投稿者全員に1,000OFFクーポンをプレゼント中!
2014年 09月 20日

「アジア大会」開幕式でのJYJ!

JYJ、3人の情熱が「アジア大会」開幕式を沸かせた!“熱狂的なステージ”

OSEN |2014年09月20日11時43分

グループJYJが仁川(インチョン)で開催された「第17回アジア競技大会」(以下「アジア大会」)の開幕式で情熱的な
祝賀公演を行った。

JYJは19日午後6時、韓国で地上波3社(KBS、MBC、SBS)を通じて中継された「アジア大会」の開幕式で「Empty」の
ステージを披露した。

同日、JYJは聖火リレーを祝い、「Only One」を歌いながらステージに登場した。久々に一堂に会した3人に観客は
熱い歓声を送った。JYJの楽しいステージと爆発的な歌唱力が人々の目と耳を虜にした。

仁川アジアドメインスタジアムで開催された「アジア大会」の開幕式は、キム・ソンジュとKBSのユン・スヨンアナウンサーの
司会で行われた。歌手PSY、グループEXO、JYJなどのスターたちが祝賀公演を行った。


元記事配信日時 : 2014年09月19日21時58分 記者 : ヤン・ジソン

Kstyle






NHKBSにJYJが登場した時には、『おお、JYJだと大声で叫んでしまいました!』
ホント!久しぶりにJYJをTVで見れて嬉しかったです。
NHKのアナウンサーが、JYJを「韓国のトップアイドルJYJ」との紹介にも嬉しかったなぁ~!


■  [PR]

# by majintera2424 | 2014-09-20 15:13 | JYJ | Trackback | Comments(0)
2014年 08月 28日

ユチョン、「海霧」舞台挨拶

'海霧'パク・ユチョン"私に幸運で幸福だ"切ない舞台挨拶所感
ソーステンアジア|作成ソン・スビン|入力2014.08.2717:52
記事内容映画'海霧'京仁(キョンイン)地域舞台挨拶スチールカット

映画'海霧'の京仁(キョンイン)地域舞台挨拶が盛況裡に終えた。

去る26日進行された舞台挨拶には'海霧'を演出したシム・ソンボ監督をはじめとしてパク・ユチョン、ハン・イェリ、ムン・ソングン
が参加して観客に感謝の気持ちを伝えて意味深い時間を共にした。

歓呼を受けて舞台に上がったシム・ソンボ監督は"俳優たちの演技にどっぷり浸かって映画を楽しでもらいたい。
どっしりとした
感動を抱いて帰っていってほしい"と挨拶を伝えた。

また、パク・ユチョンは"'海霧'と一緒にして1年が経ってゆくようだ。'海霧'でスクリーン デビューができたことは
私に幸運で幸福だ。 良い映画、多くの方々と一緒に共有したら良いだろう"と話した。

続いてハン・イェリは"'海霧'を皆さんにお見せすることができることだけでも幸せだ。 胸の中に長く残る良い映画で
記憶されれば良いだろう"として話したし、マイクを繋いで受けたムン・ソングンはやはり"'海霧'は私がしばらく押さえ込んで
おいた俳優としての欲望を再び呼びおこした作品だ。 '海霧'のようなまた他の作品をとることができるようになる日を
望んで熱心に生きる。 愛を必ず成し遂げて、いつも幸せならば良いだろう"として感謝とともに温かい挨拶で所感を終えた。

この日パク・ユチョンとハン・イェリは映画を観覧した観客に劇中ドンシク(パク・ユチョン)とホンメ(ハン・イェリ)の
語り口で"俺ドンシギ、映画は楽しんだ?","こんにちは、 ホンメです。映画は楽しんだ?"と初めての挨拶を渡して
観客の歓呼をかもし出したし、サイン入りのパンガメ(カップラーメン)を客席に直接プレゼントするなど多様なファン
サービスで雰囲気をより一層熱い雰囲気にした。

文. ソン・スビン インターン記者sus5@tenasia.co.kr写真提供. NEW

記事










■  [PR]

# by majintera2424 | 2014-08-28 11:19 | 海霧 | Trackback | Comments(0)
2014年 08月 22日

[スターインタビュー]パク·ユチョン!

[スターインタビュー]パク·ユチョン、イケメンアイドルの皮を
脱いで真の男の俳優の道に入る

スクリンデビュー作'海霧'で末っ子ドンシク役引き受けて熱演恋人のために命をかけるドンシクの純粋な愛にヒーリングして
毎作品の最後の作品という覚悟で撮影に臨む
スポーツ韓国メディアチェ・ジェウク記者jwch6@hankooki.com

入力時間:2014/08/2209:36:02
修正時間:2014/08/2209:36:02
写真=イ・ヘヨン記者lhy@hankooki.com写真=イ・ヘヨン記者lhy@hankooki.com
[スポーツ韓国メディア チェ・ジェウク記者]先入観が完全にこわれた。 映画'海霧'(監督シム・スンボ、製作海霧)の
開封日である去る13日会ったパク・ユチョンはきれいな容貌とは違い言葉どおり'真の男'であった。 また、演技)を
副業程度で考える他の'アイドル歌手'とは違い演技に接近する姿勢が落ち着いている'俳優'であった。

口から出る一言ごとに演技に対する情熱がいっぱい含まれていたし'海霧'に対する濃い愛情がにじみ出た。 スクリーン
デビュー作'海霧'の封切りを控えて60個余りの媒体との1対1インタビュー大長征を終えていく彼は多少疲れていた。

"映画広報をするのが初めてなのにすでに私の中では'海霧'が劇場上映が終わって劇場で降りて行ったことと同じ
気持ちですよ。今日が公開初日なのにすでに私の中ではすでに'海霧'が離れたことのようです。 1ヶ月越える広報過程
のうちにずっと映画に対して考えて話すとすべての感情をはたくことになりましたよ。 去る1月に封切りしたように
感じられるほどです。(笑)私がすることができることはすべてしたのでもう観客の評価を謙虚に待たなければならない
ですね。 興行ですか? それよりこの映画を作った人々の情熱と悩みが認められたらいいですね。 大きい欲がなくて
損益分岐点だけ越えればいいですね。"

'海霧'はマンソンの夢を抱いて出港した六人の船員が一寸の前を分からない海霧の中密航者を積み出すことになって
手のほどこしようもない事件にまきこまれることになる話を扱った作品だ。 パク・ユチョンは想像しない事件により
阿鼻地獄に変わった腹の中で純粋さを失わなかった末っ子船員ドンシク役を担った。

ドンシクは韓国に行った兄さんを探すために密航船に身をのせた中国同胞ホンメ(ハン・イェリ)と運命的な愛に
陥ることになる。 同名演劇を映画化したのでリアリティーより文学的香りが漂う。 ドンシクの純粋さはホンメを救うために
途方もない決定をするようにさせる。 ドンシクはいったいホンメをいつから愛することになるのか。

"人を愛することになる方法は色々なものがあることのようです。 時々実際に誰を好きな時じわじわ過程を踏むのでなく
感じがパークに来る時があるでしょう? 多分ドンシクもそんなことないのかと思います。 水に落ちたホンメを救って
好感を持つようになった後、若い男女が機関室という限定された空間中にあって見たら燃え上がることになった
ことのようです。 私にドンシクのように恋人のために命をかけられるか尋ねれば自信ありげに"できます"と話せません。
ものすごい悩みが必要なことのようです。 それだけドンシクがすごい男であることのようです。 それほど純粋に
愛するのはものすごい勇気が必要で容易ではないことです。 ドンシクを演技して彼の純粋さに自分自身がヒーリング
されている感じでした。"

