2013年 04月 05日

"おかえりJYJ"... 東京ドームコンサート記事

"おかえりJYJ" ... 3年間の内面空白が光を放つ
ヘラルド新鮮原文記事送信2013-04-05 07:15

'3年ぶりに帰ってきた "

男性グループジェイワイジェ(JYJ)が4日、日本の東京都文京区東京ドームで行われたコンサート'2013ジェイワイジェ
コンサートの東京ドーム - ザリターンオフ·ザ·ジェイワイジェ(2013 JYJ Concert in Tokyo Dome-The return
of the JYJ) "を盛況裏に終えた。この舞台に上がるまでぶっ通しで3年かかった。だからこそ、より一層切なくて、感謝した。

メンバーは、パワフルなステージでコンサートの幕を開いた、長い時間待ってくれたファンは一斉にJYJを​​連呼した。
c0104506_1991045.jpg


オープニングをはじめ、相次いで二つの曲を終えたJYJは、 "3年ぶりに東京ドームに帰ってきた"とし、 "久しぶりに
見るほどのファンとも近くで会いたかった。これから残った時間も楽しんでいただきたい "と本格的な公演の開始を発表した。

◆別にまた一緒に

この日のJYJのコンサートは、メンバー各自の個性が引き立って見えた、合同舞台もこれまでのノウハウが発現
されるように、より強い光を吹きだした。ソロアルバム発表を含む、過去3年間積んだメンバーたちの内面がにじみ出る瞬間だった。

まず、JYJは、公演が行われた約3時間の間別々に、また一緒に様々な舞台を演出した。

キム·ジェジュンは公演に先立ち、 "3年前に東京ドームのコンサートと変わった点は、これまでの公演では、日本で
発表した曲で構成されましたが、今回はより多彩に飾った"と観覧ポイントを挙げた。

実際の公演のハイライトは、非常に多様だった。開始後1時間30分頃に流れたビデオ映像を基準みなして前と後を
1,2部で分けるならば1部は個人の個性を生かすことができる舞台で満たしたし2部はJYJの一つになることを見せた。

これまでのソロアルバムを発表したキム·ジェジュンとキム·ジュンスは自身のアルバム収録曲を熱唱したし、演技活動に
重点を置いたパク·ユチョンは、自作曲でファンの心を慰めた。

個人舞台の最初のランナーはキム·ジュンス。自分のソロアルバム 'タランタルレグラ(Tarantallegra)'の収録曲
'ブレス(Breath) "と"ルーラーバイ(Lullaby)'を呼んだ。ジャンルが違う曲である二段階でそれぞれの杖を用いた
群舞とずば抜けた歌唱力を披露した。

次はキム·ジェジュンが熱気を継続した。彼も彼のソロアルバム "ワイ(Y) 'の'オンリーラブ(Only Love) 'をはじめ
として'オールアローン(All Alone)"、 "マイン(Mine)"などの舞台を縦横無尽に走り回った。

ソロ曲 'ワンキス(One kiss) "の舞台では、2、3階にあり、ファンのために、中央突出舞台に上がった。ステージ
の一番端5Mのリフトに上がって、自分の望みどおりファンに一歩近付いた。

JYJを待っファンは公演中立ち上がって、復帰を喜んで迎えた。声援に報いるようにJYJもコンサート中に日本語を
駆使し、ファンとのコミュニケーションに力を注いだ。ファンに向かって近況を尋ねるかと思えば、しきりに感謝の
挨拶を伝えた。

◆歌に心を盛る

"泣かないように大丈夫だと包み込むように笑います '
"今フレンド(Friend)の心でフレンドいつまでもフレンド今日からフレンド '
"その夢を並べて二人歩いた"

これは、今回の公演でメンバーが選曲した日本のアーティストの曲の一節である。

パク·ユチョン、キム·ジェジュン、キム·ジュンスは、それぞれ "安全地帯(安全地?)"の "フレンド"と中島美嘉(中岛美嘉)の
"グラマラススカイ(Glamorous Sky)"と、絢香(绚香)の "みんな空の下(みんな空の下) 'を熱唱した。単純に
好きなアーティストの曲を再解釈するという意味を超えて曲が伝えるメッセージをファンに伝えて。

キム·ジェジュンは "久しぶりに立つ東京ドーム公演であるだけに選曲も苦心した。日本のファンに日本語の曲を
差し上げたかった。個人的には "グラマラススカイ"の作曲家でありアーティストであるハイド(Hyde)が好きで
ジュンスの推薦も一役した "と理由を明らかにした。

キム·ジュンスは ""みんな空の下 "は、4年前に日本での活動をする時に聞いた歌だ。何よりも、歌詞の内容が
非常に上になった。日本の歌を選曲しようと意見が集められたとき、最初に浮かんだ "と説明した。

