた。

中国では'ナンバー1 'と指折り数えられるイ·ミンホも、日本市場で裾野を拡大している。イ·ミンホが出演した'神医'が
日本で良い反応を得て彼を追求する声が高まっている。さらに、現在出演中のSBS '相続人' (脚本キム·ウンスク、
演出カン・シンヒョ)が日本で公式放送される前から日本のファンたちの高い関心を受けている。

すでに日本の漫画を原作にした'花より男子'の主人公で日本のファンの確かめたイ·ミンホは'相続人'を通じて
中国に続き、日本でも'ナンバー1 '韓流スターに成長するという覚悟だ。

別の放送関係者関係者は"一回頂点を極めた韓流市場は、現在の息抜きに入った。パク·ユチョンチャン·グンソクイ·ミンホ
はこの時期に韓流の命脈を維持している人々だ。今後、日本を越えてアジア全域の韓流を担当する3人だ"と述べた。

記事
[PR]

by majintera2424 | 2013-11-11 10:27 | パク・ユチョン


<< ソン・ヒョンジュ「Three ...      「応答せよ1994」8話 >>