パク・ユチョンは'海霧'撮影会場でキム・ユンソク、キム・サンホ、イ・ヒジュン、ムン・ソングン、ユ・スンモクなど
大先輩らと4ヶ月超えて演技呼吸を合わせて俳優として一段階成長した。 撮影がない日には浜揺れる船の中で
焼酎一杯を傾けて演技に対する悩みを打ち明けて先輩たちの助言を聞いて自身をかばっていた殻を破り一歩
前進していった。 そのせいで体重もたくさん増えて映画初めての場面後ろ姿を見れば調べてみられないほど本当に
'船員'になっていた。

"酒はほとんど毎日飲みました。 雰囲気が良ければ皆同じく飲んで良くなければ先輩どうし召し上がりました。
私も監督と先輩が乾いたよりぽっちゃりとしたのが良いといって安心して食べて飲んだことのようです。 その肉が
まだ皆知って陥って問題だが。(笑)事実私は普段容貌に対する悩みは全くしません。 生き長らえていたらコンディションが
良くなければ美しくなく出てくることができます。 まあ。見られる職業なので常に完ぺきでなければならないという
考えには反対です。 しかし年を取るとちょっと神経は使うことになります。 行かなかった皮膚科もこの頃行き始めました。
頭だけ陥らなかったらいいですね。(笑)"

'海霧'言論示唆後パク・ユチョンの演技に対する好評があふれている。 今年の末や来年初めに予定された軍入隊前
彼の出演したい映画とドラマ製作会社のラブコールがあふれている。 しかし現在のパク・ユチョンが所属している
JYJが新しいアルバムを出したし、海外コンサート日程も組まれていてある作品をもっとすることが出来るかは未知数だ。

彼は全く早急がらなかった。 心を空にして平常心を維持する方法を知っていること。 デビュー後10年の間数多くの
浮き沈みを介して得た人生の知恵だろう。 自分に与えられる機会に対する感謝することを忘れないでいた。

"常に作品に入るたびに最後の作品であることもあるという考えます。 次の作品は時間が合わなければならないようです。
'海霧'を撮る前には'必ずして行かなくちゃ'という考えが大きかったが、映画を撮ったらゆっくりしてもかまわないと
いう気がします。 自分自身がもう少し準備ができていなければならないという気がしました。 この頃はJYJ活動と
コンサートにすべてのフォーカスを合わせています。 映画をしてみると私の演技に集中することができるという点で
俳優として本当に魅力ありましたよ。 しかしドラマも常に反応を皮膚で直接感じることができるという点でまた他の
魅力があります。 どんなジャンルでも良い作品が縁になるならば本当にうれしいことのようです。





記事


■  [PR]

# by majintera2424 | 2014-08-22 16:40 | パク・ユチョン | Trackback | Comments(0)
2014年 08月 19日

「海霧」100万人を突破!

「海霧」公開6日で観客動員数100万人を突破!

MYDAILY |2014年08月19日13時17分
写真=NEW

映画「海霧」が公開6日で観客動員数100万人を突破した。

韓国映画振興委員会の映画館入場券統合ネットワークによると、映画「海霧」は18日一日で7万9139人の観客を
動員し、興行成績3位となった。この日までの累積観客数は101万902人だ。

「海霧」は満船の夢を抱いて出航した6人の船員たちが一寸先も見えない海霧の中、密航者を運ぶことになり、
収拾のつかない事件に巻き込まれるストーリーを描いた作品だ。

夏の劇場街のヒット作「群盗:民乱の時代」(以下「群盗」)「鳴梁(ミョンリャン)-渦巻く海」(以下「鳴梁」)「海賊:
海に行った山賊」(以下「海賊」)のうち、唯一R指定を受けた映画で、公開初日に17万人の観客を動員してこの日まで
公開6日で100万人の観客を動員した。

この日興行成績1位は「鳴梁」だった。「鳴梁」は26万3870人の観客を動員し、累積観客数は1488万6479人だ。
本日(19日)観客動員数1500万人を突破すると予想される。

「海賊」は19万6157人の観客を動員し、興行成績2位をキープし、「さよならを待つふたりのために」「Can a
Song Save Your Life?」「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」「プレーンズ2/ファイアー&レスキュー」などが
その後を継いだ。

元記事配信日時 : 2014年08月19日07時22分 記者 : イ・ウンジ

Kstyle


<広報チームが公開NGを出してた写真1チャンウォンでの撮影初日。>



<広報チームがNGを出してた写真2、パクユチョンが”ヒジュン兄抜かして皆仲良かったです”と言った記事あったけど…
写真で嘘である事を立証する!>



<広報チームがNGを出してた写真6.冗談もめんどくさい徹夜した日…こんな時は末っ子が気楽ですよね>


<広報チームがNGを出してた写真10.”修羅場 直前の没入を維持してるんです…>


R指定を受けた映画でも、6日目で100万人を超えましたね。
観た人の感想では、大衆受けはしないけど、いろいろなことを考えさせるすばらしい映画だそうです。
そういう映画、私、大好きです。
ぜひ、ドンシクにお会いしたいです・・・いつになるのでしょうか?


■  [PR]

# by majintera2424 | 2014-08-19 16:18 | 海霧 | Trackback | Comments(0)
2014年 08月 11日

CINE21:[パク・ユチョン] 考えと期待、それ以上

[カバースター]

[パク·ユチョン]考えと期待、それ以上
投稿:イ·ジュヒョン|写真:オ・ケオク|2014-08-11

<海霧>パク・ユチョン

"ワンショルダーというのは知っていたが、実際に見ると肩がとても広い。""肩にシリコン迎えた。 X線撮影すると、
シリコン出てくる。ウハハハ。” 彼がそう不真面目な冗談を楽しむ人なのか知らなかった。
パク·ユチョンもアイドル出身なので、所属事務所の「詰め込み」インタビュー教育の影響が少しではないかと思った。
「最善を尽くして頑張りました」と要約されているインタビューだ。パク·ユチョンは異なっていた。主観がはっきりしており、
その主観を明らかにすることよどみなく、雰囲気を操る能力も卓越している。東方神起としてデビューしてから必ず
十年ぶりに映画<海霧>を撮影したパク·ユチョンに会った。演技上手くするという声はしばしば聞いていた「アイドル」
パク·ユチョンではない「俳優」パク·ユチョンがスタジオに歩いて入ってきた。

“ドンヒ明日何時なの?/まあ、整理して話して差し上げますね。/話をしてくれると私が今日一杯飲んでもするだろう。/
簡単に一杯飲みましょうか、お兄さん?/おお、良いだろう。 焼酎。” 7月29日発売されたJYJの正規2集《JUST US》に
収録されたパク・ユチョンの自作曲<30>の歌詞のうち一部だ。 ここでドンヒはパク・ユチョンのマネジャー。 来年なら
30になるパク・ユチョンが“私の日常を入れた平凡な歌”としてインタビュー末<30>に対する話を短く取り出した。
その後探してみた<30>の歌詞は30を前にして、軍入隊を前にして、焼酎の苦味を理解するほど十分に社会生活を
経験したある平凡な青年の話であった。 2004年東方神起でデビュー、10年目スターにそびえ立っているパク・ユチョンだが
彼は平凡に生きようとじっくりと努める人だった。 それはもしかしたら私生活を検閲されてきたアイドルとしては当然の夢
かも知れない。

