2012年 05月 11日

ユチョン、演技派俳優へぐんと成長

パク・ユチョン、三作品ぶりにアイドルで演技派俳優へ'ぐんと成長'
TV Daily 原文記事転送2012-05-11 17:08
c0104506_1741364.jpg

[TV Daily イ・ダヘ記者]アイドル出身の俳優は演技ができないという言葉は昔話だ。
パク・ユチョンは'アイドル=発煙期'という、芸能界公式に堅く席を占めた根が深い認識を
きれいに解消させた。

最近SBS水木ドラマ'屋根裏部屋の皇太子'(脚本イ・ヒミョン、演出シン・ユンソプ)に出演している
俳優パク・ユチョン、彼はただ三作品でアイドルで演技派俳優で位置づけた。

パク・ユチョンはグループJYJメンバーでキム・ジェジュン、キム・ジュンスとともにアジア最高の
アイドル グループでにょきっと立った。
そのような彼がブラウン管に登場したことは去る2010年KBSドラマ'成均館スキャンダル'
(脚本キム・テヒ、演出ファン・インヒョク)だった。
c0104506_17511226.jpg

パク・ユチョンは'成均館スキャンダル'で政調治世老論の首長の左議政イ・ジョンム(キム・ガプス)
の一人息子イ・ソンジュン役を担って熱演した。
劇中パク・ユチョンは大変難しくて自尊心強い人物だったが儒者ユンヒ(パク・ミニョン)を
会うようになりながら変化をむかえる。
演技に初めて挑戦だった彼は俳優らの間でもしょげないで自分だけの演技スタイルを広げて
可能性を立証受けてその年新人賞人気賞を全部さらった。

引き続きパク・ユチョンはMBC 'ミス リプリー'の主役を演じて常勝疾走した。
パク・ユチョンは劇中やわらかいカリスマと威厳ある本部長ソン・ユヒョンを引き受けて
愛する女性チャン・ミリ(イ・ダヘ)へ向かって胸が切なくなったメロー演技を披露して女心を攻略した。

また、パク・ユチョンは'ミス リプリー'を通じて目つき、涙演技にアクションまで加えて多様な方法で
演技を完成して出して'パク・ユチョンの再発見'という修飾語を作り出した。
c0104506_17554395.jpg

そのような彼が約8ヶ月ぶりにSBS '屋根裏部屋の皇太子'でカムバックして、ただ時間に
習得した演技内面を全部吐き出している。
パク・ユチョンは'屋根裏部屋の皇太子'で朝鮮時代の皇太子イ・ガクとホームショッピング会社の
後継者ヨン・テヨン役を担って熱演を広げて'アイドル出身演技者'という後書きをきれいになくした。

イ・ガクはタイムスリップを通じて現代に越えてきてパク・ハ(ハン・ジミン)の屋根裏部屋に
落ちた劇の序盤、生まれて初めて味わうぐつぐつある食べ物にすっかり陥った姿、ラーメンを
見て皇太子としての謹厳さを失った姿などふっくらと飛ぶコミック演技で劇の面白みを増した。

また、自分が300年後にヨン・テヨンに生まれ変わったが従弟兄ヨン・テム(イ・テソン)の
計略で命を失うところである事件に接して怒った姿. 愛する女性パク・ハ(ハン・ジミン)の前では
限りなくぐつぐつして愛らしくなるイ・ガクを完璧に消化して好評を受けている。

このようにパク・ユチョンは'屋根裏部屋の皇太子'でもう一度演技者としての成長の可能性を見せた。
前に彼の演技に対する情熱と努力がいかなる光を発揮するのか成り行きが注目される。

[TV Daily イ・ダヘ記者news@tvdaily.co.kr/写真=SBS KBS2 MBC放送画面キャプチャ]
記事
私は韓国ドラマが大好きで、沢山のドラマを観てきました。
そして、演技が優れている俳優は、メローな演技よりも、コミカルな演技がわざとらしくなく、自然に
演じられる俳優が真の演技者と思っていました。
ユチョンはオクセジャで皇太子イ・ガク、病床での本物ヨン・テヨン、ヨン・テヨンになりすましたイ・ガク
生き返ったホン・テヨンを現代語で演じるイ・ガクを完璧に演じると共に、コミカルな演技も
自然体で、生き生きと演じていて、毎回、ユチョン、すごい!と感嘆しています。
オクセジャで、ますますユチョンの演技が円熟味を増し、演技者として太鼓判を
押されたと思います。

[PR]

by majintera2424 | 2012-05-11 19:11 | パク・ユチョン


<< ユチョンへの慰めの言葉      「オクセジャ」KNTVで7月初放送! >>