ファンも "4年前から好きだったし、皆さんにも届いてほしい想いが込められている曲"と紹介した。

パク·ユチョンは "個人的に好きな歌だ。ファンも知っているようで選択することになった "と伝えた。と彼はキム·ドンリュル
の '古い歌 "と福山雅治の'最爱 'を追加で選曲しました。

彼は "古い歌"を歌った後、 "昔から尊敬してきた韓国のミュージシャンの曲"としながら "歌の歌詞は、作曲家や
自分が曲を作る人なら必ず共感する代表曲"と話した。

それだけでなく、パク·ユチョンは、今回の公演のために特別に自作曲を披露した。長い間変わらず待ってくれたファン
への思いを込めた "彼女と春を歩く"は、ブリットポップのジャンルで、新しい季節生き生きとした春を迎えるときめきを
表現した曲だ。

ファンにはJYJの合同舞台とはまた別のパク·ユチョンの切ない音色を聞くことができる機会になったし、彼には
自分の心を確実に渡すことができるチャンスであった。

このように、三人は自分の好きな曲と心を観客と共有した。ファンも初めて姿に惜しみない声援を送った。 JYJの
一連の事件を体験し大変な時間を過ごしたメンバーたちの事情を誰よりもよく知っているファンが、涙を流し公演は
中盤を越えた。

◆熱い涙

メンバーたちの派手な個人舞台が終わった後にJYJの異色公演がファンの注目をひきつけた。

これらはJYJの初韓国語アルバムの収録曲 'のヘブン(In Heaven)' '少年の手紙 ""ゲットアウト(Get out) "と
ドラマ"成均館スキャンダル'のOST '探した'をプレゼントした。

公演が終わりに達するほどのファンの歓声と涙はさらに倍になった。特に、メンバーたちの手紙朗読に続き、 "レイニー
ブルー(Rainy Blue) 'と'落葉 'を熱唱するときは、お互いの感動が最高潮に達した。

三人が一緒に歌った "レイニーブルー"は、示唆するところが大きい。この歌はキム·ジェジュン、パク·ユチョン
キム·ジュンスが東方神起というグループで活動した当時のメンバー5人が日本のコンサートで歌った歌だ。以後
JYJとして活動を開始した後に "レイニーブルー"を歌わないというものを言ったりした。だからこの曲を使用した
三人のハーモニーは、メンバーにも、ファンにも特別な意味のはず。

歌を終えた三人は、過ぎた日の記憶が浮び上がったのか、各々ファンたちに向かった感謝の気持ちを伝えて
目がしらを
赤らめた。

キム·ジェジュンは ""レイニーブルー "を今回の舞台で歌う​​ことになっ。メンバーたちとの最後の思い出が思い
出される歌 "と話を切り出した。

続いてキム·ジュンスは "3年前に、この舞台に上がった後、これまで3年という時間がかかった"とし、 "ファンたちが
見せてくれたこの愛に報いようと、次の日本のコンサートは東京だけでなく、全国ツアーをしたい"と頭を下げて挨拶した。
パク·ユチョンは "幸せだ。本当に感謝する "と涙を見せ、ファンの切なさを催した。

特にキム·ジェジュンは日本で活動することができなかった過去3年間の苦情を率直に打ち明けた。

彼は "私たちは大丈夫だ。今後辛いこと、大変なこともなく幸せなことだけずっとではないかと思う "とし、"二度と
別れることはない "と断言した。

また、 "3年ぶりの東京ドームコンサートだ。これまで私たちが解決しなければならない部分も多く、責任も重かった。
特に、私たちの心とは異なり、時間の経過が怖いた "と本音をのぞかせた。

キム·ジェジュンは、 "最初の1年は一つも怖くなかった。しかし、2年後には時間というものが本当に恐怖だった。
時間が経って、ようやくと会った。何と表現すべきか分からない私たちの未来を信じてくれるあなたがいる限り
頑張って
共に進んだら良いだろう "とファンに向けた感謝の気持ちを伝えた。

三人は、これで3年ぶりの東京ドームコンサートを盛況裡に終え犯し、明るい未来のために力強い歩みを踏み出した。

2010年と2013年、3年という歳月は、無色た。東京ドームを縦横無尽に走り回って舞台を継続するJYJの情熱と
このようなメンバーたちの身振り一つも熱狂、歌歌いから特別なメッセージと涙まで公演の初めてと終わりを共に
したファンたちが作り出したシナジーは春の日の東京ドームを感動で染めた。

東京(日本)=キム·ハジンイシューチーム記者/ hajin1008 @
c0104506_2121399.jpg


記事


c0104506_2112530.jpg

c0104506_21133481.jpg

c0104506_21144510.jpg

c0104506_21153426.jpg

c0104506_21163812.jpg

[PR]

by majintera2424 | 2013-04-05 21:20 | JYJ


<< ユチョン、マガジン メイキング公開      JYJ東京ドームで記者会見 >>