ただしパク・ユチョンから特別な感じを受けたのは彼がその風を実現して生きていたためだ。 初めての映画経験に
対して話した彼はたびたび主題を抜け出して後始末席の話を取り出した。 同じ所属会社であるチェ・ミンシク、
<海霧>に共に出演したキム・ユンソクが酒の席でどんな話を聞かせたのかパク・ユチョンは盛大模写までしながら
伝えてくれた。 “たくさん習った”、“とても良かった”、“素晴らしかった”という話は酒の席エピソードの後に終止符
のように追いついた。 パク・ユチョンは映画現場の自由だということと、激しさに完全に魅了されたように見えた。
ポン・ジュノ監督、シム・ソンボ監督、ホン・ギョンピョ撮影監督など多くの人々もパク・ユチョンに“映画が似合う”、
“これから映画にして欲しい”と映画を薦めた。 シム・ソンボ監督は話した。 “映画にとても喉が渇いているのが
見えた。 映画はセリフ1行を持っても長時間悩むことができる条件が与えられるのではないか。 そんなに悩んで
共に話すことができるということにユチョンさんが幸せになった。”


ン・ジュノ監督が製作してシム・ソンボ監督が演出した<海霧>は密航仕事をすることになったチョン・ジノ船員が
一寸の前も見通すことはできない海霧挟まった広い海でひたすら生きるために私の存在の底辺を現わす話だ。
パク・ユチョンが演技したドンシクはチョン·ジンホの末っ子で、密航者ホンメと愛に陥るキャラクターだ。 “クランクイン
前にははにかんでとても静かなスンドンとこのキャラクターと考えたが、実際に撮影に入るとスンドンと人が必ず恥ずかしがり屋
なのではないことのようで純粋な青年だが厚かましくて大胆な姿も大事に保管したキャラクターで描こうとした。
”最後まで守りたい女の前でドンシクは慎ましくて、気立てが優しくて、可愛くて、強固な男となる。 <海霧>ええ
パク・ユチョンのなじむ顔もあるが、見慣れない見知らぬ顔もある。 こちこちでバカ正直な貴族子弟(<成均館スキャンダル>)
立派な性分まで備えたリゾート後継者(<ミス リプリー>)、時差適応できなくて屈辱をうける皇太子(<屋根部屋の皇太子>)、
初恋のために胸燃え尽きてしまった孤独な刑事(<会いたい>)、推進力一つは最高の執念の大統領警護官(<スリーデイズ>)。
その間ドラマでパク・ユチョンは不足することなく育った白馬に乗った王子の服を主に着たが、<海霧>ではそのような
非現実的で足手まといなイメージを完全に脱いだ。 もちろんその明るい顔はどこかに行っってしまった。

“歌手で俳優で転向する人々のうちに史劇で演技を始めた人は私が初めてであることだ。 (<成均館スキャンダル>する当時)
演技できなくて非難されるかと思ってものすごく心配したのに時期をよく乗ったし、運が良かった。”ほとんど唯一演技力
論議から自由なアイドルであるようだという言葉に帰ってきた返事だ。 演技するパク・ユチョンを見ていれば水に会った
魚という言葉が自然に浮び上がる。 <海霧>を見る間にもそうした。 “Life is more than ever you think.”
<30>のリフレーン歌詞のように、これからいつもパク・ユチョンはあなたが考えたことそれ以上を聞かせて見せるだろう。


-<スリーデイズ>終わって2~3月ぐらい時間的余裕があったが何をして過ごしたか。

=<スリーデイズ>終って何をしただろう? 何をしたか? ひとまずレコード準備したし。 その他には明確にしていない。
平凡に、慎ましく家にいた。 オレtv見て、友達と一杯飲んで。

-<海霧>詰めの撮影と<スリーデイズ>序盤撮影が重なったのに、<海霧>でまだ抜け出す時間もなかっただろう。

=<スリーデイズ>先輩は先に撮影に入っておられたので遅く合流することになったことに対して申し訳ない心が大きかった。
ドンシクがキャラクターを脱いでハン・テギョンキャラクターをはやく着なければならないのに着る速度もちょっと
のろかったようで。 急に速く撮らなければならないからドラマ序盤にはのがしたことが少しあって惜しい。 同じように
映画も詰めの撮影が真っ最中なのにドラマのために釜山(プサン)とソウルをずっと行ったり来たりしなければならなかった。
申し訳なかった。 本当に有難かったのはキム・ユンソク先輩もそうで監督様もそうで‘ユチョンが速くとって送らなければ
ならない’としながら撮影カット順序まで配慮されたということだ。


-途方もない配慮だ。 もう映画封切りまで一ヶ月しか残っていなかった。 緊張がちょっとなるか。

=待つということが長くなるほどドキドキする、いらだち、不安だということが大きくなるようだ。 ドラマもフィードバックが
はやくて、アルバムも準備しておいて8ヶ月待って発売しはしなくはないか。 フィードバックがその場ですぐ来る仕事を
主にして映画をするので、毎日毎日緊張感が高まっている。 今はあらゆる事を置いてしまった状態というか。 封切り前から
会う人々ごとに<海霧>に対する期待がどれくらい大きいのかずっと話した。 NEWで完全押す映画だと。 皆期待が
大きくて自信がちょっと消えるようだ。

-初めての映画だというのが意外だ。 その間映画出演機会があったはずだと思う。

=シナリオが入ってくることはした。 映画に対する欲も大きかったし。 ところでまだ映画する時期でないと考えた。
私の年齢帯に見せることができる姿をドラマで見せるのが合うと考えた。 映画は軍隊行ってきてしても遅くないように見えた。
そうするうちに<海霧>と会った。 悩むこともなしでしたかった。 会社の立場では私がその間持ってきたイメージだと
いうのがあるから、<海霧>をするのが個人的にどれくらい役に立つのか時間を設けて考慮をしてみようといった。
軍入隊を控えて最後の作品になるかも知れなかったしまた、ロマンチック コメディでもなくてメローでもなかったから。
本当にやぼったい船員に出てくる。 それでも<海霧>をすることになったのは遠く見た時私の演技人生に確かに
役に立ちそうだったためだ。

-シム・ソンボ監督がそうしたよ。 普通のアイドルならば<海霧>のような映画はしようとしなかったことだと。
柔らかくもないのみならずたやすくいくこともしない作品であるから。 ところでユチョンさんはこの映画に対する熱意と
情熱がすごかったと言ったよ。


=シナリオが良ければそこにすっかり移るほうだ。 <海霧>もそのような作品だった。 監督と初めてのミーティング時は
緊張してまともに話にもならなかったが、映画が初めてだと見るとすべてのことが新しくて見慣れなかったようだ。
ドラマ側が洗練された感じならば映画側は香ばしい感じ? とにかく緊張がちょっと解けた時一番最初に入った考えは
‘キャスティングしてくださってありがとうございます’であった。 その時だったよ。先輩と皆一緒にリーディング終わらせて
会食をしたが、どのようにしなければならないのかを分からないということだ。 ユン・ジェムン先輩がおられて、キム・ユンソク
先輩がおられて、ポン・ジュノ監督おられて…. (笑)お酒はまた、真昼から飲む。 考査過ごす時もビールをボックスごと
持ってきておいて飲んだ。 ところでそれがとても良かった。

-触れるのが難しい人々との会食席難関はどのように突破したか。


=お酒。そのまま酒と対話であった。 映画とは関係がない話なのにそんなことがあった。 私たちが違う俳優に比べて
隠さなければならないことがさらに多いと考えて今まで活動してきた。

-私たちならば?

