teraのおとぼけ日記

meias.exblog.jp
ブログトップ
2012年 03月 25日

ユチョン、演技への賛辞!

アイドル出身の俳優たち、パク·ユチョンに学びなさい
2012.03.25 10:38:06
c0104506_22154248.jpg

[写真= SBS"屋根裏部屋の皇太子"放送映像キャプチャー]

パクユチョン、雰囲気作り上手く掴んだ

SBS "屋上部屋の皇太子"放映2回で存在感をしっかり刻印させている。
世子嬪を失った絶叫と怒りから、ゴマ粒のようなコミカルな演技まで、パク·ユチョンは、様々な姿で
視聴者を惹きつけている。
このような彼を"アイドル出身"の俳優と限定にするには彼の演技はとても進化した。
演技力論議を荷札のようにつけて通う多くの"アイドル出身"の俳優たちが彼の演技を
注目しなければならない理由だ。
歌謡界に数多くのアイドルグループが雨後のタケノコのように出てきて、いつからか、彼らの演技者
進出は当然の手順となっている。もっと領域を広げようとするアイドル歌手たちの欲求との
"ネームバリュー"を借りたいドラマ製作陣たちの利害が一致したからだろうか?
いわゆる"アイドル出身"の俳優たちは不足に見える演技の実力でドラマ主演の座を横取りし始めた。
これに伴う演技力論議は、もしかしたら当然の結果だった。
不足している基本技と演技経験無しで立つ舞台は彼らに大変なことしかなかった。
近い例として、最近終映された"ドリームハイ2"のアイドル出身の俳優たちはぎこちない演技に
視聴者たちの袋叩きにされなかればならなかった。
過去の"国語の本を読 ​​むような"地味な演技を披露した○○と○○、大げさな表現で厳しい視線を
受けた○○、一様な表情と声を指摘された○○も演技力論議の主人公であった。
(☆当カフェの判断でお名前は伏せさせていただきます)
c0104506_22184222.jpg

それに反して‘屋根裏部屋の皇太子’のパク・ユチョンはドラマの男主人公として役割を
果たしているようだ。
パク・ユチョンは重厚なカリスマからコミカルな表情の演技まで繊細に表現しやり遂げる。

去る放送でパク・ユチョンは疑惑の事故で世子嬪を失って深い悲しみに陥った皇太子で完璧に憑依した。
怒りと絶叫を表現する彼の台詞と演技は視聴者をそのまま劇中に没入させた。
パク・ユチョンのゴマ粒のようなコミカルな演技もまた見る面白みを加える。
飢えに疲れて他人の食べ物を覗き見したり、ハン・ジミンの気の強い号令にしょげて顔色を見る
パク・ユチョンに以前の威厳ある皇太子の姿は影も形もない。

パク・ユチョンの演技でより一層注目すべき点は、彼が驚くべきスピードで進化した演技を
披露しているということだ。
パク・ユチョンは演技デビュー作であるKBS2 ‘成均館スキャンダル’からMBC ‘ミス リプリー’まで
安定した演技で好評を博した。
そのような彼の演技は‘屋根裏部屋の皇太子’でよりいっそう豊かになり繊細になった。
セリフ回しも明瞭で、さらに安定していて、情感の表現も適切だった。
パク・ユチョンは演技の強弱が調節できるようになってきていて、ドラマを引っ張っていく力を
つけている。

視聴者たちは俳優の良い演技を見たがっている。 ‘アイドル出身’俳優たちにも期待することでは
同じだろう。 ‘アイドル出身’俳優に付きまとう演技力論議と先入観は、もしかしたら彼ら自ら
招いたのかもしれない。
いつまで演技力論議をつけて通うことはできないはず。
‘アイドル出身’の俳優らがパク・ユチョンほどできるようになれば彼らに‘アイドル出身‘という
偏見めいたものはなくなるのではないだろうか。

[毎日経済スタートゥデイ キム・ウンソルインターン記者]

翻訳機使用 一部翻訳Staff mai

記事元

ユチョンは「屋根裏部屋の皇太子」でカリスマな演技から、コミカルな表情の演技まで
完璧なほどに演じていて、ユチョンの持っている豊かで繊細なハートが生き生きと
描かれていると思います。
主役としてこのドラマを引っ張っていかなければならないので
ユチョンの演技への評価が高いことは本当に嬉しいことです。
ユチョンの持っているソフトで、可愛いところも十分ドラマで観れるので
「可愛い~~!」を連発しています(笑)

[PR]

by majintera2424 | 2012-03-25 22:49 | パク・ユチョン


<< オクセジャ記事いろいろ      ユチョンの七変化 >>