2013年 08月 24日

パク·ユチョンの破格のスクリーンデビュー

パク·ユチョンの破格のスクリーンデビュー、目に見える理由は?

スポーツ東亜原文記事送信2013-08-24 07:03
c0104506_13133921.jpg

パク·ユチョンアイドルグループのメンバーでは断然引き立つスクリーン進出だ。

グループJYJのパク·ユチョンが映画 "海霧 '(監督シム・ソンボ)で映画にデビューする。 2010年KBS 2TVドラマ
'成均館スキャンダル'で演技を本格的に開始して以来、3年ぶりにスクリーンで観客に会うことになった。

パク・ユチョンの映画出演は色々な面で世間の注目を集める。 その間アイドル スターが映画に進出してきた方式とは
全く違う‘正攻法’を選んだ点が最も目につく。

アイドル スターのスクリーン デビューはほとんどの彼らが持ったチケット パワーを発揮できるロマンチック コメディなど
特定ジャンルに限定されてきた。 他の面では日本など韓流の人気が高い海外市場を狙った‘企画性映画出演’が
大部分だった。

だが、パク・ユチョンは映画界実力者が集まった重たい作品を選んだ。

‘海霧’は下半期撮影を始める韓国映画中でも期待作に選ばれる。

何より‘雪国列車’のポン・ジュノ監督が初めて製作者で出た映画という点でも関心が熱い。

演出はポン監督と2003年‘殺人の思い出’脚本を一緒に使ったシム・ソンボ監督が引き受けた。

残りのスタッフも派手だ。 ‘雪国列車’と‘太極旗を翻して’をとったホン・ギョンピョ撮影監督も参加する、それこそ
‘ドリームチームの合同作品’だ。

パク・ユチョンの‘海霧’合流は映画界では異例的な結果と受け入れられる。

映画経験が全くない演技者であり歌手である彼が正統スリラージャンルに参加したことから目を引く。

その上パク・ユチョンが映画で会う相手役は忠武路を代表する俳優キム・ユンソク。映画では新人演技者と
ベテラン
俳優の出会いが作り出す新しいシナジーが期待される理由だ。

パク・ユチョンは7月から‘海霧’製作会社から出演を提案受けて悩みを繰り返してきた。

ポン・ジュノ製作、キム・ユンソク主演という事実に好奇心ができたが、多少残酷な内容が含まれた暗い話に挑戦する
のは一種の‘冒険’でしかなかったためだ。

さらにパク・ユチョンが引き受ける‘海霧’の中の役割を欲を出してきた20代スターも多数だった。人気グループのメンバーも、
この役を勝ち取るために意欲を見せたし、 また他の30代韓流スターもやはり‘海霧’参加を望んだと分かった。

こうした中パク・ユチョンが‘海霧’に合流したのは彼の潜在力が認められた結果と解説される。

演技デビュー作である‘成均館スキャンダル’を始め‘ミスリプリー’、‘屋根部屋の皇太子’を経て最近作である‘会いたい’まで
パク・ユチョンは史劇とロマンチック コメディ、メローなど多様なジャンルで活躍して視聴率でも成功を収めた。

演技と作品欲が多いパク・ユチョンは‘海霧’のシナリオを受けるやいなや、あっという間に読んだ程にその話に
魅了されたと分かった。

パク・ユチョンは10月から‘海霧’撮影を始める。 現在彼は最近所属会社家族になった俳優ソル・キョング、イ・ジョンジェ
などから助言を得て撮影準備に集中している。

イ・ヘリ記者gofl1024@donga.comツイッター@madeinharry

記事

ユチョンが、映画デビューする時が来たら、脚本がしっかりとした大作で、相手役はベテランの
演技派俳優がベストだと思っていたので、「海霧」出演は、本当にいい選択だと思います。
主演のキム・ユンソクさんから、沢山のことを学んでほしいですね。
ユチョン、がんばれ~~!

[PR]

by majintera2424 | 2013-08-24 14:23 | パク・ユチョン


<< 「グッド・ドクター」7話      NII 秋画報 JYJ >>