=私たちの3人(JYJメンバー)。来年なら30なのにまだタバコを吸ってはいけなくて酒飲む姿見せてはいけない。
ところで映画界先輩見ればとてもフリーだ。 そんなことが良かった。 初めには現場でタバコを吸う時外に出て
行って一人で吸ったが、ホン・ギョンピョ撮影監督が“映画界ではそうすることの例はない。 ここで伸ばして~”
こうしたりもしたし。 (笑)それと共に自然にありのままの私の姿をお見せすることになったようだ。 その姿をまた
かわいがって下さったし。

-シム・ソンボ監督はユチョンさんに対して“本性が優しい人”、“周囲の人々に善良さを伝えるエネルギーがある人”
と言ったよ。 そのイメージがドンシクともよく合ったとして。

=自分にも似た話をされた。 何の行動をしなくても善良そのものから出る力があるが、その力が同食餌にも伝えられたら
良いと言ったよ。

-ドンシクとチョルジュ(キム・ユンソク)は映画でそれぞれ善と悪の一軸を担当している。 二つのキャラクターの力
の均衡が重要な映画なのに、そうした点で相手俳優がキム・ユンソクというものが負担になることはなかったか。


=負担はあったがそれをこのように変えて考えた。 劇中でキム・ユンソク先輩は船長で私は末っ子だ。 末っ子が
船長にむやみにできないのではないか。 どうせドンシクに船長は難しい人物であるから。 ドンシクとして緊張したところで
ユチョンとしては緊張しなかった。

-まるで誰がより多くやぼったいか競争するように見える他の船員に比べてドンシクはちょっと平凡な姿だ。

=なぜなら末っ子だから。 ペシルを最も減ったので皮膚の色も少しは明るくなければならなかった。 本当に真っ黒に
なりたかったしやぼったくなりたかったがドンシクはそうしてはいけないと止めた。 ところで当初から人々にどのように
映るかに対しては悩まなかった。 私は船員であってこそしたし、それで船員になったし、船員で生きた。 行動、
歩き方、表情. わざわざやぼったく見えようとしたのは一つもない。 撮影が終るとはじめて‘人々が船員で見ようか?’、
‘船員で見てくれたら良いだろう’という気がする。 その間作ったイメージの壁を自ら越えることができなければどうしようとする
心配が入る。 ところで本当に撮影する間‘仕事をする、撮影している’という考えはほとんどないだったようだ。


-ADR天才の音を聞くだけアフレコでも優れた能力をリリースしたと言った」よ。


=(笑)僕、自分の演技をまた見るのがぎこちなかった。 当時にどのように演技したのか記憶が全く出なかった。 人々は
初めての映画だからすべてのことが詳細に記憶に残っていることと察するのにそうではなかった。 このようなことだ。
私は今パク・ユチョンで生きている。 昨日何食べたのかたびたび忘れる。 それが現実だ。 同じように撮影する間
私はドンシクだった。 ‘同食餌で生きなくちゃ’でなく私がドンシクであったため当時の仕事がよく思い出さないということだ。
アフレコする時それが見慣れなくてぎこちなくて当時の感を探すのに時間が多少かかった。


-水中シーンの撮影当時の苦労話もものすごいと言っていた。



=話にもならなくほど水が冷たかった。 重い服を着込んで人工波を破って水泳しなければならなかった。 一度は
瞬間的に恐怖が襲撃した。 恐怖心に手足が麻痺したし息も休めなかったよ。 結局人々が私を引き出した。 表情は
気を遣う間もなかった。 ‘ホンヘ(ハン・イェリ)を早く救い出して私がここで出て行くことができて,この撮影も
終わる’
という考えだけだった。


-水泳は上手にする方なのか。 シム・ソンボ監督はユチョンさんが本来水泳をよくできないのに必死で演技したことのようで
さらに申し訳なかったそうだ。

=監督には水泳できないと話した。 水泳たくさんさせるかと思って。 (笑)本来は水泳好きだ。 水に入れば出てきたくないほど。


-あるインタービューで‘以前には現場で礼儀正しい姿を見せようと努力をたくさんしたがもう現場があまりにも楽に
なった’という話をした。 現場が楽になったきっかけがあるのか。


=分からない。 いつからそうしたのか。 礼儀正しいのは常に基本的に持っていかなければならない態度であるようだ。
ところで昔には人々が難しくて後始末行っても話せなくて静かに座っていた。 緊張をたくさんすると後始末終わって
家にくればあまり荷が重くて疲れて。 この頃にはそうしたことなしで気楽で楽しい。 <海霧>が及ぼした影響が大きいようだ。

-パク・ユチョンの人生で最も大切なのは何か。


=一緒に仕事をしてみた人々は分かるだろうが本当に欲がない。 お金たくさん儲けたい? 広告さらにとりたい?
人気さらに上げなくちゃ? 欲ない。 ひたすら欲が一つあるならばもう少し演技上手くしたいこと! 私に大切なことは
とても平凡なものなどだ。 良いこと入ってくれば楽しく仕事をしてそこに感謝する。 アルバムを出すことができる
機会がくれば‘それでも私たちが今まではアルバムを出すことができる位置にあるんだね’したくて気分が良い。
性格上出るのも別に好きではない。 会社にできるなら公式的な席は作らないでくれと話す。 この頃には先輩
(チェ・ミンシク、ソル・キョング、イ・ジョンジェなどが同じ所属会社だ)が多く入ってきて仕方ないが。 試写会も行かなければ
ならなくて。 (笑)人々も私を平凡に見てくれたら良いだろう。 ユチョンがこのような作品をしたが演技とても上手にしたよ、
それで充分だ。 ささいなことの大切さを悟って生き長らえていたら後ほどには他の人より重要なことをさらに多く
持つ人になっているようだ。 以前に(チェ)ミンシクお兄さんが焼酎飲んでそのような話をされた。 “千万ウォンを
儲けようが千億を儲けようがものすごく有名になろうがそうではなくても人はみな屋台で会う。 焼酎飲んで会う。
しばられるな。 わずかなことに取りまとめて生きろ。”とても素晴らしいのではないか。 そんなに生きたい。



記事

ちょっと長文ですが、ユチョンの飾らない正直な思いや考えが書かれていますので
ゆっくり、読んでみて下さいね。
ユチョン、ますます演技者としても、人としても素敵になりましたね。
ユチョンのファンでいられることが誇らしいです。


■  [PR]

# by majintera2424 | 2014-08-11 14:21 | パク・ユチョン | Trackback | Comments(0)
2014年 08月 10日

JYJ Concert in Seoul

“王の帰還”JYJ、彼らとの2時間が完璧だった3つの理由

OSEN |2014年08月10日11時54分

JYJが4年ぶりに単独コンサートを開催した。10年間変わらずJYJを愛してくれたファンたちは、この日も赤い光と
熱い声援で蚕室(チャムシル)総合運動場メインスタジアムを満たした。

