2012年 06月 06日

ユチョン、インタビュー記事

パク·ユチョン、何も知らずに始めた演技...そろそろ "その味"が
分かるようだ


[フォーカス新聞社|文キム・ジヘ写真チョン・ソンシク記者2012-06-03 22:59]
c0104506_0505080.jpg

■SBSドラマ "屋根裏部屋の皇太子"パク·ユチョン

1人2役·どもりがちな現代語に"冷や汗"
キャラクター解釈を通じて大きく成長し
サイコパスの役も挑戦したくて

ドラマ "屋根裏部屋の皇太子"を通じて彼が得たものは本当に多い。演技の楽しさをそのまま
感じられたし、大変な時期に多くの慰めになってくれた作品でもある。

ドラマ開始前(*原文のまま)に予期しない父親の喪と物議が上がって危機があったが、彼はすべての
試練を乗り越えて20回まで "有終の美"をおさめて、 "演技者"パク·ユチョンで視聴者たちの脳裏に
深い印象を植え付けた。
c0104506_053144.jpg

SBS ‘屋根裏部屋の皇太子’で朝鮮時代皇太子イガクであり現世の転生でヨン・テヨン’1人2役’を
消化したパク・ユチョンがドラマ放映終了後さっぱりした気持ちでドラマの裏話を聞かせてくれた。

「劇序盤から撮影があまりにもタイトで20回まで放送事故なしでよく終えられてうれしいです。
特に個人的に今回のドラマは他のドラマに比べてもっと愛情を注いだし、ドラマ自体に感動を受けた
ドラマだとよく仕上げたという気持ちが大きかったです。」
c0104506_0543263.jpg

デビュー作 "成均館スキャンダル(ソンス)"では、何も知らずに演技を始めたとすれば、今回のドラマは
演技の楽しさをきちんと教えてくれたドラマだ。
ギリギリな撮影日程で一回一回が放送されることだけでも奇跡だったが、俳優らとの呼吸は、
これまで以上に良かった。自然にアドリブも受け返せたので、自分の考えを演技に溶け込みやすかった。

「前作では"ソンス "の圧迫感が大きかったんです。振り払うことができない時には、あきらめたい
気持ちも入ってきました。周囲の助けを借りて、物事を一度勝ち抜いて見るから、今回の作品に
入ってからは、
"上手にしなくちゃ' という考えより心を無にすることが優先でした。
安心すると負担になることなく、演技に集中することができましたよ。 」
c0104506_0562836.jpg

今回のドラマのあちこちで彼が解釈したキャラクターの真価が明らかになった。
どもりがちな現代語を駆使するイガクに英語はまさに難攻不落。当然慣れていないので、
オムライスを "オムラ・イス"で、アイスバーを "アイスバ" と話した。
彼が作り出した言葉は結局後半には台本にまで出るようになった。

また、彼は "ヨン・テヨン"と "イガク"の境界を "めがね"で区分した。
眼鏡をかけているときはヨン・テヨン、眼鏡を外すときは、イガクだった。
c0104506_0574596.jpg

パクハと最後に会った人が誰かをめぐり意見が入り乱れていた所で、彼は 「100%ヨン・テヨン」と話した。
元の台本には "パクハを知らない" という注文があったが、彼はきっちりと二つのキャラクターを
切断させるよりはヨン・テヨンだが無意識的にイガクの感じがあらわれると捉えてパクハをじっと眺めた。

パクハとキスをしながら涙の告白をする時の涙の意味も単純な愛の感じではなかった。
パクハに告白するということは結局朝鮮をあきらめなければならないという意味だったということ。
‘屋根裏部屋3人衆’と共に朝鮮時代に帰らなければならない責任を捨てるなければいけないので
その痛みで涙が自然に出てきたという説明だ。
c0104506_0594827.jpg

「私が考えて演じたのと視聴者の反応が同じならばなんだか理解してみてくださったようで胸がいっぱいに
なりました。その喜びをたくさん感じました。 」

もう "演技の楽しさ"に取りつかれた彼はしてみたい役も多い。
サイコパスや殺人者などの犯罪者の役もしてみたい。メイクアップ、照明、アングル、角度などに触れて
その人の演技一つだけのシーンを掴むことができる演技力が必要な役をしてみたい気持だ。
c0104506_113544.jpg

「これからもっと多くの多様な役をしてみたい。ただその中の一つである "メディカルドラマ"は、
できれば、後にしようと思う。ヨン・テヨン役で病院のシーンを撮ってみたが緊急治療室で横になっている
シーンだけで6時間以上撮ってみるとメディカルドラマが大変なのだと改めて感じました。
できれば、後にしたいですね。ハハ。 」

ドラマに共に出演した子役俳優キム・ソヒョンを見ながら彼は「あんな妹がいたら良いだろう。
私もあんな娘産まなくちゃ」と考えた。
彼は大きくなりながら‘妹’を持つのが願いだった。 実際にお母さんが‘養子縁組’も考慮したといった。
c0104506_13436.jpg

c0104506_181619.jpg

「私がとても忙しいので母がとても寂しがって実際に娘を養子にしようと2年も悩んでいました。
痛みを持った子供たちを見て私もやはりそのような経験があったので養子縁組を賛成したが
結局しなかった理由は無責任な人になるかと思ってでした。
とても忙しかったので私の職業自体が誰かひとりに大きな愛を与えることができる位置と立場でない
という気がしました。 また再びその子供たちが傷を負う恐れがありそうだという考えにあきらめましたよ。
結婚すれば本当に娘は必ず産んでほしい。」

翻訳機使用
記事

c0104506_119810.jpg

c0104506_120697.jpg

c0104506_1205313.jpg

c0104506_1214332.jpg

c0104506_122898.jpg

[PR]

by majintera2424 | 2012-06-06 01:26 | パク・ユチョン


<< [SSインタビュー] パク・ユチョン      グッバイ! オクセジャ-インタ... >>