2013年 11月 06日

最も可能性の次世代俳優に数えられたパク・ユチョン

ポン・ジュノからキム・ウニまで、なぜ巨匠はパク・ユチョンを
選択するだろうか?
最も可能性多くの次世代俳優と指折り数えられて

アン・ジンヨン記者realyong@sportshankook.co.kr

入力時間:2013.11.06 13:06:23修正時間:2013.11.06 14:09:01
c0104506_1619471.jpg


パク・ユチョンという名前の前でもう'アイドル出身'という修飾語は引き離してもかまわない時がきたようだ。

国境を越えたトップ歌手として活躍したから、最初パク·ユチョンが演技に挑戦すると言った時には色眼鏡をかけて
見る人々が多かった。しかし、これ見よがしに演技デビュー作'成均館スキャンダル'を成功させたパク·ユチョンは
"屋根部屋の皇太子'と'会いたい'を経て俳優として確実に位置づけた。

視聴率という数字と大衆の反応を抜きにして、パク·ユチョンという名前を記念する理由は別にある。 "巨匠"と呼ばれる
人々が次々とパク·ユチョンを選択したからだ。

イ・ヒミョン、ムン・ヒジョンなど中堅作家らと呼吸を合わせたパク・ユチョンは来年初めSBS新しい水木ミニシリーズ
'Three Days'(演出シン・ギョンス)をリリースするキム・ウニ作家のラブコールを受けた。 'サイン'とファントム''など
線太い作品を執筆したキム・ウニ作家は韓国型ジャンル ドラマの1人者だ。 キム作家はその間単純に大衆的人気を
考慮したキャスティングをしたことがない。 硬い演技力が後押しされる重量感ある俳優を選択した。 だから'サイン'では
パク・シニャンに'ファントム'ではソ・ジソプに配役を任せた。

そのような彼が大統領暗殺事件を囲んだ重たい諜報スリラーを執筆してパク・ユチョンにタイトルロールを任せた
というのは格別な意味を持つ。 演技で評価されなければならない俳優それ自体でパク・ユチョンを認めたという傍証といえる。

パク・ユチョンの真価は忠武路(チュンムロ)でも調べてみた。 大きな銀幕の上を刺繍する演技は異なるべきである。
観客の集中度と没入度が違うためだ。 ディテール一つだけ握り締めても感情がこわれることができる。 俳優は
やはり細胞一つ一つまで尖らせて演技しなければならない理由だ。

普段'ボンテール'(ポン・ジュノ+ディテール)と呼ばれるほどディテールが良いポン・ジュノ監督は映画'海霧'を製作して
パク・ユチョンをキャスティングした。 メガホンはポン・ジュノ監督をスターダムにあげた映画'殺人の思い出'を執筆した
シム・ソンボ監督が捉える。 俳優を見る目が正確で難しいことで定評がある人々だ。 彼らがパク・ユチョンを選んだ
というのは彼の現在の値よりディレクティングを介して取り出すことができる可能性を垣間見たという意味だ。

ある映画界関係者は"最近ユ・アイン、ヨ・ジングなど怒りを呼んだ'若い血'が輸血されている。 初めから優れた
幼い俳優は珍しい。 まだ成長中である彼らには'可能性'がさらに重要だ。 ポン・ジュノ監督などはパク・ユチョンから
その'可能性'を見たということができる。 パク・ユチョンのスクリーン デビュー作である'海霧'が期待される理由"と話した。

記事
[PR]

by majintera2424 | 2013-11-06 16:56 | パク・ユチョン


<< JYJ「NII」ファンイベント      女優パク・ハソン「Three ... >>