JYJは9日午後、ソウル蚕室メインスタジアムでコンサート「THE RETURN OF THE KING」を開催した。夜の涼しい空気は
直ちに熱気に包まれ、長い間JYJを待っていた3万人のファンたちは心から熱狂した。個別活動で忙しかったJYJの
3人は見事に復帰し、約2時間のコンサートを完璧にこなしてファンたちに感動を与えた。

“4年ぶりのコンサート”再び集まった3人


JYJが3人揃って蚕室メインスタジアムに立ったのは約4年ぶりのことだ。ジュンスはミュージカル、ジェジュンはドラマ、
ユチョンは映画など、先日まで多忙なスケジュールをこなしていた3人だっただけに、彼らのカムバックはファンたちに
とってさらに意味深かった。コンサートの途中にJYJは「僕たち3人がこのように一緒にステージに立っている姿を
見るのも久しぶりですよね?僕たちもとても会いたかったです」と言って、ファンたちへの愛情を表した。

そして、JYJの健在さを証明でもするかのように、3人はいつも一緒に居たかのような完璧なコンサートを披露した。
コンサート開始早々「Creation」「Be the One」「BABO BOY」でダイナミックなステージを披露し、その後は
「Let Me See」「In Heaven」で変わらない歌唱力と甘いハーモニーで観客たちの心を掴んだ。

ファンたちも赤いペンライトを振りながら一緒に歌を歌って、JYJの情熱に答えた。メンバーたちは「久しぶりのコンサート
なのに、多くの方々に来てもらって本当に感謝します」と言って、何度もファンたちに感謝の気持ちを伝えた。.

“3人で、そしてソロで…”様々な魅力が詰まったステージ

この日、長年培ってきたJYJの実力も遺憾なく発揮された。JYJの3人で歌う楽曲は、ほとんどニューアルバム「JUST US」の
収録曲だった。また、それとは別に1人ずつ3曲のソロステージを披露した。この日のコンサートは3人だからこそ
輝くステージだったが、ソロステージもそれに引けを取らないほどエネルギーに溢れていた。

ジェジュンは「Dear J」「Butterfly」「Mine」を歌い、彼ならではのロックスピリッツを誇った。情熱で満ちたステージは
会場をさらに盛り上げた。そして、ジュンスは「七歳」「Tarantallegra」「Turn it Up+Incredible」でステージを
飾り、多様な魅力を発散した。ユチョンはナチュラルなステージマナーで「三十」「彼女と春を歩く」「 I Love You」を熱唱した。

“「BACK SEAT」放送禁止?”ここでしか見られない

この日のコンサートのクライマックスは、断然「BACK SEAT」だった。ニューアルバムのタイトル曲でもある「BACK SEAT」は、
6日にKBSの歌謡審議会から放送不適格判定を受け、話題となった。コンサート以外にJYJの「BACK SEAT」の
ステージが見られるところが他にあるだろうか。

JYJは「放送禁止曲ぐらい一つは持っておかないと。放送よりもこのようなコンサートで皆さんに会えることの方が
もっと特別なことです」と言ってクールな態度を見せた。敏感な話題にも余裕を見せたJYJは、完璧なラストステージを
披露した。この日の観客たちにとっては最高のプレゼントだったのではないだろうか。

元記事配信日時 : 2014年08月10日07時39分 記者 : キム・サラ

Kstyle














■  [PR]

# by majintera2424 | 2014-08-10 17:36 | JYJ | Trackback | Comments(0)
2014年 08月 08日

またまた、ユチョン、「海霧」インタビュー!

「パク·ユチョン"『海霧』で僕が見えないことを・・・"」

2014-08-08 08:23

[ニュースビム=文チャン・ジュヨン記者・写真キム・ハクソン記者]ブラウン管、スクリーン関係なく現役アイドル出身俳優が
絶えずあふれる。 舞台で歌を歌ったこれらがある日突然“俳優はまた他の夢”と叫んでぎこちない演技をする。 もちろん
初めから俳優劣らず立派な演技を披露する場合もある。 だが‘迷惑’という考えが先に浮び上がる、作品の質を落として
しまうこれらがさらに多いということは否定できない。

このような状況を考慮した時幸いにも(?) JYJパク・ユチョン(28)は前者に属する。 彼はドラマ‘成均館スキャンダル’(2009)を
始め‘ミス リプリー’(2011),‘屋根部屋の皇太子’(2012),‘会いたい’(2013),‘スリーデイズ’(2014)等を通して
ずっと安定した演技を披露した。 それで断じて彼の演技力に批判を加えるつもりはない。 ただし(如何に良くして
きたといっても)キム・ユンソク、ムン・ソングン、キム・サンホなどそうそうたる演技派先輩俳優の間に置かれるならば
話は変わることと感じた。

映画‘海霧’がベールを脱いだ後驚いたこともこのためだった。 配役に完全に溶け込んだ彼は飛ぶどころかかえって
劇の完成度にも力を加えていた。 結果が蓋を開けられてみてこそ分かるだろうが、少なくとも今は‘演技する’パク・ユチョン
の前に歌手兼、あるいはJYJという札を付けなくあるべきだとの気がした。 もちろん単純に演技力だけでこういう判断を
下したのではない。 ‘海霧’プロモーション インタビュー者と向き合ったパク・ユチョンは自身に向かったスポットライトより
作品を先に考えることを知っている‘本当の俳優’であった。

“先輩たちと共に見てとても緊張した状態で見ました。 さらにはスクリーンで私を見たのは初めてでしょう。 ところで
映画見てびっくりしたのが私が記憶することよりはるかに多くのシーンを撮りましたよ(笑)。 時間が過ぎたのでなく
撮影当時にとてもドンシクであって撮影中という事実を忘れたことでしょう。 なぜ私がパク・ユチョンで生きるといって
普段の‘私はパク・ユチョンは’こう思って生きはしないでしょう。 そのような気持ちだったことです。 それで‘私が
あんなセリフを言ったの?’と思うほど覚えていない部分がありましたよ。”

パク・ユチョンのスクリーン デビュー作‘海霧’は同名の演劇を原作にした作品だ。 映画はマンソンの夢を抱いて
出港した六人の船員が一寸の前を分からない海霧の中で密航者を積み出すことになって繰り広げられる話を入れた。
パク・ユチョンは素朴な末っ子船員ドンシクで‘チョン·ジンホ'に上がった。

“先ずはキャラクターに心惹かれるということが最も大きかったんですよ。 ドンシクの素朴だということと思うところで
行動で臨む部分が良かったです。 行動が正しいのか正しくないかを離れて新鮮でうらやましかったんですよ。
もちろん多くの先輩俳優とする作業だと期待もしましたし。 いつも大先輩らと一緒にしてみたい心が大きかったんですよ。
容易ではなかったのでもっとしてみたかったんですよ。 全て没頭して演技したい心でした。”

彼の話のままにキム・ユンソク、ムン・ソングン、イ・ヒジュン、キム・サンホ、ユ・スンモクのようにこの底で杯骨太い俳優らと
ある作品で会うことができるということは明らか‘光栄’だ。 だが、ぷつんと胸を開いて話して3人(?)もとても強い俳優だ。
ところで初めての映画からこれらと目をむいてすごんで演技対決を広げねばならないとは、明らかに負担になる場所であった。

“事実初めてお目にかかる前まではものすごく緊張しました。 初めてのリーディング時は麗水(ヨス)なまりも完ぺき
でないので及ぼすようだったんですよ(笑)。 だが、共に演技してそのような緊張感や負担が違う部分に行きました。
かえって先輩たちに直・間接的に助けもたくさん受けましたよ。 特に酒の席で映画の話、日常的話を交わして密接度が
高まりました。 閑静な撮影現場も良い作用をしましたし。 そうするうちにもう少し自然に末っ子ドンシクの演技も
出てくることができましたよ。”

