2012年 06月 04日

パク・ユチョンインタビュー

ユチョン "キム·ジェジュン、史劇演技は私より上手だ"(インタビュー①)
2012-06-04 08:12
[ニュースエン文ファンユヨン記者/写真イ·ジェハ記者]
c0104506_21131872.jpg

成功的に "屋上裏部屋の皇太子" を終えたパク·ユチョンが仲間キム·ジェジュンの演技を評価した。

最近、江南のあるレストランでインタビューをしたパク·ユチョンは "ヨーロッパツアーの中で 
"ドクタージン" 日本の原作ドラマを見た。
ジェジュン兄さんがこのドラマをするようになるかもしれないという話があって、どんな人物をするのか
期待して見たが本当におもしろかったよ"と、"複数の人物に、ジェジュン兄が演技する姿を想像しながら
見たが原作にない人物だというので気が抜けた" とふざけて言った。

残念ながら、キム·ジェジュンがMBC週末ドラマ "ドクタージン"で演技する姿を直接見てはいない。
秒を争う "屋根裏部屋の皇太子"の撮影が終了してもインタビューなどに押された日程を消化
するために、なかなか暇が出なかった。
代わりにハイライト映像で演技を見て、SNSを通じての応援も忘れなかった。"成均館スキャンダル"、
"屋根裏部屋皇太子'で史劇に先に接したパク·ユチョンはキム·ジェジュンの新たな挑戦を
好意的な視点で眺めている。


"史劇挑戦を控えて、ジェジュン兄さんにアドバイスをしたり、相談をした部分はなかった。
ジェジュン兄さんが刀を抜いてのシーンをハイライト映像で見た、柔らかいながらも強烈な演技が印象的
だった。目つきが生きていたよ。まだ序盤であり、作品全体を見なければならだろうが初めての
史劇なのに、私が "成均館スキャンダル"で史劇に初めて挑戦した時より上手だ。
ドラマが終盤になるほど、(草木のように)水分を吸い上げているのだろう。

同じチームメンバーであり、演技者を並行している仲間として、パク·ユチョンが見るキム·ジェジュンの
長所は、強さと柔らかさの調和だ。SBS "ボスを守れ"でキム·ジェジュンも本部長を演じたし、MBC
"ミスリプリー"でパク·ユチョンも本部長だったが、二人が描いた本部長は、全く違った。
パク·ユチョンは"ジェジュン兄さんは私にない魅力があった。強烈ながら柔らかさもあって羨ましかった"と
告白した。

キム·ジェジュン史劇トン置いて "屋根裏部屋の皇太子"パク·ユチョンと似ているという評価もあった。
まだ演技を見ていないパク·ユチョンとしては演技が似ているという評価が不思議である。
二人が演技について相談したり、一緒に練習したことがないからだ。

パク·ユチョンは "弟パク·ユファンやキム·ジェジュンより演技者として先輩だがどのようなアドバイスを
してあげたのかという質問を聞くと、困り果てる"といい "演技に正解はありません。各自が考えて分析
した感じが当たりだ。その人が分析した感じを尊重しなければならない"と慎重に答えた。


翻訳機使用
記事
生まれつきの娘バカ ユチョン "2年間、入養を真剣に悩んだ"
(インタビュー②)

2012-06-04 08:13
[ニュースエン文ファンユヨン記者/写真イ·ジェハ記者]
c0104506_21213215.jpg

c0104506_21223526.jpg


"娘は本当に好きです。母と一緒に妹を養子にしようと真剣に悩みました。"

ここまでくれば重症娘バカ。 真剣に "屋根裏部屋の皇太子" 余韻を交わしていたパク·ユチョンが
子役俳優キム·ソヒョンの話が出てくる口が大きく開かれる。
パク·ユチョンは最近江南のあるレストランで行われたインタビューで、最近話題になった
キム·ソヒョンとTwitterの話について聞くと、 "とてもかわいい。
そんな娘がいたらよかった。本当に娘がとても好きだ"
とし、速射砲のよう娘礼賛論を広げた。

パク·ユチョンは"屋根裏部屋の皇太子"のホンセナ(チョン·ユミの役名)の幼い時代を演技した
キム·ソヒョンと一緒に演技する場面がなかったが、ツイッターで親しく会話を交わしてファンの
気がかりなことをかもし出した。


パク·ユチョンは "控室が隣接していたことも多かったし、同じ控室を使ったりもしていた。
待機時間が長かっただけにソヒョンとよく会った。ソヒョンが先に訪ねて、食べ物も持って来てくれて
写真も撮ろうと言った。本当に可愛かったよ"と説明した。誰かが止めなければ、一晩中キム·ソヒョン
賞賛を並べる勢いだ。

