2012年 06月 04日

ユチョン、インタビュー記事

[ユチョン インタビュー記事】 "アドリブ·即興ダンス今は自然に"
[ハンギョレ新聞]
2012年06月03日(日)午後08:15

ドラマ"屋根裏部屋..."終わらせたパク·ユチョン

父親の喪の悲しみ乗り越え撮影終えて
今後は演劇に挑戦したい

c0104506_03324100.jpg

「事実<屋根裏部屋の皇太子>で史劇演技をするという意識はなくただイガクに没頭しました。
ドラマや私の演技に対する自分の評価はもう少し時間が経てばできそうです。」
ドラマは終わったが、パク·ユチョン(26·写真)は「まだ撮影しているかのように忙しい。」と言った。
雪崩れ現象で殺到するインタビューのスケジュールや雑誌国外撮影にファンサイン会まで、
「数ヶ月間、本当に何も考えず演技だけして過ごしたが、終わってからもずっと忙しい」状態だ。
ドライブをしたり、ゆったりとリラックスして休みながらただ"平凡でありたい"といった風も当分は保留だ。
<屋根裏部屋の皇太子>が放映終了されて6日後の先月30日、パク·ユチョンとソウル水下洞のある
食堂で会った。
彼はドラマで現代ソウルへ越えて来た朝鮮皇太子イガクと、イガクのような顔をした現代の財閥男
ヨン・テヨンのを1人2役を演じた。
<屋根裏部屋の皇太子>は、同じ日に一緒に終了した放送3社水木ドラマの中で視聴率1位を記録して
終了した。
彼は「19、20回の台本が本当におもしろかった」としながら、1位を予想したと話した。
最終回に朝鮮に戻ったイガクの身体が手から消えてパクハ(ハン·ジミン)の涙を拭ってあげれない
切ない状況を考えながら演技したが編集画面を見ると身体が消えてびっくりしたと笑った。
彼は今年3月に父親の喪にあったが押し寄せるスケジュールの中で心を取りまとめる間もないまま
撮影現場に復帰した。
「現場で演技する時は大きく大変だという気はしなかったです。演技に集中しなければ
なりませんでしたから。 その一方で演技する合間合間に、移動の合間に突然悲しい気持ち
が押し寄せてきました。笑いながらコミカルな演技をして、徹夜の撮影を終えてから車に乗れば
押し寄せる感情があったが、それなりにマインドコントロールをしようとしました。」
3番目のドラマを終わらせたパク·ユチョンはこれから少しずつ演技者としての余裕を感じ始めている。
「昨年の<ミスリプリー>の時は上手くやらなければければならないというプレッシャーが大きかったです。
その前に<成均館大スキャンダル>で注目を受​​けたので不安感が大きかったようです。
私はこの仕事を最後までできるだろうかという考えにおびえ、中間諦めようとしたし、実際にできないと
言われもしました。その瞬間を乗り越えてきたから自信ができましたよ。 」
<屋根裏部屋の皇太子>で即興演技(アドリブ)にかなり慣れてきた。
「アドリブがほとんどでした。台詞の感じで浮かぶことを即興的にしてみて、台本にはない踊りを
踊ったりしました。後には自然に出るんですよ。今後、様々なキャラクターを演じたいと思い、演劇にも
挑戦してみたいがミュージカルは話が入っても遠慮しています。
ジュンスの公演を見るほうが面白いです。率直に私はジュンスより上手にする自信がなくて比較されると
思います。ミュージカルは、ジュンスが"最高"のようです。」
と言いながら、JYJの仲間キム·ジュンスを賞賛することも忘れなかった。

文バクボミ記者bomi@hani.co.kr 写真のシン・ソヨン記者viator@hani.co.kr
翻訳機使用
記事
[PR]

by majintera2424 | 2012-06-04 00:38 | パク・ユチョン


<< パク・ユチョンインタビュー      ユチョン、誕生日おめでとう!! >>