インタビューをしながら彼は“ドンシクがうらやましい”という話を時々した。 私の考えを先に行動で見せてくれることが
できるという点であった。 もちろん格別考えなしにそのまま出てきた話でもある。 だが、去る2004年、満18才の年齢に
デビューしてしばしば話す‘最も良い時期’をあまりにも忙しく、また、大衆の視線にしばられて生きてきた彼だ。
だから行動が先んじるドンシクがうらやましいことはもしかしたら当然のことかも知れなかった。

“もちろん職業的な影響も明確にあったでしょう。 自身が考えて感じるのを戻らないで直線に走って行くことができる
ということは私がいつも憧れる部分です。 もちろん演技してある程度払いのけたりもして。 一種の代理満足というか?(笑)
確かに今度はそのような部分が私に慰めになりましたよ。 特にホンメとの愛にありますので。 生きながらそのような
愛をしてみることができるかと思います。 機会が与えられてもできない愛でしょう。”

休みなしに映画の話を継続する彼に‘海霧’を通じてパク・ユチョンのどんな体面を保つように願うかとの質問を最後に投げた。
率直にすれば、‘俳優として新しい面’という‘ポン’した答を予想して投げた質問だった。 ところですぐ自分が見えなければいいんだ。
彼が最も聞きたい評は時間が過ぎた後‘あら、そこにパク·ユチョンが出演したの?’という話。それだけ映画に自然に
にじみ出たいという風だ。

“前映画とドラマが持つ力がとても巨大だと考えます。 もちろん音楽も同じだ。 事実いくら平凡な瞬間でも皆が
体験するのではないでしょう。 私どもはどんな苦痛と喜び、このような感情を人物で表現してまた、そのような歌詞を
音楽で伝達します。 ところで明らかにここには大きい力があります。 それでこの大きい力をよく触って本当に良い側で
多く使いたいです。 そのような作品と歌を歌いたいよ。 懐疑感と安堵感、そのような色々な感情を感じさせる作品ですね。
‘海霧’のように(笑)。”

“ハン・イェリ、強靭だということと弱さを全部持つ俳優”

今回の映画で観客、特に彼のファンたちの注目をひきつけるのは断然ドンシクとホンメ(ハン・イェリ)のベッドシーンだ。
兄さんを探すために密航に上がった朝鮮族娘と素朴な末っ子船員は極限状況でお互いを頼りながら愛を分かち
合うことになる。

“誰かは私たちの愛が急だと考えられるのにかえってじわじわ理由が説明されたとすればつまらなかったでしょう。
あえて二つの愛に理由を探そうとするなら若い男女の燃え上がる?(笑)事実ベッドシーンはシナリオ受けた時から
撮影前日までも悩みをたくさんしました。 このシーンが合うのか合わないのか決断を下すことはできなかったんですよ。
観客がどのように受けて差し上げるかも心配になりましたし。 ところでその悩みが映画の中の流れと特定事件で
消えたことでしょう。 とても恐ろしくて痛い時ホンメはドンシクが唯一傾くことができる存在だったことです。 同時に
ドンシクが生きていることを感じさせる人物です。

ホンメを演技したハン・イェリさんはやはりとてもユニークな、探し難い俳優だと考えます。 心もそうで声もそうで
とても魅力あります。 本当に皮膚の色ぐらいきれいで澄んでいて。 それ自体だけで光るといわなければならないだろうか?
体力を離れても心が強い人でまた、同時にとても弱いです。 ドンシクにホンメが大きかったために私もやはり俳優
ハン・イェリに対する残像が心に長く残るようです。”

記事

■  [PR]

# by majintera2424 | 2014-08-08 11:43 | パク・ユチョン | Trackback | Comments(0)
2014年 08月 07日

映画「海霧」キャラクター映像日本語字幕付き



日本語字幕付きなので、二人の監督の一人一人の俳優のことを詳しく話す内容が分かって嬉しいですね。
演技力抜群の役者ぞろいなので、「海霧」楽しみです!

■  [PR]

# by majintera2424 | 2014-08-07 18:26 | 海霧 | Trackback | Comments(0)
2014年 08月 06日

[インタビュー]パク・ユチョン'海霧'②

[インタビュー]パク·ユチョン"キム·ジェジュン、キム·ジュンスは、
ブラッドブラザーズ」②

[スポーツQ文ヨン・ウォン記者写真ノ・ミンギュ記者]久しぶりに2集「Just Us」で再び一つになったJYJのパク·ユチョン(28)を
5日三清洞のあるカフェで会った。映画「海霧」で潮風を迎えた粘着性の船乗りドンシクはいつの間にか洗練された
アイドルユチョンに戻っていた。

小学生の時に家族と一緒に米国に移民したパク·ユチョンは高校生だった2003年5人組男性グループ東方神起の
メンバーになり、翌年正式デビューし、一気に最上グループに浮上した。 2009年キム·ジェジュン、キム·ジュンスと一緒に
SMエンターテイメントと決別後、3人組グループJYJとして活動し、国内を越えてアジア、北アメリカ、南アメリカ、ヨーロッパの
ファン層を形成する韓流スターとして君臨している。

パク·ユチョンは2010年ドラマ'成均館スキャンダル'のイ·ソンジュン役を介して成功した演技者デビューを遂げた後、
「ミスリプリー」「屋根部屋の皇太子」「会いたい」「スリーデイズ」に出演して劇に自然に溶け込む新人らしくない
演技力に脚光を浴びている。歌と演技を同時に手にした「演技」代表走者だ。

- どの程度成長すると兄弟同士でも、多くの時間を共有することができない。 10年をついて過ごしているように
してきたキム·ジェジュン、キム·ジュンスはあなたにどんな存在なのか。

▲その両方とは何の話が必要だろうかと思う。 私のそばにあること自体が当然であまりにも大切な存在だ。 3人とも
性格が余りにも違ったが一緒にいられるのが不思議で、一方ではありがたいという思いが月日が経つにつれ強くする。
お互いとても密接に精通しているので、可能ではないかと思う。 過去から現在そして未来にも、たとえ仕事を止めても
良い関係を維持したいと思う。

- 密接な関係を維持する秘訣はありますか?