実際に養子縁組まで真剣に悩んだりもした。破格的な発言ですが、簡単に決定するとか
、瞬間の衝動に悩んでいた私案ではなかった。2年余りの間、真剣に養子縁組を考えて
真剣に苦心した。

"福祉会館や児童保護施設を訪ねて奉仕活動をしたり、寄付するたびに、子供たちを見て、本当に
心が痛かった。私も家族と離れて住んで大変だった記憶があるが、その子供たちはより
苦労するようだった。思い切り愛を与えたくて2年間、養子縁組を考えた。私には真剣なことだった。"

笑い気がいっぱいだった表情は、すぐに真剣になった。決心も容易ではなかったが、あきらめるのも
難しい決断だった。それでも養子縁組をあきらめた理由は、責任感からだった。
パク·ユチョンは "芸能人という職業が、誰か一人だけに愛を注ぎ込むことができない存在
だと思っていた。養子縁組を決定することが無責任なことだと考えをあきらめた"と話した。

結婚についても一層真剣に考えている。そのため、今回は恋愛をすると公開をしたいと思う。
恋愛から結婚を念頭して真剣に会いたいと思っているからである。
結婚に対し具体的な計画はありませんが、結婚に未来の娘を想像すると顔がまた明るくなった。

パク·ユチョンは "娘が本当に好きだ。暖かい家庭に対するロマンがある"とし、"結婚するとソヒョンの
ような娘を産むことができるようだ。少なくとも70%以上の確率できれいな娘が出てきそうだ。
私の娘ならば当然きれいではないか"と笑いをこらえることができなかった。
記事

ユチョン "今度は公開恋愛したい"(インタビュー③)
2012-06-04 08:14
[ニュースエン文ファンユンヨン記者/写真イ·ジェハ記者]
c0104506_21283518.jpg

c0104506_2130458.jpg

"屋根裏部屋の皇太子"を通じて300年を越えた濃い愛をしたおかげだろうか。
パク·ユチョンは愛の一層真剣になった。

最近、江南のあるレストランでインタビューをしたパク·ユチョンは "屋根裏部屋の皇太子"全体を貫く
情緒を懐かしさだと説明した。プヨンとイガク、イガクとパクハ、そしてパクハとヨンテヨン、時間と空間を
超えて絆を結びながら交わした切ない懐かしさがまだパク·ユチョンにも濃く残っていた。"

"屋根裏部屋の皇太子"を撮った後に誰かを愛すると言うのが怖いよ。明らかに誰かを愛するように
なるだろうがもっと悩みが多くなりそうだ。今回父を見送り懐かしさという感情がより濃くなった。 "


"屋根裏部屋の皇太子"の撮影中父親喪にあったパク·ユチョンは、父に対する懐かしさと愛への
責任感を感じた。パク·ユチョンは "これまで恋愛をしながら長くは3-4年ほど会っていた人がいますが
、一度も母、父や弟ユファンに紹介してあげたことがない"とし"今回は恋愛をすると公開したいと思う。
だから、更に付き合うことができない"と話した。

サセンファンとして 病むほど歪んだ愛を浴びせてくれるファンを持っているパク·ユチョンの
公開恋愛なんて。考えただけでもくらっとしますが、パク·ユチョンは結構真剣に公開恋愛を考えていた。

"芸能人が恋愛を公開するというのは途方もないことだ。慎重に恋愛をするべきだという心に良い人が
いても簡単に付き合う事ができない。いつかは変わるだろうが、今は恋愛を開始する前の臆病から
私はそのような状況である。公開恋愛をするというのは無責任に見えることがありますが、それだけ
慎重に愛に出会いたい。

" スターの公開恋愛に対する考えは、それぞれ異なるだろうが、パク·ユチョンは、責任と愛を繋げた。
今は簡単には付き合わずに、付き合い相手や大衆にも責任ある恋がしたい。
父を見送って、家、家族が大切になった心も公開恋愛につながった
。"時間が経って弟と二人残された時、今よりも頼もしい兄になっていなければいけない。
責任感という部分についてたくさん考えた。 "

重い責任感に比べて理想のタイプは平凡である。 "いい人がいい。両家の両親にはお互いに良くしてくれる
部分のようだ。人らしい臭いが含まれてている人でなければならない。" 
執拗に理想を問い詰める記者たちの鋭い質問、世界にもパク·ユチョンは"特定の理想のタイプは
ありません。縁があれば自然に好きになってるんじゃないか"と笑った。
翻訳機使用
記事
[PR]

by majintera2424 | 2012-06-04 21:40 | パク・ユチョン


<< パク・ユチョンインタビュー      ユチョン、インタビュー記事 >>