teraのおとぼけ日記

meias.exblog.jp
ブログトップ
2013年 01月 18日

20代代表俳優、パク・ユチョン

OBSプラス [ONEWS]パク・ユチョン、テレビ劇場でまともに遊んで
記事入力時間2013.01.18 09:34:28キム・スクキョン| ssen@obs.co.kr

[OBSプラス キム・スクキョン記者]この頃20台を代表する俳優が議論される時ごとに最もしばしば口に上がる俳優がいる。
すぐに'パク・ユチョン'だ。 彼が立ち寄ってきたフィルモグラフィーを調べればそのはずだ。

パク·ユチョンは2010年KBS2ドラマ '成均館スキャンダル'で朝鮮代表 "カチルナム 'イ·ソンジュン役を担って成功演技者
デビュー申告式を払ったし、MBCドラマ"ミスリプリー "で思慮深い"思いやり男 "ソン・ユヒョン役を引き受けて演技力と視聴率の
二匹ウサギを捕って演技者としての地位を固めた。

以後、 "屋上部屋の皇太子"で皇太子イ・ガクと財閥男のヨン・テヨン1人2役を完璧に演技したパク·ユチョンは前のドラマとは
全く違うカリスマと、とんでもないことで演技の幅を広げた。パク·ユチョンのコミックや真摯、メロを行き来する演技は
"パク·ユチョンの再発見"という大きな成果をおさめて真の俳優に生まれ変わった。

そして四番目の作品MBCドラマ '会いたい'で強力係刑事ハン·ジョンウ役を引き受けて女性一人に向けた懐かしさを
秘めたまま猛獣のように犯人を追う魔性のキャラクターで演技変身に成功し、真正性のある感情表現と優れた演技力で
20代代表俳優として位置づけた。

#パク・ユチョン演技に休符はない


もう'俳優'という修飾語が常に付いて回るパク・ユチョン。彼の顔は多くのことを話す。 表情により喜びと悲しみ、涼しさと
切なさを自由に行き来する。 また、彼の感性は顔に妙にあらわれる。 現実的で日常を入れた演技だからそれで多くの人々が
彼の演技に共感する。

パク·ユチョンはイ·ソンジュン、ソン・ユヒョン、イ・ガクに続きハン·ジョンウまでキャラクターごとに異なる​​色彩を加えて
パク・ユチョンでない他の俳優は想像するのが難しいほど完ぺきに表現して出した。

パク・ユチョンは'会いたい'で初恋を探すために14年間さ迷っていた狂ったウサギを演技する時には冷たい目つきと
怒りで絶叫する姿などを見せてタフな強力班刑事を完成する一方、愛する女の前に突然現れてデートしようと可愛く
哀願するなどロマンチックガイの魅力を発散した。

また、キャラクター間にからまったストーリーの悲しみが絶頂に達して見せた嗚咽演技は現場スタッフの目頭を刺激する
ほど話題になって広い演技スペクトラムをリリースした。

何よりパク・ユチョンは視聴者たちに自分が引き受けたキャラクターの感情を注入させるのではない完ぺきに同化
されるようにする恐ろしい'力'を持った俳優であることをもう一度立証した。

恐ろしい'力'を発揮できる要因は彼の緻密なキャラクター分析力を挙げることができる。 '会いたい'の中パク・ユチョンは
見られなかった。 彼が演技する'ハン・ジョンウ'だけが存在した。

パク・ユチョンはしらじらしい演技で視聴者たちを笑うようにさせたり切ない目つきで心臓を再び走るようにさせたり
美しい涙で胸を濡らして'ハン・ジョンウ'というレジェンド キャラクターを誕生時するのにつけた。 あたかも'ハン・ジョンウ'に
なったように一緒に喜んで一緒に痛く感じられるように時を作って視聴者たちをテレビ劇場今後集まるようにした。

#パク・ユチョン、テレビ劇場に新しい時を作ってまともに遊んだ?!

パク・ユチョンが誕生させた'ハン・ジョンウ'は吸入力と没入度を高めて劇全体を導いていきつつある。 泥の中でも
真珠は輝くという話があるように'会いたい'はパク・ユチョンによるパク・ユチョンのためのドラマであった。

パク·ユチョンは時々刻々変化した姿の中でも、キャラクター自体の一貫性を失わない集中力を発揮し、吸引力と
没入度を高めた。ここにパク·ユチョンの完璧なビジュアルが無色なほど本能に忠実な原初的な歌舞実力を介して
ハン·ジョンウのキャラクターの隠した魅力を精一杯発散することもした。

特にハン・ジョンウに完全に入り込んだパク・ユチョンは多様な感情演技を自由自在に行き来して'テレビ劇場でまともに
遊んだ'という言葉がひとりでに出てくるほどだ。

'会いたい'撮影ずっとドラマ関係者たちは"パク・ユチョンはハン・ジョンウそれ自体であった"として"幼いジョンウを
連想させるためにボールにそそのかしたり、ペンをかむ姿を本人が直接アドリブで表現するかと思えば14年という
漠然とした懐かしさであることもある複雑な心情の感情演技を密度あるように描き出してその間視聴者たちがハン・ジョンウ
により一層没入できたようだ"など絶賛を受けた。

メディア関係者たちやはり"何と14年の間なくした彼女を訪ねてきた彼の切なる懐かしさはパク・ユチョンという没入良い俳優の
深い目つきによみがえった。 何より子役のバトンを受け継ぐ過程が水が流れるように自然なのはパク・ユチョンという俳優
の底力を確認できる書き入れ時だ。 パク・ユチョン、この友人はますますモノになっていく"と好評したことがある。

このようにパク・ユチョンは計算して出てくる枠にはまった演技でない胸で理解して出てくる真正性ある演技で毎作品ごとに
存在感を確かに表わして俳優としての位置づけを強硬に確かめた。

#パク·ユチョンの 'ハン·ジョンウ "、テレビを掌握する


毎作品をする時ごとに期待と関心を一身に受けているパク・ユチョン. '会いたい'でやはり数多くの名場面を誕生させて
テレビ劇場を眠れなくさせた。

パク・ユチョンは'スター'でない'俳優'として新たに出て自分だけの色を出している。 彼の色は他の色とトーンを着ることが
できる無彩色だ。 彼の演技で'ハン・ジョンウ'だけ見えるだけ'パク・ユチョン'は見られなかった。

彼は完全に "狂ったウサギ"ハン·ジョンウに入り込んでいた。 "狂ったウサギ"というニックネームがよく似合う刑事の姿に
完全に扮したパク·ユチョンは線の太い演技と画面掌握力で立体的なハン·ジョンウのキャラクターを完成させ
視聴者の脳裏に "ハン·ジョンウ"を刻印させた。

パク·ユチョンが誕生させたしっかりとした大人 "ハン·ジョンウ"。 "会いたい"は大詰めの幕を下ろしたが、パク·ユチョンの
ハン·ジョンウは長い余韻を残しながら、彼が見せてくれる別のキャラクターに対する期待感を高めた。

自分だけの確固たるアイデンティティを持って誰よりも熱く、積極的に俳優の道を行っているパク·ユチョン。
俳優パク·ユチョンとしても人間パク·ユチョンとしてもあまりにも魅力的な彼をどうして愛することができないことがあるだろうか。

(写真=シジェスエンターテイメント)
OBSプラスギムスクギョン記者ssen@obs.co.kr

記事
[PR]

by majintera2424 | 2013-01-18 20:24 | パク・ユチョン


<< 「会いたい」打ち上げのユチョン      JYJエイベックスに勝訴! >>