▲過去10年間、紆余曲折が多かったが、ターニングポイントごとに3人の感情が集められて見たらねばっこくなら
なかったのだろうか。頭を突き合わせて力を合わせて困難を乗り越えて行かなければならなかったから。自己の活動を
して辞職した後から適切な距離を維持するのが潤滑油の役割をするようだ。久しぶりに一緒に集まれば女性を
上回るほどに巨大なおしゃべりの花が咲いて写真撮影などが予定時間よりも何時間も長くなったりする。
▲ 2集発売記者会見に登場したキム・ジュンス、キム・ジェジュン、パク・ユチョン(左側から)

-キム・ジュンスはミュージカル界の特級スターとして地位を確立した。 キム・ジェジュンは最近ドラマ‘トライアングル’で
の印象的なごろつき演技で注目された。 3人全部歌の他に演技者にも活動するのに互いに助言をしたり刺激を得たりもするか。


▲自発的な助言はしない。 代わりに聞いて来ればする。(笑い)例えばジュンスがミュージカル‘デセンバー’に出演した
当時の友達とバスケットボールする場面をどのようにすればさらに自然に消化するのかを尋ねれば“私ならこうするつもりはない”
などの程度は話してくれる。 同じ演技者なのでそうするのでなく長い時間の間ねばっこく継続してきた間と自然に
そうされるようだ。 ジェジュン兄は印象から強い感じがあるのではないか。 ところで‘トライアングル’後半部に行くほど
やわらかいということがにじみ出て初めて見るようだった。 あんな表現をするというのが珍しかった。 兄を見て演技者として
感じた点が多かった。 ‘トライアングル’をとてもよく導いていって誇らしかった。

-30を目前にしているにもかかわらずアイドルと呼ばれる。 オゴールの種やでなければ自然に受け入れられるか。

▲相変らずアイドルなのが珍しい。 私たちを眺めるファンたちはどんな感じか気になる。 年齢30にアイドルの声だなんて!
くびきと感じたりストレスを受けたりしはしない。 各自考えがすべて違って、“このようにしてください”と要求するとして
容易になることでもないのではないか。 出たイメージ変身が可能だが他人はぎこちないこともあることだ。 アイドル
イメージを変える時間に他のものをさらに悩むのが出るようだ。

-大衆に露出するあなたはすっきりしていて優しいイメージだ。

▲芸能人でアイドルであるから整えるのも必要だがあまりにもしないと。 美しく着飾ったまま通うべきなのにあらまし気楽に
かけて通って、ファンミーティングする時は話も上手にするべきなのにコメントをちょうど飛ばしてそのようにする。
良い男ではなくて悪い男に近い。 だが、悪い男も優しい性格があることだ。

-映画‘海霧’直後である今年前半期、ドラマ‘スリーデイズ’の大統領警護員ハン・テギョンで登場した時太った姿のせいで
物足りなさと推測が乱舞した。


▲素朴でまん丸いドンシク キャラクターのために5kgを伸ばした。 体質が変わって今は食べれば身につくところに
簡単に陥ることもない。 特に私はおいしい食べ物が好きだ。 食べてストレスを解くので減量の困難を削減する。
全盛期時の58~59kgは不可能で、もうそろそろ抜きたい。

-俳優パク・ユチョンに意味が深い作品を挙げろと言うなら?

▲ ‘成均館スキャンダル’が演技入門に大きい役割をしたとすれば‘屋根部屋の皇太子’は演技の面白みを感じるようにした
ドラマだ。 また、当時私的に悲しくて難しいことが多かったが色々な感情を克服するようにした作品だとより一層格別だ。
同じ年頃の演技者らとドラマに頼って撮影したからなのか愛着が大きい。 この作品を通じてまともに演技してみたい
考えがむっと沸き上がった。

-普通の俳優はある作品が終われば旅行や知人たちに会って再充電の時間を設ける。 これとは違い演技活動を
終わらせるやいなや歌手活動をすればエネルギー枯渇、感情消費のジレンマに陥りはしないかと思う。


▲大変なのに、一ケ所肯定的な側面もある。 演技をした後飛行機に乗って、空港のイミグレーションを通過して、
何度か訪問した国をまた行ってなじむ人々に会っても新しく見えるのがある。 もちろん意識的に格別に見ようと
努力する点もある。 特に10月まで続く今回の海外ツアーは久しぶりに3人がすることでとても楽しいことだ。 現地で
人々に会って多くの対話をして再充電する、息をすることができる時間になることと期待する。 そして歌手活動スケジュールが
ないといっても済州島や枝、海外で旅行に行くスタイルではない。

-今回の2集に収録された自作曲‘30’歌詞を見れば軍入隊に対する心境、いくら準備しても準備されない人生、
幸福とむなしさが入れられた。


▲活動空白に対する恐れはあるが軍入隊に対する恐れはない。 除隊後欲を出さないで、主演ではなくても感謝した
気持ちでゆっくり再び始めれば良い。 いつ入隊するのかまだ具体的に決まったのはない。 夜明けに仕事をしに
でかける時交通事故現場を見て今日そして明日どんなことが広がるかも知れないので楽しく、忠実に生きようと
繰り返して言う。 人生というのはいくら徹底的に準備して計画たてるとそのままなるのではないのではないか。
30になれば平凡な日常に対するのどの渇きを解いてみたい。 わずかなものなどをよく取りまとめてもう少し暖かい人に
なれば良い。

-去る10年を共にしてきたファンたちに対する考えが気になる。

▲私たちが存在できた原動力だ。 だが、相変らずサセンペンは好きではない。 もちろんこの頃は被害が発生しないように
努力する部分が感じられて理解しようとする。 どれくらい見たければそうするよ、したい。 その間強硬な立場を取ったの
は気持ちで応援する方々が纏めて罵倒されるかと思って残念だった。 今は写生ファンたちともあまりにもしばしば
見るとなじんだ。 互いに気を付けて配慮して過ごしたい。


[取材後記] 10年前事務室入口で“こんにちは、東方神起です!”を大声で叫んだ10代青少年が30代を目前に
置いた青年に格好良く成長した。 ゆっくりとした歩き方にのせられた力は彼が編み出した歳月の厚さを語ることだけ同じだ。
パク・ユチョンが青春のアイドルで幅広い世代のアイコンでソフト ランディングすることを期待してみる。

goolis@sportsq.co.kr


記事


ユチョンのインタビュー①~②を見て、映画「海霧」に出演してたくさんの経験をして
多くのものを得ることが出来、、大きく成長したユチョンの姿を見ることが出来ました。
本当に、素敵になりましたね!
映画「海霧」、日本でぜひ観たいなぁ~~!
また、JYJのアルバム2集「Just Us」、毎日聴いています!
JYJの3人の醸し出す音楽、最高です!
ユチョンにとって、キム·ジェジュン、キム·ジュンスは本当に大切な存在で、
これからも支え合って、不条理なことにも戦って行ってほしいですね。

■  [PR]

# by majintera2424 | 2014-08-06 23:05 | パク・ユチョン | Trackback | Comments(0)
2014年 08月 06日

[インタビュー]パク・ユチョン'海霧'①

[インタビュー]パク・ユチョン'海霧'突き抜けて発見した演技の島①
スポーツQ文ヨン・ウォン記者·写真ノ・ミンギュ記者]"これまで一日を終えた後、同僚歌手、俳優たちと似合ったことが
あまりありませんでした。ところが「海霧'」と、作業後の酒を傾け、共有する日常的な会話がどのように大切なのかを
悟ったのです。最終的には人との関係だと思う。演技も同じじゃないですか。演技というのが人の心を、人との関係を
表現することだから。 今後より多くの作品をしていって関係維持をどのようにしていくかは私の役割でしょう。 。これを
知るようにしてくれただけでも、「海霧」に有難いです。"

◆スクリーン デビュー作‘海霧’素朴な末っ子船員ドンシクで過ごした7ヶ月

俳優パク・ユチョン(29)が濃厚な海霧を突き抜けて発見した演技の島はすぐに‘関係’であった。 他の見方をすれば
わずかなことでもあるが大型マネージメント社の企画商品で誕生して徹底した管理モードの中で生きてきたアイドル
スターには大発見であるそうだ。

