teraのおとぼけ日記

meias.exblog.jp
ブログトップ
2012年 09月 20日

禍を転じて福となす!

危機をチャンスに!サイ·JYJ·タブロー

スターin原文記事送信2012-09-20 07:13
[イーデイリースターinジョオヨウン記者] '危機に瀕した時、すぐに躍進するチャンスだ。
"決まり文句だが、熾烈な現実を生きていく誰もが一度胸に刻むようになることだ。
最近の歌謡界は、なおさらである。危機をチャンスに変えたスターたちが 'うまく行く'時代だ。

c0104506_1042614.jpg

★JYJ

JYJは2009年7月東方神起という名前を捨てて、前所属事務所SMエンターテイメントから出た瞬間から
今までの紆余曲折を経験している。法的紛争はもちろん、舞台に立つことさえ容易には許されない。
舞台に上がるも歌う曲がなかった。ジュンスの曲が多数あったのに東方神起の名前で登録された
著作権法のためだ。それでも彼らは "頑張った"と自らをさらに焼き入れしたし、事実上、国内で
初めてお目見えした初の正規アルバムに自作曲で80%を満たした。

ファンたちの反応は良かった。アイドルグループがアルバム収録曲を自作曲で、ほとんど満たしたのは
JYJが初めてだ。音楽的完成度が高かった。 JYJはアイドルを超えシンガーソングライターであり、
アーティストのグループに進化したという評価を導き出した。

国内舞台ではなく、海外進出に積極的に乗り出すしかなかった。禍を転じて福となすになった。
JYJは、去る3月ペルー公演を最後に約1年間のワールドツアーを盛況裏に終えた。
アジアを越えてヨーロッパ·南米まで全世界を魅了した。現在ソロ活動中のジュンスは一人で
ワールドツアーを回って数万人の地元の観客を動員している。

先立ってドラマとミュージカルに目を向けたのが全方向的人気を得る足がかりになった。
ユチョンは "屋根裏部屋の皇太子 '、'成均館スキャンダル"などで、ジュンスはミュージカル
"モーツァルト"と "天国の涙 'を通じて俳優として認められた。 "ドクタージン 'で可能性を垣間見た
ジェジュンは11月封切り予定である映画"ジャッカルが来る "と大活躍を予告した。
歌手だけでなく、韓流俳優に成長したJYJは19日、米国のサイト "オルケイパブ"でネチズンが
選んだ2012年最も影響力のあるKポップスターに選ばれた。

一時トップに立った彼らだから、これまで味わった人生の苦味はJYJをさらに成熟させた。
写生ファン暴行事件など、様々デマも耐え抜いた。意のままに解けないあきらめてたかった
危機の瞬間にも彼らはむしろファンたちを安心させて毅然と対処する姿を見せてくれた。
(一部抜粋)
記事
[PR]

by majintera2424 | 2012-09-20 10:56 | JYJ


<< 屋根部屋のプリンス ユチョン王...      ユチョン ゼルダCF! >>