2012年 06月 05日

グッバイ! オクセジャ! インタビュー①

パク・ユチョン"<屋根裏部屋>負担振り切って面白味得た"
[グッバイ! オクセジャ! インタビュー①
パク・ユチョンが話す! イ・ガクとヨン・テヨンが残してくれたもの
c0104506_1027223.jpg

これで名前三字の前に'俳優'というタイトルを付けても似合う。 <成均館スキャンダル>(2010)
<ミス リプリー>(2011)で着実に経験を積むと<屋根裏部屋の皇太子>を通じてそれこそパンさく烈した。
イ・ガクでヨン・テヨンで、またヨン・テヨンであるふりをするイ・ガクで時間とキャラクターを
行き来したパク・ユチョン話だ。

初めての撮影から放映終了まで順調ではなかった。 撮影序盤、チリとペルーで開かれたJYJの
ワールドツアー日程のために、もし流れがこわれるか気を遣ったことはたやすいことであった。
帰国するやいなや彼を待ったことは父親喪という急報. だが、彼は葬儀手続きを終わらせるやいなや
撮影会場に復帰しなければならなかった。
そして俳優らとスタッフは彼を言葉なしに抱いてくれた。 パク・ユチョンは"かえって私にその話を
取り出せないで日常的な対話をした方々が多かった"としながら"そのような配慮のおかげで
荷物らを一つ一つ払いのけることができたようだ"と回想した。

<屋根裏部屋皇太子>結末パク・ユチョンに直接尋ねるから...


'3人衆'イ・ミンホ、チョン・ソクウォン、チェ・ウシクとの撮影はアドリブの連続だった。
台本が遅く出てきて放送がパンクする危機に処したりもしたし、二日の間70シーン近く撮影して
鼻血が出て'こういうことでは死ぬんだな'と思ったりもしたんだ。
そのように我を忘れて流れるほどこれらの呼吸は光を放った。
その結果、最終回の20話は水木劇視聴率1位を占めた。
彼は"演技する時も届いたが真実の台本が、作家の心が伝達されたようだ"と話した。

"イ・ガクとヨン・テヨン、そしてヨン・テヨンを演技するイ・ガク役を担いながら紛らわしかったことは
なかったです。 瞬間瞬間台本を読んで変わった姿が没頭したし、色々な形に分かれた感情を
自然に感じたからです。 反面完全なヨン・テヨンになった時は困りきりました。
その間史劇テンポで台詞を言って見たら現代語テンポを追いつけませんでしたよ。
序盤には苦労をちょっとしてしまいました。"
c0104506_10455551.jpg

c0104506_10584212.jpg

朝鮮で現代に越えてきて髪の毛をバッサリ切る前までイ・ガクは長い髪であった。
鏡の中の自分の姿が見慣れなかったはず。 パク・ユチョンは"(長い髪かつらを使った姿が)
悪いことはなかったよ"としながら笑った。
自ずから首がこちこちになり、風が吹けば頭がこんがらかることだけ抜けば大丈夫だったと。

<屋根裏部屋の皇太子>は袞竜袍を着たヨン・テヨンとパクハ(ハン・ジミン)が会う場面を
後にして幕を下ろした。 この結末を置いて視聴者の間では意見が入り乱れていた。
ヨン・テヨンであったという側とイ・ガクであったという側に分かれたためだ。
パク・ユチョンにこの場面に対して尋ねた。 パク・ユチョンは"100%ヨン・テヨンだと考えて演技した"
としながら"イ・ガクの記憶があるとは思わなかった"とした。
引き続きパク・ユチョンは"無意識的には転生体という感じがあったことはできるだろうが
ハッピーエンディングも、サッド エンディングでもなかった"と付け加えて説明した。


"史劇でない演技に対する負担感大きかったんですよ"

<成均館スキャンダル>で成功的なデビューをした後、彼が選んだ作品は<ミス リプリー>.
<太陽を抱いた月>出演提案も受けたが史劇を一度味わったことだし自信がなかったと。
しかし<ミス リプリー>を撮影して史劇を敬遠できたのではなく、事実は突然注目されたことに
対する負担感が大きかったということを悟ったと言った。
パク・ユチョンは"<リプリー>撮影に入っても'最後まで完ぺきにやり遂げられないようだ'と
話して放送開始前、あきらめようとした"と打ち明けた。

"<屋根裏部屋の皇太子>序盤には<成均館スキャンダル>と差を置かなければならないという考えが
ありましたよ。 しかし何日行かなくて自然になくなりました。
身分が違うからその中から出る感じが100%違うと思いましたよ。
皇太子の人生を悩んで視線、頭、腰など設定一つ一つを研究しました。
私が呼吸で空気がたくさん陥る方なのにこれを補強しようと台詞練習もたくさんしましたし。"
c0104506_119162.jpg

c0104506_1194128.jpg

パク・ユチョンは<屋根裏部屋皇太子>を通じて'演技力に草木が水分を吸い上げた'という好評を受けた。
これに対して"それは違ったようだ"と謙遜を表わしたパク・ユチョンは"圧迫感を追い落として
演技にだけ集中するからキャラクター自体に入り込んだ"としながら"演技をしながら面白かったし、
演技の味を知ることになった"とした。
生きながら経験した部分が重なりながら節制された演技もすることができた。


<屋根裏部屋の皇太子>が放映終了をむかえてあまり過ぎなかったが惜しむには早い。
パク・ユチョンは6月内にまた他の活動を決めて残った2012年を忙しく送る予定であるためだ。


"色々な作品を見ています。 仕事をちょっとたくさんしたいですね。 映画になろうが、ドラマになろうが、
アルバムでも演劇でもはやく決定を下して今年が行く前に今よりさらに忙しく過ごすつもりですよ。
多くのことをして2013年をむかえたいです。"

記事
[PR]

by majintera2424 | 2012-06-05 11:17 | パク・ユチョン


<< ユチョンの近況!      パク・ユチョンインタビュー >>