2012年 06月 24日

パク・ユチョン[★インタビュー] ②

[★インタビュー] パク・ユチョン キム・ジェジュンと
史劇のトーンが似ている?②

c0104506_15354180.jpg

『キム・ジェジュンに演技のアドバイス?そんな立場じゃない』

5月24日に放送を終了した、SBSの水・木ドラマ『屋根部屋の皇太子』(脚本:イ・ヒミョン/
演出:シン・ユンソプ、アン・ギルホ)で、妃の死を暴くため21世紀の屋根部屋にタイムスリップした
皇太子、イ・ガクであると同時にヨン・テヨンとして1人多役をこなした演技者、パク・ユチョン。
これまですでに3作品に出演し、ワントップとしての能力を自ら立証させた。

『屋根部屋の皇太子』でハン・ジミンと甘いロマンスを見せてくれたパク・ユチョンは、20代が終わる前に
ピュアな片思いのようなメロ演技に挑戦したいという思いを語った。さらに、前から望んでいた
“サイコキラー”や“医療ドラマ”を撮りたいと付け加えた。

偶然だろうか。 現在、キム・ジェジュンがMBCファンタジーメディカルフュージョン史劇
『Dr.JIN(ドクタージン)』に出演中だ。ファンタジーフュージョン史劇であってもパク・ユチョンが
やってみたいと語った “医療ドラマ”だ。

『海外に行った時もホテルで過ごす方なので、ジェジュン兄さんのドラマ出演を聞いて日本の“JIN-仁”を
見てみた。“JIN-仁”を見ながら、ジェジュ兄さんがどんなキャラクターを演じるのかあれこれ想像して
みたが、韓国版の“Dr.JIN”でジェジュン兄さんが演じるキャラクターは原作に無い新しい
独特なキャラクターだ』

『Dr.JIN』を全部は見れなかったが、キム・ジェジュンが出ているハイライトシーンはまとめて見たという彼。

『“ボスを守れ” の時、僕も本部長(ミス・リプリー)を演じていたが、僕が持っていない本部長のイメージを
持っていた』とし、『特別にアドバイスすることはない。それぞれ自身が表現するイメージがあるので
その俳優の感情をまず尊重すべきだと思う』と述べた。

続けて、『まだ序盤だが、ジェジュン兄さんにとって初の史劇なのに、僕より上手くてすごいなと感じた。
刀を抜くシーンを見たが、目つきがとても良かった。このままいけば後半にはもっと良くなるのでは』と
メンバーに対する愛情を表わした。

また、パク・ユチョンは“キム・ジェジュンの史劇のトーンがパク・ユチョンの史劇のトーンに似ている”と
いう話に首をかしげた。

『まだドラマをまともに見れていないが、そのような話は聞いた。でも初めて演技は僕が
“成均館スキャンダル”でジェジュ兄さんは現代ドラマだった。全く違うのに不思議だ』と答えた。

[ミン・ギョンジャ/写真:イ・ヒョンム] 情報提供:star@bntnews.co.jp
記事
[PR]

by majintera2424 | 2012-06-24 15:39 | パク・ユチョン


<< イ・ソンジュン儒生の毎日      パク・ユチョン[★インタビュー] ① >>