teraのおとぼけ日記

meias.exblog.jp
ブログトップ
2012年 06月 06日

パク・ユチョンインタビュー

パク·ユチョン、 "王子" になったアイドル... "今度は精神病者の役
どうでしょう"

東亜日報原文記事送信 2012-06-04 03:09
c0104506_16571693.jpg

■パク·ユチョン(27)は "廃人製造機"だ。ドラマデビュー作である
"成均館大スキャンダル(ソンギュンガンスキャンダル)"(2010年)に "ソンス廃人 'を量産したが
最近放映終了したSBS水木ドラマ "屋根裏部屋の皇太子(オクタッパンワンセジャ)" では
主人公イガクを演じて "オク廃人" を作り出した。
屋根裏部屋の皇太子は、朝鮮時代の仮想の皇太子イガクが世子嬪を失った後、300年の時を遡って
現代にやってきて広がる話を扱った。彼の好演のおかげで、先月24日の最終回放送視聴率は14.8%で
同時間帯視聴率1位を記録した(AGBニールセンメディアリサーチ基準)。

"特別、何かがあるというわけでもなく、でも無い訳でもない、のが魅力のようです。
人の心をよく読む方ですね。 "

3日に会ったパク·ユチョンは "中学生の時から仕事をしながら多くの人に会ったが
人を見ると、(どんな人なのか)すぐに感じてくる"と語った。
彼はアメリカで中学校に通った時期について、 "生活のために父と一緒に肉体労働をしなければ
ならなかった。学校は月に1回程度行き、職場でより多くの時間を過ごした"と話した。
どのような肉体労働であったかについては言葉を慎んだ。

肉体労働​​をして困難な時期を過ごした父は、今回のドラマ1、2回の撮影中に持病で亡くなった。
"良い​​思い出を抱かれてお見送りしたかったのに、それができなかったです。
"うとうとと浅い眠りの中、のり巻き、パン、ハンバーガーなどの間に合わせの食事をしながらの
強行軍であったが、車で移動する時は、父を思い涙が溢れた。
"喪が明けた直後、撮影現場スタッフの一人の "ご飯食べた?" というその言葉が、どれくらい
慰労になったのか…. これが生きることだね、私だけでなく誰でも生きながら体験することだ、と
考えて打ち明けました。”


人生の重要な節目を越したためか、今回のドラマでは、一層成熟した演技をやり遂げたという
評価を受けた。演出者シンユンソプPDはそれに対して "キャラクターを自分のものに吸収する能力を
持って生まれてきた"と好評した。
人形の仮面をかぶったまま自分勝手なダンスを踊る場面、イガクが生まれ変わったヨンテヨンが
ヒロインパクハ(ハン·ジミン)を知っていて見るように意味のある笑みを浮かべる場面などは
台本になかったパク·ユチョンの即興演技であった。

アイドルグループ東方神起を経て、JYJのメンバーとして活動している彼について、歌手 "ユチョン"より
演技者 "ユチョン"を思い浮かべる人が多い。
"ユチョンが歌って踊るのが想像できない" 仲間の俳優もいる。
昨年本紙が専門家に依頼してアイドル出身演技者たちを評価した結果、彼はビッグバンの
T.O.P.(チェ·スンヒョン)に続き、俳優としての発展の可能性が最も高い評価を受けた。

"二回目の出演作であるミスリプリー(MBC·2011年)は、劇の序盤で止めたいと思うほど演技の負担が
大きかったです。しかし、今は "私はこのように演技しています"とお見せすることができるようです。 "

演技をきちんと学ぶために演劇の舞台も経験したいと彼は言った。
CF 2つ撮って、インドネシアのバリ島で写真集の撮影を行ってくる予定だという彼は、その後の作品に
ついて "財閥2世はなく、殺人魔や精神病者の役をしてみたい"と語った。

記事

翻訳機使用
[PR]

by majintera2424 | 2012-06-06 17:08 | パク・ユチョン


<< キスミョン15秒バージョンCF      [SSインタビュー] パク・ユチョン >>