ポン・ジュノ監督が企画・製作、‘殺人の追憶’の作家出身シム・サンボ監督がメガホンを取った‘海霧’(8月13日封切り)は
実話素材演劇を土台にした。 IMF時期、船を失う危機に処したチョン・ジン号船長チョルジュ(キム・ユンソク)と5人の船員が
密航を助けるために広い海で出港した後濃厚な海霧が集まって手のほどこしようもない事件に陥る話を緊張感
あふれるように入れた。

どんよりして薄黒く焼けた肉づき上がった顔とひょうたん頭、前進号の素朴な末っ子船員ドンシクで7ヶ月を送った。
スクリーン デビュー作に乗船したその時間、パク・ユチョンの胸には穏やかな波がゆらゆらしたかとすれば大波がみなぎった。

“精神的、肉体的につらい作品をしたかったです。 演技と歌を併行した過程で勢いになるほどの刺激を望んだようです。
停滞したくないというわめいた場合もあるでしょう。 そのためかからだを使ったり、険しい山に登ったり、実話である
シナリオを主に見ていましたよ。 ところで‘海霧’シナリオを読んでからどっぷり浸かりました。 私が好きなジャンル
なのに加えドンシクを演技する自分自身が気になりました。 演技に面白味を真っ最中感じている時で表現の欲求が
強かったようです。”
▲「海霧」のドンシク(パク·ユチョン)とホンメ(ハンイェリ)
製作会社にしたいという心を積極的に伝え、キャスティングが確定した後1ヶ月余り全羅南道(チョルラナムド)
、麗水(ヨス)
なまりを録音して反復聴取してティクションを作った。 各種ドキュメンタリーと映像物を通じて船員の世界と船員の声トーン、
食事する習慣などディテールな部分を習った。

“陸地では商社にも自身の意志を表現寒苦はするのに海の上船員の間で船長は絶対権力です。 どんなことが
起きても船長が全面的に責任を負うためらしいです。 そのような無条件服従と結束力が珍しいということすら感じました。
また、船員は決断が非常に早いです。 孤立した空間、天気と海の状態など一寸の前を予測する難しい状況のせいでしょう。”

◆複雑な感情では表現集中…ホンメとベッドシーン理解するのに悩み重ね

鉢巻きをした部分は同数のキャラクターと簡単でない感情線だった。 高等教育を受けたドンスは先輩船員に丁寧に
上手くプライドを前に出す。 一目惚れした朝鮮族の娘ホンメ(ハン・イェリ)の前では適当に虚勢を張る。 また、
チョン・ジン号が極限の状況にまきこまれてチョルジュおよび船員が徐々に狂気に捕われて行く時これらに対抗して
善と正義、一筋の希望の光で役割をしなければならない。

“船長と船員に対する信頼、密航者を不法に積み出すことに決めた船長から金を受け取っては‘ア私、本当にこれで
良いのですか?’と話す時のいぶかしい、船員が変わって行く姿を見守る当惑感、1人の女性を守るための決断、
自身の真心を破壊しようとする船員に対する怒りと抵抗など感情が時々刻々変わります。 ドンシクが考える定義の幅が
いくらなのかは分からないが利己心ではないか悩みました。 船と船員を守ろうとする船長の話も合うからです。
それでも生命を生かすべきだとの意志が船員らと他の方向でドンシクを押しつけたことと見ます。”

始終一貫重くて暗い状況で咲く切ない愛は目立っている。 ホンメを機関室に隠しておいて命をつくして守るドンシク
の死闘は涙ぐましい。 お父さんのように従ったアゼ(ムン・ソングン)の死骸が転がる中で機関室隈で行うドンシクと
ホンメの情事はお互いの傷をなめる獣のように切迫する。

“ベッドシーンなので憂慮できたのではなく、観客が自然に受け入れようか、死を目撃した状態でこれが現実的に
可能かを悩みました。 それだけ切迫したことがないからいぶかしかったんですよ。 悩みを繰り返して見たら生きたくて、
生きていることを感じたくて、恐れを忘れたくて、ホンメに寄り添いたい心であり私が君を守るという約束の表現である
だろうと考えに達することになりました。 その時始めて理解できました。 もちろんシナリオより程度がさらに洗面どうしよう、
心配になりました。 ものすごく激しい露出だったら‘誰が私のからだを見ようとするよ’というきまり悪い、恥ずかしさが
爆発したでしょう。 ハハ。”

開かれた結末である映画のラスト シーンはかすかな感想を呼び起こす。 海辺に単独で残されたドンシク、6年の時間が
流れて偶然に立ち寄った中華料理店でホンメような女性の後ろ姿にささったドンシクの目は言葉では言いようのなく
複雑な感情で揺れる。 真の俳優の目つきだ。

“海辺場面を撮るために島へ行く間号泣すると思いました。 いざその瞬間になると涙が出てこなかったんですよ。
多分ドンシクは予想したことという感じ? すべてのことが夢のようだったでしょう。 海を遠ざけたい程傷を持ったまま
生きていった6年は苦痛だったことです。 食堂場面でも涙さえあふれないほど怒りが込み上げてきました。 そのように
懐かしがった人がすぐにあの向い側にいるんだね! ドンシクにホンメは有難い人です。 彼女を守ることによって
生きようとする意志ができたからです。”

◆ “ポン・ジュノ目つきだけでメッセージ伝達” “キム・ユンソク ボール配分卓越したセッター”

‘海霧’を選択するのにためらわないようにしたポン・ジュノ監督と先輩キム・ユンソクはパク・ユチョンの演技人生に
あってあまりにも大切な滋養分だ。

"ボン監督様は(ハン)イェリと共に茹で牛肉(スユク)食べに行きながらも映画より平凡な日常の話だけしました。
乾杯して酒飲んだのが多いのに本当に多くの対話をした感じです。 目つき、手ぶり一つ一つが大きく近づいた程に
器が大きい方です。 キム・ユンソク先輩は強い感情を表出する場面でも、じっくり表現する場合がうらやましかった。
相手役をいつも心配してくれてトスを正しくしてくれる俳優ですよ。ボールを浮かんで下さり次第手だけ合わせれば
川スパイクがさく烈する感じだったでしようか。 深く感謝申し上げなければならないようです。”

‘海霧’を終わらせたら演技に面白味が二倍はついて、表現欲求はさらに強烈だった。 どうしてもこのような映画を
また、一方してみるべきだとの闘志が沸き上がる。 ロマンチック コメディやメローとは違いこのようなジャンルの映画は
日常で経験できないからより一層魅力を感じることになる。

“劇的という状況の映画やドラマが目に先に入ってきます。 普段生きながら表現してみることができないものなどに
対して悩んで表現できるというのが魅力的ですから。 この前ソル・キョング先輩の災難映画‘タワー’をまた見ると
前と違って‘私ならばどのように演技しようか’という考えが自然に出ましたよ。”

[取材後記]マスコミ試写会以後パク・ユチョンの演技に対して好評一色だ。 ドラマに続き映画まで平定したわけだ。
現在彼の最大関心事であり不安は自身に対する水準高まった観客の冷静な評価だ。 その上に“良い映画が出てきたら
それ以上悩む必要ない”という先輩俳優の助言により不安だということを取り出す。 幸い‘良い映画’と入る話して
大変有難がると頭を下げる彼の顔肉がぐいっとおりた感じだ。

goolis@sportsq.co.kr

記事

<海霧>俳優たちの直球インタビュー の動画はこちらから




■  [PR]

# by majintera2424 | 2014-08-06 18:19 | パク・ユチョン | Trackback | Comments(0)


< 前のページ      次のページ >